Ζ計画とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Ζ計画の意味・解説 

Ζ計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 05:46 UTC 版)

Ζ計画(ゼータけいかく、プロジェクト・ゼータPROJECT Ζ)は、アニメ機動戦士Ζガンダム』及び『機動戦士ガンダムΖΖ』にて設定上存在する架空の軍事計画。アナハイム・エレクトロニクス社エゥーゴによる高性能モビルスーツ(MS)共同開発計画である。




  1. ^ ナラティブガンダムは映画制作発表直後の設定では「νガンダムの試験機」とされていたが[18]公開直前のインタビューでプロデューサーの小形尚弘はこれを明確に否定し、「νガンダム以前に作られたサイコフレーム試験機」であると述べている[19]
  1. ^ 『MISSION ΖΖ』ではΖガンダムが開発された時点でプロジェクト終了としている。
  2. ^ a b エンターブレイン『アナハイム・ジャーナル』より。
  3. ^ 『データコレクション 機動戦士Ζガンダム 下巻』51頁より。ムック『MSヒストリカ Vol.4』ではβガンダムはGP-02Aと推測している。
  4. ^ a b 矢立文庫 アナハイムラボラトリーログ 第五回 第3話:MS新時代に向けた飛翔①
  5. ^ メディアワークス『データコレクション(6)機動戦士ガンダムΖΖ』67頁より。
  6. ^ 「MG ΖΖガンダム」組み立て説明書より。
  7. ^ 大日本絵画『ガンダム・センチネル』76頁より。
  8. ^ ホビージャパン「機動戦士ガンダム ガンダムウェポンズ ニュージェネレーション編」30頁。
  9. ^ プラモデル「マスターグレード Sガンダム」取扱説明書より。
  10. ^ バンダイ『機動戦士ガンダムMS大図鑑PART.3アクシズ戦争編』95頁より。
  11. ^ バンダイ『機動戦士ガンダムMS大図鑑PART.8SPECIALガンダム大鑑』94頁より。
  12. ^ 『ガンダム・センチネル』劇中ではガルダ級輸送機に空中収容された。
  13. ^ 漫画『強化人間物語 ANOTHER Ζ GUNDAM STORY』より。
  14. ^ 『ガンダムセンチネル』大日本絵画、1989年9月初版発行、73頁。(ISBN 978-4499205306)
  15. ^ 「PROJECT Ζ」8頁の原文は「FIXED BRAM RIFLE」×2
  16. ^ 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、103頁。
  17. ^ 「特集 機動戦士ガンダムNT」、『グレートメカニックG』2018 WINTER、双葉社、2018年12月18日、 6頁、 ISBN 978-4-575-46513-6
  18. ^ “『ガンダムUC』続編『NT』主役機はνガンダムの試験機ナラティブガンダム”. マイナビニュース. (2018年4月21日). https://news.mynavi.jp/article/20180420-619394/ 2018年12月6日閲覧。 
  19. ^ “『ガンダムNT』が破る"ロボットアニメのお約束"、なぜ次回作は『閃光のハサウェイ』に? - サンライズ小形Pを直撃”. マイナビニュース. (2018年11月29日). https://news.mynavi.jp/article/20181129-gundam/ 2018年12月22日閲覧。 
  20. ^ MSなのか『TYRANT SWORD』オリジナルの機動兵器「ソード」なのかは作中では明確にされていない。
  21. ^ 模型作例は「MG MSZ-010 ダブルゼータガンダム」を改造したもの。
  22. ^ ただし、レオンが登場する漫画『機動戦士ガンダムReon』は、ガンダムシリーズの公式設定に適合していないパラレル的な設定のもとに描かれている。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Ζ計画」の関連用語

Ζ計画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Ζ計画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのΖ計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS