相棒の登場人物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 相棒の登場人物の意味・解説 

相棒の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/01 01:10 UTC 版)

相棒の登場人物(あいぼうのとうじょうじんぶつ)は、テレビ朝日系でシリーズ化されている刑事ドラマ相棒』に登場する主な架空の人物について解説する。




注釈

  1. ^ この法則は尊の代にS.7の打ち上げで脚本家の戸田山雅司に指摘されて気付いたといい、享の時も同様の法則性を踏襲したと『オフィシャルガイドブック 相棒vol.3』での松本基弘ゼネラルプロデューサーと脚本の輿水泰弘の対談で語られている。劇中でも角田米沢がこの共通項を指摘している(S.11-2)。
  2. ^ 右京自身は陣川を「8人目の相棒」としてカウントしている
  3. ^ 水谷はS.11-11で、エンドクレジットでは未表記ながら右京とゲストキャラクターの一人二役で出演した。
  4. ^ PS.までは警部補の設定であったが、PS.1で伊丹が「警部殿」と呼ぶ場面がある。なお、現実の警察キャリアは採用時点で警部補であり、その後の研修などを経て採用から1年ほどで自動的に警部へ昇任する。その後、採用から7年以内に警視へと昇任し、将来的には例外なく警視監まで自動的に昇任するが、2018年現在、右京がかつて警視以上の階級へ昇任していた経験があるのかについては作中で語られたことはない。
  5. ^ たまきとの関係を他人に邪魔されると憮然となったり(S.8-1他)、たまきが他の男性と映画に行ったことに軽く嫉妬を覚えたりする(S.9-7)。
  6. ^ 現在では三つボタンのシングルスーツに統一されているが、PS.2まではスリーピース・スーツや二つボタンスーツも着ていた。また、捜査二課時代はダブルスーツも着ていた(S.1-11)
  7. ^ 映像化にあたっては専属のスタイリストがついている。
  8. ^ 上層部も右京についていけずに部下が辞めていくことを見越して組織から排除したい不要な人材を送り込んでくる。人質になると言う失態を犯し、警察官として恥をかいた薫についても厄介払いの為に右京の下に就けられた。
  9. ^ 結局、原因はたまきが日本や世界各地を旅することを理由に突如として「花の里」を閉店したことにより(S.10-1)行き付けの店を無くしたと言うだけのもので、後に幸子が「花の里」を引き継いだことでスランプは解消された(S.10-12)
  10. ^ これらの特徴はシリーズを重ねるに連れ徐々に形成されたものも多く、上記の中には初期には全く見られないものがある
  11. ^ 捜査や追及の際、犯人を始め、周囲の関係者に対する配慮に欠けた行動を取ってしまい、結果的に犯人を追い詰めさせ、自殺させてしまい、関係者に遺恨を残す結果を招いてしまったり(S.15ー1)、それまでは味方だった人間を敵に回してしまう事もあった(S.15-8)
  12. ^ 水谷自身は元々コーヒー党だったが、本作がきっかけで紅茶好きになったという。
  13. ^ 当初は普通に注いでいたが、徐々に段々高くなっていった。また、熱い飛沫が自分の手に飛び散るところを我慢しながらやっており、水谷本人によると「本能が刺激されてどれだけ高くまでいけるかやってみたくなった」(2008年4月30日放送の『スーパーJチャンネル』)という。なお、水谷本人が撮影中に考案した注ぎ方で、「こんな風に注いだら、紅茶がおいしくなりそうだし紅茶の時間が楽しくなる、と思った」というが、本来は不作法であり、紅茶の専門家から紅茶教室の生徒が真似をして困る、と抗議されかけた(朝日新聞テレビラジオ;2014年1月1日見出し面より)。
  14. ^ ボディカラーは黒、屋根は白で相棒専用カラー。
  15. ^ 大学時代にフランス文学を受講していたが、恋愛絡みの内容が多かったため単位を落としたことがある(S.7-15)
  16. ^ ノンクレジットでS.10-5(回想)に出演。
  17. ^ PS.1で登場した履歴書には「巡査長」と大きく書かれているが、経歴欄には「(平成)7年4月 巡査部長昇進」と書かれている。
  18. ^ 愛媛県松山市とのデータもあるが担当係官のミス。
  19. ^ 薫が警視庁に籍を置き、地方公務員である点に着目して地方公務員法の「不利益処分に関する不服申立て」(第49条と第50条)制度の存在を指摘したことで懲戒免職処分に亀山が不服を申し立てれば審理を通して事件を巡る警察内部の不祥事も公になる点に思い至らせて処分を撤回させた。
  20. ^ これまでに、アメリカ軍へ納入実績のある「ALPHA」社と「AVIREX」社が製造した「オリジナルフライトジャケット」が、テレビ朝日の 公式グッズ として販売された。
  21. ^ 薫が自宅を訪問した角田に対して「うち、禁煙になったもんで」と述べている(S.6-17)。また、『相棒検定』P13の「寺脇出題クイズ内」でもS.6でタバコをやめた旨の記載がある。
  22. ^ 東南アジアにあるとされる架空の国家で、地図によるとミャンマーバングラデシュに挟まれている。
  23. ^ その後の薫自身に関する直接的な登場や、右京との交流を続けているような描写は一切ないが、瀬戸内ややよいが薫の近況を右京に聞く場面がある(S.9-最終話、S.10-5)。また、相棒の変環を経た後の姿そのものの登場もS.10-5、S.16-13の回想シーンである。
  24. ^ 通算8人目は陣川公平
  25. ^ 上の階級にある者が下の階級にある者の部下に就くわけにはいかないため、右京より下の階級にする必要性が生じて警部補に降格扱いとなったものであり、不祥事での降格ではない。
  26. ^ 元々が警視であるため、特命係を離れて警察庁に復帰することになった時点で自動的に元の階級に戻ったにすぎず、昇任試験合格などによる再昇任とは異なる。
  27. ^ 演者の及川本人も大田区出身。
  28. ^ なおそれと同時に極めて拙速に行われていた開発に対する危険性を指摘していた尊をシステム開発から遠ざける意図があった可能性が小野田と大河内の会話から指摘されている(S.8-最終話)
  29. ^ 脚本を担当した櫻井武晴は、s8で尊を特命係に残らせるためのこの設定を考えるのに大変苦労したという(「相棒シナリオ傑作選」、竹書房、2011年)
  30. ^ スーツは及川本人のライブMCによればキャサリン・ハムネット。シャツはコットングラフィックとテレビ朝日が共同で製造したオリジナルシャツ(劇場版IIオフィシャルブックより)で、2010年に行われた「相棒展」及び、テレビ朝日の公式グッズで「尊シャツ」として販売された。
  31. ^ 及川本人の希望で、晴れてスパイではなくなったS.9からは明るい色のシャツも着用(劇場版IIオフィシャルブックより)。
  32. ^ 初対面時の尊の名刺を見た伊丹と芹沢が「尊(たける)」を「ソン」と読み間違えたことに由来しており、三浦は最初から正しい読み方を承知していたが、2人と同様に「ソン」と呼び、陣川にも「ソン君」と呼ばれている。また、矢木には「タケちゃん」と呼ばれている(S.10-11)。漢字を読み間違えた伊丹も、裏相棒3 第3話では「たける」と呼んでいた。
  33. ^ 元々は及川自身のアドリブ(2010年10月16日放送の『俳優の集まるレストラン』より)。
  34. ^ これは演じた及川光博の画力の高さを反映した、いわゆる「楽屋ネタ」。
  35. ^ 捜査の為にやむなく観察する際にはハンカチで口許を抑えつつも堪えて遠目に観察する様子がしばしば見える。
  36. ^ 実際には「正式に特命係に所属した人物」である陣川も警察を離職していないが、陣川は製作側の公式見解では歴代相棒にカウントされていない(ただし、右京本人は陣川を「8人目の相棒」としてカウントしている)ため除外する。
  37. ^ 私服勤務だった薫を含め、陣川を除く歴代相棒は全員が特命係在籍時はノーネクタイである。
  38. ^ このようなある特定の香りから、それにまつわる過去の記憶や当時の感情を誘発する現象のことを、マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』の場面にちなんで「プルースト現象」あるいは「プルースト効果」と言う[10][11]
  39. ^ ゲストがレギュラーに昇格するのは鈴木杏樹に続いて2人目である。また浅利は以前、2008年1月1日に放送された『寝台特急カシオペア殺人事件』(S.6-10)にて、安藤博貴役を演じていた。
  40. ^ これは鈴木本人の口癖でもあり劇中でアドリブとして使ったところで脚本家らも何気なく使うようになり、その後は美和子の性格に合っているとして定着した(S.3 DVD 第1巻 スペシャルコンテンツ インタビュー)。
  41. ^ 1〜5まであり、「お雑煮バージョン」もある。(S.6-10。2008年の元日スペシャル「寝台特急カシオペア殺人事件!」)味についての各人の意見は以下のとおり。薫:「ハッキリまずいわけでなく微妙な味だから始末が悪い」、右京:「複雑怪奇。でも癖になる」、たまき:「微妙」、角田:「奥さん、あんた天才だよ」。この他にも米沢や三浦・芹沢も食したが、感想は不明。伊丹は料理を前に出されても口にすることはなかった。関わった事件の容疑者からスパイスの使い方をアドバイスされたことで風味を増した(S.5-13)。また、2008年4月26日深夜放送の『テラコヤ!』で忠実に再現したものが出演者達に振る舞われたが、誰一人として「うまい」と言わずに、本番中にもかかわらず静まりかえった。ラベンダー色は赤カブの色素に由来する。
  42. ^ PS.1〜劇場版Iは旧芸名の高樹沙耶名義。
  43. ^ 益戸が、2016年10月25日大麻取締法違反(所持)の容疑で逮捕されたため、同日にテレビ朝日で放送予定だったS.7-13の再放送が急遽S.14-12に変更された[13][14][15]。また、同日に朝日放送で放送予定だったS.2の再放送は急遽『新・科捜研の女2』に変更された他、同局で28日31日に放送予定だったS.2の再放送もS.13に変更された[16]
  44. ^ S.4までの「花の里」の外観や内装と所在地周辺の風景はシーズンごとに若干異なっていたが、S.5より固定された。初期の頃は代々木に店を構えていたことが彼女の出した名刺で分かる。また店内に他の客や他の従業員がいたり、テレビが置いてあり現在と異なる
  45. ^ 例外として劇場版1でのランナースタイルとS.8-14で盲腸で入院していた時のパジャマ姿がある。
  46. ^ 本人の談では、おみくじでは大抵は凶を引き、修学旅行前日には盲腸で入院、初デートで行った海では波にさらわれて命を落としかけたり、大学受験当日には家が火事になり、新婚旅行から帰ったら空き巣に入られていたりなどの不運に見舞われている
  47. ^ 真飛は宝塚歌劇団による舞台『相棒』で、右京役を演じた経験がある。
  48. ^ 下の名前はS.5で明らかになったが、それ以前のS.2-16で一瞬だけ出ている。
  49. ^ 実際には警視庁本部の刑事部長の階級は警視監である。詳細は当該項を参照。
  50. ^ 現実では犯人の人質になった程度で左遷の対象になることは無い。
  51. ^ 劇場版Iの小説に曹洞宗の経典の一つ『宝鏡三昧』の記述「古轍に合(かな)わんと要せば、請う前古を観ぜよ」から取った物と書かれている。中園によれば、「前例に則り規律を守ることで真実にたどり着く」という意味が込められている(S.15-11)。
  52. ^ 劇中に捜査一課長が登場したことは一度も無いが、薫が捜査一課長室を訪問し、退出時に「課長、お邪魔しました」という台詞を発しているシーンが在ることから、中園とは別の人物が捜査一課長として存在することが判明している。
  53. ^ 相棒シナリオ傑作選の輿水泰弘インタビューによると輿水は当初、中園を捜査第一課長のつもりで書いていたという。
  54. ^ ちなみに、薫を演じる寺脇とは同学年である。
  55. ^ 相棒season9 Blu-ray & DVD より。ただPS.3時点での上司の肩書も「警視庁捜査第一課・強行犯7係」で、劇場版IIでもわずかながら7係の名前が出ている。
  56. ^ 当初は警部補から降格したという設定だった。
  57. ^ バリエーションも「亀吉〜!」や「警察庁の亀山様」、「警察庁官房長官付の亀山大先生」「所轄の亀山〜!」や「健康ランド会員の亀山〜!」などと増えており、携帯電話には「特亀」と登録しているが、薫が警視庁を去る際の第一声は「元・特命係の亀山」(S.7-9)である。また、薫の妻の美和子にも「特命係の亀山〜…夫婦」や「特命係の亀山〜…の嫁」、「亀山夫人」果ては「亀子」などの嫌味を言っているが、薫からは「捜査第一課の伊丹〜!」や「特命係でない伊丹」、「畳」など。また、薫に限らず「(所属部署)の〇〇〜!」と言った言い回しを使う事が多い(尊には「特命係の神戸警部補殿」(S.8-12)、享には「特命係の甲斐享」(S.13-1)、亘には「特命係の冠城亘」(S.16-13)など)。
  58. ^ ただし、美人女優には目がないのか、女優の桜庭 かなえ(さくらば かなえ、演 - 高橋かおり)の姉が殺された事件では、警視庁の管轄外であるにもかかわらず、亘から会えるかも知れないと唆されて右京らの元へ情報提供の為に向かったことがある(S.14-11)。
  59. ^ S.5-5までは山中たかシ名義。
  60. ^ S.1-1では薫を人質に警視総監室に立てこもった犯人である田端甲子男を狙撃しようとする狙撃手役で出演した。
  61. ^ S.4までは旧称である生活安全部薬物対策課だったが、実在の課が銃器薬物対策課への改称を経て2003年に組織犯罪対策部の新設に伴って生活安全部から分離し、組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課と改称されたためにS.5からこれに併せて改称されている。
  62. ^ ノンキャリアが警視まで昇任し、かつ警視庁(本庁)の課長ポストに就くのは大出世であるために事実上は「ノンキャリアの頂点」といってよい。
  63. ^ S.7途中まで使っていた「初代」のマグカップはパンダの顔が描かれていたものだったが、薫が勝手に子供にあげてしまった(S.7-4)ために現在は取っ手にパンダが乗った「2代目」が使われている。また、この2代目はグッズ販売店「テレアサショップ」にて「相棒 角田課長のひまかップ」の名前で販売されている。
  64. ^ 右京が無期限の停職処分を受けて特命係の部屋を留守にしている間にも、「長年の習慣」として、特命係の部屋にたびたびコーヒーを淹れに来ていた(S.14-1)。
  65. ^ この「兄」とは同じスタッフによるテレビドラマ『オヤジ探偵』で山西が演じた六角一二三であることが『オフィシャルガイドブック 相棒』にて語られており、東映の裏設定によるものである。また、この兄は婿養子として六角家に入ったことで姓が変わっているという設定で、このことから角田に嫌われており、角田が捜査要請を行った際も渋っていた(S.1-10)
  66. ^ S.6よりで、S.5までは「大木刑事」や「小松刑事」と表記されていた。また、PS.での肩書きは単に「刑事」である。
  67. ^ その際、伊丹が狙われた上に彼の代わりに別の人物が被害に遭ったことで後に内村に呼び出され、犯人を見逃した事に加えて職務怠慢などで叱責された。
  68. ^ S.7まで警務部人事第一課主任監察官で、S.8より警務部首席監察官である警視庁監察担当理事官。
  69. ^ 現実では警視庁の首席監察官はノンキャリアのポスト。
  70. ^ 尊もときたまラムネを分けてもらうこともある。
  71. ^ 自らが同性愛者であること。
  72. ^ 尊以外の人物とは特にこれといった親交はないようであり、尊から剣道の練習後に「他に誘う人はいないんですか?」と聞かれた際は「監察官に友達がいると思うか?」と返している(劇場版II)。
  73. ^ 恩師・鮎川の古希を祝うパーティにも出席し、鮎川の画策した監禁事件に右京ともども巻き込まれることになる(S.13-15,16)
  74. ^ PS.1では、監察医役で出演していた。
  75. ^ 実際に警察学校の教官に任命されるのは警部警部補の階級にある警察官である。詳細は警察大学校を参照。
  76. ^ また、この設定は六角の私生活での離婚話が元ネタとなっている。出典は『相棒シリーズ 鑑識・米沢の事件簿〜幻の女房〜』あとがきの松本基弘プロデューサーのインタビューより。
  77. ^ 大杉はS.2-6で犯人の菅原英人役でゲスト出演している
  78. ^ 大杉は2018年2月21日に逝去。
  79. ^ 杉本はS.5-11で犯人の五十嵐哲雄役でゲスト出演している
  80. ^ S.1では「こうけん」ではなく、「きみあき」と表記されていた。S.12-最終話では従兄弟の雁屋耕大が「本当の読み方は『こうけん』ではなく『きみあき』」と説明していた。
  81. ^ オフィシャルガイドブックでは「官房室長」が正式な肩書きで、官房長はその略称であるとされているが、実際には小野田の警察葬時の看板には「官房室長」と明記されており、警察庁には「長官官房室」なる組織は存在せずに実在するのは警察庁長官官房であるためにその長の役職名は「官房長」(警視監)である。
  82. ^ S.2-1に登場した「七日会」の在籍者名簿には「警察庁 官房室長;生年月日:1947年6月4日」と記載されていた。
  83. ^ S.2公式ページ登場人物紹介では「臼井法務大臣」と表記されている。
  84. ^ PS.1では特殊犯捜査一係の室谷警部補役で出演していた。
  85. ^ 現実の警視庁捜査第一課の係長は警部の階級にある警察官が就くポストである。警部補の階級にある警察官は主任を務める
  86. ^ 以前は所轄の盗犯係にいた
  87. ^ 事件解決後、薫と美和子の前に亡霊として姿を現し、微笑みを浮かべながら消えた
  88. ^ 日本では法制度としての「司法取引」はないうえ、殺人容疑での保釈は病気治療などの相当な理由がない限りはまず認められない。
  89. ^ ロケ地は、北条役の長門裕之の実弟で本作において瀬戸内役を演じた津川雅彦が名誉城主を務める大理石村ロックハート城。劇中で北条が語るアイアンハート城に関するエピソードは、実際のロックハート城に纏わるエピソードが元になっている。なお、この城はS.5-17「女王の宮殿」でも舞台として使用された
  90. ^ 加害者が次の被害者になる」ルールを破り、下山だけは自らの手で殺害したため
  91. ^ かつて『相棒』と同枠で1988年10月から1995年3月まで放送されていた『さすらい刑事旅情編』の主演を務めていた。
  92. ^ 宇津井は2014年3月14日に亡くなっている為、現在の警察庁長官が誰なのかは不明。
  93. ^ 劇中に出てくる内田の論文の表紙に「教授」という記載がある。
  94. ^ 高橋は以前にレギュラー出演していた裏番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』(フジテレビ)が終了したことにより『相棒』への出演が実現した(『刑事マガジンV』より)。
  95. ^ 前沢保美は同役のほか「撮影所の清掃員」(S.1-10)、「スナックのママ」(S.2-18)、「豆腐屋」(S.5-3)、「爆発に巻き込まれる清掃員」(S.6-8)、「結婚相談所の相談員」(S.7-4)などの別役で多数出演している。
  96. ^ 2004年より同じ水9枠の『警視庁捜査一課9係』に早瀬川 真澄(はやせがわ ますみ)役で出演中。
  97. ^ 警視庁を訪れた際に事情聴取を行った芹沢には「まるで杉下警部と話しているみたい」、三浦には「嫌なDNAだなぁ〜」と言われている。また、その物言いにカチンときた薫は「この、ダブル右京が!」と毒を吐いた。
  98. ^ たまきは元妻であり、現在はあくまで他人である。
  99. ^ a b 甲本雅裕は、早川純弥役(P第1話)・畑山哲弥役(S4第11話)で出演。
  100. ^ a b 清水紘治は、小暮 慶介役(S2第1・2話)・鮎川 珠光役(S13第15・16話)で出演。
  101. ^ 芹沢刑事を演じている、山中崇史の弟。
  102. ^ a b 映美くららは、根元雪美役(S6第10話)・水口君代役(S9第12話)で出演。
  103. ^ a b 小須田康人は、笠井役(S2最終話)・香坂雅彦役(S8第11話)・沼田敬一郎役(S12第17話)で出演。
  104. ^ a b 阿部進之介は、篠原孝介役(S9第1話 - 第2話)・御影真一役(S12最終話)で出演。
  105. ^ かつて『相棒』と同枠で放送されていた『はぐれ刑事純情派』に出演していた。
  106. ^ S.16第19話『少年A』にも出演
  107. ^ 石井洋祐は、江守義彦役(S5第19話)・菅井修二役(S12第17話)で出演。
  108. ^ 読み方「きらら」
  109. ^ 読み方「きよ」
  110. ^ 読み方「みない つなし」
  111. ^ 読み方「きゅうとみしょうじ」
  112. ^ 読み方「リー ユーシン」
  113. ^ 読み方「ワン トンミン」
  114. ^ 読み方「はぶた つよし」
  115. ^ 読み方「はじ ふとし」

出典

  1. ^ a b c d e f 相棒season1 「キャスト」”. テレビ朝日. 2007年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月7日閲覧。
  2. ^ 相棒season11”. テレビ朝日. 2013年1月3日閲覧。
  3. ^ 上杉純也 (2013年10月23日). “仮タイトルは?“右京”の名前の由来は?…『相棒』裏ネタ4”. 女性自身 (光文社). https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/19330 2016年5月15日閲覧。 
  4. ^ a b 水谷豊; 反町隆史 (2015年10月14日). 【相棒14】水谷豊&反町隆史 放送直前インタビュー(1)初共演の手応えは?. (インタビュー). ORICON STYLE.. https://www.oricon.co.jp/news/2060690/full/ 2016年2月9日閲覧。 
  5. ^ a b 水谷豊; 反町隆史 (2015年10月14日). 【相棒14】水谷豊&反町隆史 放送直前インタビュー(2)気になる第1話は?. (インタビュー). ORICON STYLE.. https://www.oricon.co.jp/news/2060691/full/ 2016年2月9日閲覧。 
  6. ^ a b 本日放送”. クラージュ キッズのブログ(アメーバブログ. サイバーエージェント (2016年2月17日). 2016年10月18日閲覧。
  7. ^ “[410] 右京さんの車! そして広島で相棒展プレミア2開催!”. P DAY プロデューサーブログ. (2012年10月23日). http://www.tv-asahi.co.jp/reading/aibou/13287/ 
  8. ^ 相棒DS ノベルモード「仮面の告白」48P
  9. ^ a b “仲間由紀恵、2シーズンぶり『相棒』で反町隆史の上司に 新人事発動”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2016年9月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2078394/full/ 2016年9月14日閲覧。 
  10. ^ プルースト効果(プルースト現象)”. アロマ用語辞典 は行. 東京エデン. 2016年12月6日閲覧。
  11. ^ 知恵蔵miniプルースト現象』 - コトバンク
  12. ^ a b 浅利 陽介PROFILE”. ビーコン・ラボ エンターテインメント. 2017年1月18日閲覧。
  13. ^ 海江田宗 (2016年10月25日). “「相棒」お蔵入り心配の声 高樹沙耶容疑者逮捕で”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0087010 2016年10月26日閲覧。 
  14. ^ Kikka (2016年10月25日). “初代女将役・高樹沙耶容疑者逮捕で「相棒」急きょ再放送差し替え”. ねとらぼ (ITmedia). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/25/news108.html 2016年10月26日閲覧。 
  15. ^ “テレ朝が「相棒」再放送を差し替え 出演していない回に”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年10月25日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161025/ent1610250019-n1.html 2016年10月26日閲覧。 
  16. ^ “朝日放送が番組を急遽差し替え 主人公の元妻役で出演「相棒season2」→「新・科捜研の女2」”. 産経WEST (産経新聞社). (2016年10月25日). http://www.sankei.com/west/news/161025/wst1610250083-n1.html 2016年10月26日閲覧。 
  17. ^ “鈴木杏樹が『相棒』2代目・花の里の女将に”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2012年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2005914/full/ 2016年2月9日閲覧。 
  18. ^ a b “『相棒11』初回SPで初の香港ロケ! 成宮の恋人役で元宝塚・真飛聖が登場”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2012年8月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2016354/full/ 2016年2月9日閲覧。 
  19. ^ 『相棒』相関図2000-2018 - テレビ朝日
  20. ^ a b 川原和久,山中崇史 (2018年1月31日). 「相棒」300回記念…川原和久&山中崇史を直撃! 長く続きすぎて捜一コンビは感覚が“まひ”!?. (インタビュー). インターネットTVガイド.. http://www.tvguide.or.jp/feature/specialinterview/20180131/01.html 2018年3月17日閲覧。 
  21. ^ 伊丹が惚れ込んでいた英会話講師が検挙されたときには、「警部殿~、先生はどのような罰を受けるのでしょうか?」と右京に泣きついた(S.2-5)
  22. ^ 田中 隆三”. TOM company. 2016年10月18日閲覧。
  23. ^ クラージュキッズ公式アカウントによる2016年12月7日のツイート2016年12月19日閲覧。
  24. ^ “仲間由紀恵、『相棒』シリーズ初参戦&水谷豊と初共演「光栄」”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2014年9月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2042736/full/ 2016年2月9日閲覧。 
  25. ^ 『相棒シリーズ 鑑識・米沢の事件簿〜幻の女房〜』より。
  26. ^ テレ朝「相棒」大杉漣さん代役に杉本哲太を起用 日刊スポーツ 2018/03/02閲覧
  27. ^ 『杉下右京手帳』(PHP研究所)より。
  28. ^ 安田 愛里”. タレントリスト. サンミュージック. 2016年10月18日閲覧。
  29. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  30. ^ 浅倉禄郎”. 相棒5 公式サイト 相棒事典. テレビ朝日. 2016年7月5日閲覧。
  31. ^ 田端甲子男”. 相棒5 公式サイト 相棒事典. テレビ朝日. 2016年7月5日閲覧。
  32. ^ 北条晴臣”. 相棒5 公式サイト 相棒事典. テレビ朝日. 2016年7月5日閲覧。
  33. ^ 鹿手袋啓介”. 相棒5 公式サイト 相棒事典. テレビ朝日. 2016年7月5日閲覧。
  34. ^ 桜田 ひより”. 研音. 2017年1月18日閲覧。
  35. ^ プロフィール - 中野笑店
  36. ^ プロフィール - アガペー
  37. ^ a b プロフィール - ケイエムシネマ企画
  38. ^ a b c d #TV - 西ノ園達大 公式サイト
  39. ^ a b c 児島功一”. SRプロダクション. 2017年1月6日閲覧。
  40. ^ 子供タレント / 仲川みきえ”. NEWSエンターテインメント. 2008年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月18日閲覧。
  41. ^ Drama - 国分佐智子オフィシャルホームページ
  42. ^ プロフィール - プレステージ
  43. ^ プロフィール - オフィス松田
  44. ^ a b 史朗のプロフィール”. エビス大黒舎. 2017年1月6日閲覧。
  45. ^ 池田昌子のプロフィール”. ベリーベリープロダクション. 2017年1月6日閲覧。
  46. ^ 兎本有紀のプロフィール”. 宝井プロジェクト. 2017年1月6日閲覧。
  47. ^ a b c d PLOFILE & Filmography”. なかみつせいじホームページ. 2017年1月6日閲覧。
  48. ^ 山田 洋”. グルー. 2017年1月6日閲覧。
  49. ^ 五十嵐貴子 プロフィール”. ヒラタオフィス. 2008年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  50. ^ 堀口敬巧のご紹介”. 宝井プロジェクト. 2017年1月6日閲覧。
  51. ^ かなやす慶行”. アルファセレクション. 2017年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  52. ^ 中村 咲哉”. アミューズ. 2015年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  53. ^ 鈴木由花”. ギュラマネージメント. 2017年1月6日閲覧。
  54. ^ 加藤仁志”. ギュラマネージメント. 2017年1月6日閲覧。
  55. ^ 染谷夏子 (2008年5月13日). “染谷 夏子 主な出演歴”. 染谷 夏子 夏色に染まる(アメーバブログ. サイバーエージェント. 2017年1月6日閲覧。
  56. ^ a b 寺田千穂 (2007年12月19日). “今日。。”. 寺田千穂のホンワカ日記(アメーバブログ. サイバーエージェント. 2016年10月18日閲覧。
  57. ^ 森本亮治”. アーティストボックス. 2017年1月18日閲覧。
  58. ^ a b 映美くららのプロフィール”. ジャパン・ミュージックエンターテインメント. 2017年1月18日閲覧。
  59. ^ a b 崔哲浩のプロフィール (PDF)”. 夢工房. 2017年1月18日閲覧。
  60. ^ 阿部 薫”. GURRE. 2017年1月18日閲覧。
  61. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  62. ^ テレビ(主な作品) - 新井友香事務所
  63. ^ プロフィール - プロダクション・タンク
  64. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント(アーカイブ)
  65. ^ Works - 株式会社我聞
  66. ^ プロフィール - アイトゥーオフィス
  67. ^ プロフィール - ギュラマネージメント
  68. ^ a b プロフィール - 生島企画室(アーカイブ)
  69. ^ プロフィール - セントラル(アーカイブ)
  70. ^ プロフィール - セントラル(アーカイブ)
  71. ^ プロフィール - 弓削智久 OFFICIAL WEB SITE
  72. ^ 津阪雄一のプロフィール”. フジアクターズシネマ. 2016年9月28日閲覧。
  73. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  74. ^ a b プロフィール - ギュラ
  75. ^ ドラマ「相棒」の元日スペシャルに檀れいが登場!”. Smartザテレビジョン (2009年12月8日). 2015年5月19日閲覧。
  76. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画
  77. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  78. ^ プロフィール - 河野由佳オフィシャルブログ
  79. ^ 礼子さん☆ - 広澤草オフィシャルブログ 2010年2月18日
  80. ^ a b プロフィール - ネオ・エージェンシー
  81. ^ “『相棒』初回ゲストに徳重聡が出演! 水谷豊、徳重と裕次郎ダブらせる”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2010年9月23日). https://www.oricon.co.jp/news/80341/full/ 2016年2月9日閲覧。 
  82. ^ 吉川 史樹”. NEWSエンターテインメント. 2017年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月18日閲覧。
  83. ^ 山田菜々香のプロフィール”. ケイエムシネマ企画. 2015年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  84. ^ プロフィール - バウスプリット(アーカイブ)
  85. ^ 芸歴書 - 大判社
  86. ^ まひろプロフィール - まひろのま
  87. ^ プロフィール - 夢工房
  88. ^ a b プロフィール - SRプロダクション(アーカイブ)
  89. ^ 石川祐地 (PDF)”. 夢工房. 2016年10月18日閲覧。
  90. ^ a b c “『相棒』、渡哲也・研ナオコ・本仮屋ら豪華ゲストがリレー出演”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2011年10月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2002794/full/ 2016年2月10日閲覧。 
  91. ^ a b プロフィール - スーパー・エキセントリック・シアター
  92. ^ プロフィール - 夢工房
  93. ^ プロフィール - SET
  94. ^ プロフィール - スターダス・21
  95. ^ 相棒 ten - 兼松若人 オフィシャルブログ 2011年11月25日
  96. ^ ありがとうございます! - 岩村愛子 オフィシャルブログ 2011年12月8日
  97. ^ a b Kenta Uchino”. サイトウルーム. 2017年1月6日閲覧。
  98. ^ プロフィール - グルー
  99. ^ プロフィール - SET
  100. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  101. ^ プロフィール - 劇団スーパー・エキセントリック・シアター(アーカイブ)
  102. ^ ドラマ - サンミュージックプロダクション
  103. ^ 芸歴書 - 大判社
  104. ^ 元日恒例「相棒スペシャル」今回のゲストはnon-noモデルの波瑠!”. Smartザテレビジョン (2012年12月20日). 2015年5月19日閲覧。
  105. ^ 大西菜友のプロフィール”. オスカー電子カタログ. オスカープロモーション. 2016年10月18日閲覧。
  106. ^ 宮坂健太のプロフィール”. 舞夢プロ. 2016年10月18日閲覧。
  107. ^ プロフィール - イトーカンパニー
  108. ^ 舞台☆ - 小倉百代オフィシャルブログ 2014年3月5日
  109. ^ プロフィール - オフィススリーアイズ
  110. ^ プロフィール - SRプロダクション
  111. ^ プロフィール - ニチエンプロダクション
  112. ^ 高嶋 琴羽”. NEWSエンターテインメント. 2016年10月18日閲覧。
  113. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  114. ^ 石上 ひなの”. サンミュージック. 2016年10月18日閲覧。
  115. ^ 外川貴博のプロフィール”. オフィス松田. 2017年1月6日閲覧。
  116. ^ プロフィール - スターダス・21
  117. ^ テアトルアカデミーによる2014年2月3日のツイート2016年10月24日閲覧。
  118. ^ DATA - トライストーン・エンタテイメント
  119. ^ 志保 (2014年10月12日). “15日 相棒13”. ぬーん。(アメーバブログ. サイバーエージェント. 2016年12月19日閲覧。
  120. ^ 重ねて!ドラマ相棒②話出演! - 一双麻希オフィシャルブログ 2014年10月19日
  121. ^ プロフィール - 指出瑞貴オフィシャルサイト
  122. ^ プロフィール - セントラル
  123. ^ プロフィール - スマイルモンキー
  124. ^ プロフィール - 剣武会
  125. ^ プロフィール - ヒラタオフィス
  126. ^ プロフィール - ヒラタオフィス(アーカイブ)
  127. ^ プロフィール - ギフト(アーカイブ)
  128. ^ a b 松本 来夢”. オフィスキール. 2016年10月18日閲覧。
  129. ^ a b プロフィール - バウスプリット
  130. ^ プロフィール - ヒラタオフィス(アーカイブ)
  131. ^ プロフィール - ニチエンプロダクション
  132. ^ 中村 優花”. セントラル. 2017年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月18日閲覧。
  133. ^ a b Works - 石井 テルユキ OFFICIAL WEB SITE
  134. ^ a b タレント出演情報2015年”. テアトルアカデミー. p. 2. 2016年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月18日閲覧。
  135. ^ プロフィール - テアトルアカデミー
  136. ^ 芸歴書 - 大判社
  137. ^ 玄理 (2015年12月4日). 「相棒」にゲスト出演! 玄理の驚きの役作りとは?. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/69019/ 2015年12月12日閲覧。 
  138. ^ a b タレント出演情報2015年”. テアトルアカデミー. p. 1. 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月18日閲覧。
  139. ^ プロフィール - 研音
  140. ^ プロフィール - フォセット・コンシェルジュ
  141. ^ プロフィール - Brilliant・C(アーカイブ)
  142. ^ “『相棒14』水谷豊、竹下景子と約40年ぶりの共演 右京の同級生役”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2016年2月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2066581/full/ 2016年2月23日閲覧。 
  143. ^ 「相棒」まさかの展開!右京さんが“神隠し”に?”. Smartザテレビジョン (2016年3月2日). 2016年3月15日閲覧。
  144. ^ 辻本祐樹による2016年10月12日のツイート2016年10月24日閲覧。
  145. ^ MaRi - Twitter 2016年11月7日
  146. ^ 仲村星凛による2016年10月19日のツイート2016年10月24日閲覧。
  147. ^ タレント出演情報2016年”. テアトルアカデミー. p. 3. 2017年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月24日閲覧。
  148. ^ プロフィール - オフィス松田
  149. ^ プロフィール - GMBプロダクション
  150. ^ プロフィール - ジェイエフシーティー
  151. ^ 由月杏奈のプロフィール”. パーフィットプロダクション. 2016年11月22日閲覧。
  152. ^ 仲村瑠璃亜のプロフィール”. ベリーベリープロダクション. 2016年11月22日閲覧。
  153. ^ 菅野久夫”. サイアン. 2016年11月24日閲覧。
  154. ^ “安達祐実、『相棒』で女優業再開 第2子出産後初のドラマ”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2016年11月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2081909/full/ 2016年11月24日閲覧。 
  155. ^ 木下あゆ美 (2016年11月16日). “OA情報”. 若ayu(アメーバブログ. サイバーエージェント. 2016年11月28日閲覧。
  156. ^ にわつとむ (2016年11月16日). “相棒15「フェイク」”. にわのにわにはつとむがいる(楽天ブログ. 楽天. 2016年11月28日閲覧。
  157. ^ 黒澤宏貴のプロフィール”. テアトルアカデミー. 2016年11月28日閲覧。
  158. ^ a b c タレント出演情報2016年”. テアトルアカデミー. p. 2. 2018年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月24日閲覧。
  159. ^ “『相棒』有罪率100%の女検事現る 第8話のゲストは鶴田真由”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2016年11月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2081919/full/ 2016年12月16日閲覧。 
  160. ^ 永峯海大のプロフィール”. エビス大黒舎. 2016年12月19日閲覧。
  161. ^ a b c “『相棒』角田課長は中学時代、写真部だった! 第9話予告”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2016年11月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2082295/full/ 2016年12月16日閲覧。 
  162. ^ 石井心咲のプロフィール”. スマイルモンキー. 2016年12月19日閲覧。
  163. ^ ふるごおり雅浩”. フォセット・コンシェルジュ. 2016年12月19日閲覧。
  164. ^ プロフィール - ニチエンプロダクション(アーカイブ)
  165. ^ 八嶋智人による2017年1月2日のツイート2017年1月6日閲覧。
  166. ^ “『相棒』特命係が郊外の駐在所勤務に 亘は制服警官姿を初披露”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2017年1月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2084025/full/ 2017年1月4日閲覧。 
  167. ^ 平岡拓真 (2016年12月16日). “相棒”. 平岡拓真オフィシャルブログ「REAL」(アメーバブログ. サイバーエージェント. 2017年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  168. ^ BIOGRAPHY”. 太田彩乃 official site. 2017年1月6日閲覧。
  169. ^ 石田尚巳”. 中野笑店. 2017年1月6日閲覧。
  170. ^ ありがとう、2016”. 朝まだき(アメーバブログ. サイバーエージェント (2016年12月31日). 2017年1月6日閲覧。
  171. ^ 益田恭平による2017年1月1日のツイート2017年1月6日閲覧。
  172. ^ 岩田知幸”. 中野笑店. 2017年1月6日閲覧。
  173. ^ ドラマ - 舞夢プロ
  174. ^ プロフィール - aoao
  175. ^ 2月1日 トークイベント - 及川莉乃ブログ 2017年2月3日
  176. ^ ドラマ - infini
  177. ^ プロフィール - ヒラタオフィス
  178. ^ プロフィール - クラージュ
  179. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  180. ^ WORK HISTORY - ジェイエフシーティー
  181. ^ 末広透 - Twitter 2017年2月17日
  182. ^ 相棒。 - 浅田光ブログ 2017年2月20日
  183. ^ プロフィール - フォセット・コンシェルジュ
  184. ^ クラージュキッズ - Twitter 2017年2月28日
  185. ^ プロフィール - オリオンズベルト
  186. ^ “『相棒16』10・18開始 初回ゲスト・田辺誠一が特命係を追い詰める”. ORICON NEWS. (2017年9月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2097446/full/ 2017年11月11日閲覧。 
  187. ^ a b 「相棒16」放送直前、水谷豊&反町隆史がライブ配信に登場!!”. ザテレビジョン (2017年10月16日). 2017年11月11日閲覧。
  188. ^ プロフィール - スマイルモンキー
  189. ^ 八代みなせ - Twitter 2017年10月27日
  190. ^ お知らせ - 五十嵐令子オフィシャルブログ 2017年10月18日
  191. ^ “『相棒16』第3話ゲストは菊池桃子 水谷豊と初共演”. ORICON NEWS. (2017年10月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2099393/full/ 2017年11月25日閲覧。 
  192. ^ 秋の桜とドラマ - 常石梨乃オフィシャルブログ 2017年10月26日
  193. ^ Data - NY企画
  194. ^ プロフィール - ピンナップスアーティスト(アーカイブ)
  195. ^ プロフィール - Sweet Power
  196. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  197. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  198. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  199. ^ 11/15放送!「相棒 season16」第5話 - 夏秋成美 オフィシャルサイト 2017年10月30日
  200. ^ 志貫徹 - Twitter 2017年11月15日
  201. ^ “水谷豊「相棒」今期初14%切り 警視庁訴えられる”. 日刊スポーツ. (2017年11月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711230000192.html 2017年12月6日閲覧。 
  202. ^ プロフィール - キナダ
  203. ^ プロフィール - たむらプロ
  204. ^ プロフィール - ジールグループ
  205. ^ プロフィール - コニイ
  206. ^ a b c “2018年ブレイク候補・健太郎、『相棒』元日SP出演でさらなる飛躍誓う”. ORICON NEWS. (2017年12月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2103134/full/ 2018年3月5日閲覧。 
  207. ^ プロフィール - フロム・ファーストプロダクション
  208. ^ プロフィール - アプレ
  209. ^ 相棒 16 10話 元日スペシャル - 檜尾健太 ブログ 2018年1月2日
  210. ^ プロフィール - スマイルモンキー
  211. ^ a b c d GMB - Twitter 2018年1月10日
  212. ^ プロフィール - イトーカンパニー
  213. ^ 葛堂里奈 - Twitter 2018年1月10日
  214. ^ プロフィール - mimic事業部(アーカイブ)
  215. ^ 長野里美 - Twitter 2018年1月17日
  216. ^ やっと一杯 - 久保田磨希 オフィシャルブログ 2018年1月18日
  217. ^ 未浜杏梨 - Twitter 2018年1月17日
  218. ^ 矢野聖人 - Twitter 2018年1月22日
  219. ^ プロフィール - 研音
  220. ^ 「相棒16」第15話、ありがとうございました! - 片岡明日香 オフィシャルブログ 2018年2月8日
  221. ^ プロフィール - aoao
  222. ^ ☆相棒効果☆ - 松原夏海 オフィシャルブログ 2018年2月15日
  223. ^ 阪田マサノブ ANB「相棒 Season16」 - 高岡事務所 Official Website 2018年2月14日
  224. ^ ルパン・J・葉山 - Instagram
  225. ^ 魏涼子 - Twitter 2018年2月27日
  226. ^ プロフィール - ドリーヴス
  227. ^ 告知を2発ほど。 - 兼松若人 オフィシャルブログ 2018年3月1日
  228. ^ 加藤清史郎、5年ぶりの「相棒」登場で“少年A”に!?”. ザテレビジョン (2018年3月7日). 2018年5月4日閲覧。
  229. ^ “加賀まりこ、『相棒』最終回SP出演 水谷豊と初共演「本当に楽しかった」”. ORICON NEWS. (2018年2月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2106548/full/ 2018年5月4日閲覧。 
  230. ^ WORKS - ワタナベエンターテインメント
  231. ^ 徳井優 ANB「相棒 Season16」 - 高岡事務所 Official Website 2018年3月8日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「相棒の登場人物」の関連用語

相棒の登場人物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



相棒の登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相棒の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS