ガンダリウム合金とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ガンダリウム合金の意味・解説 

ガンダリウム合金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/11 00:52 UTC 版)

ガンダリウム合金(ガンダリウムごうきん、Gundarium Alloy, Gundlium Amalgam)は、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』のうち、宇宙世紀及び未来世紀アフターウォー の世界観を持つ作品に登場する架空の物質。主にモビルスーツなどの装甲材として用いられる。




注釈

  1. ^ 『ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』(講談社・1981)他、1979〜1981年発行の媒体で「ガンダム」の材質に言及したテキストは全てこの表記になっている。
  2. ^ ただし、作中においてはRX-78ガンダムがヒートロッドにより爪先部を切断、ヒートホークによって脇腹部を損傷する描写も見られた。同素材のシールドも、至近距離のマゼラトップ砲射撃によって爆砕している。また、対ジオング戦ではビーム砲火の直撃によって機体各部を徐々に損壊していき、最終的には大破に至っている。
  3. ^ 『データコレクション 機動戦士Ζガンダム 上巻』や、『アナハイム・ジャーナル』など。小説版『機動戦士Ζガンダム』にも量産技術を含む改良が行われた旨の記述がある。
  4. ^ プラモデル1/144ネモ(旧キット)の説明書には大量生産用にαを採用したとあり、講談社『ガンダムMSヒストリカ Vol.3』でも同様の記述がある。
  5. ^ 『ガンダムパーフェクトファイル』Vol.13。ただし本書ではネモがαを採用した理由は未提示。
  6. ^ ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』では0087年3月の時点でギャプランの改造型である[フライルー]が存在している。なお『データコレクション』ではギャプランをチタン合金としているが、他の資料ではガンダリウム合金である。また『ENTERTAINMENT BIBLE.2 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』40ページでは、ギャプランはガンダリウムγをフレームに使用することで変形機構を実現したと明記されている。
  7. ^ ザク・マリナーはジャブロー工廠開発のため、ジャブローが失われるグリプス戦役前半の時点で存在していると考えられる。『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』では0087年4月の時点で新型として配備されているが、この時点ではガンダリウムではなかったらしく、7月に一部装甲がガンダリウムに換装されている。よって本機については作中の記述で説明がつく。
  8. ^ ゼク・アインはグリプス戦役開戦前に完成している。ただし本機は『センチネル』のスペック表からガンダリウムγではないと判断できる。
  9. ^ しかしながら、後続の書籍においてはエプシィガンダムの装甲はガンダリウム・ガンマに改められており、エプシロンも「ブロッサム」用に開発中の段階であるとしている[10]

出典

  1. ^ 『講談社ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』(講談社・1981)。
  2. ^ 『機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション(3)連邦軍編』講談社、1984
  3. ^ 『1/144 ケンプファー』バンダイ、1989年7月、組立説明書。
  4. ^ 『HG 1/144 グフカスタム』バンダイ、1998年6月、組立説明書。
  5. ^ 『HG 1/144 グフ・フライトタイプ』バンダイ、1998年7月、組立説明書。
  6. ^ 『HGUC 1/144 グフカスタム』バンダイ、2010年11月、組立説明書。
  7. ^ a b 『HGUC 1/144 リック・ディアス』バンダイ、2002年6月、組立説明書。
  8. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE.2 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』など。
  9. ^ 『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』大日本絵画、1986年3月、1988年12月(新装版)、29頁。(ISBN 978-4499205252)
  10. ^ 『ガンダムウォーズII ミッションダブルゼータ/パーフェクトモデリングマニュアル』大日本絵画、1987年2月、18-20頁。(ISBN 978-4499205269)
  11. ^ 皆河有伽『総解説ガンダム辞典Ver1.5』講談社、2009年8月、87頁、ISBN 978-4063757958
  12. ^ a b c d 『機動武闘伝Gガンダム大図鑑』メディアワークス、1995年7月、38-43頁、および62-63頁。ISBN 978-4073031666
  13. ^ 『機動新世紀ガンダムX〜UNDER THE MOONLIGHT〜』1巻 172頁。アフター・ウォー用語辞典。
  14. ^ 『機動戦士ガンダム MS大全集2015』メディアワークス、2015年6月発売、447-450頁。(ISBN 978-4048650960)
  15. ^ 『HG 1/100 ジーファルコンユニットガンダムダブルエックス』バンダイ、1996年11月、組立説明書。


「ガンダリウム合金」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンダリウム合金」の関連用語

ガンダリウム合金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガンダリウム合金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンダリウム合金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS