檀れいとは?

檀 れい

檀れいの画像 檀れいの画像
芸名檀 れい
芸名フリガナだん れい
性別女性
誕生日08/04
星座しし座
血液型A
身長162 cm
プロフィール1992年宝塚歌劇団入団月組星組トップ娘役務める。2005年退団してからは、映画『武士の一分』に出演し、その年の映画各賞を多数受賞した。その他の主な出演歴は、映画『母べえ』(監督・山田洋次/野上子役)、『感染列島』(監督・瀬々敬久)、『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』(監督・松岡錠司)、テレビ東京父からの手紙』、NHK八日目の蝉』(主演・野々宮希和子役)、TV-CMサントリー金麦」』『資生堂「ベネフィーク」』『全日空LIVE 中国 ANA」』等。
代表作品1年2018
代表作品1映画『累』
代表作品2年2018
代表作品2映画『ラプラスの魔女
代表作品3年2019
代表作品3テレビ朝日木曜ミステリー 科捜研の女
職種俳優女優タレント
趣味・特技日本舞踊 花柳流(花柳)

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
その他の出身のタレント  REI  夏樹レナ  八百原寿子  檀れい  大渡亮  山本祥子

檀れい

以下の映画檀れい関連しています。


檀れい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 10:12 UTC 版)

檀 れい(だん れい、1971年8月4日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組星組トップ娘役。




  1. ^ a b 薮下哲司 「宝塚支局 星組娘役トップ・檀れい、8月退団を発表スポニチAnnex、2005年1月8日
  2. ^ a b “結婚!及川ミッチー檀れい 「相棒」の仲”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年7月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110727-811453.html 2020年9月23日閲覧。 
  3. ^ a b “及川光博と檀れいが離婚 28日に離婚届を提出”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年11月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/28/kiji/20181128s00041000137000c.html 2018年11月28日閲覧。 
  4. ^ サンケイスポーツ 2015年11月21日 芸能面「ヒューマン」
  5. ^ 宝塚歌劇星組公演 湖月、光り輝く存在感”. yorimo. 読売新聞 (2004年11月2日). 2012年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月23日閲覧。
  6. ^ “檀れい鉄欠乏性貧血で舞台「ゼブラ」降板”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2009年5月31日). オリジナルの2009年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090611155424/www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090531-501231.html 2020年9月23日閲覧。 
  7. ^ 火曜よる10時に檀れいさん登場! | 八日目の蝉”. NHK (2010年1月20日). 2020年9月23日閲覧。
  8. ^ a b “檀れい“CDデビュー”!宝塚退団後初めて歌った”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年1月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/14/kiji/K20120114002427530.html 2020年9月23日閲覧。 
  9. ^ “女優の檀れいさんを「日本食普及の特別親善大使」に任命<農水省>”. JAcom 農業協同組合新聞 (一般社団法人 農協協会). (2015年3月2日). http://www.jacom.or.jp/news/2015/03/news150302-26605.php 2015年3月20日閲覧。 
  10. ^ “檀れいと剛力彩芽が美しき芸妓に、「祇園の姉妹」で初共演”. ステージナタリー. (2016年8月1日). http://natalie.mu/stage/news/196615 2016年8月1日閲覧。 
  11. ^ “芝翫・今井翼・檀れい 来年9月に新橋演舞場「オセロー」で共演”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年11月21日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/21/0010750952.shtml 2017年11月21日閲覧。 
  12. ^ “檀れい出演「恋、燃ゆる。」追加キャストに多田愛佳、大石継太ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年7月21日). https://natalie.mu/stage/news/388583 2021年2月21日閲覧。 
  13. ^ “恋、燃ゆる。〜秋元松代作『おさんの恋』より~ 出演者決定!” (プレスリリース), 株式会社明治座, (2020年7月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000034794.html 2021年2月21日閲覧。 
  14. ^ “原作を忠実に再現!映画『四月は君の嘘』ポスタービジュアル”. シネマズby松竹 (株式会社クラップス). (2016年5月4日). http://cinema.ne.jp/news/kimiuso2016050420/ 2016年9月9日閲覧。 
  15. ^ 桜井日奈子×吉沢亮「ママレ」両親s役は中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆”. 映画ナタリー (2018年1月18日). 2018年1月18日閲覧。
  16. ^ 「ラプラスの魔女」豊川悦司、玉木宏、リリーら新キャスト8人解禁、最新映像も”. 映画ナタリー (2017年11月1日). 2017年11月4日閲覧。
  17. ^ 映画「累」追加キャストに横山裕、檀れい、浅野忠信!累とニナのビジュアルも”. コミックナタリー (2018年3月29日). 2018年3月29日閲覧。
  18. ^ 《2020年大河ドラマ》“戦国武将&戦国の華” 出演者発表”. 大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる. NHK (2019年6月17日). 2019年6月17日閲覧。
  19. ^ “小栗旬は偽ドクター、檀れいは殺人鬼で初主演! - 『世にも奇妙な物語』”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年4月23日). http://news.mynavi.jp/news/2013/04/23/169/ 2017年8月21日閲覧。 
  20. ^ “檀れい、民放連ドラ初主演で初の刑事役 相棒役は稲垣吾郎”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2031078/full/ 2017年8月21日閲覧。 
  21. ^ 重松清×佐々木蔵之介・檀れい 「その日のまえに」制作開始!”. NHK (2014年1月9日). 2017年8月21日閲覧。
  22. ^ “唐沢寿明、池井戸潤原作の企業ドラマに主演 『半沢』スタッフ再集結”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年3月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2034647/full/ 2017年8月21日閲覧。 
  23. ^ “檀れい:刑事ドラマで堀北真希の“相棒”に ボス役に大地真央”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2014年10月8日). https://mantan-web.jp/article/20141007dog00m200053000c.html 2017年8月21日閲覧。 
  24. ^ 堀北真希が主演『ヒガンバナ』連続ドラマ化決定 2016年1月放送決定”. エキサイトニュース (2015年9月29日). 2015年10月1日閲覧。
  25. ^ “森博嗣の“Vシリーズ”が檀れい主演で初ドラマ化!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年1月21日). https://thetv.jp/news/detail/54542/ 2017年8月21日閲覧。 
  26. ^ “珠玉の時代劇4篇「藤沢周平 新ドラマシリーズ」10・31スタート”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年9月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150908/geo15090805030012-n1.html 2017年8月2日閲覧。 
  27. ^ “「このミス」オムニバスドラマ 主演は財前直見&上野樹里&檀れい”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/26/kiji/K20151026011387380.html 2015年10月26日閲覧。 
  28. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  29. ^ “檀れい、内山理名、原田泰造らが競演 不朽の名画『黒の斜面』が復活”. テレビドガッチ. (2015年12月14日). http://dogatch.jp/news/ex/36693 2015年12月14日閲覧。 
  30. ^ “WOWOW『沈まぬ太陽』 キャスト追加発表&5・8スタート”. ORICON STYLE. (2016年2月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2066787/full/ 2016年3月25日閲覧。 
  31. ^ BS朝日では「時代劇スペシャル」として、テレビ朝日では「日曜ワイド・ドラマスペシャル」として、それぞれ放送したもしくは放送する予定。
  32. ^ “水谷豊:主演時代劇9月放送 7年ぶり共演・檀れいは初“おてんば”役”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年8月21日). https://mantan-web.jp/article/20170820dog00m200009000c.html 2017年8月21日閲覧。 
  33. ^ “内野聖陽主演『琥珀の夢』10・5放送 檀れい、生瀬勝久、原田美枝子ら共演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2117962/full/ 2018年9月5日閲覧。 
  34. ^ "16日 檀れい×国仲涼子2大女優の激突が圧巻!ドラマスペシャル「嫉妬」あらすじと予告動画". ナビコン・ニュース. 14 August 2020. 2020年8月15日閲覧
  35. ^ ISUZU presents 檀れい 今日の1ページ”. TBSラジオ. 2019年9月30日閲覧。
  36. ^ 近鉄の新しいイメージキャラクターに檀れいさんを起用 - 近畿日本鉄道 2012年2月28日
  37. ^ 檀れい「丸亀製麺」新キャラ就任 おかみ姿で「いらっしゃい!」”. スポニチ (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。
  38. ^ “檀れいさんを起用した新テレビCM放映開始のお知らせ” (プレスリリース), 東洋証券, (2016年1月4日), http://www.toyo-sec.co.jp/company/cm_gallery/pdf/160104_cm.pdf 2016年1月20日閲覧。 
  39. ^ “日本代表ハリルホジッチ監督がCM初出演 華麗なリフティングを披露”. ORICON STYLE. (2016年4月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2070932/full/ 2016年4月28日閲覧。 
  40. ^ COTTON USA AWARD 2014〜コットンといきる人〜発表会を開催 コットンのイメージにふさわしい桐谷美玲、片岡愛之助、檀れいが受賞” (2014年5月16日). 2015年5月14日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「檀れい」の関連用語

檀れいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



檀れいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの檀れい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS