人間性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 人間性の意味・解説 

にんげん‐せい【人間性】


人間性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 10:04 UTC 版)

人間性(にんげんせい、: humanity, condition, the Human Condition)は、人間心理性質のことである。学問的には、主に哲学人文学などの文科系学問により研究されてきた。日常的にも、用いられる言葉である。




「人間性」の続きの解説一覧

人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/14 07:10 UTC 版)

ビーストバインド トリニティ」の記事における「人間性」の解説

人間性はキャラクターの"人間らしさ"を表す能力であり、ゲーム中に様々な要因低下していく。ゲーム終了時にこれが0以下になっているとキャラクター完全に魔物となり以後プレイヤーキャラクターPC)としては使用不可能となる。ただし、人間性が低下していくたびキャラクター戦闘能力などが強化されていくという特性もある。 なお、シナリオクライマックスシーン終了時全てのPCは「人間性」を回復する判定を行うことができる。判定は「PC持っている絆の数」だけサイコロを振るというもので、出目合計だけ人間性が回復する。仮にゲーム中に人間性が0以下になってもこのタイミングで1以上できれば問題はない

※この「人間性」の解説は、「ビーストバインド トリニティ」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ビーストバインド トリニティ」の記事については、「ビーストバインド トリニティ」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:06 UTC 版)

ベルガリオン」の記事における「人間性」の解説

アルダーの珠》の守護者あるだけに、心根はたいへん純粋で邪心とは限りなく無縁である。また、あまり人を疑わない性格なので、かつて敵であった者とも交流深められる(例:ニーサ宦官サディSadi)、マロリー皇帝カル・ザカーズ(Kal Zakath))。その上これまで出会った仲間とは深い友情結ばれている他人愛し尊敬し他人に愛され尊敬される性格ということであろう。愛情あふれた精神は、憎むべきトラク討ち滅ぼしたあとに感じた後悔と、彼へ憐憫の情からも伺える。 ただ、その純粋さゆえに無鉄砲な行動走りやすく、ベルガラスポルガラしょっちゅう叱られる。これは、単純で物事をあまり深く考えずに行動するアローン人』という種族性質のせいであろう。数々の困難や災難巻き込まれるたびに、「なぜ自分が解決しないといけないのか?」と悩むことも多い。 一国の王、しかも『西方大君主』と呼ばれる彼の人生は、少年時代から常に選択苦悩連続だった。それでも前に進んでいく意志強さ感謝を忘れない清らかな心こそ、彼の最大の武器ではないだろうか。

※この「人間性」の解説は、「ベルガリオン」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ベルガリオン」の記事については、「ベルガリオン」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:08 UTC 版)

ベルディン」の記事における「人間性」の解説

憎まれ口をたたくので相手悪い印象与えるが、これは彼なり愛情表現なので、慣れると気にならなくなる。むしろ、彼に愛着すら感じるようになるしょっちゅう相手説教した叱責したりするが、他者与える愛は誰よりも深いからであろう反面他者から与えられる愛の受け止め方を知らない節があり、どう応えればいいのか戸惑うことがある。 『敵』とみなした存在にはとことん容赦しない。その悪辣な口ぶり魔術恐怖どん底おとしいれ、必ず自分の手で仕留める……その姿勢には執念すら感じる。 印象は悪いが中身素晴らしい男――それがベルディンなのである

※この「人間性」の解説は、「ベルディン」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ベルディン」の記事については、「ベルディン」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:04 UTC 版)

バラク (ベルガリアード物語)」の記事における「人間性」の解説

戦と海を愛す豪快な性格で、典型的なチェレク人である。カッとなりやすく、しかも、「『やるな』と命令されたら、どうしてもやりたくなる」という子供じみた無謀な一面持ち合わせている。 しかし、一方では繊細なところもある。熊に変貌することがあるが、本人はそれを『呪い』だと信じ込み深く絶望する現在のメレル一目惚れしすべての情熱を傾けて求愛したのはいいが、いざ結婚してみると、時が経つにつれて冷戦状態悪化してしまう。戦と海と酒は、彼にそんな状況忘れさせる大事なものなのだろう。 だが、彼のネガティブな側面は、ガリオンをはじめとする仲間との出会い含め、『ベルガリアード物語』の進行とともに影を潜めることとなる。『マロリオン物語』では、代わりに彼の好戦的な一面クローズアップされリーダーとしての役割を果たすうになる

※この「人間性」の解説は、「バラク (ベルガリアード物語)」の解説の一部です。
「人間性」を含む「バラク (ベルガリアード物語)」の記事については、「バラク (ベルガリアード物語)」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:02 UTC 版)

トス (マロリオン物語)」の記事における「人間性」の解説

【物いわぬ男】と予言表現されているだけあって口から言葉を発することがない。これは、 「目を布で覆う予言者のパートナーは、言葉を喋ることができないでなければならない」 という独特の掟に由来している。 主であるシラディスには身を挺して仕えており、シラディスもそんな彼を心の底から信頼しているまた、ダーニクDurnikをはじめとする仲間からも篤い信頼得ている。とくにダーニクとは『釣り』という共通の趣味意気投合し一緒に力仕事担当していただけあって、強い絆結ばれているまた、エリオンドEriond)とも親友である。 大木のような体格似合わず心根純朴かつ繊細である仲間ひとことに、言葉のかわりに屈託のない笑顔で応えていた。また、ダーニク仲違いしてしまったとき、彼はショックで意気消沈していた。が、再び親友関係に戻ったとき、彼は心底喜んだ2人の友情最期まで続いた

※この「人間性」の解説は、「トス (マロリオン物語)」の解説の一部です。
「人間性」を含む「トス (マロリオン物語)」の記事については、「トス (マロリオン物語)」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:02 UTC 版)

ダーニク」の記事における「人間性」の解説

センダリア善人』と呼ばれるように、非常に実直で素直で道徳心の強い、心根優しい男である。常に相手敬意を払い相手気持ち汲み取って物を言い行動する。その善人ぶりは、神アルダーにも心から認められるほどである。 ゆえに他人打ち解けるのが早く仲間からの信望もあつい。『ベルガリアード』では謎の少年エランドErrand)の実質的な名付け親になり、『マロリオン』では【物いわぬ男】トスToth)と最初に仲良くなった。 ただの優柔不断なに見えるかもしれないが、センダリア特有の実直主義長年経験から裏打ちされた判断力行動力信念の強さが、彼から『優柔不断』のイメージ消している。 ガリオン(Garion)が物心ついたときから彼の兄貴分』であり、最初の親友であった。それはガリオンリヴァの王ベルガリオンになってからも変わらないまた、ポルおばさん』ことポルガラにとっては最も信頼できる人間であった。ゆえにポルガラの父であり魔術師ベルガラスにもその実直さ手先器用さ認められ、『ベルガリアード物語』では《アルダーの珠》を探索する旅に最初から参加することとなった。 『ベルガリアード物語』では、ひそかにポルガラ恋心寄せていたが、ポルガラ彼の想い気づくことはなかった。しかし、旅の途中で生まれて初めて――敵とはいえ――人を殺してしまったとき、取り返しのつかない行為彼は絶望し、己の愚かさ涙ながらに嘆いていた。そんな彼を慰めたのはポルガラその人だった(のちにポルガラ彼へ深い愛情気づくことになる)。 『マロリオン物語』では少々過激な行動に出るようになり、アルダー弟子として認められるとその過激さにますます拍車をかけることになるが、善良な心根変わことはない

※この「人間性」の解説は、「ダーニク」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ダーニク」の記事については、「ダーニク」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:01 UTC 版)

タイバ」の記事における「人間性」の解説

生まれたときからずっと牢獄生きてきたせいか、外の世界をまったく知らない。父のことは不明、母は彼女が幼い頃牢獄の外から出されたのを最後に二度と帰ることはなかった。トラクTorak)の生贄としてグロリムに殺された、と彼女は考えている奴隷である以上、生きるためには何でもしなければならず、そのために肉体差し出すこともあった。そんな環境に身を置いていたからか、 「人間快楽や幸福のために生きるもの」 という考え方が彼女に根づいている。この価値観原因で、「人生とは贖罪」と考えレルグと言い争うことがしばしば。だが、彼との出逢いが彼女の暗かった人生に光を投げかけることになる。

※この「人間性」の解説は、「タイバ」の解説の一部です。
「人間性」を含む「タイバ」の記事については、「タイバ」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 14:54 UTC 版)

サディ (ベルガリアード物語)」の記事における「人間性」の解説

家族のほとんどが物乞いという劣悪な身分から宦官リーダーまでのし上がったたたき上げ』であるだけのことはあり、敵を消すのは得意中の得意である。『敵』とみなした者には手抜かりなくとどめを刺す。その情け容赦のない行動ガリオン(Garion)に指摘されることもあるが、本人気にしない。隙を見せたら殺される――そんな状況で培われた本能が、ニーサ宮殿で彼を生きながらえさせたといえよう。 また知略富み他国政局にも通じているナルシスト宮殿外に出たがらないサルミスラの代わりに政治(特に外交)を仕切るだけのことはあり、国家治め才能長けている女王命令には忠実に従いニーサ混乱おとしいれるようなまねは決してしない。 だが、彼は決し冷血漢ではない。ニーサ人の暗殺者イサス(Issus)をいたく重用しペットジスを娘のように可愛がっている。そして、ほかの家族と同じみずぼらしい生活を送らせいために宦官身体にした母に感謝しているユーモアもあり、恐怖怒りといった感情をあらわにすることもある。ちなみに予言にある呼び名にいちばん衝撃受けたのは彼である。 本当の意味での有能な政治家、それがサディなのであろう

※この「人間性」の解説は、「サディ (ベルガリアード物語)」の解説の一部です。
「人間性」を含む「サディ (ベルガリアード物語)」の記事については、「サディ (ベルガリアード物語)」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/07 07:45 UTC 版)

ケルダー王子」の記事における「人間性」の解説

彼を一言表現するなら『悪党』。狡猾頭の回転速く相手からかったり出し抜いたりするのが得意。皮肉屋でもあり、相手聞いたら厄介で薄情だと思われる物言いをする。だが、その裏には、アローン大義ドラスニアへの忠誠友人への深い愛情こめられている(敵に関してはまった別だが)。とくに知り合いのナドラク人商人ヤーブレック(Yarblek)との応酬激しものがある(例:ナドラクの豚野郎)。 『チャンスがあればただで手に入るものは盗むべきである』、『商売ゲームである』――これが彼の哲学である。イカサマ商売当たり前、サイコロすり替え他人女房駆け落ち……スパイ活動傍らで彼がやってのけた犯罪半端なものではない。だが、仲間たちがそれでも彼を憎めないのは、ひとえに彼の豊かなユーモア精神独立独歩たゆまぬ精神あったかではないかと思われる。 しかし、こんな『悪党』な彼にも《弱点》がある。 ひとつは、ローダー王若く美しい妻ポレン。彼女に対して思慕の情を持っているものの、他人の――ましてや伯父の――妻であるため、彼女への愛を諦めざるをえなかった。ゆえに彼女といるときは常に自嘲満ちた笑み浮かべている。 もうひとつは、彼の母親である。『ベルガリアード物語』でポレンがケヴァを産んだとき、彼は自分王位に就くことがないことを喜んでいた。というのも自分王位に就けば皇太后として母は君臨しなければならなくなるのだが、疫病患った結果視力ドラスニアでも群を抜く美貌失ったため、彼女が傷つくのを心の底から恐れ悲しんでいるのだ。それだけ母に深い愛情憐憫抱き、その相克深く悩んでいる。ゆえに、二人の住むドラスニア首都ボクトールを避け傾向がある

※この「人間性」の解説は、「ケルダー王子」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ケルダー王子」の記事については、「ケルダー王子」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/12 14:28 UTC 版)

ザカーズ」の記事における「人間性」の解説

ベルガラスBelgarath)なみの二面性を持っている。ベルガラス状況に応じて性格の二面性見せるのに対し彼は自分接す人間にふたつの側面見せる。ガリオンBelgarion)やポルガラPolgara)やセ・ネドラCe'Nedra)など、自分にとって有益な相手自分よりか弱い存在には優しく礼節以って接す一方西方諸国との戦争無様な姿をさらしたゲゼール(Gethell)や裏切り走ったドロスタ・レク・タン(Drosta lek Thun)などの、他のアンガラク人国家の王には冷酷な態度をとる。 『アメとムチ』の使い方上手いそれゆえ部下からの信頼もあつく、アテスカ(Atesca)やブラドー(Brador)といった軍部官僚トップたいそう慕われている。また、頭の回転もはやく、姦計にも長けており、国内政治のほとんどを彼ひとりで仕切る辣腕政治家である。 だが、人一倍恨みつのらせやすい一面もある。皇帝として即位して間もない青年時代彼はひとりの若いメルセネ女性恋愛関係にあった。ふたりの関係は純愛……プラトニック・ラブ呼んで過言ではなかった。が、当時クトル・マーゴス王タウル・ウルガス(Taul Urgas)の策略により、恋愛関係崩壊してしまう。この一件以降彼はタウル・ウルガスをずっと憎み続けており、その命を自身の手で奪おう画策し続けていた。 この悲劇的な事件きっかけで、将来名君』になるであろうと言われていた彼は権力への欲望とりつかれた孤独な皇帝になってしまった。顔には常に物憂げな影がちらつき寂しげな雰囲気漂わせている。 しかし、ガリオンたちとの出逢いと旅を通して彼は少しずつ変わっていく。

※この「人間性」の解説は、「ザカーズ」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ザカーズ」の記事については、「ザカーズ」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/15 14:03 UTC 版)

セ・ネドラ」の記事における「人間性」の解説

皇帝唯一の子供であり、幼い頃母親亡くしたこともあり温室育ちのわがまま娘になった。その性格の本質今も変わらない様々な冒険や【西方大君主】の妻としての経験が彼女を人間的に成長させたことで、他者へのいたわりストレートな愛情表現ができるようになった一方でトルネドラ社会育ってきたこともあり駆け引き――とくに言葉用いた駆け引き――や、夫をはじめとする周囲の人々自分の思うように改造』するのが得意である。 『ボルーン家の娘』という肩書きは、わがままな女にプライド付け加えている。父の葬儀のとき、彼女は、「ボルーン家の者は他人の前では涙を見せない」という言葉を口にした。それは、賄賂根回しなど当たり前、挙げ句果てに暗殺横行するトルネドラ帝国権力争い見てきた彼女だから口出来る言であり、意識できることなのであろう

※この「人間性」の解説は、「セ・ネドラ」の解説の一部です。
「人間性」を含む「セ・ネドラ」の記事については、「セ・ネドラ」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 10:09 UTC 版)

BEAST BIND 魔獣の絆 R.P.G」の記事における「人間性」の解説

半魔であるキャラクターは、人間性と呼ばれる値を持つ。この値は、そのキャラクターどれだけ人間らしいかを指しており、人間性の低下によって「顔が青白い」や「毛深くヨダレがよく垂れている」から「あの人が通るとたまに白い羽根落ちてる」といったように次第本性隠し切れなくなってしまう。この人間性の値が枯渇した者は「奈落堕ちる」か、「悪魔となる」かの2択迫られる悪魔と成るに相応しく無い者はすべて奈落へと落ちてしまう。また人の姿をしたまま魔物としてのワザ(業)を振るう際の制御に関しても、この値を基準判定求められる

※この「人間性」の解説は、「BEAST BIND 魔獣の絆 R.P.G」の解説の一部です。
「人間性」を含む「BEAST BIND 魔獣の絆 R.P.G」の記事については、「BEAST BIND 魔獣の絆 R.P.G」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/29 13:55 UTC 版)

ヘター」の記事における「人間性」の解説

旅のメンバーのなかでは物静かなほうである。感情表に出すことも少なく、喋る場合必要最低限のことしか喋らないことのほうが多い。もっぱら興味が馬に注がれているからだろうが、その内面は穏やかで優しく相手必要最低限心配りができるタイプいえよう。 だが、相手マーゴ人となる話は別である。幼い頃両親3人アルガリア国境付近旅していたとき、偶然通りかかっマーゴ人に襲われ目の前で両親惨殺され悲惨な過去があるのだ。自身連中がまたがる馬に引きずられて死にかけたが、2日後、チョ・ハグたちに助けられた。それがきっかけマーゴ人を激しくむようになり、積極的に彼らを殺すようになった。《細い釣り目に頬の傷》――独特の風貌をしたマーゴ人を見た瞬間彼は目に鋭い光を宿してサーベル手をかけて連中の命を奪わない気がすまないのだ。 また、馬の乗り方に関してマニュアル通りに教えない気がすまない。『マロリオン物語』でエリオンドEriond)が愛する馬(『ベルガリアード物語』でベルガリオン魔術蘇生した死産の子馬)に初め乗ったとき、その乗り方さんざん愚痴こぼした。 さらに、子供の数のことでも愚痴こぼしている。彼は3人子供もうけているが、仲間レルグRelg)とタイバTaiba)の間には、双子三つ子という形で一度たくさんの子供生まれているのだ(それを聞いていた仲間は、レルグ夫妻マラゴー再生のため、マラ神に産まれる子供の数を操られているのでは?と言っている)。 それでも、この物語シリーズを通して、馬のことを最もよく理解しているのは彼なのである。 「馬はひとつの個体ではなく集団なのだ」 これが彼の最も理解しているところであり、それは馬だけに及ばず人間にも当てはまることを彼は知っている集団基本となる家族早くに亡くした彼が、馬を通して見つけた生きるためのモットー』がこれなのであろうそれゆえ妻子だけではなくみなしごになった自分育ててくれた義父母旅の仲間との絆を心底大事に思い大切にしているのだ。

※この「人間性」の解説は、「ヘター」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ヘター」の記事については、「ヘター」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/08 04:25 UTC 版)

ポレドラ」の記事における「人間性」の解説

物事にあまりこだわらない飄々とした性格の持ち主である。それは人間概念ではなく、概念で物事見るからであろう人間畏敬の念を持ってあがめる神ですら、彼女にとっては『すてきなヒト』なのだ。 まわりくどい物の言い方やうわべばかりつくろった行動嫌いで、そんな相手にはストレートな物言いや行動を求め傾向がある。非常に聡明でちょっとしたこと物事プロセス結末予想できるうえ、『恐怖』二文字知らないので、敵に回した相当な脅威になる存在である。 己の使命熟知し上手に立ち回ることができる。アルダー弟子なかでも有能な方であるに違いない。まさに『デキる女』なのである。その有能ぶりはアルダーにも高く評価されている。しかも、深い愛情を持っているので、夫やその『兄弟』たち、娘や子孫に心から尊敬され愛されている。 欠点をあげるとすればプライドが高いゆえに馬鹿にされたことを根に持つことと、人間ほど疑り深くないので相手丸め込まれやすいところであろう。とくに、ベルガリオンの妻セ・ネドラCe'Nedra)に言いくるめられやすく、あれよあれよと女の策略乗せられてしまい、夫と娘自伝書かせてしまったほど。 いずれにせよ、このシリーズ最強の女であることは間違いない

※この「人間性」の解説は、「ポレドラ」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ポレドラ」の記事については、「ポレドラ」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 05:18 UTC 版)

リセル」の記事における「人間性」の解説

シルクほどではないが、言動抜け目がない一見物腰柔らかい教養ある貴族令嬢に見えるが、その裏には冷静沈着行動力があり、相手の裏をかくのが得意な一面ひそんでいる。これは両親スパイであることが影響しているだけではなく、『学園アカデミー)』(=ドラスニアスパイ養成施設)で諜報活動学んだ課程で身につけたものであろう。 それに加え勇敢で好奇心旺盛な性格の持ち主で、命に関わるミッションでも率先してこなしたり、仲間であるニーサ宦官サディSadi)のペット毒蛇ジス(Zith)を可愛がったりする。普通の女性だと卒倒するであろうことを、彼女は平気で行う。それだけ肝がすわっているといって過言ではない。(とはいえ最初気絶するのは必死に耐えていた、と告白している) そんな彼女だが、もちろん女性らしい一面持ち合わせている彼女は幼少の頃からシルク一途な恋心を抱いており、彼の想い自分のほうへ引き寄せようとする。したたかな計画の裏秘められたいじらしさが、彼女をより魅力的に見せている。

※この「人間性」の解説は、「リセル」の解説の一部です。
「人間性」を含む「リセル」の記事については、「リセル」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 11:25 UTC 版)

早川徳次 (シャープ)」の記事における「人間性」の解説

自身さまざまな発明しており日本のエジソンといわれることもあった。「まねされる商品をつくれ」が口癖で、独自技術製品こだわり持った幼少時から苦労重ねたためか、事業第一目的社会への奉仕と言い切っている。1944年昭和19年)、失明軍人が働く「早川電機分工場」を開設終戦より分工場解散したが、1946年昭和21年)に復職希望者7名により再開1950年昭和25年)に失明者工場法人化して「合資会社特選金属工場」(現・シャープ特選工業株式会社)を設立する視覚障害者自らが独立採算制事業経営する特選金属工場広く知られ1952年昭和27年)には社会事業家賀川豊彦世界的富豪慈善活動家ロックフェラー伴い工場視察1954年昭和29年)には三笠宮崇仁親王訪問している。 1954年昭和29年2月共働き身体障害者家庭の子供を預るために、本社近く阿倍野区西田辺町に「育徳園保育所」(社会福祉法人育徳園)を開設1976年昭和51年4月阿倍野区阪南町新築移転し1983年昭和58年4月には、隣接地徳次遺産で「育徳コミュニティセンター」が建設されている。 1962年昭和37年9月徳次寄付金をもとに東住吉区南田辺大阪市早川福祉会館設立された。また、1969年昭和44年11月徳次建設資金3000万円)を寄贈して、阿倍野区桃ケ池町大阪市阿倍野青年センター(現・桃ヶ池公園市民活動センター)が設立された。

※この「人間性」の解説は、「早川徳次 (シャープ)」の解説の一部です。
「人間性」を含む「早川徳次 (シャープ)」の記事については、「早川徳次 (シャープ)」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 17:50 UTC 版)

DARK SOULS」の記事における「人間性」の解説

黒い精という形でアイテムとして使用することができるが、その存在未知な部分が多い。

※この「人間性」の解説は、「DARK SOULS」の解説の一部です。
「人間性」を含む「DARK SOULS」の記事については、「DARK SOULS」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/11 18:29 UTC 版)

カース・ガーセン」の記事における「人間性」の解説

その特異な状況考えれば、彼を精神病気質を持つかどうか境界線上ある人間と捉えることは不合理でなかろう。もっとも、彼は仲間に対する気遣い一般的な男性が行程度には行っており、15年以上の暗殺者になるべく訓練されたような男性が行以上の振る舞い見せている。場合によっては紳士的に振る舞い苦労厭わず苦痛に耐え必要とあらば身の危険賭してでも女性を助け出そうとする。 一般的な見方によれば彼は人生歩む上で通ることを余儀なくされた道を通ってきた、普通の人である。当シリーズにおける真の悪役五人魔王子であり、そしておそらく、彼を復讐遂げるための殺人マシーン仕立て上げた彼の祖父であろうしかしながら一片救いがある。彼は情愛を持っている。使命終えた時、彼に普通の人生を送るための少なくとも一回チャンス与えられるのである

※この「人間性」の解説は、「カース・ガーセン」の解説の一部です。
「人間性」を含む「カース・ガーセン」の記事については、「カース・ガーセン」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:22 UTC 版)

レルグ」の記事における「人間性」の解説

盲目の男の意味するとおり、肉体的に精神的に盲目になりやすい(=周囲のことが見えづらくなりやすい)。たいへん頑固な性格で、自分が「こうだ」と解釈したら、梃子でも変えないところがある。彼の考えを改めることができるとしたら、それは神ウル言葉でしかないであろう肉体的接触極度に拒むきらいがあり、女を抱くことはもちろん握手はおろか、指一本ふれられただけでも拒絶する。この性分ガリオン以外の仲間を彼から遠ざけることになる。 彼にとって『人生』とは贖罪である。ゆえに万物の存在思想をすべて『罪』だと考える、ペシミスト一面物語随所見せる。この世のすべてが『罪』だからこそどこにいても彼は祈りを捧げることをやめない。 しかし、【絶えた種族の母】タイバ存在が彼を変えていく。そして、彼はベルガリアード物語シリーズで最も性格変わった人物のひとりになる。

※この「人間性」の解説は、「レルグ」の解説の一部です。
「人間性」を含む「レルグ」の記事については、「レルグ」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:23 UTC 版)

レルドリン」の記事における「人間性」の解説

単純明快熱血漢、かつ向こう見ずで考えるより行動するタイプである。これはアレンディア人に共通している性格的特徴だが、彼の場合は若いこともあり、非常に顕著である。その性格災いしてあちこちで様々なトラブル巻き起こす物事熟考しないため、他者説得考え二転三転することもあるが、最終的に「これが正しい」と結論づけた徹底的にその考え貫き通し実行に移す。この要素時に弱みとなり、時に強みとなる『諸刃の剣といって過言ではない。 だが、アレンディア人らしい義理人情騎士道精神を常に心に抱いており、何があっても最後まで戦陣離れることを拒み仲間危機には必ず駆けつける。つまり、いざというときには最高に頼りになる存在である。自分よりも護るべき者を優先し心から愛し信頼し尊敬する――それが彼の最大の長所であろうちなみにアリアナとは、『ずっと互い目を真剣に見つめていられる』ほど熱い夫婦仲である。

※この「人間性」の解説は、「レルドリン」の解説の一部です。
「人間性」を含む「レルドリン」の記事については、「レルドリン」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:19 UTC 版)

マンドラレン」の記事における「人間性」の解説

骨の髄まで騎士道染み付いた『騎士のなかの騎士』である。それから根っからアレンディア人であるため単純明快な思考持ち主で、アローン人と負けず劣らず好戦的である。その騎士道単純明快な思考時に他人に誤解されることもあるが、彼と顔を突き合わせて話をしていくうちに、奥底にある素晴らしい人間性理解することができる。いわば『狭いけれども深い付き合いができるタイプ』に入るだろう。 だが、騎士であり貴族あるだけあって、武器使い方だけではなく戦術勉強している。その賜物は『ベルガリアード』『マロリオン』双方活かされることとなる。しかし、学習のために脳細胞使っていても、考えるために脳細胞を使うことはまったくなかった。それゆえ彼は生まれて初めて味わった『恐怖』葛藤する。 そんな彼の最大の長所は、騎士あるだけ人一倍忠誠心が強いことであろう。旅の最中で忠義誓った主人セ・ネドラCe'Nedra)に良く仕え少年時代騎士として修行するため預けられたボー・エボール卿(Baron of Vo Ebor)の邸宅で、彼の若い妻ネリーナ恋仲になるが、他人の――しかも『父親同然の人物の――妻を奪うことを、その良心許さなかった。『堅物と言ってしまえばそれまでだが、それだけ強靭な意志倫理観持ち主ということでもあろう。

※この「人間性」の解説は、「マンドラレン」の解説の一部です。
「人間性」を含む「マンドラレン」の記事については、「マンドラレン」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:09 UTC 版)

ポルガラ」の記事における「人間性」の解説

きわめて真面目で知的かつ潔癖な女性で、普通の人間何十倍も強固な意志を持つ。人並み外れた強い母性兼ね備えており、気品良さ気位の高さはどんな女王王妃かなわないほど。プライドの高さも半端ではない。そのせいか、ときおり暴言吐いたり(例:父ベルガラスに対して「この老いぼれ!」)、ヒステリーを起こして物という物を魔術破壊したりすることもある。 だが、そんなことできるのは、裏に秘められた愛情海のように大きく深いからこそ彼女は母親側面強い女なのである。否、ベルガリアードとマロリオンの両物語に関しては、彼女が旅のメンバーの『母親』なのだ。物言い辛辣で怒らせる逃げ出したくなるほど恐ろしいが、悩み苦しみ誰かに手を差し伸べもらいたい痛切に思う誰かにそっと手を差し伸べる、そんな存在なのである。そして、その慈悲深い性格ゆえに己のとった行動を後悔したり、辛い過去吹っ切れなかったりすることがある。 人と人の仲(とくに男女の仲)を取り持つことが大の得意。結ばれる運命にある男女出逢う光景見たとき、彼女の頭の中で鐘の音が鳴る。一方別れ危機差し迫っている夫婦には、先立って問題を解決するヒント与え、再び幸せな夫婦に戻るのを見守る。ゆえに(その魔術や深い智恵含めて西方諸国王妃たちから慕われ敬われている。 また、男の子育てることにかけては天下一品腕前を持っている。双子の妹ベルダラン亡き後息子にしてリヴァ王子ダラン後見人として彼を育てリヴァ暗殺事件唯一助かったゲラン王子以降数十人にも及ぶリヴァ王家血筋をひく子孫たち面倒を見続けてきたからだろう。その経験は、ベルガリオンエランドErrand)の養育でも十分に生かされている。

※この「人間性」の解説は、「ポルガラ」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ポルガラ」の記事については、「ポルガラ」の概要を参照ください。


人間性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 15:05 UTC 版)

ベルガラス」の記事における「人間性」の解説

平和な時代には女と酒をたしなみ盗みも働くという怠惰で堕落した性格を表に出している。ポルガラは娘として彼の悪癖矯正しようと、人の数十倍数百倍も強い意志頑張っているが、彼の悪癖直ることはない。 しかし、いったん事件起きると性格180度変わる。様々な出来事注意働かせ膨大な知識知恵人並み外れた洞察力魔術駆使して事件を解決する。『緩』と『急』――この性格の二面性こそ、彼が7千年もの悠久の時生きるため、己に課せられた宿命まっとうさせるために欠かせない精神面重大な要素であったと考えられる。この要素は『孫』ベルガリオンにも継承されている。 他人指導する能力長けているが、自らが王や支配者になろうという気はこれっぽっちもない。大衆面前で見た目美しフードつきのローブをまとうことすら面倒で堅苦しい考え彼にとって、政治伝統行事など馬鹿馬鹿しいであろう。つまり、『権力を持つ』ことの本質(=民を統治すること難しさ国家運営することのわずらわしさ)を見抜いている。 そんな利口なだからこそ愛する者のかけがえのなさ』も痛感している。妻ポレドラ死後彼はポレドラ関わるものに哀愁を感じてやまないほど彼女を心底愛している。娘たち呼び出した彼女の幻影に、娘夫妻が住むと決めた彼女の小屋に、彼は涙を流し続けた数千年の時を経て再会してもなお、ベルガラスは己の命を投げ出すほどポレドラ愛しているのである

※この「人間性」の解説は、「ベルガラス」の解説の一部です。
「人間性」を含む「ベルガラス」の記事については、「ベルガラス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人間性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「人間性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人間性」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人間性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人間性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビーストバインド トリニティ (改訂履歴)、ベルガリオン (改訂履歴)、ベルディン (改訂履歴)、バラク (ベルガリアード物語) (改訂履歴)、トス (マロリオン物語) (改訂履歴)、ダーニク (改訂履歴)、タイバ (改訂履歴)、サディ (ベルガリアード物語) (改訂履歴)、ケルダー王子 (改訂履歴)、ザカーズ (改訂履歴)、セ・ネドラ (改訂履歴)、BEAST BIND 魔獣の絆 R.P.G (改訂履歴)、ヘター (改訂履歴)、ポレドラ (改訂履歴)、リセル (改訂履歴)、早川徳次 (シャープ) (改訂履歴)、DARK SOULS (改訂履歴)、カース・ガーセン (改訂履歴)、レルグ (改訂履歴)、レルドリン (改訂履歴)、マンドラレン (改訂履歴)、ポルガラ (改訂履歴)、ベルガラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS