機動戦士ガンダム_閃光のハサウェイとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 文学作品 > 小説 > 角川スニーカー文庫 > 機動戦士ガンダム_閃光のハサウェイの意味・解説 

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 00:54 UTC 版)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(きどうせんしガンダム せんこうのハサウェイ)は、アニメ作品群ガンダムシリーズの1つで、富野由悠季小説作品。1989年から1990年にかけ、全3巻が角川スニーカー文庫より刊行された。




注釈

  1. ^ 2011年6月9日に逝去したため、『GGENERATION WORLD』以降ではライブラリ出演となる。
  2. ^ この描写は、アニメ映画および小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』ではなく、小説版『ベルトーチカ・チルドレン』の設定を受け継いだもの。映画ではチェーン・アギに殺害されている。
  3. ^ 初版刊行当時は角川スニーカー文庫の前身である「角川文庫・青版」として刊行された。

出典

  1. ^ a b “『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』特報映像2”. YouTube、 ガンダムチャンネル (創通、サンライズ.): 該当時間: 0:57. (2020年3月24日). https://www.youtube.com/watch?v=HVVDU2kXEec 2020年3月26日閲覧。 
  2. ^ a b 「サンライズプロデューサー小形尚弘に聞いた12のQ&A」『月刊ガンダムエース』2020年5月号、KADOKAWA、2020年3月26日、4-7頁。
  3. ^ 2002年12月発売の『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー3 シャア編』の巻末インタビューにて作者の富野が発言。
  4. ^ a b c CHARACTER”. 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト. 2020年3月24日閲覧。
  5. ^ “「閃光のハサウェイ」さびしうろあきコミカライズ版がガンダムエースに掲載”. コミックナタリー. (2020年3月26日). https://natalie.mu/comic/news/372770 2020年3月26日閲覧。 
  6. ^ @gundam_ace1の2020年3月25日のツイート2020年3月26日閲覧。
  7. ^ 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』特典付き前売り券第2弾、7月26日より発売決定!”. GUNDAM.INFO (2019年7月18日). 2019年7月18日閲覧。
  8. ^ a b 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』7月23日より全国ロードショー!3月にファンイベント開催決定!”. GUNDAM.INFO (2020年1月1日). 2020年4月25日閲覧。
  9. ^ 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』メインキャスト解禁!主題歌はAlexandrosに決定!”. GUNDAM.INFO (2020年3月25日). 2020年4月25日閲覧。
  10. ^ 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 公開延期のお知らせ”. GUNDAM.INFO (2020年6月4日). 2020年6月4日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “「閃光のハサウェイ」ハサウェイ役は小野賢章!古谷徹「自分がニュータイプと信じて」と激励”. コミックナタリー. (2020年3月24日). https://natalie.mu/comic/news/372533 2020年3月25日閲覧。 
  12. ^ 映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』主題歌決定”. [Alexandros]Official Site. 2020年3月24日閲覧。


「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダム_閃光のハサウェイ」の関連用語

機動戦士ガンダム_閃光のハサウェイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機動戦士ガンダム_閃光のハサウェイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS