企業経営とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 企業経営の意味・解説 

企業経営

読み方:きぎょうけいえい

企業の経営のこと。会社を経営することを幅広く指す。単に経営という場合は、自治体NPOなどをはじめ幅広く組織管理運営するとを指すので、その中で、特に会社を経営することを区別して言う。

企業経営

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

フランク・E・ロイ」の記事における「企業経営」の解説

1970年から1973年まで、パンアメリカン航空にて国際担当および監督担当の上副社長1974年破産宣告受けたペン・セントラル・トランスポーテーション社長に就任会社更生の処理を遂行し非鉄系の事業を扱うすべての子会社社長に就任したロイ承継会社ペン・セントラル・コーポレーションへの事業引継行い1979年退任した

※この「企業経営」の解説は、「フランク・E・ロイ」の解説の一部です。
「企業経営」を含む「フランク・E・ロイ」の記事については、「フランク・E・ロイ」の概要を参照ください。


企業経営

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/07 05:01 UTC 版)

クリフトン・レジナルド・ウォートン (ジュニア)」の記事における「企業経営」の解説

1969年2月ウォートンはエクイタブル生命理事選任されアメリカにおいて黒人として2人目の法人取締役となった彼はその後アメリカ他の複数企業でも重役となった1982年ウォートンはセオドア・ヘスバーグの後任としてロックフェラー財団理事長に就任した彼はその後17年にわたって理事会活動した1987年彼はアメリカ最大の年金基金である米教職員保険年金連合会大学退職株式基金最高経営責任者に就任。アメリカ主要企業において最高経営責任者に就任した初の黒人となった1988年3月27日ニューヨーク・タイムズ紙では、挿絵としてトップページ登場し溢れるほどの通貨金庫運びながら、ウォール街の裂れ目を綱渡りで歩く様子描かれた。この挿絵は、ウォートンすべての年金資産を失うことなく安全に目的地まで到達できるかどうか喩えたものであったウォートン破綻しつつあった基金再建図り結果的に成功収めたペンシルベニア大学ウォートン・スクールのマイケル・ユシーム教授は、企業リーダーシップ模範例としてウォートンの手腕を強調し、「ウォートン危機管理能力評判に応えた大昔作られた年金基金構造仕組みを、劇的に変化させる改革着手した——わずか9ヶ月の期間で」と言及した。アメリカ教協議会のロバート・アトウェル会長ウォートン成果について、「瞬く間に恐るべきスピードで、変革成し遂げられた……私はこのような鮮烈な仕事見たことがない」と表現したウォートン上記の他、フォード・モーター理事タイム・ワーナー理事、テネコ理事、フェデレイティッド・デパートメント・ストアズ理事公共放送サービス理事ニューヨーク証券取引所理事、ハーコート・ジェネラル理事ニューヨーク連邦準備銀行副総裁務めた

※この「企業経営」の解説は、「クリフトン・レジナルド・ウォートン (ジュニア)」の解説の一部です。
「企業経営」を含む「クリフトン・レジナルド・ウォートン (ジュニア)」の記事については、「クリフトン・レジナルド・ウォートン (ジュニア)」の概要を参照ください。


企業経営

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/22 14:55 UTC 版)

トマス・ナイズ」の記事における「企業経営」の解説

1995年に連住宅抵当公庫参加し上級副社長および執行委員会委員に就任。続いてバーソン・マーステラにて社長最高経営責任者2001年から2004年までクレディ・スイス・ファースト・ボストンにて最高総務責任者歴任ナイズ2005年から2010年までモルガン・スタンレー社の最高執行責任者務めた彼は役員として、モルガン・スタンレー経営委員会および執行委員会委員務めた

※この「企業経営」の解説は、「トマス・ナイズ」の解説の一部です。
「企業経営」を含む「トマス・ナイズ」の記事については、「トマス・ナイズ」の概要を参照ください。


企業経営

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 05:02 UTC 版)

計画」の記事における「企業経営」の解説

企業の経営は、計画練って行われること一般的である。これを経営計画と言う日本の経営関連の書籍経営コンサルタント企業診断士)の書籍などは しばしば、「PDCAサイクル」を回すことの重要性説かれている。計画実行評価改善計画実行…と繰り返してゆくことが大切だ説明されているのである。「サイクルを回す」、とされている理由は、計画いうのはあまり硬直的に扱うべきではなく計画実行移しつつも、たとえ実行途中段階であっても適宜にその進捗状態や効果など評価し改善すべき点を洗い出し柔軟に計画修正した変更し修正された計画に基づいて新たな方法・手順実行し、また評価改善してゆくのがよい、とされているのである一般に企業における計画では、目標時間リソースなども含む。どのような目標のために、いつ(年度、四半期日付、あるいは時間軸上の一連の指定など)、企業活動主要なリソース資源)である「ヒト・モノ・カネ(・時間)」(つまり、人的資源設備資源資金時間)を 具体的にどのように投入するか、ということ考慮する新たに事業立ち上げた会社立ち上げる場合は特に、あらかじめ それ相応時間をかけて、「事業計画書」というものを作るのが一般的である。 上場企業では、株主総会株主に対して経営計画説明する時間設けたり株主向け文書においてそれを説明する章を設けることが一般的である。 また世界的に見て社債発行する場合(つまり出資してもらう場合企業から見て借金をする場合)も、出資者に対して何らかの形で事業計画説明することが一般的である。アメリカで社債出資者募集文書米国 証券取引委員会管轄)には、当該企業事業計画財務計画に関する章が含まれる

※この「企業経営」の解説は、「計画」の解説の一部です。
「企業経営」を含む「計画」の記事については、「計画」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「企業経営」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「企業経営」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

企業経営のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



企業経営のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランク・E・ロイ (改訂履歴)、クリフトン・レジナルド・ウォートン (ジュニア) (改訂履歴)、トマス・ナイズ (改訂履歴)、計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS