ガンダム_(架空の兵器)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ガンダム_(架空の兵器)の意味・解説 

ガンダム (架空の兵器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 22:10 UTC 版)

ガンダムGUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1979年放送のテレビアニメ機動戦士ガンダム』。




注釈

  1. ^ 富野による初期シナリオ案やモビルスーツのコンセプトが記されたメモ。一部の案はMSVMS-Xに再利用されている。
  2. ^ サンライズでは当時、安彦良和にかなりの権限があり、安彦が作画を手掛ける作品では、デザインのフィニッシュワークをすべて安彦が手掛けていた。『勇者ライディーン』でも、スタジオぬえの絵をもとに、安彦がデザインを作ってしまった[5]
  3. ^ 大河原としてはふくらはぎがデザインのポイント[5]。当時ロボットの腕や足のデザインは円柱角柱が一般的だったがそれには飽きていたので、人間の筋肉みたいなものを取り入れたデザインにしようとふくらはぎを付けたとされる[5][6]
  4. ^ 頭部は丁髷(ちょんまげ)がモチーフである。またザンボット3の頭部は三日月ダイターン3鍬形の前立てをモチーフにデザインされている[5]
  5. ^ 富野の念願だった全身白一色の主役ロボットは後に『重戦機エルガイム』で実現する。
  6. ^ 記録全集など最初期の資料では「超鋼合金属ルナ・チタニウム」と記述されていたが[17]、現在ではその呼称は使われていない。
  7. ^ 尚、RX-78機体群は、参考となるザクIIのデータ入手から最初の実機RX-78-1試作初号機の完成までにわずか半年しかかかっていない。これは、人間の不眠不休の労働ではなく、全自動のCAD CAMシステムが設計製造をおこなったからである。ジオン軍は設計補助にしかコンピュータを使わず、可変生産システム「FMS」でMSの開発製造をしていた。これは、ただでさえ連邦に対して国力に劣るジオンが、兵器の生産速度でさらに後れを取る原因となった[23]
  8. ^ a b なお、『マスターアーカイブ』での1号機から3号機の塗装の変遷は『MSV』の設定と異なる。
  9. ^ 発砲金属、ポロン複合材、カーボンセラミック等をサンドイッチ状に重ね、表面に臨界半透明液をコーティングした複合装甲を採用し、敵の攻撃を受けた際衝撃を発砲金属がクラックする事で相殺、装甲は共通パネル化され交換可能とした資料もみられる[21]
  10. ^ a b c S-(数字)やSerial(数字)の部分は製造番号。現時点では腕部、脚部、動力源を除いて具体的にどの機器を指すコードなのかは明示されていない。
  11. ^ 『機動戦士ガンダム 記録全集』に掲載された本機の透視図には、関節部にサムソニ・シム電動モーター、核融合炉(エンジン)にタキムNC-7ほか、アンテナにスーズ式79タイプ、聴音器にマツムS-4といった記述がみられる[30]
  12. ^ フレームの代わりにボディが機体の強度を保つ構造[31]。放送当時はモノコックボディを採用した自動車が普及し始めた時代で、その当時の「現実の最新技術」を取り入れたものだった[31]
  13. ^ 同時代のMSの標準的な動力源として、ミノフスキー・イヨネスコ型核融合炉を搭載する[34]。一方で、それ以前の設定としては新機軸の磁場制御技術によって小型化された核融合炉を搭載、電力変換にはMHD発電を用いるとした資料も見られる[38]
  14. ^ アニメ第5話「大気圏突入」では、大気圏再突入したガンダムが、空力加熱に耐えられるようにBパーツ下腹部中央のポケット「耐熱フィルム(フィルター)カプセル」に収納された耐熱フィルムを展開して機体を覆い、無事に生還している。この耐熱フィルム(フィルター)はRX-75 ガンタンクにも同様に装備されている[39]。映画版では耐熱フィールドに変更された。これは股間部から噴出するエアー(冷却気体)を前方に構えたシールドに吹きつけ、ガンダム本体を覆うフィールドを形成し加熱を防ぐ方法である
  15. ^ 化学燃料を用いたロケットとする資料もみられる[25]。また、重水素とヘリウム3を燃焼材にしたレーザー核融合パルス推進と、科学ロケットを混合したとする資料も見られる[38]
  16. ^ 『機動戦士ガンダム』TVアニメ第9話においてはスラスター(作中ではロケットノズルと呼称される)によるジャンプ力を利用し、空中への飛翔と降下を繰り返してドップを撃破する姿も見られた。
  17. ^ 第18話でアッザムの攻撃を受けた際は、実行している作業を音声で報告した。
  18. ^ 機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の小説版(上巻)では、シロー・アマダ陸戦型ガンダムを囮として使うため、オートパイロット機能で起立させている。OVA版においても、シローがコックピット内で睡眠を取っていても、自動的に基地まで徒歩で帰還している描写がある。
  19. ^ 型式コードを「ASG86-B3S IV」と記載した資料もある[45]
  20. ^ テレビシリーズではガウのメガ粒子砲をやすやすと防ぐ描写もあったが、これについては後にムック『ロマンアルバム・エクストラ42 機動戦士ガンダム 劇場版』の記事において、脚本・設定担当だった松崎健一が考証ミスであると断言している[要ページ番号]
  21. ^ ガンプラマスターグレード「ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079」では、シールドの裏に、ビーム・サーベルに加えてビーム・ライフルとハイパー・バズーカを装着することができる(銃にそのための起倒式の突起がある。なお、HGUC版では新旧ともにこれらが省略されている)
  22. ^ 『1/100MG RX-78-2 ガンダムver.2.0』付属解説書にも「広域を焼却するためのものと考えられる」という記述がある。
  23. ^ バンダイゲーム作品では「連邦の白い悪魔」、バンプレストのゲーム作品や一部書籍では「連邦の白き流星[61][62]
  24. ^ ギレンの野望 ジオン独立戦争記』では、ガルマが「V作戦」のファイルを読んでいる映像がある。
  25. ^ 初出の『ガンダムエース』2013年8月号での名称は「プロトタイプガンダム(ロールアウト)」。
  26. ^ のちに「ロールアウトカラー」と称して、このカラーリングを「色替え」でRX-78-2仕様のガンダムに施した立体物がいくつか商品化されたが、設定上はRX-78-1のみである。
  27. ^ 前面からの設定画では右腰だが、背面からでは左腰になっている。
  28. ^ 本当は「口があると描くのが大変だから」という理由だった[13]
  29. ^ 『マスターアーカイブ』では、スペックは全てRX-78-2と同じとされる。
  30. ^ G-3ガンダムを「2号機にマグネット・コーティングを施し、運動性能を倍加させたもの」とする資料もある[83]
  31. ^ 2号機も、マグネット・コーティング処理後に型式番号をRX-78-3に改めたとする資料がある[86]
  32. ^ 『MSV』版のG-3ガンダムの胴回りは無塗装で、ルナ・チタニウム合金が露出しているとされる[87]
  33. ^ 20パーセントとする資料もある[93]
  34. ^ 作中ではランドセル(バーニア5発で通常型より1.5倍の推力[119])ごと交換しているが、プラモデルなどの立体物では通常型のランドセルのビーム・サーベル基部と換装する。
  35. ^ なお、漫画でもコア・ファイターは登場するがデザインが異なり、コア・ブロックには変形しない。
  36. ^ 追加箇所は両肩口(ガトリングガンと交換)、両肩アーマー(フックと交換)、両膝、両脹脛。
  37. ^ 設定画では、いわゆるアキレス腱に当たる部分にも差異が見られるが[122]、プラモデルでは前期型と同型となっている。
  38. ^ 最終的に無くされたが最初は口もあった。
  39. ^ TV版製作時の没画稿ではジムと同様のデザインのビーム・スプレーガンや、複数の装備をフル装備した画稿も存在した[131]。また、玩具用にジャベリンやバズーカ、電撃鞭などもデザインされており、このうちバズーカとジャベリンが採用されている[132]
  40. ^ 派手なトリコロールカラーの塗装は「デモンストレーションを目立たせる必要がある試作機だから」としたことなど。
  41. ^ 「商品上の都合」という表層的なものとガンダムのリアルな世界観のモビルスーツという2つの要素の中で揺らいでいるのがガンダムのデザインのポイント[13]
  42. ^ 『機動戦士ガンダム30周年プロジェクト』のプレスリリースでは「18mの等身大立像」としているが、一般に等身大とは人の身長と同じ大きさのことであり、主要新聞などでは実物大と表記されている。
  43. ^ とくダネ!』2009年12月17日放送の1コーナーで語られた実物大ガンダム解体後の現状をサンライズに電話取材した際のコメントによると、「複数のブロックに分解して、国内数カ所の某所に保管されており、マニアに場所を突き止められないように定期的に保管場所を移動している」とのこと。
  44. ^ 全体の形状は変わっていない。

出典

  1. ^ a b c d e 大河原邦男、モビルスーツの生みの親が語るザク誕生秘話「ガンダムへの反骨心」2”. ORICON NEWS. オリコン (2019年4月1日). 2021年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c 安彦良和が語る「ガンダム THE ORIGIN」裏話「初めから大河原ありきではなかった」(2/4ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞 (2015年8月30日). 2021年5月11日閲覧。
  3. ^ 安彦良和が語る「ガンダム THE ORIGIN」裏話「初めから大河原ありきではなかった」(1/4ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞 (2015年8月30日). 2021年5月11日閲覧。
  4. ^ 『機動戦士ガンダム』放送開始30周年記念企画 – メカデザイナー・大河原邦男氏に聞く! (3/5ページ)”. マイナビニュース. マイナビ (2009年5月26日). 2021年5月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『グレートメカニックG 2017WINTER』双葉社、2017年12月、72-76頁。ISBN 978-4575465068
  6. ^ 「継続は力なり」なぜ私はこの世界で第一人者になれたのか メカニックデザイナー 大河原邦男”. LEADERS on-line (2017年7月7日). 2021年5月11日閲覧。
  7. ^ 『グレートメカニックG 2018 SUMMER』双葉社、1988年6月、21-23頁。ISBN 9784575465099
  8. ^ a b 『グレートメカニックG 2018WINTER』双葉社、2018年12月、40頁。ISBN 978-4575465136
  9. ^ a b 『グレートメカニックG 2019AUTUMN』双葉社、2019年9月、39頁。ISBN 978-4575465174
  10. ^ a b c d e f g h 『グレートメカニックG 2020WINTER』双葉社、2020年12月、26-27頁。ISBN 978-4575465259
  11. ^ 大河原邦男氏インタビュー いま振り返る「機動戦士ガンダム」の仕事”. アニメ!アニメ!. イード (2015年7月25日). 2021年5月11日閲覧。
  12. ^ a b c 『グレートメカニックG 2019AUTUMN』双葉社、2019年9月、18-19頁。ISBN 978-4575465174
  13. ^ a b c d e 『グレートメカニックG 2020WINTER』双葉社、2020年12月、36-37頁。ISBN 978-4575465259
  14. ^ a b 『アニメック』第6号、ラポート、1979年8月、22頁。
  15. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.1 一年戦争編』バンダイ、1989年2月、52-53頁。(ISBN 978-4891890063)
  16. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE.52 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.8 SPECIALガンダム大鑑】』バンダイ、34ページ、1993年2月。ISBN 4-89189-206-4
  17. ^ 『機動戦士ガンダム記録全集』日本サンライズ、1979年12月、134頁。
  18. ^ a b c d 『1/144 フルカラーモデル ガンダム』バンダイ、1988年9月、組立説明書。
  19. ^ a b 『機動戦士ガンダム記録全集』日本サンライズ、1979年12月、134頁。
  20. ^ a b 『B-CLUB VISUAL COMIC 機動戦士0080 ポケットの中の戦争 VOL 2』バンダイ、1989年10月、108頁。(ISBN 978-4891890476)
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『ガンダムセンチュリー』みのり書房、1981年9月、銀河出版、2000年3月(復刻版)、41-45頁。ISBN 4-87777-028-3
  22. ^ a b c d 講談社ポケット百科シリーズ 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション (3) 連邦軍編』講談社、1984年、2006年7月(復刻版)、10-12頁。(ISBN 978-4063721775)
  23. ^ 講談社ポケット百科シリーズ 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション (3) 連邦軍編』講談社、1984年、2006年7月(復刻版)、170頁。(ISBN 978-4063721775)
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag プラモデル『1/144 RX-78-1 プロトタイプガンダム』説明書、バンダイ、1983年6月。
  25. ^ a b c d e 講談社ポケット百科シリーズ 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション (3) 連邦軍編』講談社、1984年、2006年7月(復刻版)、80-87頁。(ISBN 978-4063721775)
  26. ^ プラモデル『HGUC ガンダムV作戦セット』説明書、バンダイ、2001年8月。
  27. ^ a b 『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに Vol.3』メディアワークス、2005年1月、33頁。
  28. ^ a b c d 『マスターグレード 1/100 RX-78-2 ガンダム』バンダイ、1995年7月、説明書、6頁。
  29. ^ a b c 『マスターグレード 1/100 RX-78-2 ガンダム ver1.5』バンダイ、2000年6月、説明書。
  30. ^ 『機動戦士ガンダム記録全集』日本サンライズ、1979年12月、160頁。
  31. ^ a b 『グレートメカニックG 2019AUTUMN』双葉社、2019年9月、38頁。ISBN 978-4575465174
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ガンダムミュージアム、パンフレット『MOBILE SUIT MUSEUM』バンダイホビー事業部/サンライズ、Technology of Gundamの項目より
  33. ^ 『機動戦士ガンダム記録全集』日本サンライズ、1979年12月、160頁。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l 『パーフェクトグレード 1/60 RX-78-2 ガンダム』バンダイ、1998年11月、組立説明書。
  35. ^ a b 『1/144 HG ガンダム』バンダイ、1990年3月、組立説明書。
  36. ^ a b c d e 講談社ポケット百科シリーズ 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション (3) 連邦軍編』講談社、1984年、2006年7月(復刻版)、110-114頁。(ISBN 978-4063721775)
  37. ^ a b c d e f g 『マスターグレード 1/100 RX-78-2 ガンダム』バンダイ、1995年7月、説明書、11頁。
  38. ^ a b 『少年マガジンデラックス 機動戦士ガンダムSFワールド』講談社、1981年8月、116-119頁。
  39. ^ 『講談社ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』講談社、1981年、87頁。
  40. ^ a b 『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』角川書店、2010年4月、174-175頁。(ISBN 978-4047154452)
  41. ^ 「RX-78誕生秘話」『ガンダムマガジン No.1』講談社、1990年12月、掲載コミック。
  42. ^ 『月刊モデルグラフィックス 1991年5月号 ガンダム・センチネル0079[前編]』大日本絵画、見開きページ。
  43. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2011年12月、17頁。(ISBN 978-4797366181)
  44. ^ 「機動戦士ガンダム宇宙世紀 vol.2 大事典編」ラポート、1998年9月、145頁。(ISBN 4-89799-294-X)
  45. ^ 『データガンダム キャラクター列伝 宇宙世紀編I』角川書店、2010年4月、20-21頁
  46. ^ 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、46-47頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  47. ^ a b c d 伸童舎「ガンダム・ワールド70の謎」『ジ・アニメ』1986年6月号、13頁。
  48. ^ a b c d e f g 『マスターグレード 1/100 RX-78-2 ガンダム』バンダイ、1995年7月、説明書、13頁。
  49. ^ a b c d 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2011年12月、91頁。(ISBN 978-4797366181)
  50. ^ 『講談社ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』講談社、1981年、91頁。
  51. ^ a b 『ガンダムマガジン No1』講談社、1990年12月、72-73頁。
  52. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』バンダイ、1989年2月、52頁。
  53. ^ 『1/144HGUC(021) RX-78-2 ガンダム』バンダイ、2001年5月、付属解説書。
  54. ^ 皆川ゆか機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』 講談社、2001年3月、717頁。(ISBN 978-4063301106)
  55. ^ 『1/144HGUC REVIVE(191) RX-78-2 ガンダム』バンダイ、2015年7月、付属解説書。同書では「320mmとも言われる」との注記があり、装弾数も4発とされている。
  56. ^ 『機動戦士ガンダム エピソードガイド vol.1 一年戦争編(前)』角川書店、67頁。
  57. ^ 『機動戦士ガンダム ガンダムアーカイブ』メディアワークス、1999年6月、109頁。(ISBN 978-4840212113)
  58. ^ 『講談社ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』講談社、1981年、171頁。
  59. ^ 第4回どうまとめた? 劇場版『機動戦士ガンダム I』(その1)機動戦士ガンダム公式web 2007年8月10日
  60. ^ 『講談社のポケットカード8 機動戦士ガンダム モビルスーツコレクション』講談社、1982年1月。
  61. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .39 機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑 1年戦争全記録』バンダイ、1991年2月、138頁。ISBN 4-89189-177-7
  62. ^ 初出は『機動戦士ガンダム記録全集』内の用語辞典[要文献特定詳細情報]
  63. ^ 編集人 尾形英夫「制作スタッフインタビュー」『ロマンアルバム・エクストラ(35)機動戦士ガンダム』徳間書店、1980年7月30日、184頁。
  64. ^ 『機動戦士ガンダム 台本全記録集』日本サンライズ、1980年12月13日、12頁。
  65. ^ 『講談社ポケット百科シリーズ 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション (3) 連邦軍編』講談社、1984年7月、2006年7月(復刻版)、87頁。
  66. ^ 『コミックボンボン』1983年11月号、講談社、2頁。
  67. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム MS大全集98』メディアワークス、1998年5月、21頁。
  68. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOKAWA、2014年2月、64-65頁。
  69. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2011年12月、23頁。
  70. ^ a b c d e f 『大河原邦男画集 機動戦士ガンダム MSVスタンダード』KADOKAWA、2018年2月、98頁。
  71. ^ 『講談社のポケットカード9 機動戦士ガンダム MSVコレクション』1984年2月。
  72. ^ 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOKAWA、2014年2月、80頁。
  73. ^ 兼房光『機動戦士ガンダム MSV-R アクショングラフィック編』第2巻、2015年2月。
  74. ^ 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOKAWA、2014年2月、127頁。
  75. ^ a b 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOKAWA、2014年2月、125頁。
  76. ^ a b c d e f 『マスターグレード RX-78-3 G-3ガンダム』説明書、バンダイ、1996年3月。
  77. ^ 『機動戦士ガンダム ガンダムアーカイヴ』メディアワークス、1999年6月、61,76頁。
  78. ^ 『講談社ポケット百科シリーズ35 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月、81頁。
  79. ^ 「Game's MsV #91」『ガンダムエース』2010年5月号、角川書店。
  80. ^ a b c 『講談社ポケット百科シリーズ35 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月、12頁。
  81. ^ 『機動戦士Ζガンダムを10倍楽しむ本』講談社、1985年5月、122頁。
  82. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2011年12月、33頁。
  83. ^ 『機動戦士Ζガンダムを10倍楽しむ本』講談社、1985年5月、125頁。
  84. ^ MS大全集2013 2012, p. 9.
  85. ^ GUNDAM OFFICIALS』151頁。
  86. ^ プラモデル『HGUC ガンダムV作戦セット』付属説明書、バンダイ、2001年8月、16頁。
  87. ^ 『グレートメカニックG 2016 WINTER』双葉社、2016年12月、27頁。
  88. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』バンダイ、1989年2月、16頁。
  89. ^ 『ケイブンシャの大百科211 完全版機動戦士ガンダムプラモ2大百科』勁文社、1985年2月、41頁。
  90. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『SD CLUB』第9号、バンダイ、1990年2月20日、28-29頁。
  91. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .25 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.4 MS開発競争編】』バンダイ、1991年2月25日、78-81頁。
  92. ^ a b c d e f g h プラモデル『マスターグレード RX-78-4 ガンダム4号機』付属説明書、バンダイ、2003年7月。
  93. ^ a b c d e f 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2011年12月、64-70頁。ISBN 978-4797366181
  94. ^ a b c d プラモデル『マスターグレード RX-78-5 ガンダム5号機』付属説明書、バンダイ、2003年8月。
  95. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p SD CLUB』第8号、バンダイ、1990年1月、30頁。
  96. ^ 『ZEONIC FRONT 機動戦士ガンダム0079 タクティカルグラフィックス』角川書店、2001年9月7日、49頁。
  97. ^ a b c d 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2011年12月、78-81頁。
  98. ^ a b c d e f g h i j k l 『SD CLUB』第12号、バンダイ、1990年5月31日、117頁。
  99. ^ a b c d プラモデル『HGUC FA-78-3 フルアーマーガンダム7号機』付属説明書、バンダイ、2009年9月。
  100. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2011年12月、86頁。
  101. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .42 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.6 デラーズ紛争編〈上〉】』バンダイ、1992年2月、41頁。
  102. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月26日、12-13頁。
  103. ^ a b c d e f g h i j 『月刊ガンダムエース』2010年12月号、角川書店、482-485頁。
  104. ^ a b c 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月26日、94-95頁。
  105. ^ 『1/144 MSV パーフェクトガンダム』バンダイ、1984年6月。
  106. ^ 『MG PF-78-1 パーフェクトガンダム』バンダイ、2003年12月。
  107. ^ 『データコレクション(13)機動戦士ガンダム 一年戦争外伝3プラスORIGINAL MS IN GAMES』メディアワークス、1999年11月、44頁。(ISBN 978-4840213783)
  108. ^ tks24 (2014年4月9日). “30年越しの「パーフェクトガンダム」映像化でプラモ狂四郎作者が思いを語る”. やじうまWatch (インプレス). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20140409_643469.html 2014年4月10日閲覧。 
  109. ^ 大張正己(2014年4月2日のツイート)
  110. ^ 『電撃ホビーマガジン』1999年3月号、メディアワークス、44-47頁。
  111. ^ a b c 『電撃ホビーマガジン』1999年7月号、メディアワークス、18-19頁。
  112. ^ GUNDAM FACTORY YOKOHAMA”. 2020年8月8日閲覧。
  113. ^ ““動く実物大ガンダム”のガンプラ2種が8/6より特別先行販売!『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA 進捗報告会』配信決定!”. GUNDAM.INFO. (2020年8月4日). https://www.gundam.info/news/hot-topics/01_1803.html 2020年8月8日閲覧。 
  114. ^ GUNDAM FACTORY YOKOHAMA official movie
  115. ^ “動くガンダムプロジェクト「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」本体と頭部のドッキング完了!映像配信中!”. GUNDAM.INFO. (2020年8月5日). https://www.gundam.info/news/hot-topics/01_1816.html 2020年8月8日閲覧。 
  116. ^ “動くのか?ガンダム 夢への挑戦!│ 第11話”. ガンダムチャンネル(ガンダム公式YouTubeチャンネル). (2020年7月10日). https://www.youtube.com/watch?v=WuzHFPpW9UA 2020年8月8日閲覧。 
  117. ^ 全高18mのガンダム、ついに動く ライトアップが作り出した「脅威のメカニズム」”. IT media. 2021年2月18日閲覧。
  118. ^ a b c HGオリジンガンダム 2020.
  119. ^ a b c d オリジンガイド3 2011, p. 100-107.
  120. ^ ガンダムエース2004 2020, p. 228-233.
  121. ^ ガンダムエース2103 2021, p. 192-193.
  122. ^ a b c MSD-MECHA 2020.
  123. ^ ガンダムエース1911 2019, p. 16-19.
  124. ^ a b c d e f g 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSD(Mobile Suit Discovery) 公式サイト”. サンライズ. 2018年1月28日閲覧。
  125. ^ a b c d e f g h プラモデル『HG 1/144 局地型ガンダム』説明書、バンダイ、2016年7月。
  126. ^ a b プラモデル『HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)』説明書、バンダイ、2017年10月。
  127. ^ a b c プラモデル『HG 1/144 ガンダムFSD』説明書、バンダイ、2018年4月。
  128. ^ a b 『月刊ガンダムエース』、角川書店、2017年11月、 JAN 4910124011171。
  129. ^ ガンダム40周年記念コラボレーションガンプラ・バンダイホビーサイト”. BANDAI SPIRITS. 2020年1月22日閲覧。
  130. ^ a b c d 『グレートメカニックG 2020WINTER』双葉社、2020年12月、24頁。ISBN 978-4575465259
  131. ^ 『ガンダムアーカイブ 機動戦士ガンダム完全設定資料集』メディアワークス、1999年6月、42-43頁。ISBN 978-4840212113
  132. ^ 『ガンダムアーカイブ 機動戦士ガンダム完全設定資料集』メディアワークス、1999年6月、92頁。ISBN 978-4840212113
  133. ^ 今だから話せる「ガンダム」「ダンバイン」「パトレイバー」生みの親たちのメカデザイナーズサミットレポ (2/5ページ)”. exciteニュース. エキサイト (2012年12月18日). 2021年5月11日閲覧。
  134. ^ CafeSta開局1周年記念 12時間ぶっ続け まるナマ自民党 - ニコニコ生放送8:39:20 福井晴敏「いや俺はですね、あのー前にあの自衛隊がガンダムを。陸上自衛隊がガンダムを作るってやったじゃないですか。あれ、サンライズに何の連絡も無かったんですよ」
  135. ^ 日本経済新聞2010年5月11日「すごい現場〜事例に学ぶ ガンダム30歳 長寿プラモの研究(上)」
  136. ^ 実物大ガンダム、解体スタート 来場者は予想の3倍ITmedia ニュース 2009年9月9日
  137. ^ 『GUNDAM FRONT TOKYO OFFICIAL GUIDE BOOK [VOLUME.1]』5頁。
  138. ^ “実物大ガンダム:来年3月で終了、撤去へ 「TOKYO ガンダムプロジェクト」いったん終了”. まんたんウェブ(株式会社MANTAN). (2016年12月1日). http://mantan-web.jp/2016/12/01/20161201dog00m200011000c.html 2016年12月1日閲覧。 
  139. ^ “実物大ガンダムを動かすプロジェクトスタート”. 産経新聞. (2014年7月9日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140709/biz14070917020015-n1.htm 2014年7月9日閲覧。 
  140. ^ “実物大ガンダムが動く!「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」横浜で2020年実施!”. オリコンニュース. (2018年11月21日). https://www.oricon.co.jp/article/613367/ 2018年11月21日閲覧。 
  141. ^ 全高18mのガンダム、ついに動く ライトアップが作り出した「脅威のメカニズム」”. ITmedia. 2021年3月27日閲覧。
  142. ^ 【特集】実物大のガンダムが動く!ガンダムGLOBAL CHALLENGE|“新成長時代”をつくる 工作機械産業 特設サイト|日刊工業新聞電子版
  143. ^ 感動のご対面! 実物大ガンダムがTGSに再臨! 【TGS 2009】
  144. ^ 中国で模倣ガンダム? - MSN産経ニュース 2010年12月18日(2010年12月20日時点のアーカイブ
  145. ^ 偽ガンダム中国に立つ!! なぜか色は百式の金色 - スポーツ報知 2010年12月19日(2010年12月20日時点のアーカイブ
  146. ^ 中国にニセ実物大ガンダム立つ? 独特なオレンジ色も造形はそっくり。 - Narinari.com(エキサイトニュース)2010年12月10日
  147. ^ 中国の「ガンダムっぽい巨大ロボット」がさらに改造されもはや原型をとどめない状態で再登場した模様 - ガジェット通信 2011年1月30日





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンダム_(架空の兵器)」の関連用語

ガンダム_(架空の兵器)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガンダム_(架空の兵器)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンダム (架空の兵器) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS