経済活動とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 経済活動の意味・解説 

けいざい‐かつどう〔‐クワツドウ〕【経済活動】


経済活動

労働人口 1または経済活動人口 1と、非就業人口 2または非経済活動人口 2とは通常区別される一般的にいって、労働人口有給の活動 3従事している人々である。有給の活動すなわち経済活動 3所得発生貢献する活動である。無給の家族従業者(353-5)は普通、経済活動人口含まれる無給家事労働従事している主婦 4学生定年退職者などは通常含まれない非経済活動人口時に労働人口生産活動によって扶養されているという意味で、被扶養者 5(358-1)と呼ばれる。(ただし、§358述べるこの用語の異なる意味を参照されたい)。労働人口総人口に対する割合通常、性(男女)と年齢階級などに関して計算され経済活動率 6または労働力参加)率 6呼ばれる


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/06 06:05 UTC 版)

経済活動(けいざいかつどう)とは経済学用語の一つ。人間社会生活において、金銭や物資の交換を行うということによって生活を成り立たせていくという部分のことを言う。例えば人間が食料が必要となったならば、それを入手するために商店に出向き、自身の所有する金銭と引き換えに商店の所有する食料を購入という形で入手するという活動がこれである。これの場合は家計という形での経済活動が行われているということになるわけである。他には家計よりも大きな規模で行われている企業政府財政などといった部分でも多額の金銭や物資が取引されており、このような大きな活動のことも経済活動と言う。




「経済活動」の続きの解説一覧

経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/09 16:14 UTC 版)

フェニックス諸島保護地域」の記事における「経済活動」の解説

カントン島以外に定住者無く商業的な漁業に対する制約厳しい。また、2010年代初頭時点では定期交通路存在せず観光客立ち寄ることも難しい。

※この「経済活動」の解説は、「フェニックス諸島保護地域」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「フェニックス諸島保護地域」の記事については、「フェニックス諸島保護地域」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 17:27 UTC 版)

ラピタ人」の記事における「経済活動」の解説

ブタイヌニワトリなどの牧畜が行われていた。またイモ果実収穫するための農業行われており、主にヤムイモタロイモココナツバナナパンノキなどが栽培されていた。これに加えて漁業が行われ、黒曜石や石の鍬、その原料となる各種の石や貝殻などとの交換による遠距離交易が行われていた。

※この「経済活動」の解説は、「ラピタ人」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「ラピタ人」の記事については、「ラピタ人」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 04:19 UTC 版)

ルーシ・カガン国」の記事における「経済活動」の解説

ルーシ・カガン国経済中心ヴォルガ交易路英語版であったスカンジナビア発見される9世紀初め埋蔵貨幣ではアッバース朝他のイスラーム政権使用したディルハム貨が大量に見つかりときには小さな破片となってルーン文字と共に石碑刻み込まれていることもある。ヨーロッパ・ロシアバルト海地域にある1,000以上の遺跡から総数228,000以上のアラブ硬貨発見されている。このうち90%はヴォルガ交易路を通じてスカンジナビア到達したものであるディルハム貨がキエフ・ルーシ貨幣制度基礎となったことは意外なことではない。 ルーシ主な収入源交易であった。イブン・ルスタによるとルーシ人々農耕をしなかったという。「彼らには耕作地がなく、サカーリバ人(スラヴ人)の土地から運んで来たものだけを食べて生活して)いる。彼らは不動産土地)もも畑も持たずに、ただただ彼らの唯一の収入は貂や灰色リスen)、その他の毛皮商売から得たものだけである。したがって、彼らはそれらを売却する商売おこない硬貨を得ると、その財を彼らの飾り付きの帯の中にしっかりと縛って持っている。」また「彼らはサカーリバ人を攻撃することがあるが、その際にサカーリバのもとに船に乗って出かけて行き捕虜にする。そしてルース人たちサカーリバ人(捕虜)を連れてハズラーン(ハザール人)やブルガール(人)のもとに向かい、それを彼らに売却する。」としてルーシ奴隷貿易についても記述がある。ルーシ商人たちヴォルガ川下りブルガールハザールに税を納めカスピ海南岸港町ゴルガーンやアバスクン(en)や、ときには交易のためバグダートまで旅をした。

※この「経済活動」の解説は、「ルーシ・カガン国」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「ルーシ・カガン国」の記事については、「ルーシ・カガン国」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 16:16 UTC 版)

ジェブ・ブッシュ」の記事における「経済活動」の解説

2006年5月NFLコミッショナー候補として名前が挙がったが、「州知事職務専念したい」として辞退し代わってロジャー・グッデルコミッショナーに就任した2007年4月テネット・ヘルスケア英語版)の役員に就任し5月にはプライベート・エクイティ・ファンド相談役としてリーマン・ブラザーズ経営参加したまた、同時期にイノヴィダ(英語版)、スウィッシャー衛生英語版)、レイオニア(英語版)の役員バークレイズ顧問務め、イノヴィダが経営破綻た際にコンサルタント料として受け取っていた27ドル返却している。 2012年から2015年にかけてバーバラ・ブッシュ財団共同理事長務めていた。

※この「経済活動」の解説は、「ジェブ・ブッシュ」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「ジェブ・ブッシュ」の記事については、「ジェブ・ブッシュ」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 20:18 UTC 版)

キブク県」の記事における「経済活動」の解説

農業(自給+商売)が中心である。 マトケ バナナ オレンジ パイナップル 玉蜀黍 薩摩芋ピーナッツ キャッサバ

※この「経済活動」の解説は、「キブク県」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「キブク県」の記事については、「キブク県」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 11:50 UTC 版)

世界平和統一家庭連合」の記事における「経済活動」の解説

統一教会では、資金調達罪深いサタン領域から罪のない神の領域への合法的な金銭移動考えられている。それは、勧誘活動と共に非常に儀式的な活動であり、多くの人に(相手その霊意義認識していなくても)復帰参与する機会を与えるものと考えられていた。 韓国日本での商業上の関心は、工業分野多様化し鉱山建設製造製薬含んでおり、韓国ブラジルで相当の大きさ不動産保有地手に入れている。また海域への関心もあり、いくつも漁業事業設立されている。 統一教会これらの幅広い企業活動は、単に利益を得るためだけではなく、「文鮮明新しメシアとする世界復帰という統一教会使命を果たすための経済基盤でもある日本ではより多くの献身者」を出すことが目指され、違法な布教資金調達活動20年上行われた。スピリチュアリティ霊性)を濫用し収奪システムは、額においても国際的なネットワークスケールおいても非常に大規模で、組織的高度に計算されたものであった統一教会元広局長世界日報編集局長 だった副島嘉和によると、1975年 文鮮明から日本統一教会送金命令下り毎月20億円、1985年までの 10年間に合計約2000億円が文鮮明送金された。これに伴い被害相談額だけで2001年まで25年間1100億円を超える大きな傷跡残した赤旗社会部は、「元会員一人は、幹部何もせずにぜいたくな暮らしをしていることに裏では不満もあったと証言した」と述べている。 信者による莫大な献金は、アメリカ本部送られそこから世界各国統一教会流れるが、ジャーナリスト米本和宏は、韓国に最も多く送られており、使い道関連施設費(土地購入建設費)、新規の事業投資赤字補填に充てられていると述べている。 2009年日本統一教会会長徳野英治が、印鑑風水など霊が絡む物品販売禁止、「家系図等を用い先祖因縁ないし先祖開放等を理由に(した)献金」の禁止、ビデオセンターに勧誘する場合統一教会の名前を明示すること、「霊能力長けているといわれる人物をして、その霊能力用いた献金奨励勧誘行為させない」という、これまで社会から批判されてきた問題点一掃目指す新方針示した。 この統一教会動きについては、警察意識した通達に過ぎないではないかという意見もあるが、ジャーナリスト米本和広は、韓国統一教会員の話として、2008年新潟統一教会企業社員逮捕され1983年青森事件以来教会員逮捕である)、それを文鮮明報告した際に怒り買ったことを紹介している。 2008年文鮮明息子ハーバード大卒の文国が日担当になり、各企業役員民間人入れ横領などを繰り返した腐敗幹部一掃教会員役員リストラするなどの改革行い万年赤字であった朝鮮人参販売会社一和黒字転換するなど、統一教会企業次々再生させている。この改革日本からの献金赤字補填当てる要はなくなったが、2009年時点では日本の信者への献金要請続いている

※この「経済活動」の解説は、「世界平和統一家庭連合」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「世界平和統一家庭連合」の記事については、「世界平和統一家庭連合」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 04:34 UTC 版)

イスラム革命防衛隊」の記事における「経済活動」の解説

革命防衛隊商業的活動への関与は、当初は復員軍人退役将校たちの非公式な社会的ネットワークを通じて始まった。バニーサドル政権崩壊後イランから逃れた多くの亡命者たち資産革命防衛隊官憲没収した。それが今では巨大な複合企業となり、イランミサイル部隊計画支配するだけでなく、ほぼ全ての経済分野進出した数十ドル規模大財閥となっている。この財閥従属企業信託連鎖を通じてイラン経済のおよそ1割 から3分の1支配していると見積もられている。 ロサンゼルス・タイムズは、革命防衛隊数百以上の企業つながり持ち、そのビジネス建設業などでの年間収入120ドルであると見積もっている。革命防衛隊イラン石油・ガス石油化学産業や主要インフラ計画などで数十ドル契約与えられている米国次に挙げる営利団体名指しして、これらは革命防衛隊やそのリーダーたちによって支配されているとしている。 Khatam al-Anbia 建設本社革命防衛隊主たる土木部門にして、25000名の技師社員擁しイランの軍事(7割)・非軍事3割)のプロジェクト請負うイラン大手建設企業で、2006年70ドル以上の価値があるOriental Oil Kish (石油ガス事業) Ghorb Nooh Sahel Consultant Engineering Ghorb Karbala Sepasad Engineering Co. (掘削トンネル工事) Omran Sahel Hara Company (掘削トンネル工事) Gharargahe Sazandegi Ghaem Imensazen Consultant Engineers Institute (Khatam al-Anbiaの子会社) Fater Engineering Institute (Khatam al-Anbiaの子会社) 2009年9月イラン政府イラン電信電話公社(Telecommunication Company of Iran)の株式51%を、革命防衛隊親密なMobin信託財団(Etemad-e-Mobin)に総額78ドル売却した。これはテヘラン証券取引所史上最高額取引であった革命防衛隊自動車Bahman Group45%を保有しており、またKhatam al-Anbiaを通じてイラン造船大手SADRA多数派株主でもあるまた、重要な聖職者支配する非政府の(表向きは公益財団であるbonyadにも革命防衛隊影響力及ぼしている。革命的財団パターンは、シャー時代非合法の経済ネットワークスタイル模したものとなっている。それらの発展1990年代始まり次の10年加速してアフマディネジャド政権下で、有利な随意契約多く獲得して更に加速した革命防衛隊は、非公式ではあるが実効性のある影響力次のような組織にも及ぼしている: Mostazafan 財団 (虐げられた者の財団、または Mostazafan 財団) Bonyad Shahid va Omur-e Janbazan (殉教者たち復員兵関連の財団)

※この「経済活動」の解説は、「イスラム革命防衛隊」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「イスラム革命防衛隊」の記事については、「イスラム革命防衛隊」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 23:25 UTC 版)

カラード (南アフリカ共和国)」の記事における「経済活動」の解説

元々カラードは、主に半熟練及び不熟練労働者占められており、建築家石工大工画家として、ケープタウン黎明期建設業界大きな貢献果たしたまた、漁業農業に従事する者も多く、特に農民達は西ケープ州におけるワイン果物穀物農場開発において重要な役割果たしたマレー系住民には、熟練した家具職人仕立て屋職人多かった1962年には、カラード経済発展促進するべく、カラード開発公社設立され就労希望者への職業訓練ベンチャー企業に対する資金提供の他、ショッピングセンター工場などの建設実施された。 近年では労働従事するカラードは、製造業就いている者の比率が最も高く女性労働者35%が衣料品繊維食品等の工場雇用されている次いで建設業が多いが、漁業従事する者も今尚多く田舎に住む者は、その大部分農民である。 また、特にカラード人口約半分占め西ケープ州においてはアパルトヘイト施政下より政の方針によって、公務員サービス産業においてカラード優先的に採用する政策採っていた事から、現在でも管理職事務職営業職として働く者が多い。

※この「経済活動」の解説は、「カラード (南アフリカ共和国)」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「カラード (南アフリカ共和国)」の記事については、「カラード (南アフリカ共和国)」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:20 UTC 版)

親衛隊 (ナチス)」の記事における「経済活動」の解説

ヒムラーは党の政権獲得前から親衛隊後援会員(FM)の拡大目指していた。後援会員は親衛隊資金提供する加入はしないシンパメンバーである。親衛隊の各連隊それぞれの後援会所持しており、隊員には少なくとも一人後援会員を確保することが命じられていた。1932年時点では後援会員数1万3000人にとどまっているが、政権獲得後一気後援会員数増大し1933年には167000人まで伸ばし、さらに1934年には342000人に達した1932年夏にヒトラー経済顧問ヴィルヘルム・ケプラーWilhelm Keppler)が創設した経済問題研究委員会」は、1934年半ば親衛隊に取込まれて「親衛隊全国指導者友の会(Freundeskreis Reichsführer SS)」となったが、これは親衛隊後援会の中で頂点に位置するものであった。ここにはIGファルベン幹部ハインリヒ・ビューテフィシュ(Heinrich Bütefisch)、大財閥フリックのフリードリヒ・フリック(Friedrich Flick)、大手食品会社ドクター・エトカーのリヒャルト・カゼロウスキー(Richard Kaselowsky)、ドレスナー銀行のエミール・ハインリヒ・マイヤー(Emil Heinrich Meyer)、ドイツ銀行のカール・リッター・フォン・ハルト(Karl Ritter von Halt)、ジーメンス・シュケルトのルドルフ・ビンゲル (Rudolf Bingel)、J.H.シュタイン銀行(J. H. Stein Bank)のクルト・フォン・シュレーダー男爵Kurt Freiherr von Schröder)、国営企業ヘルマン・ゲーリングReichswerke Hermann Göring)のヴィルヘルム・フォス(Wilhelm Voss)などそうそうたる財界重鎮集まった後援会員はヒトラーへの宣誓義務付けられず、親衛隊から命令を受けることも制服着用義務もなく、金銭面のみで親衛隊つながった人々だった。しかし親衛隊間違いのない財源であり、重要な存在であったヒムラー後援会員にもしばしば親衛隊名誉指導者として親衛隊階級与えようになったこれにより親衛隊に「親衛隊の魂」を持たぬ者が大量に流れ込むこととなり、旧来からの隊員たちを戸惑わせたという。 しかし後援会存在により資金大量に獲得できた親衛隊ドイツの企業体のひとつともなっていった。親衛隊500にも及ぶ企業の経営行っていた。中でもドイツ土石工業社(Deutsche Erde und Steinwerke:略称DEST)」が親衛隊企業としてはもっとも成功した企業である。DEST主な仕事3つあり、1つ採石場開発および天然石産出1つ煉瓦クリンカー生産1つ道路工事請負であった作業員には強制収容所囚人駆り出されていた。「ドイツ装備工業社(Deutsche Ausrüstungswerke:略称DAW)」も有名である各地強制収容所生産集中化のために設置され収容所囚人使って弾薬箱弾倉箱、火砲、その他軍用品生産にあたっていた。1940年6月設置された「繊維皮革事業団Gesellschaft fur Textil und Lederverwertung)」も高い収益上げた武装親衛隊軍服生産する会社で、主に女囚働かせていた。いずれの会社囚人たち労働条件などまともに考えることもなく、文字通り倒れるまで酷使した。 これら親衛隊企業親衛隊経済部門長官オズヴァルト・ポール親衛隊大将の下でまとめられていた。このなかでヒムラー磁器製造会社経営強く関心示した。彼がちょくちょく経営口を出していたこの会社は常に赤字であったが、ヒムラー最後まで経営をやめなかった。他の親衛隊企業戦前期には赤字かあまり利益上げず戦時中になってようやく利益を上げるうになるところが多かった

※この「経済活動」の解説は、「親衛隊 (ナチス)」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「親衛隊 (ナチス)」の記事については、「親衛隊 (ナチス)」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 19:20 UTC 版)

トルコクラティア」の記事における「経済活動」の解説

ビザンツ帝国末期ギリシャ衰え見せていたが、オスマン帝国支配となった後、都市の復興進んだオスマン政府ムスリム移転していた地域モスクを始めとするムスリム社会必須の施設整え、さらにイスラーム学校を設立しそれらの施設支え公衆浴場ハマーム)、水道施設隊商宿(ゲルヴァン・サラユ)、長期滞在隊商宿ハン)などを建設していった。さらにズィンミーに基づいて共存するムスリム住民のための教会修道院許され、その財源許された。 オスマン帝国による支配確立することで政治的秩序回復すると、都市の整備はさらに進められた。その中で都市の手工業者らはエスナフ (en) と呼ばれる同業者団体所属していった。このエスナフにはムスリムだけではなくムスリム属し、彼らが共同で経営を行うこともあった。 15世紀から16世紀にかけてムスリムらが移住したことで都市生活回復が行われたため、ムスリム商工業者らの活躍大きかったが、徐々にムスリム商工業者らも加わっていった。例えば、15世紀以降テッサロニキではイベリアより移住してきたユダヤ教徒らによるもの大きく、さらにギリシャ他の地域ではアルバニア正教徒スラブ系正教徒ギリシャ系正教徒らによる活動見られた。 特にバルカン半島北部におけるオスマン帝国の支配安定するマケドニア西部イピロス商人らはマケドニアイピロステッサリア穀物羊毛、皮、綿やバルカン各地生産物ヴェネツィア人やラグーザドゥブロブニク)へ運んだ16世紀以降フランスイギリスなど商人東方に進出するギリシャ商人らはさらに活発な活動行いセルビアブルガリアドナウ川地方経由してハンガリーまで手を広げた。そしてテッサロニキラグーザコンスタンティノープルイタリアピザジェノヴァヴェネツィアになどに移住していった。

※この「経済活動」の解説は、「トルコクラティア」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「トルコクラティア」の記事については、「トルコクラティア」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/17 03:12 UTC 版)

オスマン帝国の社会構造」の記事における「経済活動」の解説

オスマン帝国において、裕福な層に必要とされる基礎的な理解は、帝国政府潜在的な懸念と共に急成長することはなかった。 しかし帝国政府可能性は膨大で豊かであった。 官僚オスマン社会において最も裕福で権力持った階級であった。イナルジュク教授によれば、「1500年代、県総督一人年収金貨にして4000から12000範囲であったが、その一方同時代ブルサ裕福な商人でさえ金貨4000を稼ぐことは滅多になかった」とされているごく一部官僚階級の者だけが、スルタン家族に次ぐ裕福層となり、それ以降に外国商人イスラム教徒が続くのである例え歴史学者ルトフィ・バルカンが1528年ルメリの4地域行った調査によると、土地35%がスルタン領地54%が封建騎士などの領地受領者、7%が県総督所有地であり、家屋教会用地それぞれ僅か1%程度であった中央政府総収入37%を手中に収めることが出来たが、残った分は各地域権力者の手渡ったこのような状況帝国軍国主義由来するものである。

※この「経済活動」の解説は、「オスマン帝国の社会構造」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「オスマン帝国の社会構造」の記事については、「オスマン帝国の社会構造」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/10 03:17 UTC 版)

ブレイザフィヨルズル」の記事における「経済活動」の解説

漁業観光産業海藻漁が主な産業である。ブレイザフィヨルズル魚類産卵場でもある

※この「経済活動」の解説は、「ブレイザフィヨルズル」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「ブレイザフィヨルズル」の記事については、「ブレイザフィヨルズル」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 04:04 UTC 版)

ホイマ」の記事における「経済活動」の解説

2000年2009年の間で、25億~35億バレル石油アルバート湖湖岸ホイマ県ブリサ県採掘された。ウガンダ石油精製所英語版)がホイマ県ブセルカ副郡カバーレ計画されている。これはホイマから約40km西に離れている。ウガンダ・ケニア原油パイプライン英語版)によって、原油インド洋ラム港に運ぶ計画有るその結果ホイマは経済活動の中心地になった経済の発展によって、ホイマは市に昇格した近年地価上昇し不動産需要高まっている。2016年3月原油パイプライン終点ケニアからタンザニア変更された。投資額の上昇と、ソマリア紛争リスク理由である。

※この「経済活動」の解説は、「ホイマ」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「ホイマ」の記事については、「ホイマ」の概要を参照ください。


経済活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:51 UTC 版)

ブラックリスト」の記事における「経済活動」の解説

企業」「団体」と「一般個人」とでは、解釈によって対象となるケース異なる。一度ブラックリスト登録されても、状況改善次第でリストから削除される可能性もある。 ただし、一部ネット関連のサービスアフィリエイトレンタル掲示板など)で規約違反犯した利用者終生半永久的にブラックリスト登録されたまま(再入禁止の場合もある。

※この「経済活動」の解説は、「ブラックリスト」の解説の一部です。
「経済活動」を含む「ブラックリスト」の記事については、「ブラックリスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「経済活動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「経済活動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経済活動」の関連用語

経済活動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経済活動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済活動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフェニックス諸島保護地域 (改訂履歴)、ラピタ人 (改訂履歴)、ルーシ・カガン国 (改訂履歴)、ジェブ・ブッシュ (改訂履歴)、キブク県 (改訂履歴)、世界平和統一家庭連合 (改訂履歴)、イスラム革命防衛隊 (改訂履歴)、カラード (南アフリカ共和国) (改訂履歴)、親衛隊 (ナチス) (改訂履歴)、トルコクラティア (改訂履歴)、オスマン帝国の社会構造 (改訂履歴)、ブレイザフィヨルズル (改訂履歴)、ホイマ (改訂履歴)、ブラックリスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS