男子高校生の日常とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 漫画作品 た > 男子高校生の日常の意味・解説 

男子高校生の日常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/26 08:00 UTC 版)

男子高校生の日常』(だんしこうこうせいのにちじょう、Daily Lives of high school boys)は、山内泰延による日本ギャグ漫画作品、および同作を原作としたテレビアニメ、実写映画。


注釈

  1. ^ ただしアニメ第8話の提供表示にて、彼の名字が既に明かされている旨のコメントが出ている。
  2. ^ 単行本1巻によると、設定の時点では煙草を咥えていた。
  3. ^ しかし当初の目的と手段が入れ替わって、引ったくりを捕まえることを完全に忘れていた。
  4. ^ 初期は傷がないカットも描かれており(12話「男子高校生と海の家」など)、該当部はアニメでも修正されていない。
  5. ^ 幾度か異常な怪力と反射神経が披露されている。
  6. ^ 作中では勉学、暴力、早食、耐熱における勝利が確認されている。
  7. ^ 苗字の読み仮名、三角巾の模様、長身など。
  8. ^ 回によっては唐沢家の隣(羽原家の2軒隣)との記述もあり、正確な位置は不明瞭である。
  9. ^ a b 通常(〜第11話)の構成ならば、「Shiny tale」 (OP) →「男子高校生の日常」→「おひさま」 (ED) →「女子高生は異常」の順に放送していくが、第12話(最終話)ではこれが逆になる(「女子高生は異常」からスタート)という変則的なフォーマットになっていた。このことは提供表示の場面でも字幕で説明がなされていた。
  10. ^ a b 第4回より。

出典

  1. ^ 名古屋アイドル「チームしゃちほこ」、「男子高校生の日常」出演&主題歌決定”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム. 2013年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c “注目アニメ紹介 :「男子高校生の日常」 熱血、恋愛なしのコミカルストーリー”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2012年1月9日). https://mantan-web.jp/article/20120108dog00m200013000c.html 2012年3月19日閲覧。 
  3. ^ a b “アニメ質問状 :「男子高校生の日常」 ライブ感覚の即興で生まれ、あとは謝罪”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2012年2月25日). https://mantan-web.jp/article/20120224dog00m200017000c.html 2012年3月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f 男子高校生の日常(公式サイト)”. ガンガンONLINE. スクウェア・エニックス. 2010年10月4日閲覧。
  5. ^ a b c 福田淳 (2011年11月28日). “「日常系マンガ」が人気――本よみうり堂”. 読売新聞夕刊第3版 (読売新聞社): p. 第7面. オリジナルの2011年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111203080434/http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20111129-OYT8T00833.htm 2011年12月2日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 『オトナANIMEDIA Vol.3』学研パブリッシング、2012年1月6日発売、66頁、ASIN B006P1ADVO
  7. ^ a b 第97話「男子高校生と秘密」より。
  8. ^ a b c 投票結果は2012年3月22日に『ガンガンONLINE』で配信された第94話の巻末で発表されている。
  9. ^ a b c d ソムリエ 第8回 男子高校生の日常”. ガンガンONLINE. スクウェア・エニックス (2011年2月23日). 2012年10月4日閲覧。
  10. ^ a b 第4話「男子高校生と文学少女」。
  11. ^ FLASHアニメ 男子高校生と文学少女”. ガンガンONLINE. スクウェア・エニックス (2010年2月25日). 2012年10月4日閲覧。
  12. ^ a b 男子高校生の日常 1巻”. スクウェア・エニックス. 2012年10月4日閲覧。
  13. ^ a b c 「女子高生は異常」第16話、第18話。
  14. ^ 男子高校生の日常 2巻”. スクウェア・エニックス. 2012年10月4日閲覧。
  15. ^ 男子高校生の日常 3巻”. スクウェア・エニックス. 2012年10月4日閲覧。
  16. ^ 男子高校生の日常 4巻”. スクウェア・エニックス. 2012年10月4日閲覧。
  17. ^ 男子高校生の日常 5巻”. スクウェア・エニックス. 2012年10月4日閲覧。
  18. ^ 男子高校生の日常 6巻”. スクウェア・エニックス. 2012年10月4日閲覧。
  19. ^ 男子高校生の日常 7巻(完) 公式サイト: 山内泰延: ガンガンコミックスONLINE: スクウェア・エニックス 2012年12月24日閲覧。
  20. ^ 男子高校生の日常のすべて”. 主婦と生活社. 2012年4月28日閲覧。
  21. ^ a b 記事・特集 TVアニメ「男子高校生の日常」”. ガンガンONLINE. スクウェア・エニックス (2011年10月20日). 2012年10月4日閲覧。
  22. ^ “「男子高校生の日常」アニメ化!ガンガンONLINE作品で初”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年10月21日). https://natalie.mu/comic/news/58352 2011年10月21日閲覧。 
  23. ^ テレビ放送版第1話アバンタイトルによる。
  24. ^ a b 龍崎珠樹 (2012年2月4日). “週刊アニメ時評 第3回 今クール話題の学園モノを徹底分析!『男子高校生の日常』『Another』”. 日刊サイゾー (サイゾー). https://www.cyzo.com/2012/02/post_9783_entry.html 2012年2月22日閲覧。 
  25. ^ “New Single「Shiny tale」2012年02月22日(水)発売決定。”. 「Mix Speaker's,Inc.」公式サイト (Mix Speaker's,Inc.). (2011年11月25日). http://www.mixspeakersinc.com/pc/news/2011/11/new_singleshiny_tale20120222_1.php 2011年12月16日閲覧。  [リンク切れ]
  26. ^ “ミクスピと人格ラヂオがアニメ「男子高校生の日常」主題歌”. ナタリー (ナターシャ). (2011年10月20日). https://natalie.mu/music/news/58364 2011年10月21日閲覧。 
  27. ^ 悠希; 那オキ (2011年12月13日). “お詫びとお知らせ”. JinkakuRadio Official Website. 人格ラヂオ. 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月14日閲覧。
  28. ^ 悠希 (2011年12月4日). “12月3日のブログに関するお詫び”. ラヂオ悠希 人格ラヂオ悠希オフィシャルブログ. 人格ラヂオ. 2011年12月4日閲覧。
  29. ^ a b “アイドル声優の顔は「チープ」で大炎上! バンドメンバーが謝罪、仕事も無くなった?”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2011年12月4日). https://www.j-cast.com/2011/12/04115203.html?p=all 2011年12月4日閲覧。 
  30. ^ “人格ラヂオが活動自粛を発表”. ナタリー (ナターシャ). (2011年12月13日). https://natalie.mu/music/news/61224 2011年12月14日閲覧。 
  31. ^ highschool_boys (2011年12月4日). “配信版のOPとEDは配信版だけの楽曲になりますよ!来 ...”. 男子高校生の日常 公式ついったー. Twitter. 2011年12月4日閲覧。
  32. ^ “大泉洋、コメディー俳優としての評価に不満顔?”. シネマトゥデイ. (2014年11月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0068357 2014年11月25日閲覧。 


「男子高校生の日常」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「男子高校生の日常」の関連用語

男子高校生の日常のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



男子高校生の日常のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男子高校生の日常 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS