機動戦士ガンダムAGEとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 機動戦士ガンダムAGEの意味・解説 

機動戦士ガンダムAGE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/05 09:31 UTC 版)

機動戦士ガンダムAGE』(きどうせんしガンダムエイジ、: MOBILE SUIT GUNDAM AGE)は、2011年(平成23年)10月9日から2012年(平成24年)9月23日までMBSTBS系列にて放送された日本テレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。有人ロボット兵器同士による宇宙戦争を描いた、「ガンダムシリーズ」作品の一つ。キャッチコピーは「三つの運命が 歴史になる___」。全49話。平均視聴率は2.56%[注 1]




注釈

  1. ^ 第1話から第49話(最終話)までの平均視聴率で最高視聴率は4.8%、最低視聴率は1.4%(いずれも関東地区での視聴率。ビデオリサーチ調べ)。
  2. ^ 2004年(平成16年)の『SDガンダムフォース』を第10作、2010年(平成22年)の『SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors』を第13作として含み、なおかつ2007年(平成19年)と2008年(平成20年)の『機動戦士ガンダム00』を両シーズン合わせて第12作[2]とみなした場合。
  3. ^ 全4クール[1](全49話)に及ぶ放送のうち、第1部「フリット編」は第1話から第15話までの全15話で、第2部「アセム編」は第16話から第28話までの全13話、第3部「キオ編」は第29話から第39話までの全11話となる。なお第4部「三世代編」は第40話から第49話(最終話)までの全10話となる。
  4. ^ 監督の山口晋はこうした世代交代を、2000年のNHK大河ドラマ葵 徳川三代』に例えている[4]。テレビアニメでも、鈴木光司の小説を原作とする1991年(平成3年)の単発アニメ作品『満ちてくる時のむこうに』など前例は皆無ではない。一方でゲームでは少なからず例があり、同じガンダムシリーズでも『機動戦士ガンダム クライマックスU.C.』のような例がある。
  5. ^ 物語の冒頭から複数のガンダムが登場しないのは『∀ガンダム』以来となる。
  6. ^ TVシリーズとしての前作である『ガンダム00』でもこの傾向は見られており、セカンドシーズンの時点で低年齢層に向けた関連商品が少なくなり、劇場版の想定視聴対象が高めに設定されていた。なお本作以前に低年齢層の取り込みを意識して制作された作品の一例としては、『機動武闘伝Gガンダム』がある。
  7. ^ なお過去に放送されたガンダムシリーズの子供向けの作品としては、テレビ東京系列で放送された『SDガンダムフォース』および『SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors』のような例がある。
  8. ^ 日野はアニメ雑誌のインタビューにおいて、第1・2話を見て批判されるならそれも受け入れると答えているが[35]、その後自身のTwitter上で、インタビュー後に試写を見た第3話の内容が素晴らしかったと述べ[36]、インタビューの発言を事実上撤回した。また後には、第1部前半は淡々としているが後半から面白くなるとも発言している[37]
  9. ^ 例えばガンダムの初陣となる場面では、主人公のフリットは出撃してから自らが設計したガンダムが丸腰であることに気がついたとも受け取れる描写になっており、視聴者から困惑の声が寄せられた[41][43]。ただし、企画段階の設定をもとにしたコミカライズ版『機動戦士ガンダムAGE 〜始まりの物語〜』においては、フリットはガンダムに武器が装備されていないことを承知した上で出撃しており[44]:176頁、武器を探す描写もAGEシステム(初期設定版)による支援を当てにしていたという描写になっている。なおノベライズ版では、ビームダガーがテストも完了していない未完成であることを承知の上で[45]:41,46頁、ジェノアス用の武装を装備して出撃する[45]:40頁という描写に変更されている。
  10. ^ 「強いられているんだ!」というフレーズは、2012年12月にガジェット通信とniconicoが共催したネット流行語大賞2012の第7位にランクインしている[48]。また、2012年8月8日にランティスより発売されたCD『機動戦士ガンダムAGE キャラクターソングアルバム Vol.1』に収録されているイワークのキャラクターソング「Desperado Blues」の歌詞で繰り返し登場するなど、オフィシャルな商品にも用いられている。
  11. ^ 機動戦士ガンダム00』で全2部構成を行った前例があり、同作も第1期中盤以降の展開で人気を獲得したといわれる[51]。ちなみに本作は最終的に全3部作ではなく全4部作になった。
  12. ^ 一例を挙げると、2012年8月30日に発売された本作ゲーム『機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル/コズミックドライブ』のラストがアニメと同一であったため、ゲームをクリアすると、アニメの最終回の内容が放送前に判明してしまうという問題が発生した。
  13. ^ 脚本の問題点については、声優の神谷浩史が2012年4月15日に放送された、ラジオ番組『WEBラジオ ガンダムAGE×3』第27回席上、苦言を呈している。
  14. ^ 2012年1月30日に開催されたデジタルハリウッド大学主催のイベント「アニメ・ビジネス・フォーラム+2012」にて、MBSの竹田プロデューサーは視聴率について「AGEは、今週の日曜に放送された分がTBSで2%台、MBSとか名古屋は4.5%ぐらいで、4 - 5%目指さないとというのが現状ですね」と述べている[17]
  15. ^ 世帯・世代別視聴率データの出典元はビデオリサーチ社『テレビ個人視聴率週報. 関東地区』より。ただし2014年より放送が開始された『ガンダム Gのレコンギスタ』が深夜放送帯に移ったので、KIDS層の最低平均視聴率を本作よりさらに下回る可能性がある。
  16. ^ 視聴者の間では、本シリーズのプラモデルの手足パーツと、マックスファクトリーが商品開発を手がける「figmaシリーズ」の美少女フィギュアを組み合わせたMS少女風のミキシングビルドが話題になったが[51][59]、こうした話題は関連商品が不人気であることを示す例としても受け取られた[51]
  17. ^ 機動戦士ガンダムSEEDの主題歌「INVOKE」は初動96,620枚、累計247,160枚(2004年7月時点では累計40万枚超)。機動戦士ガンダムSEED DESTINYの主題歌「ignited」は初動108,161枚、累計195,957枚。機動戦士ガンダム00の主題歌「DAYBREAK'S BELL」は初動115,673枚、累計181,306枚であるのに対して、本作の主題歌「明日へ」は初動6,107枚、累計10,044枚。「REAL」が初動20,845枚、累計29,732枚と振るわない結果になっている。
  18. ^ ゼハートはそれまでコールドスリープで眠っており学校に通っていなかったため、実際には転校では無く編入学である[75]
  19. ^ 第4部のエンディングではAGE-3とはまるで別機体であるかの様に表現されている。
  20. ^ 第6話では、フリットが作業用MSであるデスペラードを「モビルスーツ」と呼ぶ場面がある。
  21. ^ コロコロコミックでの漫画版ではイゼルカント曰く「死の光線」とされている。
  22. ^ 体内に入った有害物質をキレートにして排泄物として出す薬剤。気休め程度の効果しか無い。
  23. ^ マーズバースディ計画は150年前の出来事であると設定されているので、つまりコロニー国家間戦争が終結したのは物語開始から約100年前頃という計算になる。
  24. ^ アニメ本編では、どのような内容の法則であるのかは触れられていない。小説版によれば、最近の補給拠点の位置を推測し、そこからの行動半径を元に推測したとされる[45]:22-23頁
  25. ^ 劇中でも「コウモリどもの巣」などと形容されている[92]
  26. ^ 具体的には、劇中における地球連邦軍の定義では戦闘艦の防御力は自己の主砲の攻撃に耐えられるものでなければならず[99]:198頁、ディーヴァの装甲はフォトンブラスターキャノンの直撃を耐えることができないため、主砲としては定義できないと説明されている[99]:198頁
  27. ^ 第2話では、AGE-1に同乗したユリンが、UEの出現や行動を予測したり、「ノーラ」からの脱出経路をフリットに伝え窮地を救う。
  28. ^ 開局60周年を期にロゴマークを一新され、全国ネットの番組においてこれまでの「毎日放送ジ〜ン」の表記から「MBS」のみの表記に変更された。
  29. ^ 括弧内はレーベル。
  30. ^ 最高位・オリコン調べ。
  31. ^ 第16話 - 第24話までは旧・キューンレコード名義。
  32. ^ EDのテロップでは誤って飯塚昌明とクレジットされていた。
  33. ^ ちなみに第38話以前のOPのガンダムレギルスのカットには初期稿のものが使用され、第39話のカットには決定稿のものが使用され、多少ディティールが異なっている。
  34. ^ 電話を掛ける形式(テレドーム)の視聴者クイズに時間を割いたため、『ガンダペディア』は割愛された。「Xラウンダーの能力を持つ者は誰か?」という内容のクイズである(正解はフリット・アスノ)。
  35. ^ 電話を掛ける形式(テレドーム)の視聴者クイズに時間を割いた為、『ガンダペディア』は割愛された。「このなかで 仮面を被っているのは?」という内容のクイズである(正解はゼハート・ガレット)。
  36. ^ ザムドラーグとギラーガ。
  37. ^ a b c d e f g 後番組『マギ』の予告PVに時間を割いたため、『ガンダペディア』は割愛された。
  38. ^ SBSは自社制作による特別番組伊豆下田・夏の風景〜夏色キセキの舞台をめぐる〜放送の為7月21日の16:30 - 17:00に放送した。
  39. ^ メカ作画監督協力。
  40. ^ ただし東日本大震災で最も甚大な被害を受けた福島県TUF)・宮城県TBC)・岩手県IBC)の3県を除く(これらの地域においては2012年3月31日までに停波となり、本作第24話「Xラウンダー」が名実共に最後となった)。
  41. ^ 2012年4月29日放送分(第29話)、および2012年7月15日放送分(第40話)、2012年8月5日放送分(第43話)、2012年9月16日放送分(第48話)に限り17:30 - 18:00。また、2011年12月25日は年末特別編成、2012年8月12日は『ロンドンオリンピック2012』のレスリング予選、および決勝戦の各放送のため、それぞれ放送休止。
  42. ^ 文字多重放送であり、キャラクターの台詞は第1部・フリット編の主人公のフリット・アスノの台詞が黄色で、第2部・アセム編の主人公のアセム・アスノの台詞は水色(ただしアセム・アスノと同一人物であるキャプテン・アッシュの台詞の色は白である)で、第3部・キオ編の主人公のキオ・アスノの台詞は緑色でそれぞれ表記される。また、データ放送も実施。
  43. ^ 最新話1週間無料。
  44. ^ レギュラー放送に先駆け、4月1日放送の『おまかせ!アニマックスNAVI』にて第1話が先行放送。
  45. ^ なお漫画での描写は初期案から更にアレンジされたもので、最初期の案は風車の残骸からチェーンソーを構築するというものであったとされる[131]
  46. ^ 従来は「コミックボンボン」(講談社・休刊)や「ケロケロエース」、「ガンダムエース」(角川書店)で連載されるケースが中心となっていた。
  47. ^ 第1話は別冊付録内の漫画となっている。
  48. ^ 彼女の先読み能力を見て驚いたタクミが、「人間が普段数パーセントしか使えない脳の力をすべて使い、常識を越えた力を発揮する者がいる」と発言した[137]:168頁ことから、Xラウンダーであるように取れるが詳細は不明。

出典

  1. ^ a b c 『ガンダム』最新作は3世代で紡ぐ大河作品! レベルファイブが制作で協力”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2011年6月13日). 2011年10月5日閲覧。
  2. ^ 機動戦士ガンダム00 MBS公式サイト”. 毎日放送. 2011年10月5日閲覧。
  3. ^ 御月亜希 (2011年6月13日). “新ガンダムシリーズ「機動戦士ガンダムAGE」は2011年10月よりMBS・TBS系列にて放送開始。レベルファイブ制作のRPGやアーケードゲームなどを展開”. 4gamer.net. Aetas. 2011年6月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e 谷口隆一 (2011年10月3日). “世代またがり戦う壮大なスケール 機動戦士ガンダムAGE”. SANKEI EXPRESS (産業経済新聞社): pp. 1-5. http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111003/ent11100314590013-n1.htm 2011年10月3日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “「機動戦士ガンダムAGE」RPG作品がPSPで来夏発売!TVアニメの話題も…”. ジーパラドットコム. (2011年10月15日). http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=27612&c_num=14 2011年10月16日閲覧。 
  6. ^ a b c 『イナズマイレブン』や『機動戦士ガンダムAGE』など2日目のステージイベントをまとめてリポート【LEVEL5 WORLD 2011】”. ファミ通.com. エンターブレイン (2011年10月16日). 2011年10月17日閲覧。
  7. ^ a b c d 小川正和 (2012年1月14日). アニメ質問状 :「機動戦士ガンダムAGE」 物語は2世代目に 変わっていくメカ演出を. インタビュアー:まんたんウェブ. 毎日新聞デジタル.. http://mantan-web.jp/2012/01/14/20120113dog00m200037000c.html 2012年1月15日閲覧。 
  8. ^ a b c 御簾納直彦 (2011年6月13日). “「ガンダムシリーズ」新作発表会の詳報レポートを掲載:サンライズ,バンダイナムコ,レベルファイブ――“三つの運命”は「機動戦士ガンダムAGE」で歴史を作るか?”. 4gamer.net. Aetas. 2011年10月1日閲覧。
  9. ^ 千葉保弘 (2011年6月13日). “『機動戦士ガンダムAGE』発表 - 新作ガンダムのターゲット層は子どもから大人まで幅広く”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/articles/2011/06/13/gundam/index.html 2011年11月8日閲覧。 
  10. ^ a b c d 栗林みな実. 栗林みな実インタビュー. (インタビュー). 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト.. http://www.gundam-age.net/special/special4.html 2011年10月30日閲覧。 
  11. ^ 日野晃博 (2011年10月9日). “そうですか! 子供達に受け取り ...”. Twitter. 2011年10月10日閲覧。
  12. ^ a b c 浅川貴道 (2011年10月27日). “「ガンダム」の世界広がる 低年齢層向け新作や伝統継承作”. 読売新聞 (読売新聞社). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20111027-OYT8T00749.htm 2011年10月29日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f 昌谷大介 (2011年10月11日). “日野晃博が語るガンダム最新作『AGE』の方向性は「子供にも理解できるガンダム」”. 週プレニュース (集英社). http://wpb.shueisha.co.jp/2011/10/11/7417/ 2012年9月27日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f g h i j 龍崎珠樹 (2012年3月31日). “週刊アニメ時評 第9回 大コケの『機動戦士ガンダムAGE』を徹底検証! 求められる新たな「ガンダム像」とは?”. 日刊サイゾー (サイゾー). http://www.cyzo.com/2012/03/post_10280.html 2012年3月31日閲覧。 
  15. ^ 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト | 機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
  16. ^ “初代ガンダム マンガ版完結 「THE ORIGIN」”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年10月19日). http://www.asahi.com/showbiz/manga/TKY201110180255.html 2011年10月20日閲覧。 
  17. ^ a b c d 竹田靑滋 (2012年1月31日). 厳しい環境でこそ作品作りが面白い、竹田靑滋プロデューサーのアニメ戦略. インタビュアー:高橋光輝. デジタルハリウッド大学. GIGAZINE.. http://gigazine.net/news/20120131-seiji-takeda-anime-business-forum-2012/ 2012年2月1日閲覧。 
  18. ^ a b 渡辺由美子; 丸山博雄 (2012年3月19日). “「まどマギ」「タイバニ」テレビ局から見たヒットの背景【前編】”. ASCII.jp 渡辺由美子の「誰がためにアニメは生まれる」. アスキー・メディアワークス. p. 5. 2012年3月19日閲覧。
  19. ^ 日経MJ 11月25日(金)6面『達人 競争力を創る』
  20. ^ a b c 大陸新秩序 (2011年10月15日). “日野晃博氏入魂の新プロジェクト「妖怪ウォッチ」ほか,2011〜2012年にかけての新作をまとめて紹介! 「LEVEL5 VISION 2011」詳報”. 4gamer.net. Aetas. 2011年10月18日閲覧。
  21. ^ 日経MJ 11月25日(金)6面『達人 競争力を創る』
  22. ^ 御簾納直彦 (2011年10月18日). “「機動戦士ガンダムAGE」のメインスタッフが勢揃い。「LEVEL 5 WORLD 2011」のステージイベントをレポート”. 4gamer.net. Aetas. 2011年10月18日閲覧。
  23. ^ 日野晃博 (2012年1月29日). “思えば、ガンダムに関わる、ずうううーーつと前に、ガン ...”. Twitter. 2012年1月31日閲覧。
    日野晃博 (2012年1月29日). “そのとき富野さんはガンダムが支持された理由を「男の中 ...”. Twitter. 2012年1月31日閲覧。
    日野晃博 (2012年1月29日). “そのときの言葉を自分の中で「全ての人の中にある女々し ...”. Twitter. 2012年1月31日閲覧。
    日野晃博 (2012年1月29日). “子どたちが理解しやすくなるようにと展開のデフォルメを ...”. Twitter. 2012年1月31日閲覧。
  24. ^ 『日経エンタテインメント!2011年12月号』「アニメ×レベルファイブ→機動戦士ガンダムAGE 子どもたちを視野に入れたデザインの新ガンダム 「レイトン教授」を生んだレベルファイブと組んだ理由」
  25. ^ 日経MJ 2011年10月24日
  26. ^ 月刊ニュータイプ2012年11月号「機動戦士ガンダムAGE ストーリー/シリーズ構成 日野晃博インタビュー」
  27. ^ Great Mechanics DX 23『【特集】機動戦士ガンダムAGE 100年の長き旅の終わりに スペシャル対談』(株式会社双葉社刊)
  28. ^ 機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN公式サイトSTAFF一覧
  29. ^ a b c 斎藤雅道 (2011年9月23日). “【雅道のサブカル見聞録】『機動戦士ガンダムAGE』でガンダムは大きく変わる!?”. リアルライブ (フェイツ). http://npn.co.jp/article/detail/02666700/ 2011年10月1日閲覧。 
  30. ^ 百元籠羊 (2011年9月20日). “ガンダムAGEに対していまだに悩む中国オタク”. サーチナニュース. 「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む (サーチナ). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0920&f=column_0920_001.shtml 2011年10月2日閲覧。 
  31. ^ a b c d “テレビ辛口研究所「プラモもすぐ半額、福袋に」キッズ層を取り損ねた『ガンダムAGE』に未来はあるか”. 日刊サイゾー (サイゾー). (2012年1月12日). http://www.cyzo.com/2012/01/post_9541.html 2012年1月12日閲覧。 
  32. ^ 日野晃博 (2011年10月2日). “いよいよガンダムAGE放送開始まで1週間か。いろいろ ...”. Twitter. 2011年10月8日閲覧。
  33. ^ 日野晃博 (2011年10月8日). “今までレイトンやらイナズマやらと多くの作品のメインス ...”. Twitter. 2011年10月10日閲覧。
  34. ^ 日野晃博 (2011年10月9日). “RTさせてもらいました。あ ...”. Twitter. 2011年10月10日閲覧。
  35. ^ 「日野晃博インタビュー」、『月刊ニュータイプ』、角川書店、2011年11月。
  36. ^ 日野晃博 (2011年9月24日). “ガンダムAGEのアニメ誌のインタビューのときは1話と ...”. Twitter. 2011年10月19日閲覧。
  37. ^ 日野晃博 (2011年10月19日). “ガンダムAGE、スタッフとしてちょっと先まで視聴。自 ...”. Twitter. 2011年10月19日閲覧。
  38. ^ 『「機動戦士ガンダムAGE」のメインスタッフが勢揃い。「LEVEL 5 WORLD 2011」のステージイベントをレポート』(4Gamer.net 2011年10月18日)
  39. ^ 日野晃博 (2011年10月9日). “声優に関しては試写会のときもスタッフロールを抜くなど ...”. Twitter. 2011年10月9日閲覧。
  40. ^ “2011年秋季放送開始の新作アニメ一覧”. GIGAZINE. (2011年9月3日). http://gigazine.net/news/20110903_anime_2011autumn/ 2011年10月9日閲覧。 
  41. ^ a b c d e 小原篤 (2011年10月24日). “ガンダム 父なる妄想”. asahi.com 小原篤のアニマゲ丼 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/showbiz/column/animagedon/TKY201110230166.html 2011年10月24日閲覧。 
  42. ^ a b c 雨音 (2011年10月24日). “【ネットトレンド】機動戦士ガンダムAGE 批判殺到でどうなる!?”. 日刊テラフォー (マキシムライト). http://www.terrafor.net/news_hey9WoPhfS.html 2011年10月29日閲覧。 
  43. ^ a b c d e f 「Q.ガンダムAGE放送開始! 第1話を見て気になったところは?」は「武器を持たずに勢いで出撃」が1位! 【2011年10月10日〜2011年10月16日】”. GUNDAM.INFO. サンライズ (2011年10月24日). 2011年10月29日閲覧。
  44. ^ a b c d e f g h i j k 中西寛 『機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜』1、小学館、2012年5月23日。ISBN 978-4-09-123668-5
  45. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 小太刀右京 『小説版 機動戦士ガンダムAGE(1)スタンド・アップ』 角川書店、2012年2月1日。ISBN 978-4-04-100147-9
  46. ^ 「Q.これも定番!?ガンダムで神秘的な少女といえば?」はティファ・アディールが1位!【2011年10月24日〜2011年10月30日】”. GUNDAM.INFO. サンライズ (2011年11月7日). 2012年1月11日閲覧。
  47. ^ マコ小林 (2012年1月22日). “顔認識技術でガンダムAGEの名場面を再現することを......強いられているんだ!”. Kotaku JAPAN. メディアジーン. 2012年1月24日閲覧。
  48. ^ “【速報】9万人が選んだ『ネット流行語大賞』 金賞はアノ言葉”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2012年12月7日). http://getnews.jp/archives/277443 2014年2月17日閲覧。 
  49. ^ 「Q.ガンダムAGE第14話でユリンが…! ガンダムで誰かをかばって犠牲になったキャラといえば?」はララァ・スンが1位!【2012年1月16日〜2012年1月22日】”. GUNDAM.INFO. サンライズ (2012年1月30日). 2012年2月9日閲覧。
  50. ^ 【週刊ジーパラが批評13】『ガンダムオンライン』はガンダムゲーの決め手か!?”. ジーパラドットコム (2011年12月12日). 2011年12月31日閲覧。
  51. ^ a b c d e f 斎藤雅道 (2012年1月1日). “【新年特集・雅道のサブカル見聞録】2012年はココに注目!! 注目の5大トピックス”. リアルライブ (フェイツ). http://npn.co.jp/article/detail/36577357/ 2012年1月11日閲覧。 
  52. ^ “2011ネットの風景:もの言う人々”. ITmediaニュース (ITmedia). (2011年12月29日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1112/29/news018.html 2011年12月31日閲覧。 
  53. ^ 日野晃博 (2012年1月22日). “ガンダムAGE、いよいよ今日で第一部のエンディング。 ...”. Twitter. 2012年1月31日閲覧。
  54. ^ 日野晃博 (2012年1月30日). “朝、ツィッターを見てみると、ガンダムAGE第2部は評判が ...”. Twitter. 2012年2月1日閲覧。
  55. ^ 『3代100年ちびっ子取り込め アニメ大河 ガンダムをパパと見たか」』(読売新聞2011年11月4日)
  56. ^ 『週刊アニメ時評 第27回 ガンダム史上屈指の空気アニメ『ガンダムAGE』コミカライズ作品を、レビューしてみた!』サイゾー(2012年12月8日)
  57. ^ 月刊モデルグラフィックス2012年11月号『特集ガンプラ新世代『機動戦士ガンダムAGE』との付き合い方」』
  58. ^ 『バンダイナムコ、7年目の本気、AGEの苦戦にも焦りなく』 アニメニュースJapanimate.com 2012年4月15日閲覧。日経MJ(日本経済新聞社) 2012年4月13日。
  59. ^ haruYasy (2011年4月11日). “MS=魔法少女? 魔法と科学の力で戦うまどか☆ガンダムたち”. Kotaku JAPAN. メディアジーン. 2012年4月30日閲覧。
  60. ^ “【注目の決算発表】創通は一気に高値更新、1QV字回復業績に自己株式取得がオン”. 財経新聞. 日本インタビュ新聞社 (財経新聞社). (2012年1月11日). http://www.zaikei.co.jp/article/20120111/91875.html 2012年1月12日閲覧。 
  61. ^ “創通(3711・ジャスダック市場) 資金の活用方法が注目される。(水戸証券)”. 兜町ネット (日本証券新聞社). (2012年1月31日). http://www.kabutocho.net/news/livenews/news_detail.php?id=285797 2012年2月7日閲覧。 
  62. ^ 『アジア消費をつかむ(下)ガンダム配信の勝算』(日本経済新聞 2012年1月30日朝刊)
  63. ^ 「バンダイナムコグループ2012年3月期決算説明会(2012年5月9日開催)概要 (PDF)”. バンダイナムコホールディングス (2012年5月10日). 2014年3月31日閲覧。
  64. ^ 『バンダイナムコ、7年目の本気、AGEの苦戦にも焦りなく』(日本経済新聞社刊 「日経MJ」 2012年4月13日)
  65. ^ 『トイジャーナル 2012年1月号』(東京玩具人形問屋協同組合刊)P33「●特集 新春トップインタビュー 2012年の展望を聞く バンダイ代表取締役社長 上野和典氏」
  66. ^ 4Gamer.net(2012年9月5日)『「初音ミク -Project DIVA- f」16万本でPS Vita本体も5万台。「デビルサマナー」「閃乱カグラ」「ネプテューヌV」など新作多数の「週間販売ランキング+」』
  67. ^ 4Gamer.net(2012年9月12日)『「ロストヒーローズ」合計4万8000本,「マックス・ペイン3」2万4000本などが登場の「ゲームソフト週間販売ランキング+」』
  68. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン、2013年。2015年12月30日閲覧。
  69. ^ a b 戦いは新たなる世代へ!「ガンダムAGE」アセム編、2012年1月スタート!”. GUNDAM.INFO. サンライズ (2011年12月15日). 2011年12月15日閲覧。
  70. ^ 数土直志 (2011年3月20日). “「ガンダムシリーズのメビウスの輪」と「機動戦士ガンダムUC」”. アニメ!アニメ!. アニメアニメジャパン. 2011年10月10日閲覧。
  71. ^ a b c d e f g h アニメ第15話「その涙、宇宙に落ちて」。
  72. ^ アニメ第7話「進化するガンダム」。
  73. ^ 日野晃博 (2012年1月25日). “そして、ガンダムAGEは、日曜日から第2部アセム ...”. Twitter. 2012年1月26日閲覧。
  74. ^ a b 第2話アバンタイトルのナレーションより
  75. ^ a b アニメ第17話「友情と恋とモビルスーツ」。
  76. ^ キャラクター ゼハート・ガレット”. 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト. 創通・サンライズ・MBS. 2012年2月26日閲覧。
  77. ^ a b c d e f g h i j k ストーリー”. 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト. 創通・サンライズ・MBS (2012年4月22日). 2012年4月24日閲覧。
  78. ^ a b c アニメ第1話「救世主ガンダム」。
  79. ^ a b プラモデル「ガンダムAGE-1タイタス」組立説明書, 1/100スケールモデル MG ガンダムAGE, バンダイ, (2012年) 
  80. ^ a b c d e アニメ第6話「ファーデーンの光と影」。
  81. ^ a b アニメ第2話「AGEの力」。
  82. ^ a b c アニメ第20話「赤いモビルスーツ」。
  83. ^ アニメ第37話「ヴェイガンの世界」。
  84. ^ a b 次代の新主役機「ガンダムAGE-3」設定画公開!”. GUNDAM.INFO. サンライズ (2012年3月15日). 2012年3月21日閲覧。
  85. ^ MS ガンダムAGE-1グランサ”. 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト. 創通・サンライズ・MBS. 2012年8月5日閲覧。
  86. ^ MS ガンダムAGE-2ダブルバレット”. 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト. 創通・サンライズ・MBS. 2012年2月26日閲覧。
  87. ^ MS ダークハウンド”. 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト. 創通・サンライズ・MBS. 2012年5月27日閲覧。
  88. ^ 『月刊コロコロコミック』、小学館、2012年4月。
  89. ^ a b 『グレートメカニックDX』20、双葉社〈双葉社MOOK〉、2012年。ISBN 978-4575464641
  90. ^ 『機動戦士ガンダムAGE ファーストモデリングブック』 ホビージャパン、2011年。ISBN 978-4798603315
  91. ^ MS シャルドール”. 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト. 創通・サンライズ・MBS. 2012年1月25日閲覧。
  92. ^ a b c アニメ第14話「悲しみの閃光」。
  93. ^ レガンナー”. 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト. 創通・サンライズ・MBS. 2012年5月28日閲覧。
  94. ^ 『月刊コロコロコミック』、小学館、2012年7月。
  95. ^ アニメ第39話「新世界の扉」。
  96. ^ アニメ第44話「別れゆく道」。
  97. ^ a b c d プラモデル「ガンダムAGE-1ノーマル」組立説明書, 1/100スケールモデル MG ガンダムAGE, バンダイ, (2011年) 
  98. ^ a b MS デスペラード”. 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト. 創通・サンライズ・MBS. 2012年2月26日閲覧。
  99. ^ a b c d e f g h i j 小太刀右京 『小説版 機動戦士ガンダムAGE(2)アウェイクン』 角川書店、2012年4月1日。ISBN 978-4-04-100180-6
  100. ^ a b c アニメ第16話「馬小屋のガンダム」。
  101. ^ a b c アニメ第29話「じいちゃんのガンダム」。
  102. ^ 山口晋ほか (SWF). 機動戦士ガンダムAGE プロモーション映像2 (トレーラー). 創通・サンライズ・MBS.. 該当時間: 3:00-3:05. http://www.gundam-age.net/content/movie2.html 2011年10月8日閲覧。 
  103. ^ a b c d e f g アニメ第11話「ミンスリーの再会」。
  104. ^ 英字スペルは双葉社『グレートメカニックスペシャル 機動戦士ガンダムAGE メカニック&ワールド』(2013)掲載の記述による。
  105. ^ a b c アニメ第21話「立ちはだかる幻影」。
  106. ^ シリーズ構成、兵藤一歩(シリーズ構成)、寺岡賢司(メカニックデザイン)がそれぞれ双葉社『グレートメカニックスペシャル 機動戦士ガンダムAGE メカニック&ワールド』(2013)「世界観設定対談」において語るところによる。
  107. ^ アニメ第32話「裏切り者」。
  108. ^ a b c d e f g h i 『機動戦士ガンダムAGEメカニック&ワールド』 双葉社、2013年3月2日。ISBN 978-4-575-46472-6
  109. ^ 第21話ガンダペディア。
  110. ^ プラモデル「ドラド」組立説明書, 1/144スケールモデル HG ガンダムAGE, No.11, バンダイ, (2012年) 
  111. ^ アニメ第23話「疑惑のコロニー」。
  112. ^ a b アニメ第25話「恐怖のミューセル」。
  113. ^ a b アニメ第3話「ゆがむコロニー」。
  114. ^ アニメ第48話「絶望の煌めき」。
  115. ^ 丸山典子編「進化するプラモ・進化するトイ・進化するカード AGEホビーの全貌に迫る!! スペシャルインタビュー 日野晃博」『フィギュア王 No.165』ワールドフォトプレス、2011年11月30日、ISBN 978-4-8465-2891-1、23頁。
  116. ^ a b アニメ第4話「白い狼」。
  117. ^ アニメ第13話「宇宙要塞アンバット」。
  118. ^ アニメ第31話「戦慄 砂漠の亡霊」。
  119. ^ a b プラモデル「ガフラン」組立説明書, 1/144スケールモデル HG ガンダムAGE, No.2, バンダイ, (2012年) 
  120. ^ 小太刀右京 『小説版 機動戦士ガンダムAGE(5)ホーム・スイート・ホーム』 角川書店、2012年10月31日。ISBN 978-4-04-100542-2
  121. ^ a b c プラモデル「ガンダムAGE-1スパロー」組立説明書, 1/100スケールモデル MG ガンダムAGE, バンダイ, (2012年) 
  122. ^ アニメ第12話「反逆者たちの船出」。
  123. ^ アニメ第22話「ビッグリング絶対防衛線」。
  124. ^ アニメ第43話「壮絶 トリプルガンダム」。
  125. ^ a b ガンダムAGE制作スタッフ (2012年7月11日). “三世代編新OP・EDの制作は終わりましたが(…”. Twitter. 2012年7月11日閲覧。
  126. ^ “ガンダム新作、5言語でネット配信 テレビ放映と同時に”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2011年10月9日). http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E2EAE2E09D8DE2EAE3E2E0E2E3E3869891E2E2E2 2011年10月10日閲覧。 
  127. ^ a b “サンデーに「ガンダムAGE」コミカライズが2号連続掲載”. マイコミジャーナル. コミックナタリー (マイナビ). (2011年10月5日). https://news.mynavi.jp/news/2011/10/05/045/ 2011年10月5日閲覧。 
  128. ^ コロコロ公式サイトにて漫画「機動戦士ガンダムAGE-始まりの物語-」前編公開!”. GUNDAM.INFO. サンライズ (2011年10月14日). 2011年10月20日閲覧。
  129. ^ a b c d e f g 中西寛 『機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜』2、小学館、2012年8月22日。ISBN 978-4-09-123799-6
  130. ^ a b c d 「アニメ版とサンデー版の違いはココだ!」、『週刊少年サンデー』2011年46号、小学館、2011年10月26日、 352頁。
  131. ^ 日野晃博 (2011年10月9日). “もうサンデーの風車ガンダムが話題になっているのかな( ...”. Twitter. 2011年10月19日閲覧。
  132. ^ 大塚健 (2011年2月1日). “おはです! 小説版はアニメとは違っ ...”. Twitter. 2012年2月6日閲覧。
    大塚健 (2011年2月1日). “そういえば、小説版の設定はアニメとは色々違いますので ...”. Twitter. 2012年2月6日閲覧。
    小太刀右京 (2011年2月4日). “サンライズの設定スタッフの皆様、白土様兵頭様には小説 ...”. Twitter. 2012年2月6日閲覧。
  133. ^ 詳細情報 機動戦士ガンダムAGE(1)スタンド・アップ”. webKADOKAWA. 角川書店. 2012年2月2日閲覧。
  134. ^ 詳細情報 機動戦士ガンダムAGE(2)アウェイクン”. webKADOKAWA. 角川書店. 2012年4月1日閲覧。
  135. ^ 吉田正紀オリジナルの「ガンダムAGE」コロコロで連載開始マイコミジャーナル 2011年9月15日
  136. ^ 漫画「機動戦士ガンダムAGE トレジャースター」第1話、クラブサンデーにて本日より無料公開!”. GUNDAM.INFO. サンライズ (2011年10月21日). 2011年10月29日閲覧。
  137. ^ a b c d e f g h 吉田正紀 『機動戦士ガンダムAGE トレジャースター』1、小学館、2012年3月4日。ISBN 978-4-09-141390-1
  138. ^ a b c d 吉田正紀 『機動戦士ガンダムAGE トレジャースター』2、小学館、2012年9月2日。ISBN 978-4-09-141536-3
  139. ^ トレーディングカードアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』PR-062「ウィービック・ランブロ」裏書より。
  140. ^ トレーディングカードアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』ZPR-014「アセム・アスノ」裏書より。
  141. ^ a b c d e 中西寛 『限定版 機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜』3、小学館、2012年12月23日。ISBN 978-4-09-124235-8
  142. ^ 機動戦士ガンダムAGEゲイジング公式サイト『ゲイジングバトルベース稼動終了のお知らせ』
  143. ^ 『機動戦士ガンダムAGE』2バージョンで登場!(ファミ通.com、2012年5月18日)
  144. ^ 「機動戦士ガンダムAGE(エイジ)」を運行します keihan-o2.com(京阪大津線公式サイト) 2011年12月1日閲覧。
  145. ^ 京阪 石山坂本線で「機動戦士ガンダムAGE」ラッピング電車を運転 railf.jp 2011年12月1日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダムAGE」の関連用語

機動戦士ガンダムAGEのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機動戦士ガンダムAGEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダムAGE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS