彩風咲奈とは?

彩風咲奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 12:27 UTC 版)

彩風 咲奈(あやかぜ さきな、2月13日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役。次期雪組トップスター[2][3][4][5]




  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、71頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 宝塚歌劇雪組、次期トップコンビは彩風咲奈&朝月希和ステージナタリー
  3. ^ a b c d e f g h i 宝塚歌劇 雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和Sponichi Annex
  4. ^ a b c d e f 宝塚歌劇 雪組次期トップコンビは彩風咲奈と朝月希和デイリースポーツ
  5. ^ a b c d e f g 宝塚雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和スポーツ報知
  6. ^ a b c d e f g h 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2013』2013年、90-91頁。ISBN 978-4-484-13507-6
  7. ^ a b c d e f g h 彩風咲奈、新人公演卒業…男役確立へ「第2章」始動”. zakzak by夕刊フジ. 2014年8月28日閲覧。
  8. ^ a b c d 西伊予物語 VOL.22(平成20年3月1日) 西伊予出身!今 旬の人 宝塚歌劇団雪組 彩風咲奈さん”. 八幡浜・大洲地区広域市町村圏組合. 2014年8月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 筒井政也 (2019年10月10日). “彩風咲奈主演「ハリウッド・ゴシップ」力まず挑戦!違う自分になれることが楽しくて”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20191010-OHT1T50155.html 2019年10月10日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f 首席 初詣でポスター/彩風咲奈”. 日刊スポーツ. 2014年8月28日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 村上久美子 (2014年10月30日). “少年と大人の同居/彩風咲奈”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/p-cl-tp0-20141030-1389378.html 2019年10月10日閲覧。 
  12. ^ 彩風咲奈「男役十年」で新境地“孤高の男”挑戦に気合十分 2017年8月30日10時0分 スポーツ報知[リンク切れ]
  13. ^ a b 理想郷に彩られた彩風咲奈の東京初主演作品、宝塚雪組『CAPTAIN NEMMO…ネモ船長と神秘の島…』上演中! 宝塚ジャーナル
  14. ^ a b “雪組「ハリウッド・ゴシップ」大阪公演開幕!彩風咲奈「一回一回の舞台の大切さ、ひしひしと」”. スポーツ報知. (2019年10月23日). https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50132.html 2019年10月23日閲覧。 
  15. ^ a b c コロナで中止・延期乗り越え…宝塚雪組・彩風咲奈の主演作がやっと開幕「ここまで来られて感謝の気持ちでいっぱいです」スポーツ報知
  16. ^ a b c 宝塚雪組・彩風咲奈 涙の主演公演初日 コロナ禍で当初の会場と日程大幅変更デイリースポーツ
  17. ^ a b 榎田投手やタカラジェンヌが一日署長 年末特別警戒発隊式”. msn産経ニュースwest. 2013年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月28日閲覧。Internet Archive
  18. ^ 4/23〜30のみ
  19. ^ 体調不良により4/21〜24は休演。代役は永久輝せあが務めた。
  20. ^ 宝塚雪組トップコンビ早霧&咲妃サヨナラ公演開幕 3番手・彩風は病気休演 デイリースポーツ


「彩風咲奈」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「彩風咲奈」の関連用語

彩風咲奈のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



彩風咲奈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの彩風咲奈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS