梓真弓とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 梓真弓の意味・解説 

梓真弓

梓真弓の俳句

冬銀河北斗の柄より星とべる
御来迎寝釈迦のまぶた朱に染まり
神隠る山は径なし霧のこゑ
藍甕の藍はしづもり梅雨の底
鳰浮きしとき晩鐘の鳴り出しぬ
 

梓真弓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/20 15:58 UTC 版)

梓 真弓(あずさ まゆみ、本名:大河泰子、1926年2月25日 - 1994年11月13日)は、元宝塚歌劇団星組主演娘役クラスで、元宝塚音楽学校の日舞講師。兵庫県神戸市出身。聖家族女学校出身。宝塚歌劇団時代の公称身長は154cm。宝塚歌劇団時代の愛称はオオカワちゃん。




  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』監修:小林公一阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、P38。ISBN 9784484146010


「梓真弓」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「梓真弓」の関連用語

梓真弓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



梓真弓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの梓真弓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS