ミノフスキー粒子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 粒子 > ミノフスキー粒子の意味・解説 

ミノフスキー粒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 10:34 UTC 版)

ミノフスキー粒子(ミノフスキーりゅうし、Minovsky particle[1])は、アニメ機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」に登場する架空の物質。


注釈

  1. ^ 水や土、金属や炭素への浸透は難しいとする資料もある[10]
  2. ^ T(ティー)ではなくΤ(タウ)とする資料もある[12]
  3. ^ 赤外線近傍領域から超長波までの電磁波とする資料もある[12]。また、紫外線領域以上の[13]放射線も遮断する[14]とする資料もある。
  4. ^ 本粒子の応用技術の確立を含むパラダイムシフト全体を「ミノフスキー効果」と呼ぶこともある[16]
  5. ^ 熱核反応炉におけるヘリウム3の核融合にともなって発生するとしている資料もある[14]
  6. ^ 『ガンダムセンチュリー』での初出時は「Y・T・ミノフスキー」と表記[8]
  7. ^ 『ガンダムセンチュリー』では、ジオン公国が0065年に本粒子を開発したとしている[19]
  8. ^ 電磁波を流すとする資料もある[24]
  9. ^ 後者の場合、前者のようなIフィールドを「強力なIフィールド」と表現している[20]
  10. ^ 『ガンダムセンチュリー』では0074年のこととされるが[25]、漫画『Developers 機動戦士ガンダム Before One Year War』では0073年12月に同機の社内コンペティションがおこなわれている。
  11. ^ 熱核反応炉自体でエネルギーをIフィールドの超結晶格子で電気に変換するため、「核融合ジェネレーター」とも呼ばれるとする資料もある[31]
  12. ^ 初出の『機動戦士ガンダム MS IGLOO 第603技術試験隊 中間報告書』では「広帯域推進剤技術」とされている[34]
  13. ^ 「木星エンジン」が熱核ロケット・エンジンであることは書籍『MS IGLOO Mission Complete』で確認できる[35]
  14. ^ 『ガンダムセンチュリー』では、ドム用に開発された熱核ジェットを改修したものが搭載されたとしている[36]
  15. ^ 『ガンダムセンチュリー』では、宇宙戦艦用の熱核ロケットを小型化・ジェット化する形で開発されたとしている[36]
  16. ^ 『ガンダムセンチュリー』では「化学燃料式の小型ジェット・ロケット兼用エンジン」とされるが[40]、それ以前のコア・ファイターの「透視図」でもNC-3型(「戦闘機タイプ核融合エンジン タキム式NC-3」と表記)の搭載が確認できる[17]
  17. ^ 『ガンダム大事典(アニメック第16号)』の用語事典でも荷電粒子砲の一種として重金属の粒子を磁気により加速して発射するとされ[42]、同じ出版社が12年後に発行した『ラポートデラックス 機動戦士ガンダム0083 ~スターダストメモリー~』の用語事典でも「重金属」も含めほぼ変わらぬ意味合いで掲載された[24]
  18. ^ 富野による小説版『機動戦士Vガンダム』では、ビーム兵器は一貫して「重金属粒子」とされている。さらに『ガンダム Gのレコンギスタ』でもビームを「重金属粒子」とする資料が見られる[要出典]
  19. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』では、エネルギー・コンデンサーでメガ粒子まで縮退しているが、その場合そこで運動エネルギーが放出してしまう。
  20. ^ 一方で、磁場偏向に弱いとする資料もある[14]
  21. ^ 大出力エンジンの併用が必要とする資料もある[49]
  22. ^ 「ミノフスキー・クラフトを利用した高性能の飛行システム(詳細不明)」とする資料もある[52]。また、劇中の台詞で「ミノフスキー粒子コンプレッサー」なるものが搭載されているのが確認できるが(第4話)、これがミノフスキー・クラフトの一部なのか否かは不明。
  23. ^ 作中でもバリアーといえばビーム・バリアーを指し、それが常識であるとされている。ただし、無数の鉛の粒を発射してミサイルや高性能の弾丸などの実体弾から防御するサンド・バレルを「バリアー」と表現している箇所もある[61]
  24. ^ 本技術が登場した『閃光のハサウェイ』は、ミノフスキー・バリア―の登場した同じ富野由悠季による小説『ガイア・ギア』の雑誌連載中に執筆されていた。
  25. ^ ただし、ミサイル攻撃に対しては、信管を誤作動させて爆発させる事が可能であるが、爆発そのものは跳ね返すことはできない[73]
  26. ^ ただし『Vガンダム』第2話では、シャッコーがビーム・ローター起動時にビーム・シールド全体を展開するのではなく、四方の4つの突起からのみ細いビームを展開してから回転しているのが確認できる。
  27. ^ 小説発表当時はミノフスキー・クラフトとミノフスキー・フライトは明確に区別されておらず、両方の表現が混在したが、2021年の劇場アニメ『閃光のハサウェイ』でミノフスキー・フライト・ユニットを実装しているとはっきり設定された。
  28. ^ 一方で、ミノフスキー・クラフトより高高度まで飛行できるとする資料もある[88]
  29. ^ ただし小説では言及されず、『ホビージャパン』1991年3月号掲載の特集記事でのマン・マシーン(ガウッサ)の機体解説に初めて記載された[92]。その後、雑誌『ザ・テレビジョン』の連載コーナー「月刊ガイア・ギア通信」のガイア・ギアαの解説ページなどにも記載された[93][要ページ番号]
  30. ^ ただし木星帝国型パイロットスーツの外面に特殊粘液を満たす方式のため、眼球、脳、脊髄などへの耐Gには効果がない。
  31. ^ プラモデル「1/100 ∀ガンダム」説明書に不確かな記載がある。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j ミッションΖΖ 1987, p. 152-155.
  2. ^ a b ガンダム大事典アニメック 1981, p. 35.
  3. ^ a b c d e 記録全集4 1980, p. 196-199.
  4. ^ a b 記録全集1 1979, p. 122-123.
  5. ^ a b c ロマンアルバム劇場版 1981, p. 98-106.
  6. ^ a b c d e f g h ロマンアルバム 1980, p. 113-116.
  7. ^ 旭屋第2作フィルムコミック 1996, p. 277-279.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o センチュリー 1981, p. 52-53.
  9. ^ a b c d センチュリー 1981, p. 34-36.
  10. ^ ファクトファイル78 2006, p. 21-24.
  11. ^ a b c d e f 旭屋第1作フィルムコミック 1996, p. 272-275.
  12. ^ a b c d e f g 旭屋第2作フィルムコミック 1996, p. 269-271.
  13. ^ a b 一年戦争サーガ 2000, p. 44-45.
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n ラポート宇宙世紀1 1998, p. 59-65.
  15. ^ a b c EB一年戦争編 1989, p. 63.
  16. ^ a b c d DC一年戦争編 1996, p. 50-53.
  17. ^ a b c d 記録全集1 1979, p. 160-163.
  18. ^ DC一年戦争編 1996, p. 63.
  19. ^ センチュリー 1981, p. 34.
  20. ^ a b c d e f g h i j k EB一年戦争編 1989, p. 91-93.
  21. ^ a b c d e センチュリー 1981, p. 46-48.
  22. ^ a b OFFICIALS 2001, p. 680-683.
  23. ^ a b ガンダムRPG 1997, p. 40-41.
  24. ^ a b ラポート0083 1993, p. 124-135.
  25. ^ a b センチュリー 1981, p. 35-36.
  26. ^ a b c 週刊MSバイブル57 2020, p. 24-29.
  27. ^ ラポート宇宙世紀1 1998, p. 54-55.
  28. ^ a b MS SAGA4 1994, p. 88-93.
  29. ^ OFFICIALS 2001, p. 539-541.
  30. ^ a b NT100%Vガンダム2 1994, p. 96-97.
  31. ^ ファクトファイル58 2005, p. 15-16.
  32. ^ a b c センチネル 1989, p. 301.
  33. ^ a b c IGLOO完全設定資料集 2007, p. 22-33.
  34. ^ a b IGLOO中間報告書 2005, p. 70-73.
  35. ^ a b c d IGLOO MC 2009, p. 38-43.
  36. ^ a b c d e f g センチュリー 1981, p. 38-40.
  37. ^ a b c d e センチュリー 1981, p. 54-56.
  38. ^ センチネル 1989, p. 80-81.
  39. ^ MGガンダム 1995, p. 11.
  40. ^ a b センチュリー 1981, p. 41-45.
  41. ^ OFFICIALS 2001, p. 417-420.
  42. ^ ガンダム大事典アニメック 1981, p. 128.
  43. ^ a b ガンダム大事典アニメック 1981, p. 123-124.
  44. ^ センチネル 1989, p. 290-297.
  45. ^ 1/144スナイパーカスタム 1983.
  46. ^ a b c d センチュリー 1981, p. 41-44.
  47. ^ EB SPガンダム大鑑 1993, p. 35.
  48. ^ a b OFFICIALS 2001, p. 567-569.
  49. ^ a b c d e f g h MS SAGA3 1993, p. 67-82.
  50. ^ ファクトファイル144 2007, p. 32.
  51. ^ クロスボーンゴースト5 2013, p. 144.
  52. ^ MS大全集98 1998, p. 220.
  53. ^ 小説08小隊中 1999, p. 9-11.
  54. ^ 閃光のハサウェイ上 1989, p. 154.
  55. ^ 週刊MSバイブル24 2019, p. 11.
  56. ^ OFFICIALS 2001, p. 677-679.
  57. ^ ラポート0083 1993, p. 124.
  58. ^ 『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』第8話より。
  59. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE.46 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.7 デラーズ紛争編(下)』バンダイ、1992年6月30日。ISBN 4-89189-231-5
  60. ^ a b 閃光のハサウェイ下 1990, p. 55.
  61. ^ a b 閃光のハサウェイ中 1990, p. 41-42.
  62. ^ a b c d 閃光のハサウェイ下 1990, p. 80.
  63. ^ 閃光のハサウェイ下 1990, p. 72.
  64. ^ ニュータイプ9008 1990, p. 13.
  65. ^ 閃光のハサウェイ中 1990, p. 31.
  66. ^ a b 閃光のハサウェイ下 1990, p. 152-153.
  67. ^ 閃光のハサウェイ下 1990, p. 146-148.
  68. ^ a b 閃光のハサウェイ下 1990, p. 127.
  69. ^ 閃光のハサウェイ下 1990, p. 143.
  70. ^ 閃光のハサウェイ下 1990, p. 173.
  71. ^ a b 閃光のハサウェイ下 1990, p. 102.
  72. ^ ガイア・ギア3, p. 196.
  73. ^ a b c ガイア・ギア3, p. 174-175.
  74. ^ a b c 月刊ホビージャパン1991年2月号, p. 48.
  75. ^ ガイア・ギア2, p. 183-187.
  76. ^ ガイア・ギア4, p. 28.
  77. ^ ガイア・ギア5, p. 259.
  78. ^ ガイア・ギア4, p. 26.
  79. ^ ガイア・ギア5, p. 258.
  80. ^ ガンダム辞典 2007, p. 122.
  81. ^ a b c d F91フィルムコミック 1998, p. 274.
  82. ^ a b c d e DC Vガンダム 1999, p. 68-69.
  83. ^ a b c d e f g h i j k MS SAGA2 1993, p. 77-90.
  84. ^ a b c d EBザンスカール戦争編上 1994, p. 36-37.
  85. ^ EBザンスカール戦争編上 1994, p. 61.
  86. ^ ガイア・ギア3, p. 164.
  87. ^ 閃光のハサウェイ上 1989, p. 136.
  88. ^ a b DC Vガンダム 1999, p. 70-72.
  89. ^ EBザンスカール戦争編上 1994, p. 40-41.
  90. ^ マスターアーカイブVガンダム 2018, p. 26-28.
  91. ^ 週刊MSバイブル38 2020, p. 26-29.
  92. ^ 月刊ホビージャパン1991年3月号, p. 50.
  93. ^ 『ザ・テレビジョン92年6月12日号』月刊ガイア・ギア通信Vol.3
  94. ^ ガイア・ギアサウンドシネマ全巻購入特典『VIEW OF THE MANMACHINE』
  95. ^ a b c d e f g MS SAGA4 1994, p. 79-94.
  96. ^ a b c d EBザンスカール戦争編下 1994, p. 40-41.
  97. ^ a b EBザンスカール戦争編下 1994, p. 70-71.
  98. ^ ガンダム辞典1.5 2009, p. 331.
  99. ^ NT100%Vガンダム2 1994, p. 99.
  100. ^ a b c d e f MS SAGA5 1994, p. 67-82.
  101. ^ a b F91フィルムコミック 1998, p. 278.
  102. ^ AtoZメカニカル 2021.
  103. ^ MS回顧録 1999, p. 161.
  104. ^ クロスボーン3 1996, p. 78.
  105. ^ クロスボーンゴースト8 2015, p. 98-102.
  106. ^ プラモデル「1/100 ∀ガンダム」「1/100 モビルスモー/ゴールドタイプ」。
  107. ^ ニュータイプ100% コレクション「∀ガンダム」、電撃データコレクション「∀ガンダム」
  108. ^ プラモデル「1/100 モビルスモー/ゴールドタイプ」。
  109. ^ Gのレコンギスタ公式サイト 用語集
  110. ^ 『Gのレコンギスタ』第1話のセリフ。
  111. ^ 公式サイト用語集ではミノフスキー粒子の用途にビームもあるが、プラモデル「1/144 HG ガンダムG-セルフ」説明書によると、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル共に「メガ粒子」であると同時に「重金属粒子」とも表記されており、ミノフスキー粒子との関係が示されていない。「1/144 HG モンテーロ」でもビーム・ジャベリンを重金属粒子としている。これらは「磁場」によって収束される。
  112. ^ 『ラポートデラックス 機動武闘伝Gガンダム バトルメモリー』ラポート、1995年5月1日。
  113. ^ 20話より


「ミノフスキー粒子」の続きの解説一覧




ミノフスキー粒子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミノフスキー粒子」の関連用語

ミノフスキー粒子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミノフスキー粒子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミノフスキー粒子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS