凪七瑠海とは?

凪七瑠海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/09 05:40 UTC 版)

凪七 瑠海(なぎな るうみ、11月11日[1][2] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役スター。




  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、13頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 専科で初主演、アジアのオスカルになる/凪七瑠海日刊スポーツ
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 筒井政也 (2018年11月24日). “凪七瑠海、花組「蘭陵王-美しすぎる武将-」の大阪公演で約4年ぶりの主演”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20181124-OHT1T50132.html 2020年2月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 名取千里 (2014年4月1日). “一〇〇周年の舞台に甦る「花詩集」の名場面を踊る 月組 凪七瑠海”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2014/04/ 2020年2月18日閲覧。 
  5. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P115。ISBN 9784484146010
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 名取千里 (2011年6月1日). “初の戦国物で秀吉の忠臣を凛々しく美しく 宙組 凪七瑠海”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2011/06/ 2020年2月18日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i 宙組・凪七瑠海:瑠海はイランの詩人から産経新聞
  8. ^ a b c 満を持した瀬奈トートと将来性の凪七シシィ 宝塚月組で『エリザベート』朝日新聞
  9. ^ a b 【歌劇な人々】運命の巡り合い、男役スター凪七が再び女役・エリザベートを-「肩で風切る後ろ姿」注意された思い出産経WEST
  10. ^ a b c 宝塚凪七瑠海、美しすぎる武将役で専科異動後初主演日刊スポーツ
  11. ^ a b 宝塚専科・凪七瑠海主演「蘭陵王」開幕 上演前の東儀氏生演奏に「感動で鳥肌」デイリースポーツ
  12. ^ 7/14~30のみ
  13. ^ 放送内容/嵐にしやがれ日本テレビ
  14. ^ POND’S×宝塚歌劇キャンペーンユニリーバ・ジャパン


「凪七瑠海」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「凪七瑠海」の関連用語

凪七瑠海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



凪七瑠海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凪七瑠海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS