あっせんとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 法律関連用語 > あっせんの意味・解説 

あっ せん [0] 【斡旋】

( 名 ) スル
〔「斡」 「旋」ともに「めぐる」「めぐらす」の意〕
間に入って,両者の間がうまくいくようにとりもつこと。また,ある物や人を求める人に紹介すること。周旋とりもち。 「就職を-する」 「 -の労をとる」
労働争議当事者間で解決困難となった時,労働委員会指名した斡旋員が,当事者間を仲介して争議解決援助すること。 → 調停仲裁


あっせん(あっせん)


斡旋

読み方:あっせん

当事者間での紛争またはその他の問題解決促進されるように第三者世話をすること。斡旋による解決は,当事者にとって訴訟よりも金銭的,時間的負担少なく他方和解調停等よりも実効性があるのが特徴である。労働法上の斡旋(労調1016条,国企労26条,地公労4条),公害紛争処理法上の斡旋(公害紛争2830条),土地収用法上の斡旋(収用15条の2~15条の6),著作権法上の斡旋(著105111条)など,法令規定されているものもある。著作権法定められた斡旋制度は,著作権法上の権利について紛争が生じた場合に,当事者申請によって文化庁長官委嘱する「著作権紛争解決あっせん委員」によって行われる

(注:この情報2007年11月現在のものです)

あっせん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/25 02:14 UTC 版)

あっせんとは、裁判外紛争解決手続の一つである。主に労働分野において、公的な紛争解決機関の力を借りて、双方の主張の要点を確かめ、事件が解決されるように努める話し合い手続のことである。


[ヘルプ]
  1. ^ 厚生労働省「平成27年労働争議統計調査の概況」。平成27年に労働委員会が関与した全127件のうち123件があっせんであった。
  2. ^ あっせんによる合意は法律上は裁判外の和解契約と解され、一方が義務を履行しない場合でもあくまで債務不履行にとどまり、強制執行を実現するためには改めて裁判で確定判決を得る必要がある。


「あっせん」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あっせん」の関連用語

あっせんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あっせんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2019 Houterasu All rights reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあっせん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS