ブライト・ノアとは?

ブライト・ノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 18:23 UTC 版)

ブライト・ノアBright Noa, Bright Noah[1])は、アニメ機動戦士ガンダム』に始まる宇宙世紀を舞台にしたガンダムシリーズに登場する架空の軍人




注釈

  1. ^ アムロとシャアについては『機動戦士ガンダムΖΖ』ではオープニングおよび第1話の回想シーンに姿がみられるが、アニメ本編には登場しない。
  2. ^ 『機動戦士ガンダムΖΖ』23話では自ら「スペースノイド」と発言しているが、生まれ育った場所ではなく居住地で区別している概念なので、宇宙への単身赴任者がスペースノイドであると言うのは必ずしも間違いではない。
  3. ^ ブライトの能力を示すこのエピソードは漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』劇中ではミライの発案に置き換えられた。
  4. ^ グリプス攻防戦終結直後、ブライト本人の発言による。
  5. ^ 本作が当初コメディ路線を敷く「明るいガンダム」であった事情も影響する。
  6. ^ 第二次ネオ・ジオン抗争時、シャアとともにアムロの消息は一切不明となっており、生死の情報は語られていない。シャア・アズナブルアムロ・レイを参照。
  7. ^ 井上瑤が演じたセイラ・マスも同等の措置が取られている。

出典

  1. ^ a b 機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男コミックウォーカー(2019年8月24日閲覧)。
  2. ^ a b 『テレビ版 機動戦士ガンダム大百科』勁文社、1981年3月、214頁
  3. ^ a b 小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』下巻210ページなど、書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』10頁より。
  4. ^ 『TV版 機動戦士ガンダム ストーリーブック1』講談社、1981年3月、107頁。
  5. ^ 尾形英夫編「機動戦士ガンダム きみはこれを見て生きのびることができるか? ファンからのここが聞きたいガンダム67の質問」『アニメージュ 1979年12月号』徳間書店、昭和54年(1979年)12月10日。雑誌 01577-12、23-24頁。
  6. ^ 氷川竜介藤津亮太編「第二章 TV版と音楽と ファンからのここが聞きたいガンダム67の質問(1979)」『ガンダムの現場から 富野由悠季発言集』キネマ旬報社、2000年10月16日。ISBN 4-87376-537-4、68-70頁。
  7. ^ 「『ガンダム』デザインテクニカル工房」『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 劇場版』学習研究社別冊アニメディア〉、1988年4月10日、96-97頁。雑誌07991-4。


「ブライト・ノア」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブライト・ノア」の関連用語

ブライト・ノアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブライト・ノアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブライト・ノア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS