ジュドー・アーシタとは?

ジュドー・アーシタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 07:53 UTC 版)

ジュドー・アーシタ (Judau Ashta) は、テレビアニメ機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する架空の人物。同作品の主人公であり、次回予告ナレーションも兼任する。




注釈

  1. ^ 『ΖΖ』第1話「プレリュードΖΖ」によれば、Ζガンダムのことは毎月『モビルスーツ・カタログ』を読んでいたため知っている。
  2. ^ ハマーンとの戦いで失われたBパーツを除く。
  3. ^ 「グレイ・ストーク卿」と敬称で呼ばれる場合もある。ウッソ・エヴィンはこの名称について、大昔の映画に登場する人物「ターザン」の本名であると記憶しており、偽名ではないかと推測している[10]
  4. ^ 当該漫画シリーズでは、ΖΖガンダムはハマーン・カーンとの最終決戦で大破したため、そのもの(の頭部を含めたパーツ)は残存していないという設定となっている。
  5. ^ ゲームでは「プレイヤー部隊でユニットとして使用できるようになった原作付きキャラクターは、時代が違っても同一人物が登場する作品には出撃できない」というルールになっているが、ジュドーは『スカルハート』でも出撃可能。ただし、『機動戦士ガンダム MS IGLOO』のステージにおいて、シャアの乗っているザクIIが登場するにもかかわらず、プレイヤー部隊のシャアも出撃可能という例がある。
  6. ^ アニメ本編での話の展開上等の都合で、コア・ファイターコア・トップコア・ベース(3機の中でΖΖガンダムにドッキングしないときでもコア・ファイターが特に多い)等の戦闘機での出撃、戦闘が宇宙、地上問わず多い。

出典

  1. ^ a b 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.1』学習研究社、1986年10月、12頁。
  2. ^ 倉田幸雄編「ニュータイプたちの歴史」『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』学習研究社、昭和62年(1987年)3月1日、21頁。
  3. ^ a b c d e f g h 倉田幸雄編「ガンダムZZメガ百科・PARTII」『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』91頁。
  4. ^ a b c d e 倉田幸雄編「アニメキャラリサーチ ジュドー・アーシタ 機動戦士ガンダムΖΖ」『アニメディア 1986年4月号』学習研究社、昭和61年(1986年)4月1日、雑誌01579-04、75頁。
  5. ^ 「MOBILE SUIT GUNDAM ΖΖ SPECIAL BOOK」『アニメディア』1986年6月号第1付録、学習研究社、8頁。
  6. ^ a b c 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第30号 2019, p. 13-14.
  7. ^ ガンダム・オデッセイ 1991.
  8. ^ MG強化型ΖΖ 2017.
  9. ^ サンエイムック ガンダムvsザク大解剖 2020, p. 97.
  10. ^ 長谷川裕一、原案:矢立肇富野由悠季 『機動戦士Vガンダム外伝』、角川書店、1995年、37-38頁。
  11. ^ 月刊ガンダムエース』2018年5月号、角川書店、444頁。
  12. ^ ニュータイプ誌87年4月号。


「ジュドー・アーシタ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジュドー・アーシタ」の関連用語

ジュドー・アーシタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジュドー・アーシタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジュドー・アーシタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS