加賀まりことは?

加賀まりこ

以下の映画加賀まりこ関連しています。
 
 
松竹映配


加賀まりこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 06:52 UTC 版)

加賀 まりこ(かが まりこ、1943年12月11日[1] - )は、日本女優司会者。本名は加賀 雅子(かが まさこ)[2]。有限会社活動屋所属。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ、「小悪魔[2]や「和製ブリジット・バルドー」などと呼ばれる[1][2]




  1. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.20.
  2. ^ a b c d スポーツニッポン『我が道』2013年6月1日
  3. ^ a b c スポーツニッポン『我が道』2013年6月7日
  4. ^ a b c 純情ババァになりました。(講談社文庫)p.15
  5. ^ 高崎俊夫『祝祭の日々』(国書刊行会)P.105
  6. ^ a b わたしと司法”. 関東弁護士会連合会. 2012年7月28日閲覧。
  7. ^ 吉田豪『新人間コク宝』コアマガジン、2010年、p.92
  8. ^ 中森明夫『女の読み方』朝日新書、2007年、p.188
  9. ^ 吉行淳之介『変った種族研究』講談社、1965年、p.154
  10. ^ 加賀まりこ『とんがって本気』新潮社、2004年、pp.133-134
  11. ^ a b c 週刊文春 2004年2月26日 p.146 - 150「阿川佐和子のこの人に会いたい (523) 加賀まりこ」
  12. ^ 加賀まりこ『とんがって本気』新潮社、2004年、p.136
  13. ^ http://movie.walkerplus.com/mv27310/
  14. ^ 週刊文春 1997年4月24日 p.72 - 75「『家』の履歴書 加賀まりこ」
  15. ^ a b c 川端康成「加賀まりこ」(劇団四季オンディーヌ」上演パンフレット、1965年6月)。『川端康成全集第28巻』(新潮社、1982年)に所収。
  16. ^ スポーツニッポン『我が道』2013年6月30日
  17. ^ a b c d e スポーツニッポン『我が道』2013年6月10日
  18. ^ 加賀まりこ、60歳での事実婚は自分が主導 5年越しだったことを明かす「何度もめげた」 2017年10月18日23時16分 スポーツ報知(報知新聞社、2017年10月20日閲覧)
  19. ^ a b 石坂浩二が明かす「吉永小百合と結婚」報道の真実 - 東京スポーツ・2017年10月14日
  20. ^ 婦人公論 2009年3月7日号 p.184 - 187
  21. ^ 飯島愛さん「お別れの会」は3月1日に開催”. オリコン (2009年2月3日). 2016年2月6日閲覧。
  22. ^ スポーツ報知 2005年6月13日 芸能面
  23. ^ a b スポーツニッポン 芸能面『我が道』2013年6月27日
  24. ^ THEわれめDEポン 地上波版の戦績リスト”. フジテレビ. 2016年2月6日閲覧。
  25. ^ THEわれめDEポン 対局戦績(第66弾以降)”. フジテレビ. 2016年2月6日閲覧。
  26. ^ NHKで女優・加賀まりこが持論を展開 「戦争もいらないし、原発もいらない」”. livedoorNEWS (2014年7月11日). 2016年2月6日閲覧。
  27. ^ 高崎俊夫『祝祭の日々』(国書刊行会)P.105
  28. ^ 『とんがって本気』、p.96 - 99
  29. ^ 【エンタがビタミン♪】加賀まりこ、5年間片思いの末に得たパートナーと遂にテレビ共演。”. Techinsight (2010年9月27日). 2016年2月6日閲覧。
  30. ^ 私が愛した鯨 - テレビドラマデータベース
  31. ^ 放送ライブラリー 番組ID:001971
  32. ^ a b c d e 加賀まりこのCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月15日閲覧。


「加賀まりこ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加賀まりこ」の関連用語

加賀まりこのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加賀まりこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加賀まりこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS