経済活動とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 経済活動の意味・解説 

経済活動

労働人口 1または経済活動人口 1と、非就業人口 2または非経済活動人口 2とは通常区別される。一般的にいって、労働人口有給の活動 3従事している人々である。有給の活動すなわち経済活動 3所得発生貢献する活動である。無給の家族従業者(353-5)は普通、経済活動人口含まれる無給家事労働従事している主婦 4学生定年退職者などは通常含まれない。非経済活動人口時に労働人口生産活動によって扶養されているという意味で、被扶養者 5(358-1)と呼ばれる。(ただし、§358で述べるこの用語の異なる意味を参照されたい)。労働人口総人口対す割合通常、性(男女)と年齢階級などに関して計算され、経済活動率 6または労働力参加)率 6呼ばれる


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/06 06:05 UTC 版)

経済活動(けいざいかつどう)とは経済学用語の一つ。人間社会生活において、金銭や物資の交換を行うということによって生活を成り立たせていくという部分のことを言う。例えば人間が食料が必要となったならば、それを入手するために商店に出向き、自身の所有する金銭と引き換えに商店の所有する食料を購入という形で入手するという活動がこれである。これの場合は家計という形での経済活動が行われているということになるわけである。他には家計よりも大きな規模で行われている企業政府財政などといった部分でも多額の金銭や物資が取引されており、このような大きな活動のことも経済活動と言う。




「経済活動」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経済活動」の関連用語

経済活動のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



経済活動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済活動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS