Α・アジールとは?

α・アジール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 23:25 UTC 版)

α・アジール(アルパ・アジール、ALPHA AZIERU[注 1]は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の機動兵器「モビルアーマー (MA)」のひとつ。初出は、1988年公開のアニメーション映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。




注釈

  1. ^ 「アルパ」はギリシア語読み。詳細はΑを参照。
  2. ^ 富野監督のメモには「女性的なイメージを加えること」と記載されている[2]。また、準備稿ではジオングに似た頭部も描かれていた[3]
  3. ^ a b MS開発系統図を参照[6]
  4. ^ もっとも、パイロットへの負担が増大するため、長時間の至近戦闘は推奨されていない[4]
  5. ^ ジオングのように未完成ではなく、強襲用ゆえに不要と判断された[8]
  6. ^ 後に本機のシュツルムスラスターの構造や後継機NZ-444はNZ-999 ネオ・ジオングにフィードバックされている[10]

出典

  1. ^ ガンプラファクトリー 2005, p. 98.
  2. ^ a b c d e 出渕裕『出渕裕メカニカルデザインワークス (1)』ムービック、2000年8月、18頁。ISBN 978-4896014907
  3. ^ 出渕裕『出渕裕メカニカルデザインワークス (1)』ムービック、2000年8月、33頁。ISBN 978-4896014907
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v プラモデル『1/550 NZ-333 α・アジール』付属説明書、バンダイ、1988年8月。
  5. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、52-53頁。
  6. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE.46 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.7 デラーズ紛争編〈下〉』バンダイ、1992年6月、38-43頁。 (ISBN 978-4891892319)
  7. ^ 『マスターグレード MSN-04 サザビー』バンダイ、2000年7月、組立説明書。
  8. ^ a b 『データコレクション 機動戦士ガンダム逆襲のシャア』角川書店、1998年8月15日初版発行、60頁。(ISBN 4-8402-0912-X)
  9. ^ a b c d e f g h i 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、72-73頁。
  10. ^ 『モビルスーツアーカイブ MSN-06S シナンジュ』ソフトバンククリエイティブ、2016年3月、108-109頁。(ISBN 978-4797385328)
  11. ^ 『ガンダムMSヒストリカvol.4』講談社、2010年8月、18頁。(ISBN 978-4063700824)
  12. ^ 富野由悠季「クェスのように最後の3秒間だけ人の気持ちを考えても遅いんです」『月刊ニュータイプ』1988年4月号、角川書店、15頁。
  13. ^ a b 【6/7締切迫る】「ROBOT魂 <SIDE MS> サイコ・ドーガ」機体解説&撮り下ろしレビュー!”. TAMASHII NATIONS公式ブログ. BANDAI SPIRITS (2020年6月4日). 2021年6月1日閲覧。
  14. ^ a b c プラモデル『1/144 MSN-03 ヤクト・ドーガ(クェス・パラヤ専用機)』付属説明書、バンダイ、1988年4月。
  15. ^ a b c 各種スペックと武器名はトレーディングカードアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』BG3-042、VS5-049「ディガンマ・アジール」裏書より
  16. ^ 毎弾好評のトライエイジオリジナルMSの裏話が満載!「ガンダムトライエイジ BUILD G1弾」特集【第4回】”. GUNDAM INFO. サンライズ (2014年10月2日). 2018年6月27日閲覧。


「α・アジール」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Α・アジール」の関連用語

Α・アジールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Α・アジールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのα・アジール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS