ガンダムNT-1とは?

ガンダムNT-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 03:43 UTC 版)

ガンダムNT-1(ガンダム・エヌティー・ワン、GUNDAM NT-1)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型機動兵器「モビルスーツ (MS)」のひとつ。初出は、1989年発表のOVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』。


注釈

  1. ^ NT-1の正式な受領や就役は終戦に間に合わず、アムロの操作ストレスへのフォローはRX-78-2へのマグネットコーティング処理のみに終わる。これについて、アムロは反応速度の向上を歓迎しつつも、機体構造にかかる負担が増えることには不安を述べている。
  2. ^ アムロが搭乗したRX-78-2と同じくトリコロールに塗られたNT-1が、模型誌『月刊ホビージャパン』の作例として掲載されたり、玩具の限定商品になったことがあった[要出典]
  3. ^ 同基地にはNTに関する論文を提出していた研究員がいたことから、開発を担当する運びとなった[6]
  4. ^ NTでないクリスが搭乗してザクII FZ型と交戦した際には、ジム以下の性能しか発揮できなかったとする資料も存在する[11]
  5. ^ ただし、これは水平・垂直360度を網羅していない不完全なものであり、完全な状態での採用は後年に開発されるガンダム試作3号機が初となる。
  6. ^ アレックスに搭載された教育型コンピュータは「NICNシステム」と呼ばれるもので、ガンダムに搭載されたものの性能を凌駕する[16]
  7. ^ 現実世界のチョバムアーマーはイギリスが開発したチャレンジャー主力戦車用ハイブリッドアーマーのことであり、これを開発した陸軍の研究所のある地名から命名され、NT-1のものとは構造も含めてまったくの別物である。
  8. ^ 重装甲から運動性が極端に低下したとする記述も存在する[4]
  9. ^ 小説版においては、ジオン軍がNT-1を未完成品ということで「できそこない」(グリナス・ヘッド)と呼ぶ場面が存在する[19]
  10. ^ ただし、このアニメの解説アニメのMSカタログ編では、RX-78 ガンダムとしての紹介および説明がなされており、ガトリングガンも確認できない。

出典

  1. ^ a b c 『出渕裕メカニカルデザインワークス 1』ムービック、2000年8月、6-7頁。(ISBN 978-4896014907)
  2. ^ a b c ガンプラファクトリー 2005, p. 99.
  3. ^ MOBILE SUIT|機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 2014年9月15日閲覧
  4. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダムMS大図鑑[PART.3 アクシズ戦争編]』バンダイ、1989年6月、84-86頁。(ISBN 4-89189-019-3)
  5. ^ 『B-CLUB VISUAL COMIC 機動戦士0080 ポケットの中の戦争 VOL 2』バンダイ、1989年10月、108頁。(ISBN 978-4891890476)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『MG 1/100 ガンダム RX-78 NT-1』バンダイ、1999年10月、組立説明書。
  7. ^ a b c d e f 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダム 一年戦争外伝』メディアワークス、1997年3月、34-35頁。(ISBN 4-07-305840-1)
  8. ^ a b c 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2011年12月、100-106頁。(ISBN 978-4797366181)
  9. ^ 『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』角川書店、2010年4月、174-176頁。(ISBN 978-4047154452)
  10. ^ a b c d 『1/144 ガンダムNT-1』バンダイ、1989年8月、組立説明書。
  11. ^ a b c d e f g h 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 オリジナル・アニメ・ビデオ・フィルムコミック PART.2』旭屋出版、1998年7月、244-245頁。(ISBN 978-4751101315)
  12. ^ ゲーム『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』 M.S.GRAPHICS 「RX-78NT-1 "ALEX"」より。
  13. ^ Cyber comix』1989年6月号、バンダイ、282頁。
  14. ^ a b c 『HGUC 1/144 RX-78-NT-1 ガンダムNT-1』バンダイ、2004年5月、組立説明書。
  15. ^ a b c d 『ガンダムMSヒストリカvol.4』講談社、2010年8月、6-8頁。(ISBN 978-4063700824)
  16. ^ a b 皆河有伽『総解説ガンダム辞典Ver1.5』講談社、2009年8月、204-205頁、ISBN 978-4063757958
  17. ^ a b 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2011年12月、110-111頁。(ISBN 978-4797366181)
  18. ^ a b 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 オリジナル・アニメ・ビデオ・フィルムコミック PART.2』旭屋出版、1998年7月、218-219頁。(ISBN 978-4751101315)
  19. ^ 結城恭介『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』角川書店、1989年10月、102頁。(ISBN 978-4044111014)
  20. ^ a b c d e 漫画TwilightAXIS1 2018, p. 196-199.
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m HGUCトリスタン 2017.
  22. ^ a b c d e f g h i 漫画TwilightAXIS3 2019, p. 252-253.
  23. ^ 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 【第2回】 - 矢立文庫。2016年11月21日、2017年9月20日閲覧。
  24. ^ Mechanical”. アニメ 『機動戦士ガンダム Twilight AXIS(トワイライトアクシズ)』 公式サイト. サンライズ. 2017年9月1日閲覧。
  25. ^ a b 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第27号 2019, p. 11.
  26. ^ a b 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第27号 2019, p. 21.


「ガンダムNT-1」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンダムNT-1」の関連用語

ガンダムNT-1のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガンダムNT-1のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンダムNT-1 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS