蟹江敬三とは? わかりやすく解説

蟹江敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/16 18:44 UTC 版)

蟹江 敬三(かにえ けいぞう、1944年昭和19年〉10月28日[1][2] - 2014年平成26年〉3月30日)は、日本俳優ナレーター。本名同じ[1]


注釈

  1. ^ 一例として、1975年のTBSのドラマ『Gメン'75』の残酷な殺人鬼役、1976年の映画『犯す!』の強姦魔役など[5]
  2. ^ 参列者は他に能年玲奈、有村架純渡辺えり江口洋介渡辺謙水谷豊西岡徳馬、松下由樹、柄本明いしだあゆみ岸本加世子多岐川裕美佐野史郎國村隼香川照之、中村吉右衛門、角野卓造大泉洋前田敦子草彅剛椎名桔平山本未來榎木孝明塩谷瞬永島敏行小沢真珠荒川良々市毛良枝高橋由美子斉藤由貴高畑淳子皆川猿時杉浦太陽など。
  3. ^ 蟹江は、東京郊外のごく庶民的な一軒家で暮らし、撮影現場までは電車で通勤し、仕事が終わるとまっすぐ帰宅していたという。

出典

  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、61頁。 
  2. ^ a b 蟹江敬三(出典:日本タレント名鑑)”. gooニュース. NTTレゾナント. 2013年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月4日閲覧。
  3. ^ 日本タレント名鑑'80』VIPタイムズ社、1979年、59頁。 
  4. ^ “引っ込み思案だった蟹江敬三 偶然立った舞台で役者の道志す”. NEWSポストセブン. (2014年1月10日). https://www.news-postseven.com/archives/20140110_234766.html?DETAIL 2014年5月21日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k 週刊現代2022年7月2日・9日号「脇役稼業」第12回・蟹江敬三「寡黙なアウトロー」p25-32
  6. ^ 追悼 涙なしには読めません「お前の父ちゃん、また人を殺したな」——いじめられる我が子を前に、父は言葉を呑んだ 名優・蟹江敬三「ごめんな、パパが悪役で」 (3/4)」『現代ビジネス』、講談社、2014年5月6日、2014年5月24日閲覧  追悼 涙なしには読めません「お前の父ちゃん、また人を殺したな」——いじめられる我が子を前に、父は言葉を呑んだ 名優・蟹江敬三「ごめんな、パパが悪役で」 (4/4)」『現代ビジネス』、講談社、2014年5月6日、2014年5月24日閲覧 
  7. ^ “蟹江敬三さん死の13日前「ガイア―」収録”. nikkansports.com. (2014年4月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140406-1281211.html 2018年2月11日閲覧。 
  8. ^ 「あまちゃん」祖父役から半年…蟹江敬三さん、胃がんで死去”. iza. 産業経済新聞社 (2014年4月5日). 2018年2月11日閲覧。
  9. ^ 日経スペシャル ガイアの夜明け オフィシャルサイト テレビ東京 2014年4月19日時点のWEB魚拓キャッシュ
  10. ^ “中村吉右衛門 蟹江さん死去に「家族のような存在、残念でならない」”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年4月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/05/kiji/K20140404007914030.html 2017年1月25日閲覧。 
  11. ^ “松下由樹、蟹江さん遺作で共演「放送前に信じられない」”. サンケイスポーツ. (2014年4月5日). https://www.sanspo.com/article/20140405-GLLH54NBR5P7HJTX7JUZ2ENF5A/ 2014年4月5日閲覧。 
  12. ^ 蟹江敬三さん死去 能年玲奈「忠兵衛さんが、大好きです」”. ORICON STYLE. オリコン (2014年4月5日). 2014年4月5日閲覧。
  13. ^ “蟹江敬三さん死す…胃がん、早すぎる69歳”. nikkansports.com. (2014年4月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140405-1280637.html 2014年4月5日閲覧。 
  14. ^ 追悼…蟹江敬三さん『世直し公務員 ザ・公証人11』をアップしました。”. 『月曜ゴールデン』オフィシャルサイト. TBSテレビ. 2018年2月11日閲覧。
  15. ^ NHK広報局による2014年4月17日のツイート2018年2月11日閲覧。
  16. ^ 蟹江敬三さん『お別れ会』に700人参列 能年ら“あまちゃん”ファミリーも”. ORICON NEWS (2014年5月13日). 2022年7月18日閲覧。


「蟹江敬三」の続きの解説一覧

蟹江敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:46 UTC 版)

日経スペシャル ガイアの夜明け」の記事における「蟹江敬三」の解説

初代ナレーター担当俳優

※この「蟹江敬三」の解説は、「日経スペシャル ガイアの夜明け」の解説の一部です。
「蟹江敬三」を含む「日経スペシャル ガイアの夜明け」の記事については、「日経スペシャル ガイアの夜明け」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「蟹江敬三」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蟹江敬三」の関連用語

蟹江敬三のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蟹江敬三のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蟹江敬三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日経スペシャル ガイアの夜明け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS