ニュータイプとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ニュータイプの意味・解説 

ニュータイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 22:17 UTC 版)

ニュータイプ (Newtype) は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の概念である。劇中においては、時空を超えた非言語的コミュニケーション能力[1][2]を獲得し、超人的な直感力と洞察力を持つ、新しい人類とされる人間を指すが、その概念は明確にされず、さまざまな解釈が可能で想像の余地を残した形で描かれる[3]。ニュータイプに対して、彼等のような特殊な能力を持たない従来の人類はオールドタイプ (Oldtype) と呼ばれ、やや軽蔑の意味合いを込めて使われるケースも多い。




  1. ^ 声明文はファンから集めた言葉を、イベントを企画した野辺忠彦が推敲したものである[36]。富野が登壇して挨拶した後、後にガンダムシリーズにも関わることになる永野護川村万梨阿がファン代表という立場で声明を読み上げた[34][37]
  2. ^ 宇野の解釈によれば、富野自身にとってもこのような新しい解釈は半信半疑のものであり、富野自身の本音は悪役であるカロッゾ・ロナの側に現れているとする[42]
  3. ^ 富野自身が明かしたところによれば、そうした主人公と親の関係の描かれ方には、自身の父親との関係が投影されているという[43]
  4. ^ 福井は2014年の書籍『ガンダムUC証言集』に寄稿した文書「ニュータイプ考察・試論で私論」の中でこの考察を披露した際、当初はこれをあくまで過去のガンダムシリーズの映像作品から導き出した試論であり、(自身が原作小説およびアニメ版のシリーズ構成に携わっている)『機動戦士ガンダムUC』執筆時に一貫性のある設定を固めるための足場にした個人の私論であり公式設定ではなく、正解は富野由悠季の頭の中にしかないと前置きしているものの[3]、自身が執筆した小説『機動戦士ガンダムUC』やその外伝小説『不死鳥狩り』の中でこの概念に幾度か言及させている。更に(福井が脚本を担当した)2018年の劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』には、「〝全体〟」という単語自体の登場・言及はないものの、「フェネクスを介入させたのはあの世=人間の集合意識」といったインタビューでの言及があり[63]、また劇中でも「魂のフィールド、我々には認識できない高位の次元」「フェネクスが遣わされたあの世」「死ねば溶け合える」など「〝全体〟」の概念を思わせる台詞がある。福井は劇場公開時のインタビューで「ニュータイプ考察・試論で私論」に書かれた内容を要約したものが『NT』であると述べている[21]
  5. ^ 福井が『ガンダムUC証言集』に寄稿した「ニュータイプ考察・試論で私論」は、映画『機動戦士ガンダムNT』公開時にKADOKAWAより劇場限定で発売された書籍『ガンダム宇宙世紀メモリアル』にも再録された[3][65]
  6. ^ 原作小説版『機動戦士ガンダムUC』のラストシーンには、〝全体〟の一部となったユニコーンガンダムを形容する描写として「人が見る究極の思惟」「複合する意識体」「一足す一ではなく(中略)精神という無限が掛け合わされた存在」といった、同様の表現が登場する[67]
  7. ^ a b ララァの最期の場面で描かれる抽象的なイメージの奔流は、1968年のアメリカ映画『2001年宇宙の旅』のオマージュといわれ[123]、映画の主人公であるボーマン船長がモノリスと遭遇してスターチャイルドへと進化する場面に類似した演出となっている。『2001年宇宙の旅』は、『機動戦士ガンダム』の翌年に富野が参加した『伝説巨神イデオン』にも大きな影響を与えたといわれる[124]
  8. ^ 小説『不死鳥狩り』の単行本化は2016年だが、同作の初出は2015年に設定資料集の特典小説ものである。
  9. ^ その時、イアゴの乗ったスターク・ジェガンの頭上をフェネクスが、まるで迎えに来たかのように旋回していた。
  10. ^ 前述の『機動戦士ガンダムUC』を含めた2000年代以降のアニメーション作品群とは、各種設定が両立しない内容となっている。
  1. ^ a b c d e f g 宇野 2017, p. 166.
  2. ^ a b c d e f g h 機動戦士ガンダムNT パンフレット特別版, 創通サンライズ, (2018), p. 16-17, JAN 4988105612020 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『宇宙世紀メモリアル』, p. 28.
  4. ^ a b c d 『宇宙世紀メモリアル』, p. 29.
  5. ^ 宇野 2017, pp. 166-167.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『宇宙世紀メモリアル』, p. 31.
  7. ^ a b c d グレートメカニックG 2019年春号, p. 5.
  8. ^ 宇野 2017, pp. 166-168.
  9. ^ a b c d e f g h グレートメカニックG 2019年春号, p. 74.
  10. ^ 宇野 2017, p. 138-143.
  11. ^ a b 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 21,28.
  12. ^ a b c d 宇野 2017, p. 139.
  13. ^ a b c 『富野由悠季の世界』, p. 255.
  14. ^ 『富野由悠季 全仕事』, p. 264, 南田操「検証 ガンダム・サーガ 彷徨えるガンダムの子ら……」.
  15. ^ a b 宇野 2017, pp. 186-187.
  16. ^ a b 宇野 2017, pp. 185-187.
  17. ^ a b 第5部 刻の涙、流れ”. 富野由悠季の世界展. 2020年1月13日閲覧。
  18. ^ グレートメカニックG 2019年春号, pp. 5,74.
  19. ^ 宇野 2017, pp. 140-142,207,215,218.
  20. ^ a b 宇野 2017, pp. 68-69,186,214-215.
  21. ^ a b c d e f g h i 『宇宙世紀メモリアル』, p. 21.
  22. ^ a b c d 可児 2010, pp. 282-283.
  23. ^ 『富野由悠季の世界』, pp. 68,100.
  24. ^ a b 富野由悠季 (2009年7月8日). ガンダムは作品ではなく“コンセプト”――富野由悠季氏、アニメを語る(後編) (2/4). インタビュアー:堀内彰宏. アイティメディア. ITmediaビジネス.. https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/0907/08/news035_2.html 2020年1月13日閲覧。 
  25. ^ 可児 2010, pp. 280-281.
  26. ^ 『富野由悠季 全仕事』, p. 133, 富野由悠季INTERVIEW《第3章》〜ガンダム大地に立つ!!〜1979.
  27. ^ 可児 2010, p. 280.
  28. ^ 『富野由悠季の世界』, p. 100, 富野喜幸「演出ノォト」『機動戦士ガンダム 記録全集』第2巻、日本サンライズ、1980年。からの孫引き.
  29. ^ a b c 『富野由悠季の世界』, p. 100.
  30. ^ 可児 2010, pp. 284-287,289.
  31. ^ 宇野 2017, p. 142.
  32. ^ a b 富野由悠季 (2019年11月29日). “ニュータイプに挫折した”富野由悠季が「Gレコ」に込めた願い 「子どもが観て一生に残るものをつくる」. インタビュアー:石井誠. イード. アニメ! アニメ!.. https://animeanime.jp/article/2019/11/29/50017.html 2020年1月11日閲覧。 
  33. ^ 可児 2010, pp. 284-285.
  34. ^ a b 可児 2010, pp. 287-289.
  35. ^ 宇野 2017, pp. 138-140.
  36. ^ 藤津亮太「われわれ」と「ぼく」と「ニュータイプ」」『KINO Vol.02 思考としての『ガンダム』』河出書房新社、2006年。ISBN 978-43099068502020年8月22日閲覧。
  37. ^ 『富野由悠季の世界』, p. 110.
  38. ^ 可児 2010, p. 290.
  39. ^ 宇野 2017, p. 140.
  40. ^ 富野由悠季 (2019年11月23日). 「Gのレコンギスタ」を子供向けに作った理由 スマホ時代に警鐘. (インタビュー). MANTAN. まんたんウェブ.. https://mantan-web.jp/article/20191122dog00m200047000c.html 2020年1月14日閲覧。 
  41. ^ a b 宇野 2017, p. 202.
  42. ^ a b 宇野 2017, pp. 202-207.
  43. ^ a b 富野由悠季 (2019年12月29日). 「アムロ父子の確執は創作ではなかった」 40周年『ガンダム』富野由悠季監督が語る戦争のリアル. インタビュアー:石川智也. 朝日新聞社. &M.. https://www.asahi.com/and_M/20191229/8595254/ 2020年1月7日閲覧。 
  44. ^ ガンダムシリーズ「最強パイロット」ランキング(宇宙世紀編)
  45. ^ 安彦良和 (2019年8月15日). 「人と人はわかり合えない」ガンダム生みの親・安彦良和は語る、人類と歴史の宿命を。【終戦の日】. インタビュアー:吉川慧. BuzzFeed Japan. BuzzFeed News.. https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/yasuhiko-01 2019年11月4日閲覧。 
  46. ^ 宇野 2017, p. 168.
  47. ^ 『富野由悠季 全仕事』, pp. 141-142, 安彦良和インタビュー.
  48. ^ 安彦良和 (2015年12月8日). 「戦争はかっこいい」と誤解招いたガンダム. インタビュアー:姫野直行. 朝日新聞社. asahi.com.. https://www.asahi.com/articles/ASHD512C2HD4UBNB013.html 2019年11月4日閲覧。 
  49. ^ 安彦良和 (2017年8月6日). ガンダム生みの親が今のアニメに感じる疑問「ストーリーのゲーム化」に異議あり. インタビュアー:西澤佑介. 東洋経済新報社. 東洋経済ONLINE.. https://toyokeizai.net/articles/-/182421?display=b 2019年12月16日閲覧。 
  50. ^ 安彦良和 (w, p, i). "ソロモン編・後" 機動戦士ガンダム THE ORIGIN vol. 20, 170-177 (2010年1月26日), KADOKAWA, ISBN 978-4-04-715285-4
  51. ^ a b c 福井晴敏 (2018年11月24日). 作家・福井晴敏が語る、ガンダムの新時代. インタビュアー:谷知之. Lmaga.jp.. https://www.lmaga.jp/news/2018/11/52401/ 2018年12月23日閲覧。 
  52. ^ a b c 小形尚弘 (2018年12月6日). 『機動戦士ガンダムNT』プロデューサーに聞く シリーズの未来. インタビュアー:入倉功一. シネマトゥデイ.. https://www.cinematoday.jp/news/N0105394 2018年12月23日閲覧。 
  53. ^ a b c d e f グレートメカニックG 2019年春号, pp. 74-75.
  54. ^ a b c d e f 福井晴敏 (2018年12月6日). 『機動戦士ガンダムNT』が示すニュータイプの未来とは――脚本・福井晴敏インタビュー. インタビュアー:粉川しの. KADOKAWA. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/505159/a/ 2018年12月23日閲覧。 
  55. ^ 宇野 2017, pp. 238-241.
  56. ^ 福井晴敏; 小倉信也; イシイジロウ (2018年10月25日). 『ガンダムUC』の世界を作った男たちが『ガンダムNT』含め50作品以上を語る! 松本零士と富野由悠季が描く宇宙の違いは? SFとの出会いとは? (4/4). インタビュアー:野口智弘; 福山幸司. 電ファミニコゲーマー.. https://news.denfaminicogamer.jp/interview/181025/4 2019年3月12日閲覧。 
  57. ^ PLANETS/第二次惑星開発委員会 [@PLANETS_10]. "しかも富野監督が露悪的にわざとやっていた設定を真に受けて、オカルト映画になってしまった" (ツイート). Twitterより2019年3月12日閲覧
  58. ^ 「ガンダム40周年新春スペシャルインタビュー 『機動戦士ガンダム』シリーズ総監督 富野由悠季」『ガンダムエース』、KADOKAWA、2019年3月、 6-12頁、 JAN 4910124010396
  59. ^ a b c 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 29-30.
  60. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, p. 28-34.
  61. ^ a b c 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 30-31.
  62. ^ a b c d e f 福井晴敏 (2019年5月13日). 『機動戦士ガンダムNT』BD&DVD発売記念 福井晴敏インタビュー 「ガンダムNTでは“ランバ・ラルが居ない時代”の大人像を描いた. インタビュアー:渡辺由美子. 角川アスキー総合研究所. pp. 2-3. ASCII.jp.. オリジナルの2019-05-15時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190515084314/https://ascii.jp/elem/000/001/849/1849634/ 2019年11月2日閲覧。 
  63. ^ a b 福井晴敏; 吉沢俊一 (2019年5月13日). 『ガンダムNT(ナラティブ)』パッケージ版発売記念】福井晴敏氏(脚本)×吉沢俊一氏(監督)スペシャルインタビュー。福井氏がニュータイプ論を熱く語る!. インタビュアー:齋藤モゲ. ファミ通.com.. https://www.famitsu.com/news/201905/13175546.html 2020年2月12日閲覧。 
  64. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 31,34.
  65. ^ 「(広告)美樹本晴彦による超豪華表紙イラスト描き下ろし!! 貴重なインタビューや宇宙世紀関連企画記事を凝縮した「宇宙世紀読本」!! ガンダム宇宙世紀メモリアル」『ガンダムエース』、KADOKAWA、2019年1月、 111頁、 JAN 4910124010198
  66. ^ a b c d e f g h 『宇宙世紀メモリアル』, p. 30.
  67. ^ a b c 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC(10) 虹の彼方に(下)』KADOKAWA〈角川e文庫〉、2014年4月26日(原著2009年8月26日)、電子書籍版。ISBN 978-4-04-715287-8
  68. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 30-33.
  69. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 28,31.
  70. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 31-33.
  71. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 32-33.
  72. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, p. 33.
  73. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 31-32.
  74. ^ 『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』 & 15話副音声.
  75. ^ 『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』第15話「宇宙で待つもの」 副音声
  76. ^ a b 『宇宙世紀メモリアル』, pp. 33-34.
  77. ^ a b 『宇宙世紀メモリアル』, p. 34.
  78. ^ 『宇宙世紀メモリアル』, p. 32.
  79. ^ 『大人の機動戦士ガンダム大図鑑』「福井晴敏スペシャルインタビュー」103-105頁。
  80. ^ 『機動戦士ガンダムUC』福井晴敏インタビュー 5年の歳月を経て完結[後編]”. アニメ!アニメ! (2014年8月10日). 2014年8月10日閲覧。
  81. ^ a b 『Febri』Vol.23「福井晴敏インタビュー」31-36頁。
  82. ^ 宇野 2017, pp. 140,166-167,188.
  83. ^ 宇野 2017, p. 167.
  84. ^ 宇野 2017, pp. 169,197,216.
  85. ^ 宇野 2017, pp. 162,168-169,188.
  86. ^ 宇野 2017, pp. 164-165,169-170,197,243-244.
  87. ^ 宇野 2017, pp. 171-181.
  88. ^ 宇野 2017, p. 170.
  89. ^ 宇野 2017, pp. 140,198-199.
  90. ^ 宇野 2017, pp. 140-142,198.
  91. ^ 宇野 2017, p. 193.
  92. ^ 宇野 2017, pp. 181-187,199-200.
  93. ^ 宇野常寛 (2017年12月15日). アニメ巨匠たちの挫折、インスタなど「自分の物語」の隆盛――評論家・宇野常寛氏に訊いた、それでもゲームやオタク文化が21世紀に果たす役割とは?. インタビュアー:稲葉ほたて; 斉藤大地. p. 2. 電ファミニコゲーマー.. https://news.denfaminicogamer.jp/interview/171215/2 2019年3月12日閲覧。 
  94. ^ 宇野 2017, p. 194.
  95. ^ 宇野 2017, pp. 242-247.
  96. ^ 宇野 2017, pp. 202-247.
  97. ^ 宇野 2017, pp. 205-207.
  98. ^ 宇野 2017, p. 207.
  99. ^ 宇野 2017, p. 218.
  100. ^ 宇野 2017, pp. 230-231.
  101. ^ 小説『機動戦士ガンダム III』, p. 28.
  102. ^ a b 小説『機動戦士Zガンダム 第四部』, p. 23.
  103. ^ 小説『機動戦士Zガンダム 第四部』, p. 23-24.
  104. ^ 小説『機動戦士Zガンダム 第四部』, p. 24.
  105. ^ アニメ『機動戦士ガンダム』第41話「光る宇宙」
  106. ^ 小説『逆襲のシャア(後篇)』, p. 63.
  107. ^ 小説『密会 アムロとララァ』, p. 20-21.
  108. ^ アニメ『機動戦士Vガンダム』第30話「母のガンダム」
  109. ^ 小説『ガイア・ギア2』, p. 216-217.
  110. ^ 小説『ガイア・ギア5』, p. 230.
  111. ^ 小説『ガイア・ギア2』, p. 217.
  112. ^ 小説『ガイア・ギア4』, p. 195-196.
  113. ^ a b c 月刊ホビージャパン1988-02, p. 20.
  114. ^ 月刊ホビージャパン1988-02, p. 13.
  115. ^ 『小説 NT』公式サイト
  116. ^ 『小説 機動戦士ガンダムNT』, p. 226.
  117. ^ 福井晴敏(ストーリー)、虎哉孝征(漫画)「episode 19 暗い森で」『機動戦士ムーンガンダム』第4巻、KADOKAWA角川コミックス・エース〉、2019年10月26日、電子書籍版、58-59頁。ISBN 978-4-04-108676-6
  118. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 213-214.
  119. ^ a b 小説『不死鳥狩り』, p. 214.
  120. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 187-190.
  121. ^ 劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』
  122. ^ 『小説 機動戦士ガンダムNT』, p. 174.
  123. ^ SUGIZO; miwa (2019年6月25日). 『THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』第3弾EDテーマ「A Red Ray」配信スタート!SUGIZOとmiwaの対談を公開!. インタビュアー:えびさわなち. サンライズ. GUNDAM.INFO.. https://www.gundam.info/news/video-music/news_video-music_20190625_23.html 2020年8月22日閲覧。 
  124. ^ 『富野由悠季の世界』, p. 153.
  125. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 215.
  126. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 214-215.
  127. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 215-216.
  128. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 216.
  129. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 173-175、179、190、202.
  130. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 207-208.
  131. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 197.
  132. ^ 小説『不死鳥狩り』, p. 197、214.
  133. ^ 宇野 2017, pp. 171-181,218.
  134. ^ 宇野 2017, pp. 172-174.
  135. ^ a b 宇野 2017, p. 172.
  136. ^ 宇野 2017, p. 183.
  137. ^ 長谷川裕一機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス PART4 完結編」『機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス角川書店角川コミックス・エース〉、2012年7月26日、224-225頁。ISBN 978-4-04-120375-0
  138. ^ 宇野 2017, pp. 177-178.
  139. ^ 宇野 2017, p. 179.
  140. ^ 宇野 2017, pp. 181,183.
  141. ^ a b グレートメカニックG 2019年春号, p. 75.
  142. ^ テレビアニメ『機動戦士ガンダムAGE』第22話。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニュータイプ」の関連用語

ニュータイプのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニュータイプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニュータイプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS