清水健太郎とは?

清水健太郎

以下の映画清水健太郎関連しています。
村上劇画プロ=シネマ・クロッキオ
アースラーズ
アーバンタイムス
ムービーブラザース配給
東映クラシックフィルム
 
 
 


清水健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/16 00:28 UTC 版)

清水 健太郎(しみず けんたろう、1952年10月11日 - )は、日本歌手俳優。愛称はシミケン。オフィスKS所属。かつては、田辺エージェンシーやニューセンチュリーレコードに所属していた。




注釈

  1. ^ その清水アキラは後に「ものまね王座決定戦」で清水健太郎の物真似をしたことがある。
  2. ^ 俗称として「Vシネマ」と呼ばれているが、これは東映ビデオの登録商標。
  3. ^ その森も2011年11月に覚せい剤取締法違反(共同所持・使用)で逮捕されている[3]

出典

  1. ^ “清水健太郎の更生阻んだ“兄貴分”の死”. 日刊ゲンダイ. (2013年7月13日). オリジナルの2015年12月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/XZsRC 2015年12月1日閲覧。 
  2. ^ “清水健太郎、4度目覚せい剤逮捕”. zakzak. (2004年5月31日). オリジナルの2004年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040603014520/http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_05/g2004053108.html 2004年6月3日閲覧。 
  3. ^ “清水健太郎の元妻も逮捕!「覚せい剤は元夫に教わった」”. 日刊サイゾー. (2011年11月24日). http://www.cyzo.com/2011/11/post_9171_entry.html 2011年11月25日閲覧。 
  4. ^ “今度こそ大丈夫?逮捕4度…清水健太郎が仮釈放”. zakzak. (2006年5月12日). オリジナルの2006年7月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060716071133/http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_05/g2006051201.html 2006年7月16日閲覧。 
  5. ^ “格闘家デビューする清水健太郎が押尾学との一騎打ちを要求!”. livedoor sports. (2007年7月13日). オリジナルの2007年8月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070819151544/http://news.livedoor.com/article/detail/3232584/ 2007年8月19日閲覧。 
  6. ^ “健太郎“シロ” 芸能活動再開へ”. リアルライブ. (2008年2月4日). http://npn.co.jp/article/detail/46342820/ 2017年1月14日閲覧。 
  7. ^ “今度は浅草でひき逃げ…あの俳優逮捕される”. Sponichi Annex. (2008年10月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/10/31/kiji/K20081031Z00000090.html 2017年1月14日閲覧。 
  8. ^ “ひき逃げ清水健太郎被告の婚約者が証言台”. nikkansports.com. (2009年1月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090115-450193.html 2009年1月22日閲覧。 
  9. ^ “清水健太郎 出所後の芸能界復帰はどうなる?”. リアルライブ芸能ニュース. (2009年1月31日). http://npn.co.jp/article/detail/36046983/ 
  10. ^ “覚せい剤“あぶり”清水健太郎容疑者、6度目逮捕”. Sponichi Annex. (2010年8月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/08/19/kiji/K20100819Z00001750.html 2010年8月21日閲覧。 
  11. ^ “清水健太郎容疑者また逮捕 6回目、覚せい剤使用”. 47NEWS. (2010年8月18日). オリジナルの2010年8月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100820120603/http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081801000477.html 2010年8月20日閲覧。 
  12. ^ “清水健太郎被告「今回は薬物依存を治す」”. nikkansports.com. (2010年11月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20101101-697065.html 2013年4月27日閲覧。 
  13. ^ “清水健太郎被告に懲役1年10月「やめたい気持ちが伝わった」”. Sponichi Annex. (2010年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/11/16/kiji/K20101116Z00000740.html 2017年1月14日閲覧。 
  14. ^ “【編集局から】清水健太郎、今度こそ“再起”なるか”. zakzak. (2012年8月3日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120803/enn1208031209008-n1.htm 2012年8月5日閲覧。 
  15. ^ “違法薬物で6度目!元俳優・清水健太郎容疑者を逮捕”. テレ朝news. (2013年6月7日). オリジナルの2013年6月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130610174929/http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000006729.html 2013年6月10日閲覧。 
  16. ^ “清水健太郎逮捕、道玄坂で千鳥足「一目でおかしい」”. SANSPO.COM. (2013年6月8日). オリジナルの2013年7月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130724122424/http://www.sanspo.com/geino/news/20130608/tro13060805040001-n1.html 2013年7月24日閲覧。 
  17. ^ “清水健太郎、処分保留で釈放「懲りた」”. nikkansports.com. (2013年6月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130625-1147356.html 2013年7月6日閲覧。 
  18. ^ “脱法ハーブ吸引か…清水健太郎さん 救急搬送”. Sponichi Annex. (2013年7月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/12/kiji/K20130712006198240.html 2017年1月14日閲覧。 
  19. ^ “清水健太郎「最近は薬も、運転もしていません」誕生日パーティー開催”. zakzak. (2013年10月15日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20131015/enn1310151130000-n1.htm 2014年3月23日閲覧。 
  20. ^ “清水健太郎、18歳年下と3度目出直し婚”. 日刊スポーツ. (2014年10月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20141011-1380267.html 2014年10月14日閲覧。 
  21. ^ “清水健太郎、三田佳子次男逮捕でビビット出演中に「現場が凍り付いた瞬間」”. Asagei-plus. (2018年9月13日). https://www.asagei.com/excerpt/112262 2018年9月16日閲覧。 


「清水健太郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「清水健太郎」の関連用語

清水健太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



清水健太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの清水健太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS