コア・ファイターとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コア・ファイターの意味・解説 

コア・ファイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/25 17:09 UTC 版)

コア・ファイター (CORE FIGHTER) は、アニメ機動戦士ガンダム』を始めとする『ガンダムシリーズ』に登場する架空の小型戦闘機コア・ブロック (CORE BLOCK) と呼ばれる“核”に変形し、モビルスーツの胴体に収納され、コクピット兼脱出カプセルとして使用される。コア・ブロック形態時も、ジェネレーターは使用されるがメイン推進装置の代替用として別系統で内蔵される推進装置はコア・ブロック形態時にデッドウェイトとなってしまうため、その解決策としてバックパックも兼ねたタイプも考案された模様(それについては後述)。




注釈

  1. ^ アトラクション『ガンダムクライシス』壁面には「FF-7」表記も存在する。
  2. ^ フレーム材質にルナ・チタニウムを使用したとする資料も見られる[3]
  3. ^ ゲーム『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』では、ガンダムAパーツとガンタンクBパーツを組み合わせた機体が登場している。
  4. ^ テレビ版23話。クリンク中尉率いるドダイYS部隊との戦闘より。アムロはコア・ファイターの機銃でドダイYSを撃墜し、続いて空中に放り出されたグフに対しミサイルを連射した。
  5. ^ ガンプラ・マスターグレード版で設定されたものが、『GUNDAM EVOLVE』に登場している。
  6. ^ 漫画版ではコロニー崩壊時に機体大破したことから脱出に使用され、紛争終結時に残存していたパーツとして封印されている
  7. ^ 原作ではホワイトベースを護るためリュウは意図的に「特攻」したが、『ORIGIN』では単なるニアミスでハモンのマゼラトップと「空中衝突」した。
  8. ^ プルトーネのデータをベースに開発されたガルムガンダムにおいては、疑似太陽炉を備えたバックパックにパイロット脱出装置が組み込まれている[30]。また、ガデッサやガラッゾといった機体群にも脱出システムが採用されている[31]

出典

  1. ^ a b c 『ロマンアルバム・エクストラ35 機動戦士ガンダム』徳間書店、1980年7月、123頁。
  2. ^ a b c d e f g 『機動戦士ガンダム記録全集2』日本サンライズ、1980年5月、164頁。
  3. ^ a b c 『1/35 U.C.ハードグラフ 地球連邦軍 多目的軽戦闘機 FF-X7 コアファイター』バンダイ、2011年2月、組立説明書。
  4. ^ a b c 『模型情報・別冊 MSバリエーション・ハンドブック2』バンダイ、1983年5月、2-6頁。
  5. ^ a b 『機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月、2006年7月(復刻版)、110-114頁。ISBN 978-4063721775
  6. ^ 『MG 1/100 ガンダムVer1.5』バンダイ、2000年6月、組立説明書、7頁。
  7. ^ 『機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月、2006年7月(復刻版)、32頁。ISBN 978-4063721775
  8. ^ 『ガンダムマガジンNo.6』講談社、1991年6月、102-103頁。
  9. ^ Web現代「ガンダム者」取材班編集「第4章 メカニックデザイン 大河原邦男 《マーチャンダイジングとデザイナー》」『ガンダム者 ガンダムを創った男たち』講談社、2002年10月9日、ISBN 4-06-330181-8、200頁。
  10. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOWKAWA、2014年2月、66-67頁。
  11. ^ a b 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOWKAWA、2014年2月、126-127頁。ISBN 978-4-04-121018-5
  12. ^ 『1/100 MG ガンダム RX-78 GP01』バンダイ、1997年8月、組立説明書、3頁。
  13. ^ 『1/100 MG ガンダムGP-03S』バンダイ、2001年4月、9頁。
  14. ^ 『HGUC 1/44 スーパーガンダム』バンダイ、2002年11月、組立説明書。
  15. ^ 『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに Vol.5』メディアワークス、2007年3月、68-70頁。ISBN 978-4-8402-3780-2
  16. ^ 『1/100 MSZ-010 ダブルゼータガンダム』説明書、バンダイ、1986年7月。
  17. ^ 『モデルグラフィックス スペシャルエディション ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、79頁および91頁。ISBN 4-499-20530-1
  18. ^ メカニカル”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年12月9日閲覧。
  19. ^ 竹内清人、福井晴敏小説 機動戦士ガンダムNTKADOKAWA角川コミックス・エース〉、2018年11月26日、初版、317-319頁。ISBN 978-4-04-107596-8
  20. ^ 福井晴敏機動戦士ガンダムUC 第11巻 不死鳥狩りKADOKAWA角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、電子書籍版。ISBN 978-4-04-103921-2
  21. ^ 竹内清人、福井晴敏小説 機動戦士ガンダムNTKADOKAWA角川コミックス・エース〉、2018年11月26日、初版、85-86頁。ISBN 978-4-04-107596-8
  22. ^ 『1/100 F90Y クラスターガンダム』バンダイ、1993年3月。
  23. ^ 『1/100 ネオガンダム』バンダイ、1992年9月。
  24. ^ 『MG 1/100 クロスボーンガンダムX-1 フルクロス』バンダイ、2007年1月、組立説明書、11頁。
  25. ^ 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式ガイドブック』角川書店、 2004年8月、84頁。 ISBN 978-4-04-713644-1
  26. ^ 『電撃データコレクション 機動武闘伝Gガンダム』メディアワークス、2000年5月、4-5頁、ISBN 978-4840215763
  27. ^ 『1/100 ターンエーガンダム』バンダイ、1999年7月、組立説明書。
  28. ^ 『1/100 フォースインパルスガンダム』バンダイ、2004年12月、組立説明書。
  29. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダム00外伝』メディアワークス、2011年5月、10-11頁。ISBN 978-4048706506
  30. ^ 『ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダム00V編』ホビージャパン、2010年3月、142頁。ISBN 978-4798600246
  31. ^ 『HG 1/144 ヒリング・ケア専用ガラッゾ』バンダイ、2009年6月、組立説明書。
  32. ^ 『HG 1/144 アルケーガンダム』バンダイ、2009年4月、組立説明書。
  33. ^ 『GUNDAM WEAPONS 機動戦士ガンダム00編IV』 ホビージャパン、2011年1月、156-159頁。ISBN 978-4-7986-0275-2
  34. ^ 『機動戦士ガンダムAGE メカニック&ワールド』双葉社、2013年3月、56-60頁。ISBN 978-4575464726
  35. ^ 『1/144 HG ガンダムAGE-FX』バンダイ、2012年8月、組立説明書。
  36. ^ 『HG 1/144 ガンダムレギルス』バンダイ、2012年10月、組立説明書。
  37. ^ 『1/144 HG ガンダム Gセルフ用オプションユニット 宇宙用パック』バンダイ、2014年12月、組立説明書。


「コア・ファイター」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コア・ファイター」の関連用語

コア・ファイターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コア・ファイターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコア・ファイター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS