カミーユ・ビダンとは?

カミーユ・ビダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 04:17 UTC 版)

カミーユ・ビダン (Kamille Bidan)は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物で、同作品の主人公。エゥーゴモビルスーツパイロット(階級は中尉待遇)で、宇宙世紀を舞台とするガンダムシリーズにおいて史上最高のニュータイプ能力を秘めた少年[1]。続編『機動戦士ガンダムΖΖ』などにも登場する。担当声優飛田展男




注釈

  1. ^ 小説版では、父親のパソコンから軍のMS開発データを無断借用してジュニアMSに導入していたことが語られている。
  2. ^ ただし、部員達が練習中に着用しているのはなぜか空手着ではなく柔道着である。
  3. ^ ただし、劇場版ではΖガンダムの設計に関与したとされる描写はなくなっている。
  4. ^ SMAP稲垣吾郎は、『快進撃TVうたえモン』でのインタビューで1視聴者として本作の内容に非常に大きくショックを受けた旨を語っている。また、千原せいじも「ファミ通」内のインタビューで衝撃的だったと発言している。
  5. ^ 小説版『機動戦士ガンダムΖΖ』では、ジュドーは虚空を見つめたまままばたきもしないカミーユを一目見て、以前見たことのある酸素欠乏症と同じ症状であると判断している。
  6. ^ カミーユが登場しない事を映画公開前イベントの質問コーナーでファンに問われており、総監督の富野由悠季は「予算の都合で出せませんでした。でも、好きな人はあまり出したくないとも思ったんです。また、カツみたいになってしまうから」と答えている。
  7. ^ この単語は作中で他のキャラクターもしばしば口にしていた他、「月刊ΖガンダムエースNo.001」の永野護インタビューによれば、当時の富野もうわ言のように言っていたという。
  8. ^ このことに対して富野は「みんな、カミーユになっちゃった」と述べている。

出典

  1. ^ 公式ガンダム情報ポータルサイト。ガンダム人物列伝(サンライズ協力制作 08年PHP研究所発行)。ガンダム語録(サンライズ協力制作 09年ソニー・マガジンズ発行)。
  2. ^ 機動戦士Ζガンダム ヒストリカ(02)(講談社発行)
  3. ^ a b 倉田幸雄編「アニメキャラリサーチ カミーユ・ビダン 機動戦士Zガンダム」『アニメディア 1985年7月号』学習研究社、昭和60年(1985年)7月1日、雑誌01579-7、107頁。
  4. ^ 小説版Ζガンダム第1巻
  5. ^ 富野由悠季のインタビュー、機動戦士ガンダムΖΖフィルム、Ζガンダムヒストリカ
  6. ^ 公式ガンダム情報ポータルサイト「GUNDAM.INFO」
  7. ^ 月刊マイ・アニメ、月刊アニメディア、ガンダム人物列伝、ガンダムの常識 宇宙世紀大百科 歴史篇、ガンダムの常識 モビルスーツ大全 Z&ZZ&逆シャア編
  8. ^ サンライズ
  9. ^ 公式ガンダム情報ポータルサイト
  10. ^ このランキングはガンダムシリーズの中でニュータイプ能力の高さを比較しているだけで、パイロット技能などを比べているわけではない。
  11. ^ 『ガンダムの常識 ガンダムなんでもランキング モビルスーツ篇』163ページ
  12. ^ 公式ガンダム情報ポータルサイト
  13. ^ 機動戦士ガンダムNT劇場販売グッズ
  14. ^ Ζガンダムエース、Ζヒストリカ、機動戦士ガンダムΖノスタルジア、フィルムブック、大人のガンダム2
  15. ^ 月刊マガジン 2006年4月号 イチオシ倶楽部EXTRA 富野由悠季インタビュー
  16. ^ 月刊マガジン 2006年4月号 イチオシ倶楽部EXTRA 富野由悠季インタビュー、Ζヒストリカ
  17. ^ Ζガンダムエース、Ζヒストリカ
  18. ^ 月刊マガジン 2006年4月号 イチオシ倶楽部EXTRA 富野由悠季インタビュー
  19. ^ クワトロに殴りかかるシーンは小説版ではテレビ版と異なり、殴りかかる代わりに陰で物真似の種にして笑うという異なる行動をとっている。劇場版ではジェリドのみ(カミーユの回想シーンにて)殴りかかっている。
  20. ^ 『ロッキングオンジャパン』、富野インタビューより
  21. ^ Zガンダムヒストリカ 12巻. 講談社. 
  22. ^ 機動戦士ΖガンダムLDBOXブックレット


「カミーユ・ビダン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カミーユ・ビダン」の関連用語

カミーユ・ビダンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カミーユ・ビダンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカミーユ・ビダン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS