conceptとは?

コンセプト

英語:concept

コンセプトとは、コンセプトの意味

コンセプト(英:concept)とは、「概念」や「観念」のこと。conceive(心に抱く)の名詞形である。コンセプトを日本語として用い場合には、全体通して一貫した基本的構想という意味で使うことが多い。すなわち、コンセプトは単なる目的ではなく終始一貫してブレることのない基本的方向性を意味する。コンセプトは、物事取り組む際の姿勢方針思想を表す。

コンセプトの類義語

コンセプトの類義語として、アイデアイメージが挙げられる。アイデアは、コンセプトより具体的な内容を意味しており、コンセプトのような全体的に通底する抽象的概念ではない。「アイデア商品」という言葉は、他人思い付かない殊な発想により開発されたグッズを指すだけで、必ずしも企業理念表象する製品という訳ではない。イメージは、コンセプトやアイデアより曖昧語感で、雰囲気印象を示すワードである。「ブランドイメージを傷つける」というフレーズからわかるように、イメージ外部人間が抱く印象であり、コンセプトのような企業理念経営方針とは関係ない。「イメージ戦略」という言葉もあるが、これは消費者利用者好印象抱いてもらうための技巧凝らすことであって企業経営方向性を示すコンセプトとは根本的異なる。

その他の類義語として、ポリシープロット挙げることができる。ポリシー方針方向性を表すので、コンセプトと似ている面もある。ただし、ポリシー全体通底する基本的理念だけでなく、企画者開発者の強い意志を示すので、コンセプトより主観的意味合いが強いと言えるプロットもよく使用されるワードだが、プロット脚本などのあらすじ構想として使われる場面多くビジネス界で使われるコンセプトより狭い意味に限定される。プロットに従って企画組み立てることはあるが、プロットはコンセプトに基づくものでなければならない

コンセプトの語とテーマの語も似た意味合いだが、テーマ主題、すなわち主な内容のことであり、企業経営方針思想とは無関係である。テーマさまざまな項目に共通する主題であれば何でもよいが、コンセプトの場合企画者企図する方向性が貫かれる内容でなければならない多種多様出展者が集まるフェスティバルなどでは共通のテーマを掲げることができるが、特定の企業が独自の方針基づいて開発する製品には、テーマではなくコンセプトが求められる


コンセプト

英語:concept

コンセプト(英: concept)とは、ある広告作品工業製品店舗料理など、何らかの意図込め制作される物を作る際に基調とする考え方のことである。

用例:「コンセプトを一新する」「毎日食べても飽きないことをコンセプトにした料理

「コンセプト」は英語conceptに由来する語である。conceptはラテン語で「心に抱かれた考え」を意味するconceptumに由来する言葉で、「概念」などを意味する。国立国語研究所の「『外来語言い換え提案」では、「コンセプト」をわかりやすく言い換える場合は「基本概念」「基本理念」「基本発想」などとすることが提案されている。

「コンセプト」は、他の語の上につき、それが特定の考え方を示すために試作されていることを示したり(例、「コンセプトカー」)、それが統一的目的仕様を明確にして作られていることを示す(例、「コンセプトカフェ」)ことも多い。

「コンセプト」と同様に、ある表現制作物の基本となる物事を指す外来語に「テーマ」「モチーフ」「イメージ」がある。

テーマ」は、制作物に限らず広く議論論述主題をも指す語である。したがって、「災害テーマ議論する」とは言えるが、「災害をコンセプトに議論する」とは言いにくい制作物についていう場合、「コンセプト」はその全体通底する考え方を指すというニュアンスが強いが、「テーマ」は単に主題として取り上げ物事を指す場合が多い。

モチーフ」は、建築物小説を含む芸術作品鑑賞性のある商品などにおいて、その題材となる物事を指す語である(例、「干支モチーフにしたアクセサリー」)。「コンセプト」「テーマ」が漠然とした標語のようなものにも普通に使えるのに対し、「モチーフ」は具体的な物事を指すことが多い。したがって、「『伝統建築保存する』をコンセプトにした駅舎」は普通だが、「『伝統建築保存する』をモチーフにした駅舎」とは言いにくい

イメージ」は、サ変他動詞化した「何々イメージする」の形で、それに着想得て表現することを表し、「モチーフ」と同様に具体的な物事対象とする(例、「星空イメージした内装」)。「コンセプト」「テーマ」「モチーフ」は、サ変動詞化しない。

「コンセプト化」は、マーケティングの用語で、ある商品などの意義明確化すること。

執筆稲川

コンセプト【concept】

概念観念

創造された作品商品全体につらぬかれた、骨格となる発想観点。「コンセプトのある広告


がい‐ねん【概念】

物事概括的な意味内容。「概念をつかむ」「文学という概念から外れる」

《concept》形式論理学で、事物本質をとらえる思考形式個々に共通な特徴抽象によって抽出され、それ以外の性質捨象されて構成される。内包と外延をもち、言語によって表される。


コンセプト

【英】concept

マーケティング・コンセプト広告コンセプトといった形で使用され、特定の商品企業イメージについての差別化をすすめ、マーケティング戦略広告作成に際して市場導入を容易にするための主張理念をさす。このコンセプトによって、具体的にマーケティング活動が展開されることが期待されるため、コンセプト・リサーチ(コンセプト決定のための市場情報収集)などにより慎重に決定される必要がある広告表現から始まったコンセプト・ワークは、今日では、新商品発売商品リニューアル流通チャネル活性化など重要なマーケティング戦略決定に際して設定されるようになっている

広告コンセプト concept

広告制作する際、商品特徴や、広告の受け手消費者)にとってその商品どのような魅力があるかなどを表現するアイデアを、考えたり導いたりするもとになる考え方見方のこと。その広告何を言うか(What to say)ということ

表現コンセプト concept

広告表現基本に据える考え方広告開する際にすべての広告表現に共通させるもので、発想表現などの評価基準ともなる。

コンセプト

英語 concept

着想構想概念アイデア製品開発市場投入などに対す構想考え方実際にそれぞれの役割に従って商品コンセプト、デザインコンセプト、マーケティングコンセプトなどと細分化される。開発に際しては、コンセプトディスクリプションを明記し、関係者目標設定目標分担評価指針とすることが望ましい。開発プロセスに従い、コンセプトスケッチ(コンセプトを表現したスケッチ)、コンセプトモデルコンセプトカー開発され、評価を受けていく。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

コンセプト concept

全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

基本概念

携帯電話活用した,インターネット網の構築というコンセプト基本概念は,ある女実業家中心に開発されたものです。

意味説明

事業開発を進める際の,基本となる考え方

その他の言い換え語例

基本理念 基本発想 概念


概念

(concept から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 05:35 UTC 版)

概念がいねんは、命題要素となるドイツ語: Konzeptコンツェプト)が表すもの、あるいは意味づけられたものであり、言い換えれば、それが言語表現された場合に名辞(ドイツ語: Konzept)となるもの。人が認知した事象に対して、抽象化・ 普遍化し、思考の基礎となる基本的な形態となるように、思考作用によって意味づけられたもの。




「概念」の続きの解説一覧

コンセプト

(concept から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 06:31 UTC 版)

コンセプト (concept)




「コンセプト」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「concept」の関連用語

conceptのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



conceptのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2021 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの概念 (改訂履歴)、コンセプト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS