映美くららとは?

映美くらら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/20 17:40 UTC 版)

映美 くらら (えみ くらら、1979年6月15日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。愛称は「くらら」、「えみくら」[注 1]




注釈

  1. ^ 昭和期に活躍した元雪組トップ娘役の遥くららと区別する意味で「平成のくらら」、「平成版くらら」とも言われた
  2. ^ 産経新聞の取材で本人が発言[いつ?]
  3. ^ 黒木の前任である五條愛川は雪組出身。
  4. ^ ドラマの公式サイトでは「映美くららの撮影日誌」を、また携帯サイトでは「映美くららの楽しいバレエ」を担当した。
  5. ^ 本名は満田あゆみ。夫のDVから逃れるため、天草蘭の偽名を用いた上で息子を引き連れ、「里や」で住み込みの従業員(客室係)として働いているという設定。

出典

  1. ^ a b “元宝塚娘役トップの映美くらら結婚!「童顔で小動物系」40歳会社経営者と”. サンケイスポーツ. (2015年5月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150520/mrg15052005060001-n1.html 2015年7月30日閲覧。 
  2. ^ スター・ロングインタビュー#18「映美くらら」”. 番組詳細. タカラヅカ・スカイ・ステージ. 2015年5月20日閲覧。
  3. ^ 熊本信愛女学院 (2014年6月17日). “同窓会設立100周年 記念大同窓会”. 熊本信愛女学院ブログ. 2015年5月20日閲覧。
  4. ^ a b 平松澄子 (2003年4月7日). “The name of タカラジェンヌ 月組 映美くらら;美しく映える聖女クララ”. 宝塚歌劇団特集 SUMiRE STYLE. 産経新聞. 2015年5月20日閲覧。
  5. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 111.
  6. ^ a b c 映美くらら 40歳会社経営者と結婚「手紙と指輪」のプロポーズに号泣”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2015年5月20日). 2015年5月20日閲覧。
  7. ^ 映見くらら、ドラマ初主演で“喜劇女優”ミヤコ蝶々の半生に挑戦”. ORICON STYLE. オリコン (2011年11月10日). 2015年5月20日閲覧。
  8. ^ 映美くらら、会社経営の一般男性と結婚 求婚の手紙と指輪に「号泣しました」”. ORICON STYLE. オリコン (2015年5月20日). 2015年5月20日閲覧。
  9. ^ “元宝塚の映美くらら 第1子妊娠「夫婦で深い喜びを感じています」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/15/kiji/K20160915013362300.html 2016年9月15日閲覧。 
  10. ^ “元宝塚の映美くらら、第1子男児出産「産みの苦しみの先に大きな宝物」”. ORICON NEWS. (2017年3月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2086850/ 2017年3月3日閲覧。 
  11. ^ “元宝塚の映美くらら 第2子女児出産「感動と安らぎと幸福を一生忘れない」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年4月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/06/kiji/20190406s00041000341000c.html 2019年4月6日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「映美くらら」の関連用語

映美くららのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



映美くららのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの映美くらら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS