蘭乃はなとは?

蘭乃はな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 19:13 UTC 版)

蘭乃 はな(らんの はな、5月20日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組トップ娘役[1]




  1. ^ a b c d e f 蘭乃はなプロフィール株式会社ビーエムアイ
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2014年度版』 阪急コミュニケーションズ、2014年、26頁。ISBN 978-4-484-14522-8
  3. ^ 監修:小林公一「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」、阪急コミュニケーションズ、201年4月1日、118頁。ISBN-9784484146010
  4. ^ a b c d e f g h 日刊スポーツ (2010年8月9日). “「衣装負けしないように必死です」/蘭乃はな”. プレシャス!宝塚. http://www5.nikkansports.com/entertainment/takarazuka/entry/20100809_97736.html 2019年9月29日閲覧。 
  5. ^ a b 村上久美子 (2012年4月19日). “魅せます 思い出のヒロイン/蘭乃はな”. プレシャス!宝塚. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/archives/27137.html 2019年9月29日閲覧。 
  6. ^ a b 岩見那津子 (2011年5月9日). “蘭寿とむトップお披露目公演『ファントム』制作発表”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1635981.html 2019年9月29日閲覧。 
  7. ^ a b c 不明 (2014年6月12日). “新トップ明日海りお、お披露目公演「いい意味でみんなに甘えて…」”. スポニチアネックス. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/06/12/kiji/K20140612008349730.html 2019年9月29日閲覧。 
  8. ^ a b 不明 (2014年3月20日). “蘭乃はな 退団会見一問一答”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/03/20/0006793786.shtml 2019年9月29日閲覧。 
  9. ^ a b 石橋法子 (2016年5月11日). “3年連続でエリザベートを演じる蘭乃はなが、2016年版『エリザベート』への意気込みを語る!”. メディアスパイス. https://spice.eplus.jp/articles/53775 2019年9月29日閲覧。 
  10. ^ 蘭乃はなです蘭乃はなツイッターより
  11. ^ a b c d e f g h i j 「波瀾爆笑!?我が人生 蘭乃はな」『宝塚GRAPH』2010年7月号、阪急コミュニケーションズ、2010年、98-100頁。
  12. ^ a b c 宝塚歌劇団プロジェクト 花組 蘭乃はなさんインタビュー前編”. ゴーゴーご組. 2014年3月25日閲覧。
  13. ^ 宝塚歌劇団プロジェクト 花組 蘭乃はなさんインタビュー後編”. ゴーゴーご組. 2014年3月25日閲覧。
  14. ^ “「RHYTHM RHYTHM RHYTHM」水夏希&東山義久が見どころ語る動画公開”. ステージナタリー. (2016年3月30日). http://natalie.mu/stage/news/181503 2016年4月1日閲覧。 
  15. ^ “中山優馬×屋良朝幸のミュージカル「クロスハート」、全キャストの配役発表”. ステージナタリー. (2016年9月2日). http://natalie.mu/stage/news/200407 2016年9月5日閲覧。 
  16. ^ “「CLUB SEVEN -ZERO-」全キャスト発表、原田優一×蘭乃はな×香寿たつき出演”. ステージナタリー. (2016年12月13日). http://natalie.mu/stage/news/213028 2016年12月14日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蘭乃はな」の関連用語

蘭乃はなのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蘭乃はなのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蘭乃はな (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS