マスコミュニケーションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > コミュニケーション > コミュニケーション > マスコミュニケーションの意味・解説 

マス‐コミュニケーション【mass communication】

新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・映画などのマスメディアによって、不特定多数人々に対して大量情報伝達されること。また、その媒体であるマスメディア大衆伝達マスコミ


マス‐コミュニケーション

〔名〕 (英 mass communication 大衆伝達の意) 新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・映画など、いわゆるマス‐メディア用いて不特定多数大衆情報伝達する手段マスコミ

アラン(1952)〈桑原武夫〉「今日では自由そのものが、〈略〉アメリカにおいてはマス・コミュニケイション工業手段によって、いわば統制されていることに」


マス・コミュニケーション

【英】mass communication

コミュニケーション意思情報授受される過程であるが、対象特定の個人にしぼった、パーソナル・コミュニケーションと、不特定多数大衆対象としたマス・コミュニケーションとに分けることができる。マス・コミュニケーションの伝達手段新聞・雑誌などの印刷媒体、テレビ・ラジオなどの電波媒体のような大規模機械的手段依存しているため範囲拡大され、迅速でもある。ただし、一方的伝達となり、反応交流著しく妨げられている。

マス・コミュニケーション mass communication


マスコミュニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 14:37 UTC 版)

マスコミュニケーション: mass communication)あるいは大衆伝達(たいしゅうでんたつ)とは、マスメディア(具体的にはテレビラジオインターネット新聞雑誌書籍など)を用いて、不特定多数の大衆(マス)に大量の情報を伝達すること。対義語としてのパーソナル・コミュニケーションとは異なり、時間的、空間的距離を置いて間接的に行われるコミュニケーション手段である。なおかつ、送り手と受け手が固定される一方的な伝達手段である。近年ではマスコミの印象操作により世間に偏見を生み出すことも多々あり、一部の人からは「マスゴミ」と呼ばれるようにもなっている[1][2][3]


  1. ^ なぜ日本のマスコミは「マスゴミ」と呼ばれるようになったのか”. PRESIDENT Online (2021年4月18日). 2021年12月20日閲覧。
  2. ^ 『大辞林』第二版
  3. ^ コトバンク - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. 2018年11月1日閲覧。
  4. ^ 『やさしいマスコミ入門』(金山勉、金山智子)ISBN 978-4326653034


「マスコミュニケーション」の続きの解説一覧

マスコミュニケーション

出典:『Wiktionary』 (2021/12/18 11:32 UTC 版)

語源

英語 mass communication からの借用語

発音

名詞

マスコミュニケーション

  1. 大衆伝達マスメディア用いて多数情報伝えること。

類義語

対義語

関連語




マスコミュニケーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マスコミュニケーション」の関連用語

マスコミュニケーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マスコミュニケーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマスコミュニケーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマスコミュニケーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS