機動戦士ガンダム_逆襲のシャアとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > アニメ作品 き > 機動戦士ガンダム_逆襲のシャアの意味・解説 

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

原題:
製作国:日本
製作年:1988
配給:松竹
スタッフ
監督:富野由悠季(富野喜幸) トミノヨシユキ
製作:伊藤昌典 イトウマサノリ
プロデューサー:内田健二 ウチダケンジ
原作:富野由悠季(富野喜幸) トミノヨシユキ
脚本:富野由悠季(富野喜幸) トミノヨシユキ
企画:山浦栄二 ヤマウラエイジ
作画監督:稲野義信 イナノヨシノブ

北爪宏幸 キタヅメヒロユキ

南伸一郎 ミナミシンイチロウ

山田きさらか ヤマダキサラカ

大森英敏 オオモリヒデトシ

小田川幹雄 

仙波隆網 
撮影:古林一太 

奥井敦 オクイアツシ
アニメキャラクター・デザイン:北爪宏幸 キタヅメヒロユキ
音楽:三枝成章 サエグサシゲアキ三枝成彰
主題曲:TM NETWORK 
美術:池田繁美 イケダシゲミ
編集:布施由美子 フセユミコ
録音:東京テレビセンター 
スクリプター:出渕裕 イズブチユタカ

ガイナックス 

佐山善則 

川瀬敏文 

高松信司 

松竹 

創通エージェンシー 

名古屋テレビ放送 

バンダイ 
キャスト(役名
古谷徹 フルヤトオル (アムロ・レイ
池田秀一 イケダシュウイチ (シャア・アズナブル
鈴置洋孝 スズオキヒロタカ (ブライト・ノア
榊原良子  (ナナイ・ミゲル
白石冬美 シライシフユミ (ミライ・ヤシマ
川村万梨阿 カワムラマリア (クェア・パラヤ)
弥生みつき ヤヨイミツキ (チェーン・アギ
佐々木望 ササキノゾム (ハサウェイ・ノア
山寺宏一 ヤマデラコウイチ (ギュネイ・ガス
伊倉一恵[伊倉一寿] イクラカズエ (レズン・シュナイダー
安達忍 アダチシノブ (ケーラ・スゥ
潘恵子 ハンケイコ (ララァ・スン
解説
地球を死星に追いやろうと企むシャアニューガンダムを操るアムロとの戦いを描くアニメーション。「機動戦士ガンダムシリーズの第4弾で、原作脚本監督は「ザブングル・グラフィティ」の富野由悠季撮影監督は「バツ&テリー」の古林一太と「ダーティペア」の奥井敦それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
宇宙世紀0093。前の戦闘で敗れたシャアネオ・ジオン軍再建し、核兵器を積んだ小惑星アクシズ地球衝突させようと企んでいた。地球政府高官・パラヤはシャア秘密裏和平交渉を行うが、その企みには気がつかない。そんな時アムロはパラヤの娘クェス少年ハサウェイ連れてロンデニオンの湖畔散策中に宿敵シャア再会ニュータイプとして目ざめつつあったクェスシャア共鳴し、ジオン軍に加わってしまう。そして訓練の末戦士となり、父・パラヤのいる戦艦撃滅した。シャアアクシズ地球向けて落下させた。アムロニューガンダムほか地球連邦軍抗戦するが、ジオン軍手強いアギミサイルクェスをとらえたが、ハサウェイクェス愛す余りアギ攻撃した。凄絶戦いの末、アムロシャアを敗り、ブライトらはアクシズ爆破二つに割ったが、その一つはまだ地球に向かって進んでいる。アムロニューガンダムパワー抑えようとするが、止めることができない。そこへいくつもモビル・スーツ取りついたがどうにもならない。しかし、奇跡は起った。アクシズ軌道がそれ始めたのだ。地球アクシズの脅威から逃れることができた。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 04:06 UTC 版)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア、英題:Mobile Suit Gundam Char's Counterattack)は、1988年3月12日(土)に松竹系で劇場公開されたガンダムシリーズアニメ映画。監督は富野由悠季。略称は英題の頭文字を取った「CCA」、または「逆シャア」など。




  1. ^ a b 公開当時に映画館で販売されたパンフレットでは、CGとアニメの合成を「映画史上初の試み」であると公称していた[1]
  2. ^ 「激闘編 ガンダム大地に立てるか!?」「休日編 ジオン・ホテルの脅威?ガンダム・ペンション破壊命令!」の2本。
  3. ^ 卵型のカプセルの中に蓄光ガン消しが入っており、種類はνガンダムサザビーリ・ガズィラー・カイラムギラ・ドーガ
  4. ^ ジェガンのみ佐山義則がクリンナップを担当している。
  5. ^ このうちロンデニオンの映像はのちに『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のラストカットで登場するサイド6・リボーの映像としても流用された。
  1. ^ 「PRODUCTION NOTE アニメ史上初の試み! CGとアニメの合成によるニュー“ガンダム”ワールド」『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(映画パンフレット)』松竹株式会社事業部、1988年3月12日。
  2. ^ 月刊ascii2008年5月号
  3. ^ 「ガンダム 40周年プロジェクト」本格的に始動!シネマ・コンサート他、各種イベントを展開!2019年4月7日 機動戦士ガンダム40周年プロジェクト
  4. ^ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア:出渕裕「最初の印象は最悪で…」 富野監督の“可愛い”一面も明かす”. MANTANWEB (2019年9月16日). 2019年9月17日閲覧。
  5. ^ 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー3 シャア編』276ページ
  6. ^ 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(中篇)』254ページ
  7. ^ 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(後篇)』253ページ
  8. ^ 富野由悠季「ベルトーチカ・チルドレン」コミカライズ決定”. ナタリー (2014年5月26日). 2015年5月26日閲覧。
  9. ^ 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に使用された地球儀、実物がまだあった!


「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダム_逆襲のシャア」の関連用語

機動戦士ガンダム_逆襲のシャアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機動戦士ガンダム_逆襲のシャアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS