安彦良和とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 安彦良和の意味・解説 

安彦良和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/09 06:49 UTC 版)

安彦 良和(やすひこ よしかず、1947年12月9日 - )は、日本漫画家アニメーターキャラクターデザイナーアニメ監督イラストレーター小説家北海道紋別郡遠軽町出身。埼玉県所沢市在住。




  1. ^ おしぐちたかし 『漫画魂(スピリット) おしぐちたかしインタビュー集』 白夜書房、2003年。ISBN 978-4893679116
  2. ^ 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト WORLD 作品紹介”. サンライズ. 2014年10月10日閲覧。
  3. ^ 客員教授”. 神戸芸術工科大学. 2014年9月12日閲覧。
  4. ^ a b “シャアとセイラの生い立ち、アニメ化 安彦良和総監督”. 朝日新聞デジタル. (2015年2月28日). http://www.asahi.com/articles/ASH2P5JQBH2PUCVL00H.html 2015年3月24日閲覧。 
  5. ^ a b “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 2”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月6日) 
  6. ^ 遠軽町史 第二次町会(昭和13年6月30日選挙)定数24人 ”. がんぼネットワークス. 2014年9月22日閲覧。
  7. ^ a b c “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 3”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月7日) 
  8. ^ “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 14”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月21日) 
  9. ^ a b c d “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 4”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月8日) 
  10. ^ a b c d “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 5”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月9日) 
  11. ^ a b c “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 6”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月10日) 
  12. ^ この時代の学生運動を描いた山本直樹の漫画『レッド』の登場人物・安田は安彦がモデルとされている。
  13. ^ a b c “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 7”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月12日) 
  14. ^ さすらいの太陽”. 虫プロダクション株式会社. 2019年3月9日閲覧。
  15. ^ 戦友・富野由悠季と安彦良和、そして古川登志夫の駆け抜けた“ガンダム前夜”70年代アニメ史 レジェンドクリエイターインタビュー安彦良和×古川登志夫[安彦良和 THE ORIGIN編]”. otoCoto (2017年3月19日). 2019年3月9日閲覧。
  16. ^ クリエイターズ・セレクションVol.16 監督:川尻善昭 インタビュー”. バンダイチャンネル (2014年11月25日). 2019年3月9日閲覧。
  17. ^ スタジオ雄 『PLUS MADHOUSE(プラス マッドハウス) 2 川尻善昭』 キネマ旬報社、2008年。ISBN 978-4873763040
  18. ^ a b “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 8”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月13日) 
  19. ^ a b “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 9”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月14日) 
  20. ^ a b c “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 10”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月15日) 
  21. ^ a b c “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 11”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月16日) 
  22. ^ 『機動戦士ガンダム20周年トリビュートマガジン G20』☆Vol.4 特集:安彦良和-アニメの終わりと物語の始まり(エンターブレイン、2005年)
  23. ^ そもそもアニメ業界に入ったきっかけというのも「絵を描くだけでとりあえずは食える」というものだった『ガンダム者』(講談社、2002年)
  24. ^ 週刊文春』2017年11月16日号掲載「新・家の履歴書」では、「宮崎アニメが天下を獲り、大友克洋や新しい才能が登場した八〇年代のアニメ界で、僕の監督作品は失敗続きでした。才能もないのに作り続けることが惨めで、オタク的な流れにもついて行けなかった。だから退場したんです」とコメントしている。
  25. ^ a b 『アニメージュ』1982年12月号、徳間書店、p144 - 145。
  26. ^ a b “私のなかの歴史 オホーツクから「ガンダム」へ 12”. 北海道新聞夕刊. (2012年3月17日) 
  27. ^ 北海道新聞』2012年3月5日付夕刊
  28. ^ 登場人物には、李香蘭(大鷹淑子)のように執筆当時存命だった人物も含まれる。
  29. ^ 『動画王』vol.7 キネマ旬報社、1998年、162-183頁
  30. ^ 『ユリイカ』 p.196
  31. ^ 『ユリイカ』 p.198
  32. ^ 『ユリイカ』 pp.203-204
  33. ^ 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (24)特別編”. 角川書店. 2015年3月25日閲覧。
  34. ^ 『天の血脈』第5巻 安彦良和 【日刊マンガガイド】”. このマンガがすごい! WEB. 宝島社. 2019年3月12日閲覧。
  35. ^ 第20回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 審査委員会推薦作品”. 文化庁. 2019年3月12日閲覧。
  36. ^ ヤマトタケル 無料漫画詳細”. 無料コミック ComicWalker (2018年6月20日). 2018年9月25日閲覧。
  37. ^ 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート”. 毎日新聞 (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。
  38. ^ 西崎義展プロデューサーのブレインとして、白色彗星や新造戦艦等のアイディアを提出している。これらは会議の席上では西崎義展名義で発表された。(「松本零士・初期SF作品集 限定版BOX」のインタビューより)
  39. ^ 西崎義展プロデューサーの指名で巨大戦艦出現からヤマト特攻までの一連の原画を担当。作画監督には「一切修正を加えるな」との厳命が下された。(「アニメ大好き!~ヤマトからガンダムへ~」での氷川竜介(中谷達也名義)の解説による)
  40. ^ 西崎義展プロデューサーの依頼によって、脚本陣とともにテレビ用の構成と設定の変更を行ったとのこと。(「松本零士・初期SF作品集 限定版BOX」のインタビューより)
  41. ^ めざましテレビ|2014/11/21(金)放送 | TVでた蔵
  42. ^ ガンダムインフォHP、TBS系列「ゴロウ・デラックス」に安彦良和氏が出演!本日9月3日深夜0:41より放送!
  43. ^ 『アニメージュ』1982年11月号、徳間書店、p148 - 149
  44. ^ a b エンターブレイン『エンタミクス』2015年5月号、P70~71「安彦良和が『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』を描いた理由」より。


「安彦良和」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安彦良和」の関連用語

安彦良和のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



安彦良和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安彦良和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS