黒い三連星とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 黒い三連星の意味・解説 

黒い三連星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/26 15:41 UTC 版)

黒い三連星(くろいさんれんせい)は、 アニメ機動戦士ガンダム』に登場する架空の部隊の名称。ガイア、オルテガ、マッシュの3人によるモビルスーツパイロットチームである。




注釈

  1. ^ 資料によっては、ルウム戦役の乗機から黒のパーソナルカラーであったとされる。後述の「ルウム戦役での搭乗機」を参照。
  2. ^ 『マスターグレードモデル MS-05B ザクI黒い三連星専用機』で設定された。
  3. ^ キシリア少将が「ドムを回しましたか? 三連星に」「全て臨機応変にな」と発言しており、三連星の急な人事異動に伴う融通的なMS供与であった事が明言されている。MS戦記 機動戦士ガンダム0079外伝』では、月でドムを受領後にザンジバルで一緒に降下している。
  4. ^ 通常エースの算定は「敵機」の撃墜数で測るが、この時点の連邦軍には航宙機としてセイバーフィッシュなどが存在しているだけであり、そのため「敵艦」の撃沈数で判定するシップス・エースという独自の概念が生まれている。
  5. ^ ゲーム『ガンダム無双』では、ミデアおよびマチルダが未登場のため攻撃順がやや異なる。なお、通常の戦闘でもジェットストリームアタックをかけてくる。
  6. ^ GGENERATION』(F/PORTABLE)、「スーパーロボット大戦シリーズ」でも担当。
  7. ^ 政宗一成が声を担当していないゲーム作品のうち、2012年までの全てのゲーム作品で声を担当。
  8. ^ ガンダムジオラマフロント』『ガンダムバーサス』でも声を担当。
  9. ^ 機動戦士ガンダム vs.シリーズ」でも声を担当。
  10. ^ 「スーパーロボット大戦シリーズ」以降のゲーム作品で、2012年までのほぼ全てのゲーム作品で声を担当。
  11. ^ 松本大が声を担当していないほぼ全てのゲーム作品で声を担当。
  12. ^ 一年戦争』『ガンダム無双』「GGENERATIONシリーズ」(WORLD以降)でも声を担当。
  13. ^ 「ファーストガンダム」制作当時、作画枚数を節約するため、セル画を後の回で再使用するバンクシステムがあり、機体のカラーリングを変更できなかったという制作側の事情もある。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション2 ジオン軍MS・MA編』講談社、1984年4月、190-192頁。
  2. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .39 機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑』バンダイ、1991年12月、142頁。
  3. ^ 『アニメック16号 機動戦士ガンダム大事典』ラポート、1981年3月、106頁。
  4. ^ 『機動戦士ガンダムII 哀 戦士編大百科』勁文社、1981年9月、247頁。
  5. ^ 漫画『機動戦士ガンダム カタナ』、ゲームブック『機動戦士ガンダム シャアの帰還 ―逆襲のシャア外伝―』、漫画『THE DOG OF WAR U.C.0092』より。
  6. ^ 『模型情報・別冊 MSバリエーション・ハンドブックI』バンダイ、1983年3月、9頁。
  7. ^ 『HOW TO BUILD GUNDAM 2』ホビージャパン、1982年5月、8頁。
  8. ^ “NHKもテレビ欄に「ドイツの黒い三連星」…五輪複合団体、話題ガンダムネタ投入”. デイリースポーツ. 神戸新聞社: pp. 1-2. (2018年2月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/22/0011008003.shtml 2018年2月23日閲覧。 


「黒い三連星」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒い三連星」の関連用語

黒い三連星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒い三連星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒い三連星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS