菅田将暉とは?

菅田将暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 19:59 UTC 版)

菅田 将暉(すだ まさき[3]1993年2月21日[3] - )は、日本俳優歌手大阪府箕面市出身[1]トップコート所属。




注釈

  1. ^ 吉本興業創立100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ作品。
  2. ^ GYAO!にて期間限定で独占無料配信で公開された[134]

出典

  1. ^ a b c d e f 菅田将暉 (2016年6月9日). 中学時代はモテなかった? 菅田将暉「大阪では誰も僕のことを知らなかった」. インタビュアー:林真理子. dot.,週刊朝日.. https://dot.asahi.com/wa/2016060700131.html 2016年11月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d 菅田将暉”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ a b PROFILE 菅田将暉”. TOP COAT公式ホームページ. TOP COAT GROUP. 2016年12月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f “オーディション落選が“転機”だった菅田将暉”. REAL LIVE. (2014年11月20日). http://npn.co.jp/article/detail/30297097/ 2016年1月1日閲覧。 
  5. ^ “竹内涼真はよく怒られ…『仮面ライダー』俳優の新人時代”. 女性自身. (2017–10-15). https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/interview/30924 2018–4-8閲覧。 
  6. ^ a b 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
  7. ^ “菅田将暉の人気の秘密は二面性、アイドル性と俳優魂”. 日経ウーマンオンライン. (2017年7月28日). http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/192326/041200027/?P=1&nkns=woman%2F%3Fn_cid%3DLMNST001 2017年11月13日閲覧。 
  8. ^ “菅田将暉は"秀才に見えて天才" 自分でもコントロールしきれない力を感じる俳優 - 監督は語る”. マイナビニュース. (2016年11月17日). http://news.mynavi.jp/articles/2016/11/17/oboreruknife2/ 2017年11月13日閲覧。 
  9. ^ “松坂桃李&菅田将暉の魅力を監督が語る”. 映画ナタリー. (2017年7月4日). http://natalie.mu/eiga/news/239325 2017年11月13日閲覧。 
  10. ^ “板尾創路&「2丁拳銃」川谷修士、「火花」撮影現場での号泣秘話を告白”. 映画.com. (2018年4月22日). https://eiga.com/news/20180420/22/ 2018年9月20日閲覧。 
  11. ^ “社会の中心よりちょっと外れたところにいる人たちを描きたい。『セトウツミ』大森立嗣監督インタビュー<後編>しゃベルシネマ【第32回】”. ニッポン放送. (2016年7月7日). http://www.1242.com/lf/articles/9817/?cat=entertainment&feat=cinema 2018年9月20日閲覧。 
  12. ^ “菅田将暉、役作りで最大15キロ増量”. モデルプレス. (2015年5月11日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1717665 2017年11月13日閲覧。 
  13. ^ “菅田将暉、大河ドラマに向けて体づくり開始「男たるものムキムキに!」”. オールナイトニッポン.com. (2017年7月28日). http://www.allnightnippon.com/news/20170728-7001/ 2017年11月13日閲覧。 
  14. ^ “菅田将暉 服作りと結びつく役作り 妥協せずストイックに”. スポニチアネックス. (2017年6月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/13/kiji/20170613s00041000092000c.html 2017年11月13日閲覧。 
  15. ^ “山崎賢人&菅田将暉、互いの“実写やりすぎ問題”を改めて検証 明確な違いが判明?”. モデルプレス. (2017年8月23日). https://mdpr.jp/news/1709024 2017年11月13日閲覧。 
  16. ^ “菅田将暉、ライダーから芸人まで!コンビ役で光る対応力と瞬発力”. シネマトゥデイ. (2017年8月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0096410 2018年4月4日閲覧。 
  17. ^ “菅田将暉、アイドルになる予定だった?「ずっと泣いてた」過去を変えた転機”. モデルプレス. (2017年3月7日). https://mdpr.jp/news/1668913 2017年3月7日閲覧。 
  18. ^ “菅田将暉に直撃!プライベートに迫る35の質問”. Numero Tokyo. (2019年1月26日). https://numero.jp/interview144/ 2019年2月1日閲覧。 
  19. ^ “菅田将暉、20歳の誕生日イベントで「感謝」の号泣”. オリコン. (2013年2月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2021973/full/ 2017年7月22日閲覧。 
  20. ^ “菅田将暉が演じた若き日の自分役にさんま感心!「芝居、好きなんやな」”. シネマカフェ. (2015年12月26日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/26/36701.html 2017年7月22日閲覧。 
  21. ^ “菅田将暉の「関白宣言」にスタジオ拍手「鳥肌立った」”. モデルプレス. (2016年12月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1643295 2017年7月22日閲覧。 
  22. ^ “綾野剛や菅田将暉も…カメレオン俳優に「ギター上手」は必須なのか!?”. AERA. (2017年2月14日). https://dot.asahi.com/dot/2017021400023.html 2017年7月22日閲覧。 
  23. ^ “菅田将暉、auのCM楽曲歌っていた 収録姿も公開”. オリコン. (2016年12月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2083463/full/#vk 
  24. ^ “菅田将暉ら“グリーンボーイズ”初ライブパフォーマンスは「大興奮でカオス状態」 1万6千人に「キセキ」届ける”. モデルプレス. (2017年1月7日). https://mdpr.jp/music/detail/1652992 2017年7月22日閲覧。 
  25. ^ “菅田将暉の歌声にネットが騒然 「グリーンボーイズ」がテレビ初歌唱”. オリコン. (2016年1月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2084780/full/ 2017年7月22日閲覧。 
  26. ^ “菅田将暉ら演じるグリーンボーイズCDデビュー Loppi・HMV限定セットも発売”. HMV. (2016年). http://www.hmv.co.jp/fl/10/1580/1/ 2017年7月22日閲覧。 
  27. ^ “菅田将暉、6・7ソロ歌手デビュー「これまでにないワクワク」”. オリコン. (2017年3月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2087829/full/ 2017年7月22日閲覧。 
  28. ^ “菅田将暉デビューシングルのカップリングをANNで初OA、アートワークも公開”. ナタリー. (2017年4月28日). http://natalie.mu/music/news/230681 2017年7月22日閲覧。 
  29. ^ “菅田将暉、MステでTV初披露のソロデビュー曲「見たこともない景色」熱唱 圧巻の歌唱力が反響呼ぶ”. モデルプレス. (2017年6月2日). https://mdpr.jp/news/detail/1691285 2017年7月22日閲覧。 
  30. ^ “菅田将暉、応募殺到のソロデビューライブ「見たこともない景色です」”. BARKS. (2017年6月7日). https://www.barks.jp/news/?id=1000143008 2017年7月22日閲覧。 
  31. ^ “菅田将暉、CDデビュー記念で初ライブ開催。生歌披露で420人を魅了”. T-SITE. (2017年6月7日). https://rockinon.com/news/detail/161870 2017年7月22日閲覧。 
  32. ^ “菅田将暉、2ndシングルは自身作詞のラブソング「呼吸」”. ナタリー. (2017年7月4日). http://natalie.mu/music/news/239338 2017年7月22日閲覧。 
  33. ^ “菅田将暉、自身作詞のラブソングを今夜「オールナイトニッポン」で解禁”. ナタリー. (2017年7月17日). http://natalie.mu/music/news/241095 2017年7月22日閲覧。 
  34. ^ “「LOVE LOVE あいしてる」16年ぶり復活!菅田将暉がKinKi Kidsらとセッション”. ナタリー. (2017年5月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0091596 2017年7月22日閲覧。 
  35. ^ “菅田将暉が米津玄師の新曲に参加、ミュージックビデオも公開”. ナタリー. (2017年10月11日). http://natalie.mu/eiga/news/252174 2017年10月23日閲覧。 
  36. ^ “菅田将暉&桐谷健太、たけし名曲「浅草キッド」カバー配信開始”. オリコン. (2017年11月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2100653/full/ 2017年11月15日閲覧。 
  37. ^ “菅田将暉、1stアルバム『PLAY』発売”. RealSound. (2018年1月22日). https://realsound.jp/2018/01/post-150617.html 2018年9月29日閲覧。 
  38. ^ “菅田将暉 デビューアルバム『PLAY』が週間ランキング2位”. Spice. (2018年3月27日). https://spice.eplus.jp/articles/180356 2018年9月29日閲覧。 
  39. ^ “【ビルボード】NEWS『EPCOTIA』が121,516枚でアルバム・セールス首位獲”. Billboard Japan. (2018年3月26日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/61569/2 2018年9月29日閲覧。 
  40. ^ “菅田将暉、音楽活動と向き合う“本気度”の正体 『NEWS ZERO』密着映像を観て”. Real Sound. (2017年6月16日). http://realsound.jp/2017/06/post-83470.html 2017年7月22日閲覧。 
  41. ^ “菅田将暉「この世で一番好きなラブソング」を熱く語る 石崎ひゅーいと対談”. クランクイン!. (2016年5月19日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/43129 2017年7月22日閲覧。 
  42. ^ “菅田将暉が今、音楽で自分を「表現する」理由”. Yahoo!ニュース. (2018–3-14). https://news.yahoo.co.jp/feature/912 2018–4-8閲覧。 
  43. ^ “菅田将暉、音楽活動を通じて手にいれたもの”. 音楽ナタリー. (2018–3-21). https://natalie.mu/music/pp/sudamasaki 2018–4-8閲覧。 
  44. ^ “菅田将暉、NHKドラマでバイオリン&落語&ギターを披露!バンド結成に意欲も”. 映画.com. (2015年5月11日). http://eiga.com/news/20150521/16/ 2017年8月27日閲覧。 
  45. ^ 菅田将暉 パワーの源は服作り 秘密のアジトで無心になり一針一針”. スポニチ (2017年6月13日). 2017年8月27日閲覧。
  46. ^ 菅田将暉、“注目選手”井手口のゴールに歓喜 スコア予想もピタリ的中
  47. ^ 【ELLE】お笑いが大好きな菅田くんのイチオシ芸人は?|いま最も気になる男の子、菅田将暉くんに大接近!|エル・オンライン”. 【ELLE】ファッション・セレブ最新情報|エル・オンライン (2014年4月22日). 2016年5月11日閲覧。
  48. ^ 菅田将暉の野望「まさに自分がやるための作品だと思った」 主演の映画「帝一の國」29日公開”. スポーツ報知 (2017年4月28日). 2017年1月6日閲覧。
  49. ^ 菅田将暉が『銀魂』の次に出たい実写化映画は?”. BEST! TIMES (2017年8月19日). 2018年3月31日閲覧。
  50. ^ 菅田将暉がベストフンドシストアワード2017で大賞獲得、作品賞は「帝一の國」”. 映画ナタリー (2018年2月14日). 2018年3月31日閲覧。
  51. ^ “菅田将暉が「まさかの食生活」を告白”. Newsポストセブン. (2017年8月9日). https://www.news-postseven.com/archives/20170809_603439.html/ 2019年2月1日閲覧。 
  52. ^ 映画.com (2011年12月20日). “人気漫画「王様とボク」映画化 菅田将暉が主演デビュー”. 2014年5月25日閲覧。
  53. ^ コミックナタリー (2013年4月17日). “「男子高校生の日常」が実写映画化、3バカに菅田将暉ら”. 2014年5月25日閲覧。
  54. ^ 毎日新聞デジタル (2013年4月17日). “菅田将暉:「年々、欲深くなっている」 映画「そこのみにて光輝く」ほか出演作が目白押し”. 2014年5月25日閲覧。
  55. ^ 映画.com (2014年2月3日). “「闇金ウシジマくん Part2」に菅田将暉、窪田正孝、柳楽優弥ら旬の若手が参戦”. 2014年5月25日閲覧。
  56. ^ CINRA.NET (2014年8月25日). “能年玲奈主演『海月姫』から菅田将暉の女装ビジュアル、原作・東村アキコは「超感動」”. 2014年8月27日閲覧。
  57. ^ CinemaCafe.net (2014年8月25日). “美男子・菅田将暉の絶品“女装”姿お披露目! 映画『海月姫』”. 2014年10月4日閲覧。
  58. ^ 映画.com (2013年10月10日). “森川葵&菅田将暉がペアルック 「チョコリエッタ」撮影風景を入手!”. 2014年5月25日閲覧。
  59. ^ 映画.com (2014年10月4日). “森川葵&菅田将暉の「チョコリエッタ」15年1月に公開決定 東京国際映画祭にも出品”. 2014年10月4日閲覧。
  60. ^ 映画.com (2014年8月27日). “Hey! Say! JUMP山田涼介、実写版「暗殺教室」で映画初主演!”. 2014年8月27日閲覧。
  61. ^ モデルプレス (2014年10月13日). “多部未華子&綾野剛「ピース オブ ケイク」追加キャスト発表”. 2014年10月13日閲覧。
  62. ^ CINRA.NET (2015年1月14日). “NEWS加藤の小説『ピンクとグレー』を行定勲が映画化、出演に中島裕翔、菅田将暉ら”. 2015年1月23日閲覧。
  63. ^ 佐々木希×菅田将暉×市原隼人×杏×木村佳乃ら!中村倫也主演作に主役級キャスト集結”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  64. ^ 柳楽、菅田、菜奈、虹郎共演の青春群像劇が来夏公開、監督は真利子哲也”. 映画ナタリー (2015年8月3日). 2015年8月3日閲覧。
  65. ^ 門脇麦、長谷川博己を尾行…映画単独初主演で禁断の行為にのめり込む”. シネマトゥデイ (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
  66. ^ 門脇麦の主演作「二重生活」公開日決定、菅田将暉ら捉えた場面写真も到着”. 映画ナタリー (2016年1月6日). 2016年1月7日閲覧。
  67. ^ 池松壮亮&菅田将暉がW主演 ほぼ全編“しゃべる”だけの会話劇”. ORICON (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  68. ^ “佐藤健「何者」に主演!有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生と就活疑似体験で四苦八苦”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月11日). http://eiga.com/news/20160311/1/ 2016年3月11日閲覧。 
  69. ^ 映画「DEATH NOTE」続編は東出昌大、池松壮亮、菅田将暉の三つ巴戦”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  70. ^ “小松菜奈&菅田将暉「溺れるナイフ」で恋愛映画W主演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/07/kiji/K20160307012171500.html 2016年3月7日閲覧。 
  71. ^ 映画「帝一の國」赤場帝一役は菅田将暉!原作は本日発売のSQ.で完結”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年4月4日). 2016年4月4日閲覧。
  72. ^ 「銀魂」新八は菅田将暉、神楽は橋本環奈!長澤まさみ、岡田将生らも出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月4日). 2016年8月4日閲覧。
  73. ^ 映画.com (2018年2月2日). “実写「銀魂」続編、公開日は8月17日に決定!クランクインは2月上旬予定”. 2018年2月2日閲覧。
  74. ^ a b 映画.com (2016年7月23日). “菅田将暉&ヤン・イクチュン、寺山修司の「あゝ、荒野」映画化でボクシングに挑戦”. 2016年7月29日閲覧。
  75. ^ “菅田将暉×桐谷健太W主演で「火花」映画化!板尾創路監督に又吉は全幅の信頼”. 映画.com. (2017年2月14日). http://eiga.com/news/20170214/2/ 2017年2月15日閲覧。 
  76. ^ 「となりの怪物くん」が実写映画化!菅田将暉と土屋太鳳のW主演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年5月15日). 2017年5月15日閲覧。
  77. ^ 趣里、菅田将暉、仲里依紗ら出演、本谷有希子の小説「生きてるだけで、愛。」映画化”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年2月5日). 2018年2月5日閲覧。
  78. ^ 実写映画「アルキメデスの大戦」主演は菅田将暉、監督は山崎貴”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月16日). 2018年7月16日閲覧。
  79. ^ 菅田将暉と太賀が大森立嗣の「タロウのバカ」出演、覆面の少年写すビジュアル到着”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月20日). 2019年2月21日閲覧。
  80. ^ テレビドカッチ (2011年8月16日). “南沢奈央&菅田将暉が共演!『初恋の味』は1話1分で3夜連続放送の青春ラブコメディ”. 2014年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月25日閲覧。
  81. ^ “菅田将暉が「まんぷく」に弁護士役で出演「久々の朝ドラだ!」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月18日). https://natalie.mu/eiga/news/300109 2018年9月18日閲覧。 
  82. ^ モデルプレス (2014年4月13日). “菅田将暉、銀髪の“悪魔”に変身 嵐・大野智と意気投合”. 2014年5月25日閲覧。
  83. ^ webザテレビジョン (2014年11月6日). “大阪出身の菅田将暉“記憶に残るドラマになれば” 「二十歳と一匹」で阪神・淡路大震災への思いを語る!”. 2014年11月21日閲覧。
  84. ^ webザテレビジョン (2014年11月7日). “渡部篤郎、菅田将暉が乱歩賞受賞のサスペンスに出演!”. 2014年11月21日閲覧。
  85. ^ 「すだまさき」が「さだまさし」になる”. デイリースポーツ online (2015年3月23日). 2015年5月12日閲覧。
  86. ^ 遠藤憲一が“女子力”高い大学生に 『民王』連ドラ化で菅田将暉とW主演”. ORICON STYLE (2015年5月12日). 2015年5月12日閲覧。
  87. ^ “明石家さんま、青春時代の恋愛実話が初ドラマ化 菅田将暉が熱演”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2062228/full/ 2015年11月14日閲覧。 
  88. ^ 菅田将暉、4月期“月9”で憧れの福山雅治と初共演”. スポーツ報知 (2016年2月29日). 2016年2月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月29日閲覧。
  89. ^ “菅田将暉、水10ドラマで作家役 主演・石原さとみの「お役に立ちまっせ」”. ORICON STYLE. (2016年9月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2077692/full/ 2016年9月1日閲覧。 
  90. ^ 菅田将暉、大河初出演に気合「キレキレでかっこいい直政を演じる」”. ORICON STYLE (2016年7月12日). 2016年7月12日閲覧。
  91. ^ “山田孝之と菅田将暉がタッグ、デジタル遺品巡るドラマ「dele」7月より放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月25日). https://natalie.mu/eiga/news/283597 2018年5月25日閲覧。 
  92. ^ 菅田将暉、1月連ドラで念願の初教師役「いつかは演じてみたいと…」ヒロインに永野芽郁”. ORICON NEWS (2018年11月13日). 2018年11月13日閲覧。
  93. ^ “【総合で放送決定】「コメディードラマ」に初挑戦!”. NHK_PRズ. (2018年12月26日). http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=16948 2018年12月28日閲覧。 
  94. ^ “『君の名は。』の東宝が仕掛ける次のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が発表! 監督に新房昭之氏。声優には宮野真守さん、広瀬すずさん、菅田将暉さん”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年12月8日). http://animatetimes.com/news/details.php?id=1481161438 2016年12月8日閲覧。 
  95. ^ 菅田将暉が福田雄一監修・演出の「シャザム!」吹替版で主演!佐藤二朗も参加”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月26日). 2019年3月26日閲覧。
  96. ^ U-NEXT
  97. ^ a b “主演・菅田将暉×監督・染谷将太 “激アツ”タッグのショートムービーが公開”. 映画.com. (2019年3月19日). https://eiga.com/news/20190319/1/ 2019年3月23日閲覧。 
  98. ^ オリコンスタイル (2010年12月22日). “舞台版『タンブリング』続編決定! 菅田将暉が舞台初主演”. 2014年5月25日閲覧。
  99. ^ NINAGAWA×SHAKESPEARE LEGEND Ⅰ 『ロミオとジュリエット』 彩の国さいたま芸術劇場
  100. ^ チケットぴあ (2014年5月22日). “表現者・菅田将暉が蜷川幸雄の舞台で新境地に挑む”. 2014年5月25日閲覧。
  101. ^ シス・カンパニー公演 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ SIS company inc. Web
  102. ^ 佐々木希、勝負リップは「女性らしい色」 こだわりトークに笑顔”. ORICON (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  103. ^ 菅田将暉、au「三太郎」CMで“鬼役”に松田桃太郎と軽妙な掛け合い”. ORICON STYLE (2015年9月17日). 2015年9月17日閲覧。
  104. ^ 菅田将暉、下着モデル抜てき 無防備な表情見せる”. ORICON STYLE (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  105. ^ 菅田将暉とピエール瀧が吉野家CMで共演、演出は山崎貴が担当”映画ナタリー (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  106. ^ 食後の血糖値上昇をおだやかにする“サラ牛””. 吉野家公式通販ショップ. 2017年7月15日閲覧。
  107. ^ 【吉野家】菅田将暉の背後には…佐藤二朗が扮するあの”仏"?やりとりが面白すぎる(監督:福田雄一)”. 吉野家公式YouTubeチャンネル「yoshinoyaofficial」 (2017年7月6日). 2017年7月15日閲覧。
  108. ^ “マイペースな若手社員演じる菅田将暉が1UP “もうママとは呼ばない””. ORICON STYLE. (2016年6月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2073916/full/ 2016年6月24日閲覧。 
  109. ^ “菅田将暉、新CMでタキシード姿 歌も披露”. ORICON STYLE. (2016年11月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/29/index.html 2016年11月29日閲覧。 
  110. ^ “菅田将暉&小松菜奈「niko and ...」新アンバサダーに!「映画のような」WEBムービーも制作”. cinemacafe. (2018年2月9日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/02/09/55295.html 2018年3月9日閲覧。 
  111. ^ “中条あやみ、菅田将暉の音程外しにこらえきれず爆笑”. SANSPO.COM. (2018年6月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180629/geo18062900000004-n1.html 2018年7月2日閲覧。 
  112. ^ “菅田将暉がサムソナイトのイメージキャラクターに、春夏から登場”. fashionsnap.com. (2019年3月22日). https://www.fashionsnap.com/article/2019-03-22/samsonite-sudamasaki/ 2019年4月3日閲覧。 
  113. ^ 映画ナタリー (2019年2月21日). “菅田将暉、俳優生活10周年!55文字のブックタイトルは「覚えられなくていい」”. 2019年3月23日閲覧。
  114. ^ 菅田将暉のシングル売上ランキング”. オリコン. 2017年9月6日閲覧。
  115. ^ “菅田将暉が歌うサッカー日本代表応援ソング、フルver解禁”. 音楽ナタリー. (2016年12月22日). http://natalie.mu/music/news/214325 2016年12月22日閲覧。 
  116. ^ “菅田将暉がCDデビュー、音楽活動スタートに「今の僕にしかできないことがある」”. 音楽ナタリー. (2017年3月22日). http://natalie.mu/music/news/225443 2017年3月29日閲覧。 
  117. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2017年6月19日). 2017年6月15日閲覧。
  118. ^ “レコ協 6月度有料配信認定、AI「Story」が2ミリオン”. Musicman-NET. (2017年7月20日). http://www.musicman-net.com/business/69256.html 2017年7月22日閲覧。 
  119. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan. 2017年9月15日閲覧。
  120. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard JAPAN. 2018年6月15日閲覧。
  121. ^ レコ協 5月度配信認定、大塚 愛「プラネタリウム」がミリオン”. MUSICMAN.NET. 2018年6月20日閲覧。
  122. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard JAPAN. 2018年9月29日閲覧。
  123. ^ 菅田将暉のアルバム売上ランキング”. オリコン. 2018年2月15日閲覧。
  124. ^ Billboard Japan Hot Albums”. Billboard JAPAN. 2018年6月15日閲覧。
  125. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2017年10月23日). 2017年10月23日閲覧。
  126. ^ Billboard Japan Download Songs”. Billboard Japan (2017年11月20日). 2017年11月23日閲覧。
  127. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2017年12月4日). 2017年12月1日閲覧。
  128. ^ Billboard Japan Download Songs”. Billboard Japan (2017年12月4日). 2017年12月1日閲覧。
  129. ^ 見たこともない景色(Short Ver.)”. スペースシャワーTV (2017年). 2017年4月2日閲覧。
  130. ^ 見たこともない景色”. スペースシャワーTV (2017年). 2017年5月26日閲覧。
  131. ^ 菅田将暉の“休日”切り取った「ばかになっちゃったのかな」MV、今夜Mステで解禁”. 音楽ナタリー (2017年5月26日). 2017年5月26日閲覧。
  132. ^ 呼吸”. スペースシャワーTV (2017年8月30日). 2017年8月26日閲覧。
  133. ^ 米津玄師、新曲「灰色と青」に菅田将暉が参加 「菅田くんでなければ絶対に成立しないと思った」”. リアルサウンド (2017年10月11日). 2017年10月11日閲覧。
  134. ^ “菅田将暉と桐谷健太が歌う映画『火花』主題歌「浅草キッド」MV解禁!”. T-SITE. (2017年11月17日). http://top.tsite.jp/news/j-pop/i/37740990/ 2017年11月23日閲覧。 
  135. ^ 「火花」菅田将暉&桐谷健太が歌う「浅草キッド」MV公開”. 音楽ナタリー (2017年11月17日). 2017年11月23日閲覧。
  136. ^ さよならエレジー”. スペースシャワーTV (2018年). 2018年2月15日閲覧。
  137. ^ ロングホープ・フィリア”. スペースシャワーTV (2018年). 2018年9月29日閲覧。
  138. ^ “大泉洋、コメディー俳優としての評価に不満顔?”. シネマトゥデイ. (2014年11月22日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068357 2014年11月25日閲覧。 
  139. ^ “菅田将暉が日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝く「“菅田将暉”としてうれしい」”. ORICON NEWS. (2018年3月2日). https://natalie.mu/eiga/news/271887 2018年3月5日閲覧。 
  140. ^ 2018年受賞者” (2018年1月31日). 2018年2月4日閲覧。
  141. ^ “石川さゆりさんら大臣賞=新人賞は菅田将暉さんら-芸術選奨”. 時事ドットコム (時事通信社). (2018年3月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030700951&g=soc 2018年3月7日閲覧。 
  142. ^ 2018年度日本インターネット映画大賞最終結果”. 日本インターネット映画大賞ブログ (2019年2月8日). 2019年2月12日閲覧。
  143. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジ ョン関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、KADOKAWA、2014年8月22日、 22-26頁。
  144. ^ 遠藤憲一「民王」4冠喜ぶ「菅田将暉くんと獲れたことがうれしい」”. スポニチ (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  145. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年1月21日閲覧。
  146. ^ 「おっさんずラブ」コンフィデンスアワード年間作品賞に、山田孝之&菅田将暉も受賞”. 映画ナタリー (2019年3月1日). 2019年4月3日閲覧。
  147. ^ 『第27回橋田賞』決定 大泉洋、菅田将暉、安住アナら”. オリコン (2019年3月31日). 2019年4月3日閲覧。
  148. ^ NHK「まんぷく」4冠達成 ニッカン冬ドラマGP”. 日刊スポーツ (2019年3月16日). 2019年4月3日閲覧。
  149. ^ “菅田将暉、“お父さん”吉川晃司との授賞式に「運動会みたい」と声弾ませる”. 映画ナタリー. (2016年11月21日). http://natalie.mu/eiga/news/210194 2016年11月22日閲覧。 
  150. ^ “『ベストドレッサー賞』に菅田将暉、松下奈緒、『ジョジョ』荒木氏ら”. ORICON STYLE. (2016年12月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2082236/full/ 2016年12月1日閲覧。 
  151. ^ 2016年ブレイク俳優 菅田将暉が1位”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年12月14日). 2016年12月15日閲覧。
  152. ^ “菅田将暉「ベストフンドシスト賞」を受賞した異常な“ふんどし愛””. アサジョ (徳間書店). (2018年2月17日). https://asajo.jp/excerpt/46540 2019年2月6日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「菅田将暉」の関連用語

菅田将暉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菅田将暉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菅田将暉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS