舞羽美海とは?

舞羽美海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 20:12 UTC 版)

舞羽 美海(まいはね みみ、8月22日[1][2][3] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役[4][2][3][5]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 羽を広げ華麗に舞い/舞羽美海 日刊スポーツ。
  2. ^ a b c d e f g h i 舞羽美海 プロフィール 松竹エンタテインメント。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 【インタビュー】「チョンガンネ」に出演の舞羽美海「がむしゃらに生きている姿を見てほしい」 朝日新聞デジタル。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 舞羽美海サヨナラ特別番組「Snow Flower」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 荻田浩一のコメディプレイに出演!『リビング』 舞羽美海インタビュー 宝塚ジャーナル。
  6. ^ 『宝塚おとめ 2012年度版』 阪急コミュニケーションズ、2012年、80頁。ISBN 978-4-484-12506-0
  7. ^ a b c d 『ドリアン・グレイの肖像』でヒロインを演じる! 舞羽美海インタビュー メディアスパイス。
  8. ^ a b c d ナンバーツーがトップを作る 宝塚雪組『忘れ雪』 朝日新聞デジタル。
  9. ^ a b c d 宝塚雪組トップ舞羽が退団への胸中語る 日刊スポーツ。
  10. ^ a b 音月桂のお披露目公演。雪組『ロミオとジュリエット』 宝塚ジャーナル。
  11. ^ a b 宝塚クロニクル2011スペシャル「雪組編」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  12. ^ 大阪松竹座『道頓堀パラダイス』ゲネプロ&会見レポート おけぴネット。
  13. ^ 謝珠栄が宇宙を描く「Pukul」開幕、湖月わたる、水夏希が太陽と地球に ステージナタリー。
  14. ^ 「陰陽師」本日開幕、良知真次「舞台界でも金メダルを取れるように」 ステージナタリー。
  15. ^ 森新吾の「ダンスカンタービレ 2018」新キャストに舞羽美海、田野優花ら ステージナタリー。
  16. ^ 片岡愛之助が武将・源為朝に、システィーナ歌舞伎「新説諸国譚 TAMETOMO」 ステージナタリー。
  17. ^ 歌舞伎の演出を駆使して上演、藤間勘十郎「牡丹燈籠」に北翔海莉・北村有起哉 ステージナタリー。
  18. ^ 「大阪環状線」に主演の室龍太「高校生の気分を味わえるのが楽しみ」 ステージナタリー。
  19. ^ 「鬼滅の刃」幕開けに炭治郎役の小林亮太「生々しく力強さのある世界を」 ステージナタリー。
  20. ^ 織田信長の多面性を“2人の信長”に、システィーナ歌舞伎「NOBUNAGA」 ステージナタリー。
  21. ^ 舞台「FGO」最新作「冠位時間神殿ソロモン」開幕、BD/DVD化も決定 ステージナタリー。
  22. ^ クリスマスの曲をたっぷりと!「I'll Be Home For〜」に駒田一・沙央くらま・大和悠河ら ステージナタリー。
  23. ^ 日本初上演!舞台『ル・シッド』全キャスト発表!オールフィメールによる恋愛バトルドラマ シアターテイメントNEWS。
  24. ^ 尾上松也、ドラマ初主演 『大阪環状線ひと駅ごとの愛物語』”. ORICON STYLE (2015年11月7日). 2015年11月9日閲覧。
  25. ^ 元宝塚・舞羽美海、民放連ドラデビュー!大役に「ドキドキしています」”. SANSPO.COM (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  26. ^ 元宝塚の舞羽美海が楳図映画で初ヒロイン(2014年1月31日、日刊スポーツ


「舞羽美海」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「舞羽美海」の関連用語

舞羽美海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



舞羽美海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの舞羽美海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS