地球連邦軍とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 地球連邦軍の意味・解説 

地球連邦軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/14 02:44 UTC 版)

地球連邦軍(ちきゅうれんぽうぐん)は、複数の小説アニメ作品に登場する架空軍隊。本項目では特にガンダムシリーズの地球連邦軍について詳述する。




  1. ^ 『一年戦争全史』(学研)。
  2. ^ 電撃エンターテイメントバイブルシリーズ など
  3. ^ 機動戦士Ζガンダム第13話において「地球連邦軍が、かつての正規軍とは異なり、二つの勢力によって抗争を開始した」とナレーションで言及されている。
  4. ^ バンダイ 1/144 ガンダムセンチネルシリーズ
  5. ^ 漫画『機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還』2巻より
  6. ^ 『機動戦士Vガンダム』のロベルト・ゴメスや、漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』など。
  7. ^ 書籍『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』105ページ。
  8. ^ 2006年マスターグレードジム・スナイパー発売に際して、陸軍の表記が「E.F.G.F」に変更されている。
  9. ^ このため、一年戦争の英雄アムロ・レイの最終階級は大尉である(『機動戦士ガンダムUC』においてラー・カイラムの艦長室に飾られていたアムロの遺影には、「2階級特進で中佐」と記されていた)。
  10. ^ 『ジョニー・ライデン帰還』では大統領の存在も触れられているが、U.C.0090頃は実権は無く象徴的な存在であることが示されている。
  11. ^ なお、アニメ一作目で存在が確認できるのはこの参謀本部のみである。テレビ版第23話のレビル、マチルダ、エルランの会話。テレビ版第29話、ホワイトベース隊モビルスーツ部隊発進直前のブライトとミライの会話など。
  12. ^ テレビ版第29話、ジオン軍モビルスーツ投入直後のブライトとミライの会話より。
  13. ^ 以後も官僚的な縦割り行政はあまり変わらず、書類上問題が無ければ補給の割り増しや追加、果ては軍籍の売買も横行している。漫画『機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還』2巻より。
  14. ^ たとえば、ヨーロッパ方面軍総司令官、宇宙総軍総司令官など。
  15. ^ ただしMSの所属表記において陸軍所属とされたのはHGUCとマスターグレード ジム・スナイパーくらいであり、それ以外の媒体では宇宙軍所属である。
  16. ^ 『THE BLUE DESTINY』のモルモット隊のジムとブルーディスティニー1号機に陸軍所属をしめす高山瑞穂のイラストが存在する。
  17. ^ 『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』第3話。囚人兵のダブデ級陸上戦艦に対する自爆攻撃を見たジオン軍を「カミカゼだ!」と驚愕させた。
  18. ^ 『第08MS小隊 劇場版ミラーズ・リポート』、『第08MS小隊』第10話。
  19. ^ 地球・コロニー・宇宙の全領域で活動することから、Earth COlony And Spaceの頭文字を取ったもの。
  20. ^ シリーズデータガンダム~俊傑群像~第93回
  21. ^ 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より前に執筆された作品の為、設定としては反映されていないことが多い。
  22. ^ OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO -1年戦争秘録-』第1話、オープニング直後の映像中における年表。
  23. ^ 小説『G-SAVIOUR』上巻212ページより
  24. ^ 小説『G-SAVIOUR』上巻198ページより』
  25. ^ 小説『G-SAVIOUR』上巻]14ページより』


「地球連邦軍」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地球連邦軍」の関連用語

地球連邦軍のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地球連邦軍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球連邦軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS