ジェムズガンとは?

ジェムズガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/06 05:33 UTC 版)

ジェムズガン (JAMESGUN) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器で、有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」 (MS) の一つ。初出は、1993年放送のテレビアニメ機動戦士Vガンダム』。




注釈

  1. ^ 本機をジェガンやヘビーガンから続く地球連邦軍汎用量産機の系譜に位置付ける資料も見られる[12]。劇中に登場した当初は単に「ジャベリンと並ぶ地球連邦軍の主力MS」との設定だった[13][14]
  2. ^ 134,060kg(23,830kgx2、21,600kgx4)とした資料もみられる[23]
  3. ^ ジェムズガンと異なり、当初から「連邦宇宙軍で採用された宇宙用主力機」として設定されている[25]
  4. ^ Gジェネレーションでは演出として再現されていた

出典

  1. ^ a b c d NT100% Vガンダムvol.1 1994, p. 54.
  2. ^ a b c d NT100% Vガンダムvol.2 1994, p. 64.
  3. ^ VガンダムMSVハンドブック1 1993.
  4. ^ VガンダムMSVハンドブック2 1994.
  5. ^ VガンダムMSVハンドブック1 1993, p. 33.
  6. ^ MSVセカンドジェネレーション 2019, p. 96-106.
  7. ^ a b モビルスーツ全集RGM-79ジム 2010, p. 83.
  8. ^ a b ガンダム辞典v1.5 2009, p. 324-325.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n VガンダムMSVハンドブック1 1993, p. 13-17.
  10. ^ a b c 1/144ジェムズガン 1993, p. 組立説明書.
  11. ^ ガンダム大図鑑1 ザンスカール戦争編上巻 1994, p. 79.
  12. ^ 1/144ジェムズガン 1993, p. ディスプレイカード.
  13. ^ B-CLUB 92 1993, p. 9.
  14. ^ a b c B-CLUB 92 1993, p. 99.
  15. ^ a b c d e f g h VガンダムMSVハンドブック2 1994, p. 20-22.
  16. ^ ガンダム大図鑑1 ザンスカール戦争編上巻 1994, p. 61.
  17. ^ VガンダムMSVハンドブック2 1994, p. 22.
  18. ^ a b ガンダム辞典v1.5 2009, p. 324.
  19. ^ a b c d e f パーフェクトファイル No.67 2013, p. 67-8.
  20. ^ a b c パーフェクトファイル No.47 2012, p. 47-10.
  21. ^ a b c VガンダムMSVハンドブック1 1993, p. 26.
  22. ^ a b ラポートデラックス 機動戦士Vガンダム大事典 1994, p. 144.
  23. ^ ガンダム辞典v1.5 2009, p. 326.
  24. ^ a b c d e f VガンダムMSVハンドブック2 1994, p. 21.
  25. ^ a b c d e f g h B-CLUB 93 1993, p. 99.
  26. ^ a b データコレクションVガンダム 1999, p. 12-13.
  27. ^ a b c 1/144ジャベリン 1993, p. 組立説明書.
  28. ^ a b モビルスーツ全集 RGM-79 ジムBOOK 2010, p. 83.
  29. ^ a b c ファクトファイル No.41 2005, p. 41-7.
  30. ^ a b ガンダム辞典v1.5 2009, p. 325.


「ジェムズガン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェムズガン」の関連用語

ジェムズガンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジェムズガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェムズガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS