瀬奈じゅんとは?

瀬奈 じゅん

瀬奈じゅんの画像 瀬奈じゅんの画像
芸名瀬奈 じゅん
芸名フリガナせな じゅん
性別女性
生年月日1974/4/1
星座おひつじ座
干支寅年
血液型AB
出身東京都
身長168 cm
URLhttp://www.jun-sena.jp/
靴のサイズ24 cm
プロフィール3歳からクラシックバレエ始め高校1年の時宝塚歌劇団への入団決意1992年、『この恋は雲の涯まで』で初舞台をふむ。早い時期からその素質注目され、2005年、『JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS』で月組トップスターとなる。宝塚版『エリザベート』で、ルキーニエリザベートトート、と他では考えられない3役を制覇するなど、様々な色を持つトップスターとして絶大人気集める。2009年12月、『ラスト プレイ/Heat on Beat!』で宝塚歌劇団退団その際清清しさは瀬奈じゅんを最も象徴するもので、今後活躍大い注目される。主な出演作に、舞台(宝塚在団時)『グレート・ギャツビー』『ME AND MY GIRL』『あかねさす紫の花』『二都物語』『風と共に去りぬ』『マノン』、他。
代表作品1年2014
代表作品1舞台今度は愛妻家
代表作品2年2014
代表作品2舞台『シスターアクト~天使にラブソングを~』
代表作品3テレビ朝日科捜研の女
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
東京都出身のタレント  木村葵  笠井海夏子  昆夏美  瀬奈じゅん  甲斐はるか  原日出子

瀬奈じゅん

以下の映画瀬奈じゅん関連しています。
タイトル・プロデュース


瀬奈じゅん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/15 21:59 UTC 版)

瀬奈 じゅん(せな じゅん、1974年4月1日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップスター。




  1. ^ The name of タカラジェンヌを参照。
  2. ^ 3歳のとき車のタイヤと接触してアキレス腱を断裂するが、治癒した際に医師から再発予防のために運動をすすめられたことや、母親がバレエ好きだったことがバレエをはじめるきっかけだった。『宝塚GRAPH』2002年10月号「波瀾爆笑!わが人生」
  3. ^ 『宝塚GRAPH』2002年10月号「波瀾爆笑!わが人生」
  4. ^ “元月組トップ・瀬奈じゅん、10歳下のダンサーと電撃婚”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年1月15日). オリジナルの2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130501115945/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130114-OHT1T00246.htm?from=yol 
  5. ^ “瀬奈じゅん夫妻、特別養子縁組で子供迎える「共に運命を乗り越えて行く覚悟」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年2月26日). https://natalie.mu/stage/news/271163 2018年4月20日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「瀬奈じゅん」の関連用語

瀬奈じゅんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



瀬奈じゅんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瀬奈じゅん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS