争議行為とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 法律関連用語 > 争議行為の意味・解説 

そう ぎこうい さう-かうゐ [4] 【争議行為】

労働関係当事者が、その主張貫徹目的として、あるいはこれに対抗するためになす行為で、業務の正常な運営阻害するもの。労働者側のストライキ・サボタージュ・ボイコット、使用者側のロックアウトなど。

争議行為(そうぎこうい)

労働関わる用語

労働者使用者に対して、その主張実現することを目的として行う行為で、業務の正常な運営妨げるもの。「ストライキ」ともいう。憲法28条の保障する「団体行動をする権利」の内容として保障される基本的人権でもある。正当な争議行為には、刑事免責および民事免責認められている。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

労働争議

(争議行為 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 04:20 UTC 版)

労働争議(ろうどうそうぎ)とは、労働者が自らの労働条件の向上を目指して行う様々な活動である。


  1. ^ a b c NHK取材班『NHKスペシャル 戦後50年そのとき日本は』第5巻、日本放送出版協会、1996年、p.273 - 275
  2. ^ 国鉄~JR西日本OBの宇田賢吉(870000kmの鉄路、『鉄道ファン』誌)によれば、宇田氏は長距離列車の乗務員の場合「ホカ弁を抱えて列車に乗り込む」状況だったと述べている
  3. ^ 平成29年労使間の交渉等に関する実態調査結果の概況 厚生労働省
  4. ^ 平成30年労働争議統計調査の概況 厚生労働省
  5. ^ 平成30年労働争議統計調査の概況 厚生労働省


「労働争議」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「争議行為」の関連用語

争議行為のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



争議行為のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2019 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働争議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS