若い頃とは? わかりやすく解説

若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 02:27 UTC 版)

ヘレナ・スパロウ」の記事における「若い頃」の解説

スパロウ1891年6月5日キエフ総督府ボフスラーウ生まれた両親1890年結婚父親はレオポルド・スパロウ(1860年生まれ)で、イギリス出身判事母親は親が医師のX・ステファンスカ1870年生まれ)。キエフポドルスキー女子高校ウクライナ語版)で金メダルを獲得して卒業1909年キエフ大学医学部に通い1915年医学学位優等学位)を取得した

※この「若い頃」の解説は、「ヘレナ・スパロウ」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「ヘレナ・スパロウ」の記事については、「ヘレナ・スパロウ」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 21:50 UTC 版)

ドゥルカア・カンガァール」の記事における「若い頃」の解説

チベット南部カイロン生まれ1959年のチベット蜂起から約2年後母親一緒にネパール経由してインド亡命したその間2人の兄が亡くなっている。

※この「若い頃」の解説は、「ドゥルカア・カンガァール」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「ドゥルカア・カンガァール」の記事については、「ドゥルカア・カンガァール」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/15 22:47 UTC 版)

マイケル・コールマン」の記事における「若い頃」の解説

マイケル・コールマンはアイルランドスライゴー州、バリーモート近くのキラヴィル(Killavil)地区ノックグラニア(Knockgrania)に生まれた。父ジェームズ・コールマン(James Coleman)はロスコモン州バナダ(Banada)の出身であり、優れたフルート奏者だった。マイケルジェームズと母ベアトリス(Beatrice)の7番目の子である。双子だったが、もう一人の兄弟はすぐに亡くなった子供のころ彼はステップダンスとフィドル習い地元家の中で演奏した彼のジム(Jim)もやはりフィドル演奏について高い評価を受けていたが一切録音残っていない。この発達期マイケルは、ジョニー・ゴーマン(Johnny Gorman)を含むイリアン・パイプス奏者から影響を受けた1908年17歳時に学校去った彼は1909年1910年にスライゴー・フェシュ・キョール(Sligo Feis Ceoil)に出場しどちらも3位入賞した1914年彼はマンチェスター移ってパット同居したが、数か月後に戻ってきた。

※この「若い頃」の解説は、「マイケル・コールマン」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「マイケル・コールマン」の記事については、「マイケル・コールマン」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 17:41 UTC 版)

ピエール・ラルース」の記事における「若い頃」の解説

ピエール・ラルースは、トゥシーで生まれ父親鍛冶屋だった。16歳の時、奨学金得てベルサイユ教育学校で学んだ4年後、初等学校教えるためにトゥシーに戻ったが、古めかしく柔軟性欠け教育方法失望していた。1840年無料講座を受けることにより、自らの教育改善させるためにパリ向かった

※この「若い頃」の解説は、「ピエール・ラルース」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「ピエール・ラルース」の記事については、「ピエール・ラルース」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 04:30 UTC 版)

マリー・アン・マクラウド・トランプ」の記事における「若い頃」の解説

「マリー・アン・マクラウド」はスコットランドルイス島にあるトング父親1895年以来所有する家に生まれた地元歴史家家系図は、この地域の特性を「なんとも不潔」と表現し、「人間悲惨さ」を表す、と表現した第一次世界大戦の勃発地域経済弱体化し男性人口減じたのであるスコットランド・ゲール語話される世帯生まれマリーはマルコム・マクラウド(1866年1954年)マリー・マクラウド(1867年1963年)が出産した十人の子供のうち一番幼い子であった。 彼女の父親は、小作農民、漁師、そしてメアリー学校番人などで生計立てていた。 英語は彼女の第二言語であり、彼女は中等学校まで通っていた学校で英語を学んだ。 彼女の父方の祖父母はアレクサンダー・マクラウドとアン・マクラウドであった。彼女の母方の祖父母はドナルド・スミスとメアリー・マコーリーであった。 彼らはヴァティスカーとルイス島パーク地域から移り住み家族の何世代かはハイランドクリアランスに苦しんでいた。

※この「若い頃」の解説は、「マリー・アン・マクラウド・トランプ」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「マリー・アン・マクラウド・トランプ」の記事については、「マリー・アン・マクラウド・トランプ」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 16:06 UTC 版)

マックス・ブルックス」の記事における「若い頃」の解説

ブルックス1972年5月22日ニューヨーク市マンハッタン生まれた彼は女優アン・バンクロフト俳優監督プロデューサー作家メル・ブルックス息子である。彼の父親ユダヤ人であり、母親イタリア系アメリカ人カトリック教徒だった。 ブルックスディスレクシアであり 、彼が成長していた時期次のことを思い出した。 ...当時、彼らはそれを障害とさえ呼んでませんでした。それはただの「怠惰」、「間抜け」、「あなたは十分に努力していない」でした。 「あなたはそれをすることができますが、あなたはそれをしたくありません」—それは私の先生大きなものでした。そして、彼女の時代の最も偉大で最も成功した女優一人である私の母は、彼女のキャリアあきらめ彼女のキャリアに置き、私を育て私の教育擁護者になり、失読症について自分自身教えました。 ...彼女は毎年、私が読まなければならなかった私の教科書をすべて盲人研究所持っていき、私の読書リスト聞くことができるようにそれらをすべてオーディオカセット読んでもらいました。そして、それができなかったら高校卒業していなかっただろう。母は私に命を与えてくれただけでなく、私の命を救ってくれたと文字通り言えます。NPR Fresh Air (2017) ブルックスカリフォルニア州サンタモニカのクロスロードスクールに通っていた。その後カリフォルニア州クレアモントピッツァー大学学び歴史学士号取得しました大学院は、ワシントンDCアメリカン大学映画勉強した

※この「若い頃」の解説は、「マックス・ブルックス」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「マックス・ブルックス」の記事については、「マックス・ブルックス」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 00:31 UTC 版)

サラ・ジャクソン」の記事における「若い頃」の解説

サラは、1803年7月16日ペンシルベニア州フィラデルフィア裕福な家庭生まれた。彼女の父親ピーター・ヨークは、船長であり成功した商人だったが、1815年亡くなった。彼女の母親メアリー・ヘインズ・ヨークもまた1820年ニューオーリンズへの旅行中亡くなりサラ2人姉妹孤児になった彼女は2人のおば、ジョージ・ファーカー夫人とモーデカイ・ウェザリル夫人育てられた

※この「若い頃」の解説は、「サラ・ジャクソン」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「サラ・ジャクソン」の記事については、「サラ・ジャクソン」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 22:53 UTC 版)

慕容恪」の記事における「若い頃」の解説

幼い頃から慎み深く温厚であり、感情余り表に出さず度量大き人物であった15歳にして身長八尺七寸にもなり、容貌魁傑体格優れて逞しい事)となり、雄毅雄々しく意志が強い事)・謹厳軽はずみに動かず真面目で厳かな事)な人物成長したまた、いつも統治の在り方国家身の処し方天下趨勢について論じようになった。やがて父の征伐にも幾度も従軍するようになり、臨機応変に戦うと共に多くの優れた策を献じ大い功績上げたという。

※この「若い頃」の解説は、「慕容恪」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「慕容恪」の記事については、「慕容恪」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/04 18:32 UTC 版)

ヴェンデラ・ヘッベ」の記事における「若い頃」の解説

ヴェンデラ・ヘッベは、アンデルス・サミュエル・オーストランドとマリア・ルンドの娘三人のうちの長女である。彼女の父は文学的文化的な事に興味があり、娘たち同じように育てた子供の頃彼女は音楽、芸術、文学読んだり調べたりする事勧められ音楽と文学才能があると言われていた。あだ名は"Fröken Frågvis" (知りたがりお嬢さん)だった。 エサイアス・テネーは、ヴェンデラの父の知り合いでよくウェンデラの家に訪れていた。伝えられるところによれば彼は若い頃にヴェンデラ告白し失敗していたが、彼女の結婚後も詩を彼女に捧げていた。しかし、ウェンデラは彼の気持ち断り彼に友情申し出た1832年ヴェンデラ弁護士であり作家のクレメンス・ヘッベ (1804-1893)と結婚し、彼女に3人の娘がいた。1839年ヴェンデラ配偶者破産し、国から逃げた:初めはイギリスへ最終的にアメリカに移住したが、彼女は娘と自分の為にスウェーデン残された彼女はヨンショーピング市定住し当時教育受けた女性として社会受け入れられ唯一の職業教師として働き音楽歌唱絵画授業行った。しかし、その仕事では彼女自身を養う程しか稼げなかった。

※この「若い頃」の解説は、「ヴェンデラ・ヘッベ」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「ヴェンデラ・ヘッベ」の記事については、「ヴェンデラ・ヘッベ」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 20:56 UTC 版)

フランシス・クリーブランド」の記事における「若い頃」の解説

フランク・クララ・フォルサム(Frank Clara Folsom)と最初に名付けられ彼女はニューヨーク州バッファローで、エマ旧姓ハーモン)とオスカー・フォルサム(弁護士初期の頃ヨーロッパからニューハンプシャー州エクセター移住した人の子孫)の元に生まれ乳児期生き延びた唯一の子どもだった(姉妹のネリー・オーガスタは最初の誕生日を迎える前に亡くなった)。フランシス・クリーブランド祖先全員イギリス出身であり、マサチューセッツ州ロードアイランド州ニューハンプシャー州定住して最終的にニューヨーク州西部に移住した彼女は最初おじに敬意を表してフランク名付けられたが、後に女性名フランシス採用された。オスカー・フォルサムの長年親友グロバー・クリーブランド27歳時に未来の妻となる乳児期の彼女に出会った彼は彼女を気に入りベビーカー買い与え成長するにつれ溺愛するようになった。彼女の父親1875年7月23日馬車事故亡くなり遺言書がないままに、裁判所クリーブランド財産管理者に任命した彼女はニューヨーク州バッファローのセントラル・ハイスクールとニューヨーク州メディナ英語版)のメディナ・ハイスクールに通いその後ニューヨーク州カユガ郡オーロラ英語版)のウェルス大学英語版に通ったクリーブランドは、1885年春に彼女が母親とともにワシントンD.C.訪れた際に、彼女にプロポーズした2人1886年6月2日ホワイトハウスブルールーム英語版)で結婚したクリーブランド49歳フランシス21歳だった。

※この「若い頃」の解説は、「フランシス・クリーブランド」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「フランシス・クリーブランド」の記事については、「フランシス・クリーブランド」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/08 04:21 UTC 版)

ロレンゾ・ライオンズ」の記事における「若い頃」の解説

ロレンゾ・ライオンズアメリカ合衆国マサチューセッツ州フランクリン郡コルレイン(Colrain)で生まれた1827年ニューヨーク州スケネクタディユニオン大学Union College)を卒業1831年9月20日オーバーン神学校Auburn Theological Seminaryで会衆派牧師となった

※この「若い頃」の解説は、「ロレンゾ・ライオンズ」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「ロレンゾ・ライオンズ」の記事については、「ロレンゾ・ライオンズ」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 06:41 UTC 版)

アシュリー・グラハム (モデル)」の記事における「若い頃」の解説

8学年(日本では中学2年生相当する)のとき、グラハム家族とともにネブラスカ州リンカーン移り住む。子どものころに、医者からADHDディスレクシア診断された。妹が2人いる。スコット・ミドルスクールに1999年から2002年まで2002年から2005年までリンカーン・サウスウェスト・ハイスクールに在籍していた。2000年ネブラスカ州オマハにあるオークビュー・モール(英語版)で買い物していたところをI&Iエージェンシー見いだされ、モデルとしての道を歩み始めた

※この「若い頃」の解説は、「アシュリー・グラハム (モデル)」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「アシュリー・グラハム (モデル)」の記事については、「アシュリー・グラハム (モデル)」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 16:19 UTC 版)

リー・スモーリン」の記事における「若い頃」の解説

スモーリンニューヨーク市生まれた彼の弟である David M.Smolinは、アラバマ州バーミングハムCumberland法律学校教授に就任した

※この「若い頃」の解説は、「リー・スモーリン」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「リー・スモーリン」の記事については、「リー・スモーリン」の概要を参照ください。


若い頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 04:54 UTC 版)

グラディス・ハンセン」の記事における「若い頃」の解説

1925年カリフォルニア州バークレー生まれる。子どもの頃サンフランシスコ引っ越しすると、生涯のほとんどをそこで過ごしたローウェル高等学校英語版)を卒業しサンフランシスコ州立大学入学したものの、学位を取ることなく大学をやめている。

※この「若い頃」の解説は、「グラディス・ハンセン」の解説の一部です。
「若い頃」を含む「グラディス・ハンセン」の記事については、「グラディス・ハンセン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「若い頃」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「若い頃」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

若い頃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



若い頃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヘレナ・スパロウ (改訂履歴)、ドゥルカア・カンガァール (改訂履歴)、マイケル・コールマン (改訂履歴)、ピエール・ラルース (改訂履歴)、マリー・アン・マクラウド・トランプ (改訂履歴)、マックス・ブルックス (改訂履歴)、サラ・ジャクソン (改訂履歴)、慕容恪 (改訂履歴)、ヴェンデラ・ヘッベ (改訂履歴)、フランシス・クリーブランド (改訂履歴)、ロレンゾ・ライオンズ (改訂履歴)、アシュリー・グラハム (モデル) (改訂履歴)、リー・スモーリン (改訂履歴)、グラディス・ハンセン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS