文化庁とは? わかりやすく解説

ぶんか‐ちょう〔ブンクワチヤウ〕【文化庁】


文化庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 07:29 UTC 版)

文化庁(ぶんかちょう、: Agency for Cultural Affairs略称: ACA)は、日本行政機関のひとつ。文化に関する施策の推進、国際文化交流の振興、博物館による社会教育の振興、宗教に関する行政事務を所管する文部科学省外局である。


注釈

  1. ^ なお、この第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣にあたる時期の文部科学大臣政務官2名のうちの1人は山本朋広であった。

出典

  1. ^ a b c “文化庁長官に作曲家の都倉俊一氏 「UFO」「どうにもとまらない」などヒット曲多数”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2021年3月5日). https://www.sanspo.com/article/20210305-2GGJRWWHARKGNKWGOUSQIJ6DAE/ 2021年4月28日閲覧。 
  2. ^ a b 文部科学省定員規則(平成13年文部科学省令第17号) (最終改正:令和3年8月31日文部科学省令第40号) - e-Gov法令検索
  3. ^ a b 令和3年度一般会計予算 (PDF) 財務省
  4. ^ 文化庁の新組織について”. 令和元年度 都道府県・指定都市文化行政主管部課長会議 配布資料. 2020年4月4日閲覧。
  5. ^ 新・文化庁フロア図”. 2018年11月3日閲覧。
  6. ^ a b c “第210回国会 参議院 文教科学委員会 第1号 令和4年10月25日”. https://kokkai.ndl.go.jp/txt/121015261X00120221019/208 
  7. ^ よくある御質問 - その他手続き・文化庁に関すること”. 文化庁. 2018年3月12日閲覧。
  8. ^ a b c 西本肇 『戦後における文部行政機構の法制と環境(二)』 北海道大學教育學部紀要 1986年2月号 p.15
  9. ^ 文化庁 選考採用試験
  10. ^ a b c JLPP事務局・文化庁「JLPPとは | JLPP 現代日本文学の翻訳・普及事業
  11. ^ 文部科学省設置法の一部を改正する法律等の施行(文化庁の組織再編)及び文部科学省組織令の一部を改正する政令の施行(総合教育政策局及び文教施設企画・防災部の設置)について(通知)”. 2019年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月3日閲覧。
  12. ^ 指定職俸給表の適用を受ける職員の号俸の定め並びに職務の級の定数の設定及び改定に関する意見の申出人事院(2018年3月29日)
  13. ^ まち・ひと・しごと創生総合戦略”. p. 60 (2018年). 2019年8月31日閲覧。
  14. ^ 宗教法人審議会の議事録と名簿 - 文化庁ホームページ「宗教法人審議会」。
  15. ^ 『諸外国における文化政策等の比較調査研究事業 報告書』シィー・ディー・アイ、2018年3月、13-24頁https://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/pdf/r1393024_04.pdf 
  16. ^ 一般職国家公務員在職状況統計表(令和2年7月1日現在)
  17. ^ 令和元年度 年次報告書(公務員白書) 「第1編第3部第6章:職員団体 - 資料6-2;職員団体の登録状況。2020年3月31日現在。
  18. ^ 職員名簿(文部科学省)(令和3年9月1日現在) 文部科学省
  19. ^ “文化庁長官に宮田亮平氏”. 共同通信. (2016年2月26日). オリジナルの2016年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160419061144/http://this.kiji.is/75738466735228404 2016年2月26日閲覧。 
  20. ^ SANKEI DIGITAL (2022年7月29日). “旧統一教会の名称変更「政治家の働きかけない」 末松文科相” (日本語). 産経ニュース. 2022年7月31日閲覧。
  21. ^ 日本放送協会. “旧統一教会の名称変更 末松文科相 “手続き問題なかった””. NHKニュース. 2022年7月31日閲覧。
  22. ^ “前川喜平氏が明かす「統一教会」名称変更の裏側【後編】「語るに落ちる」下村博文氏 反論は肝心な部分の説明を避けている”. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2022年7月28日). オリジナルの2022年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220803093624/https://news.yahoo.co.jp/articles/a34e1a216080ea62cd8a093afe3b592599a75c9e 
  23. ^ “映画制作の補助金、返納ゼロ 文化庁などに改善要求”. 朝日新聞. (2013年10月19日). オリジナルの2014年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140711235358/http://www.asahi.com/culture/update/1019/TKY201310180539.html 2013年10月20日閲覧。 
  24. ^ ダウンロード違法化の対象範囲の見直し」に関する自由民主党文部科学部会・知的財産戦略調査会合同会議(平成31年2月22日)配布資料の検証レポート〔基本的な考え方・Q&A関係〕
  25. ^ ダウンロード違法化の対象範囲の見直し」に関する自由民主党文部科学部会・知的財産戦略調査会合同会議(平成31年2月22日)配布資料の検証レポート〔文化審議会著作権分科会意見概要〕
  26. ^ 「賛成意見を水増し」DL違法化、専門家が文化庁を批判 朝日新聞 2019年3月4日付



文化庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 14:51 UTC 版)

無断リンク」の記事における「文化庁」の解説

リンクは原則的に自由。ただし、リンク方法は「文化庁ホームページへのリンクであることを明記」、「文化庁ホームページ他のホームページ中に組み込まれるようなリンク設定禁止」、「リンクは必ず新しウィンドウ開かれるような設定で」との条件をつけている。

※この「文化庁」の解説は、「無断リンク」の解説の一部です。
「文化庁」を含む「無断リンク」の記事については、「無断リンク」の概要を参照ください。


文化庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 01:56 UTC 版)

ニューヨーク市の文化」の記事における「文化庁」の解説

詳細は「ニューヨーク市文化庁」を参照 ニューヨーク市政府文化庁 (DCLA) はアメリカ最大の芸術に対する公的資金提供者で、連邦政府国立芸術基金である全米芸術基金よりも予算多くなっている。DCLAは375美術館96オーケストラ24文化芸術センター、7の植物園、5の動物園、1の水族館を含む5地区にある約1,400芸術文化団体資金と支援サービス提供している。提供資金受取人動物園植物園歴史保存協会などの公衆科学および人文科学機関市内5区いずれかに在住あるいは勤務している技術レベル問わないクリエイティブアーティストなど視覚芸術文学芸術舞台芸術を含む多くの分野またがっている。DCLAはまた、建築現場パブリックアート資金提供するパーセント・フォー・アート・プログラム (Percent for Art program) の管理行っている2007年度非営利団体での番組制作使用されたDCLAの予算1億5,190ドルであった屋根交換から新築に至るまで市内196文化団体でのプロジェクト支援するために使用されたその資本予算2007年から2011年までの期間で約8億6,700ドルであった

※この「文化庁」の解説は、「ニューヨーク市の文化」の解説の一部です。
「文化庁」を含む「ニューヨーク市の文化」の記事については、「ニューヨーク市の文化」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「文化庁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「文化庁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文化庁」の関連用語

文化庁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文化庁のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文化庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの無断リンク (改訂履歴)、ニューヨーク市の文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS