越路吹雪とは?

越路吹雪

作者辻征夫

収載図書ボートを漕ぐもう一人の婦人の肖像
出版社書肆山田
刊行年月1999.8


越路吹雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 10:07 UTC 版)

越路 吹雪(こしじ ふぶき、本名:内藤 美保子(ないとう みほこ)、旧姓:河野(こうの)、1924年大正13年)2月18日 - 1980年昭和55年)11月7日)は、日本シャンソン歌手、舞台女優。元宝塚歌劇団トップスター[2][3]。 愛称は「コーちゃん」「コッシー」(旧姓から)。




注釈

  1. ^ 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2019年12月19日閲覧。
  2. ^ “帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』”. テレビ朝日. http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20171130-90 2017年12月27日閲覧。 
  3. ^ “大地真央、宝塚の大先輩・越路吹雪の絶頂期演じる「うれしさと責任感じる」”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2017年12月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2101834/full/ 2017年12月27日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 週刊現代2021年5月1日、5月8日号「昭和の怪物」研究その115「シャンソンの女王は、56歳で逝った」p189-196
  5. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(監修:小林公一2014年4月1日、阪急コミュニケーションズ、p.32)ISBN 9784484146010
  6. ^ 越路吹雪/岩谷時子1999「夢の中に君がいる- 越路吹雪メモリアル」講談社
  7. ^ 浅利慶太 人々を酔わすフランス演歌 「アサヒグラフ」1996.5.24
  8. ^ 岩谷時子 1982「愛と哀しみのルフラン」講談社
  9. ^ 越路吹雪さんのお墓”. 日蓮宗初香山本遠寺. 2014年8月28日閲覧。
  10. ^ 越路吹雪/岩谷時子1999「夢の中に君がいる- 越路吹雪メモリアル」講談社
  11. ^ a b 越路吹雪ドラマチックリサイタル「愛の讃歌 エディット・ピアフの生涯」パンフレット1971
  12. ^ 石井好子 1997 「私は私」岩波書店。
  13. ^ 山口淑子・藤原作弥 1987「李香蘭 私の半生」新潮社
  14. ^ 安倍寧1978「越路吹雪・愛の讃歌」PHP研究所
  15. ^ わたしの流儀 ひたむきに生きる女性たち2006 産経新聞社
  16. ^ 安倍寧1978 越路吹雪・愛の讃歌 PHP研究所
  17. ^ 『夢の中に君がいる 越路吹雪メモリアル』(越路吹雪/岩谷時子、1999年講談社
  18. ^ 『聞き書き 越路吹雪 その愛と歌と死』(江森陽弘1981年朝日新聞社
  19. ^ a b 越路吹雪/岩谷時子1999 夢の中に君がいる 講談社
  20. ^ 演出家は語る 越路吹雪リサイタル シャンソンドラマチック 公演パンフレット1976
  21. ^ もっとも、越路・ひばり・吉永らの時代は日本の芸能人に対しては「スター」と呼ぶのが普通であった。アイドル#アイドルという言葉を参照
  22. ^ 越路吹雪公式プロフィール - 内藤音楽事務所(2013年10月29日時点のアーカイブ
  23. ^ ごめんねコーちゃんテレビドラマデータベース
  24. ^ 瀧本美織が“シャンソンの女王”に! 帯ドラ第3弾は越路吹雪の一代記をつづる ウォーカープラス 2017年11月21日発行、同日閲覧。
  1. ^ 出場予定だった松島詩子を乗せた車がNHKに向かう途中都電と衝突する事故を起こし重傷を負ったことで出場が不可能になったため急遽出演がオファーされた。
  2. ^ おそらく前年初出場したカルメン・マキを指しているものと思われる
  3. ^ 内藤の考えにより、墓石には芸名の「越路吹雪」の名が刻まれた。また、越路と内藤の墓は地下で繋がっているとのこと[4]
  4. ^ 小林秀雄(文芸評論家)、今日出海(作家)を筆頭に、川喜多長政(映画配給)、藤浦洸(詩人)、益田義信(画家)、宮田重雄(画家)、田中千代(デザイナー)、砂原美智子(オペラ歌手)、石井好子(シャンソン歌手)らである[10]
  5. ^ 同時代の日本のシャンソン歌手の中で、実際に生のピアフの歌唱に接したのは、越路とともにピアフのリサイタルに出かけた石井好子の記述以外は見当たらない[12]。なお女優では山口淑子がニューヨークのピアフ公演を見た際の感動を後年記している[13]
  6. ^ 黛の留学期間は1951年(昭和26年)〜1952年(昭和27年)である[14]
  7. ^ 1ヶ月分約4万枚のチケットが発売後数分で完売した[4]
  8. ^ ちなみに越路の死後、本遠寺にある彼女の墓には命日などに訪れるファンが、線香の代わりに煙草を供えることが少なからずあるとのこと[4]





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「越路吹雪」の関連用語

越路吹雪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



越路吹雪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの越路吹雪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS