野々すみ花とは?

野々 すみ花

野々すみ花の画像 野々すみ花の画像
芸名野々 すみ花
芸名フリガナのの すみか
性別女性
生年月日1987/2/27
星座うお座
干支卯年
出身京都府
身長161 cm
URLhttp://www.umegei.com/system/productions/detail/15
ブログURLhttp://nonosumika.com/nonogatari/
デビュー年2005
プロフィール2005年宝塚歌劇団入団同年花組配属清楚美しさ演技力で早くから注目集め07宝塚バウホール公演舞姫-MAIHIME-』では初ヒロイン務める。09年宙組組替えとなり、8月博多座公演大江山花伝』で宙組トップ娘役となる。2008年銀ちゃんの恋つかこうへい作「蒲田行進曲」より-』、2009年カサブランカ』、2010年誰がために鐘は鳴る』、2011年ヴァレンチノ』、『美しき生涯石田三成 永遠の愛と義-/ルナロッサ-夜に惑う旅人-』など多く代表作恵まれる。2012年7月1日華やかなりし日々クライマックス』にて宝塚歌劇団退団
デビュー作エンター・ザ・レビュー
代表作品1年2015
代表作品1NHK連続テレビ小説あさが来た』(美和役)
代表作品2年2015
代表作品2舞台ライムライト』(荻田浩一演出
代表作品3年2014
代表作品3NHK吉原裏同心』(薄墨太夫役)
職種タレント俳優女優
趣味・特技映画/舞台鑑賞/日本舞踊/バレエ

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
京都府出身のタレント  芦田美歩  畑田亜希  レッド吉田  野々すみ花  荒井瞳  多岐川舞子

野々すみ花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/03 21:48 UTC 版)

野々 すみ花(のの すみか、1987年2月27日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役。




  1. ^ “故郷・久御山の役場訪問、笑顔 宝塚宙組の野々すみ花さん”. 京都新聞. (2009年9月15日). オリジナルの2009年9月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090928040610/http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009091500064 2016年6月5日閲覧。 
  2. ^ a b c 村上久美子 (2011年5月12日). “プレシャス!宝塚 茶々の心/野々すみ花”. 日刊スポーツ. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/archives/16779.html 2016年6月5日閲覧。 
  3. ^ 去来川奈央 (2015年12月29日). “「あさが来た」 野々すみ花さんに聞く 【去来川奈央】”. アナウンスルーム リレーエッセイ. NHK京都放送局. 2016年6月6日閲覧。
  4. ^ a b c d 野々すみ花 (2016年7月10日). おんなのしんぶん 米團治 粋な噺で行きましょう 文月のお客さま 野々すみ花さん. インタビュアー:桂米團治. 山田夢留. 毎日新聞.. http://mainichi.jp/articles/20160710/ddm/014/070/037000c 2016年8月2日閲覧。 
  5. ^ a b c d 岸隆子 (2009年5月2日). “自然が育んだ演技派の娘役、花組・野々すみ花”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200904270067.html 2016年4月4日閲覧。 
  6. ^ a b 土谷美樹 (2007年2月16日). ““おっとり型”緑川夫人作る / 野々すみ花”. GO!GO!宝塚. 日刊スポーツ. 2010年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月9日閲覧。
  7. ^ a b c 平松澄子 (2007年6月29日). “The name of タカラジェンヌII 野々すみ花 小さくてもいいからやさしい花”. 産経新聞 ENAK (産経デジタル). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2007/jun/kiji/18sumire_sumika.html 2016年4月4日閲覧。 
  8. ^ 野々すみ花 (2016年4月5日). “春爛漫。”. 野々すみ花 ののがたり. 2016年6月5日閲覧。
  9. ^ 中本千晶 (2009年8月21日). “「新郎新婦」が激しくスパーク 宝塚宙組「大江山花伝」”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200908200087.html 2016年6月5日閲覧。 
  10. ^ 池田銀行 新イメージガール決定 宝塚歌劇団花組娘役スター 野々すみ花さん を起用!”. 池田銀行 (2009年5月7日). 2016年6月6日閲覧。
  11. ^ a b c 平松澄子 (2015年7月2日). “【野々すみ花】音楽劇『ライムライト』の後はNHK朝ドラ…手帳に空白なし”. zakzak. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20150702/peo1507020830001-n1.htm 2016年6月5日閲覧。 
  12. ^ 平野祥恵 (2015年6月17日). “音楽劇『ライムライト』顔寄せレポート”. げきぴあ. ぴあ. 2016年6月5日閲覧。
  13. ^ 藤本真由 (2012年7月1日). “羽ばたけ、“宝塚の北島マヤ”〜宝塚・野々すみ花を送る”. 藤本真由オフィシャルブログ. 2016年6月5日閲覧。
  14. ^ 平松澄子 (2012年1月6日). “宝塚・宙組娘役トップ 野々すみ花が退団会見「最後の日まで成長できるよう頑張る」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2016年4月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160417083612/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120106/ent12010617020020-n1.htm 2016年6月5日閲覧。 
  15. ^ “野々すみ花「大空さんと一緒に卒業を」”. 日刊スポーツ. (2012年1月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120106-885831.html 2016年6月5日閲覧。 
  16. ^ “元宝塚娘役トップスター・野々すみ花 蜷川舞台で女優デビュー”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年8月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/01/kiji/K20120801003804630.html 2016年4月4日閲覧。 
  17. ^ 中本千晶 (2012年12月26日). “「祈りと怪物」に出演、野々すみ花インタビュー”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK201212200048.html 2016年4月5日閲覧。 
  18. ^ “名作ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」50周年を記念し舞台版再演”. 映画.com. (2014年6月14日). http://eiga.com/news/20140614/12/ 2016年4月5日閲覧。 
  19. ^ “「ライムライト」初の音楽劇 野々すみ花「映画より甘美に」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2015年6月27日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150627/ent1506270010-n1.html 2016年4月4日閲覧。 
  20. ^ バックナンバー 第1282回 アントワネットと石の心臓 知られざる母と子の物語”. 日立 世界・ふしぎ発見!. TBSテレビ (2013年7月20日). 2016年4月4日閲覧。
  21. ^ “野々すみ花 宝塚の次は時代劇初挑戦”. デイリースポーツ online. (2014年3月31日). http://www.daily.co.jp/gossip/2014/03/31/0006823727.shtml 2016年4月4日閲覧。 
  22. ^ “【吉原裏同心 インタビュー】野々すみ花、元宝塚のトップ娘役が遊女の頂点に 「薄墨太夫は人のために生きられる女性」”. エンタメOVO(オーヴォ) (共同通信社). (2014年7月8日). http://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/869989 2016年4月4日閲覧。 
  23. ^ a b 野々すみ花、三味線の師匠役で朝ドラ出演「スリルを楽しんで」”. ORICON STYLE (2015年10月8日). 2015年11月13日閲覧。
  24. ^ “朝ドラで注目の野々すみ花 役作りのため実際に女将修業”. NEWSポストセブン (小学館). (2016年2月26日). http://www.news-postseven.com/archives/20160226_388651.html 2016年4月4日閲覧。 
  25. ^ “元宝塚トップ娘役の野々すみ花、31歳誕生日に結婚発表「精進して参ります」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年2月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180227-OHT1T50030.html 2018年2月27日閲覧。 
  26. ^ ご報告”. ののがたり. 野々すみ花|Sumika Nono official website (2018年7月1日). 2018年7月1日閲覧。
  27. ^ “元宝塚・野々すみ花が第1子妊娠を報告「大切に時を過ごしていきたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年3月9日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190309/geo19030914150029-n1.html 2019年3月9日閲覧。 
  28. ^ a b Profile”. 野々すみ花 オフィシャルサイト. 2016年4月4日閲覧。
  29. ^ 野々すみ花 (2013年12月24日). “三つ目の名前。”. 野々すみ花 ののがたり. 2016年4月4日閲覧。
  30. ^ 野々すみ花 (2016年4月19日). “MY SHAMISEN.”. 野々すみ花 ののがたり. 2016年8月2日閲覧。
  31. ^ “三宅弘城×野々すみ花、「ラヴ・レターズ」で激しく惹かれ合う男女に挑戦”. ステージナタリー. (2016年5月13日). http://natalie.mu/stage/news/186980 2016年5月13日閲覧。 
  32. ^ “坂本昌行×野々すみ花らがサローヤン「君が人生の時」、演出は宮田慶子”. ステージナタリー. (2016年11月22日). http://natalie.mu/stage/news/210290 2016年11月22日閲覧。 
  33. ^ 【お知らせ】『やじ×きた 攻略スペシャル』”. Sumika Nono official website「nonogatari」. 2019年4月8日閲覧。
  34. ^ 関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ! - シネマトゥデイ”. シネマトゥディ. 2016年2月24日閲覧。
  35. ^ 青春アドベンチャー 雨にもまけず粗茶一服(全10回)”. NHK FM. 2016年9月13日閲覧。
  36. ^ 青春アドベンチャー 帝冠の恋(全10回)”. NHK FM. 2019年2月24日閲覧。
  37. ^ 特集オーディオドラマ 春麻呂の夢”. NHK FM. 2019年2月24日閲覧。
  38. ^ 青春アドベンチャー カーミラ(全5回)”. NHK FM. 2019年2月24日閲覧。
  39. ^ 青春アドベンチャー 夢みるゴシック それは怪奇なセレナーデ(全5回)”. NHK FM. 2019年2月24日閲覧。
  40. ^ 青春アドベンチャー 夢みるゴシック それは常世のレクイエム(全5回)”. NHK FM. 2019年8月4日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野々すみ花」の関連用語

野々すみ花のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野々すみ花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野々すみ花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS