全天周囲モニター・リニアシートとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 架空の名前 > 架空の製品 > 架空の乗り物 > SF兵器 > 全天周囲モニター・リニアシートの意味・解説 

全天周囲モニター・リニアシート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/02 06:06 UTC 版)

全天周囲モニター・リニアシート(ぜんてんしゅういモニター・リニアシート)は、ロボットを操縦する操縦席(コックピット)に関する架空の技術。全天周囲モニターとリニアシートは別個のものであるものの、基本的にこの二つの技術は組み合わせて使用されるため、全天周囲リニアシート全天周リニアシート全天リニアシートなどといった略称でも呼ばれる。また通常、脱出機構であるイジェクションポッドも同時に採用されるため、併せて本項で詳述する。




  1. ^ 『電撃データコレクションTHE BEST 機動戦士Ζガンダム大全』(アスキー・メディアワークス刊  2009.2.25)P98、99
  2. ^ 『機動戦士Ζガンダム ヒストリカ』02(講談社 2005.7.8)P18
  3. ^ 『総解説ガンダム事典 ガンダムワールドU.C.編』(講談社 皆川ゆか・著 2007.11.16)P82、83
  4. ^ 『ガンダム MSヒストリカ』vol.2(講談社 2010.6.24)P14 
  5. ^ 『月刊ニュータイプ創刊号』(角川書店・1995)による。
  6. ^ 『電撃データコレクションTHE BEST 機動戦士Ζガンダム大全』(アスキー・メディアワークス 2009.2.25)98、99頁
  7. ^ a b 『週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル』(デアゴスティーニ・ジャパン 2019.2.19)28、29頁
  8. ^ 『機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』(株式会社バンダイ刊 1989.3.31) 86頁
  9. ^ 『ガンダム MSヒストリカ』vol.2(講談社 2010.6.24)14頁 設定画
  10. ^ 『機動戦士Ζガンダムを10倍楽しむ本』(講談社 1985.5.30)84頁 設定画
  11. ^ TV版Zガンダム第36話「永遠のフォウ」
  12. ^ バンダイ『B-CLUB No.91』86頁
  13. ^ 角川書店『Newtype 100% コレクション21 機動戦士Vガンダムvol.1 ÜSO'S BATTLE』60頁
  14. ^ 『Ζガンダム』の劇中では、ガブスレイとの交戦で破壊されたリック・ディアスの頭部からこの機能を使用してエマが脱出、彼女が中に入っているボッドをカミーユのガンダムMk-IIが回収、僚機のネモにボールを投げる要領でパスするシーンがある。
  15. ^ 『機動戦士Ζガンダム大事典』(ラポート社刊 1986.8.25) 60頁
  16. ^ TV版Zガンダム第15話「カツの出撃」
  17. ^ 『機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』(株式会社バンダイ刊 1989.3.31) 90頁
  18. ^ Vガンダム第1話「白いモビルスーツ」などでの使用例があるが、着地描写がないのでどのような方法で安全に着地するのかは不詳である。
  19. ^ 機動戦士Ζガンダム』第15話において、ロザミア・バダムが操縦するギャプランの全天周モニターには、その機体の腕が写っている。全天周モニターは、少なくとも自分の乗っている機体の腕が見えないというものではない。
  20. ^ 「1/144 HGティエレンタオツー」付属の機体解説を参照。


「全天周囲モニター・リニアシート」の続きの解説一覧



全天周囲モニター・リニアシートと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「全天周囲モニター・リニアシート」の関連用語

全天周囲モニター・リニアシートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



全天周囲モニター・リニアシートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全天周囲モニター・リニアシート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS