昭和43年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 昭和43年の意味・解説 

昭和43年 (つちのえさる 戊申)

昭和43年
年(年号)
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック
1968年 (昭和43年) GNP世界第2位
昭和43年
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会
1971年 (昭和46年) 環境庁設置
1973年 (昭和48年) 第1次オイルショック
1976年 (昭和51年) ロッキード事件
1978年 (昭和53年) 日中平和友好条約
1978年 (昭和53年) 成田空港開港
1979年 (昭和54年) 第2次オイルショック
1982年 (昭和57年) 東北・上越新幹線開通
1983年 (昭和58年) 大韓航空機撃墜事件
1985年 (昭和60年) 日航ジャンボ機墜落事件
1986年 (昭和61年) 国鉄分割・民営化


昭和43年
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 93
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 90
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 84
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 84
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 83
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 82
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 78
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 78
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 76
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 75
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 71
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 70
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 69
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 69
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 66
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 65
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 64
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 64
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 62
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 61
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 59
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 58
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 43

1968年

(昭和43年 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/21 12:55 UTC 版)

1968年(1968 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる閏年昭和43年。


  1. ^ 昭和二万日14、p.34-35
  2. ^ 昭和二万日14、p.34
  3. ^ a b c d e f g h 総合年表2、p.679
  4. ^ 現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト(『週刊現代』99.2.27号から)
  5. ^ a b c d e 総合年表2、p.678
  6. ^ 昭和二万日14、p.60
  7. ^ 昭和二万日14、p.62-63
  8. ^ 昭和二万日14、p.64-65
  9. ^ a b 昭和二万日14、p.68
  10. ^ 昭和二万日14、p.68-69
  11. ^ 昭和二万日14、p.76
  12. ^ 昭和二万日14、p.76-77
  13. ^ 昭和二万日14、p.86
  14. ^ a b 昭和二万日14、p.90
  15. ^ 昭和二万日14、p.90-91
  16. ^ 昭和二万日14、p.92-93
  17. ^ 昭和二万日14、p.94
  18. ^ 昭和二万日14、p.98
  19. ^ 昭和二万日14、p.98-99
  20. ^ 心臓移植アメリカで復活 研究実り、死亡率低下 じん臓移植並みに『朝日新聞』1979年(昭和54年)7月5日夕刊 3版 14面
  21. ^ 元号が昭和から「平成」に/今日は?”. 日刊スポーツ (2022年1月8日). 2022年1月8日閲覧。
  22. ^ 緑川光さんのプロフィール”. はてな. 2020年11月6日閲覧。
  23. ^ ビラノバの訃報にメッシ「決して忘れない」…ビジャやアグエロらもメッセージ”. サッカーキング. 2020年11月17日閲覧。
  24. ^ Jason Hovet, Ian Chadband (2017年11月20日). “Wimbledon champion Novotna dies after battle with cancer”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-tennis-novotna/wimbledon-champion-novotna-dies-after-battle-with-cancer-idUSKBN1DK0W8 2020年12月23日閲覧。 
  25. ^ “ヤナ・ノボトナさん死去 49歳、元ウィンブルドン女王”. 朝日新聞. (2017年11月20日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASKCN6D8WKCNKTQ2013.html 2020年11月7日閲覧。 
  26. ^ アーティスト詳細 久川綾”. タワーレコード. 2020年11月3日閲覧。
  27. ^ 『日本音声製作者名鑑 2004 vol.1』小学館、2004年4月10日、244頁。ISBN 4-09-526301-6 
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m 総合年表2、p.681
  29. ^ 山本弘 『トワイライト・テールズ』角川書店、2011年、197-326頁。ISBN 978-4-041-10059-2 
  30. ^ 海法紀光千葉サドル 『がっこうぐらし! 1』芳文社、2012年、169頁。ISBN 978-4-8322-4236-4 
  31. ^ レナード・ウイバーリー 『小鼠 月世界を征服』東京創元社、1977年、93,152-223頁。ISBN 978-4-488-52602-3 
  32. ^ 笹本祐一 『妖精作戦』東京創元社、2011年、61,206頁。ISBN 978-4-488-74101-3 
  33. ^ 笹本祐一 『妖精作戦 PARTIII カーニバル・ナイト』東京創元社、2012年、110頁。ISBN 978-4-488-74103-7 
  34. ^ 野田昌宏 『レモン月夜の宇宙船』東京創元社、2008年、9-36頁。ISBN 978-4-488-73101-4 



昭和43年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 09:18 UTC 版)

三島事件」の記事における「昭和43年」の解説

1968年(昭和43年)2月25日銀座8丁4-2小鍛冶ビルの育誠社内論争ジャーナル事務所において、三島由紀夫中辻和彦万代潔、持丸博伊藤好雄、宮沢徹甫、阿部勉11名が血盟状を作成。「誓 昭和四十三年二月二十五日 我等大和男児ノ矜リトスル 武士ノ心ヲ以テ 皇国ノ礎トナラン事ヲ誓フ」と三島が墨で大書し各人小指剃刀切って集めた血で署名し三島本名で“平岡公威”と記したその時に三島は、「血書しても紙は吹けば飛ぶようなものだ。しかし、ここで約束したことは永遠に生きるみんなでこの血を呑みほそう」と、先ず自分が呑もうとして、「おい、この中で病気のある奴は手をあげろ」と皆を大笑いさせてから、全員呑み合った。血には固まらないように塩入れていた。 3月1日から1か月持丸博学生長とする論争ジャーナル組が、三島陸上自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地自衛隊体験入隊直前中央大学の5名がスト解除参加できなくなり持丸日学同矢野潤代員応援求めた。これに応じて森田必勝1週間遅れで入隊した春休み帰省中にスキー右足骨折して治療中だったにもかかわらず苦し訓練参加し頑張森田の姿に三島感心し注目した3月30日体験入隊無事終了し、主任教官隊員と「男の涙の別れをした森田学生一行貸し切りバス大田区南馬込三島邸に向い慰労会夕食招かれた。1期生となった森田三島への礼状に、「先生のためには、いつでも自分命を捨てます」と速達書き送った。それに対し三島は、「どんな美辞麗句ならべた礼状よりも、あの一言に参った」と森田告げた森田この頃北方領土返還運動などに尽力していた。 三島は、祖国防衛隊構想政財界協力を得るため、与良ヱ相談していたが、この頃から持丸博を通じ桜田武日本経営者団体連盟代表常任理事)らへの接触を始め、初面談持った。しかし、なかなか承諾を得られず、自衛隊関係者から三輪良雄を通じて説得をすることをアドバイスされ3月18日三輪良雄その旨を伝えた4月上旬堤清二の手配により、五十嵐九十九ドゴール制服担当)のデザインした制服完成したのを祝し三島論争ジャーナルから成る祖国防衛隊隊員と共にその制服青梅市愛宕神社参拝し満開桜吹雪の下で記念写真撮った同月中旬三島桜田武三輪良雄藤原岩市と四者面談した桜田前回より理解示し民兵組織を「体験入隊同好会」という無難な名称にするように指示し中核隊員のみを無名称で置いて祖国防衛隊」の任務とすることで合意した。この頃早稲田大学校内には、「体験入隊募集」の看板設置されるなど広く人材求め応募してきた学生持丸一次面接試験した5月から、山本舜勝1佐による祖国防衛隊中核要員への集中講義訓練支援開始され27日には、北朝鮮工作員思しき遺体秋田県能代市の浜浅内漂流した能代事件」(1963年4月)が扱われた。この事件が何かの圧力単なる密入国事件として処理されうやむやのままとなったことを知った三島は、溺死体写真をじっと見つめた後、「どうしてこんな重大なことが、問題にされずに放置されるんだ!」と激昂したという。 6月1日三島中核要員山本1佐の指導の下、市中で対ゲリラ戦略の総合演習張り込み潜入尾行変装など)を行なった労務者成りすまして任務をこなし、誰にも見破られないように山谷玉姫公園までたどり着いた三島疲れ果てた真剣な姿に、山本1佐は深い感動覚えたという。同月15日、「全日本学生国防会議」が結成され森田必勝初代議長に就任。三島森田のため、この結成大会祝辞述べ万歳三唱し、デモの時もタクシー随伴し窓から森田激励した7月25日学生らを引率した第2回体験入隊陸上自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地で、8月23日まで行われたこの時伊藤邦典の紹介小賀正義古賀浩靖(共に神奈川大学生、全国学生協議会)が参加し2期生となった一方桜田武日経連)からの支援協力結局は中途半端な形でバカにされたことから最終的に桜田は、「君、私兵など作ってはいかんよ」と、300万円投げ銭をしたという)、三島プライドはひどく傷つき民兵組織全て自費賄うことにした組織規模縮小せざるをえなくなった祖国防衛隊は、隊の名称を万葉集防人歌の「今日よりは 顧みなくて 大君の 醜(しこ)の御出で立つ吾は」と、歌人橘曙覧の「大皇醜の御楯と いふ物は 如此る物ぞと 進め真前に」に2首にちなんだ楯の会」と変えた10月5日虎ノ門国立教育会館三島初代学生長・持丸博、中核会員50名が「楯の会」の正式結成が行われ、ある新聞がこれをスクープして伝えた10月21日国際反戦デーの日、三島楯の会会員山本1佐と陸上自衛隊調査学校学生らは、新左翼デモ新宿騒乱)の状況把握するため、デモ隊中に潜入し組織リーダー誰かなどを調査した火炎瓶黒煙催涙ガス充満する中、三島目を真っ赤に充血させながら身じろぎもせず機動隊全学連攻防戦見つめていた。場所を銀座移動し交番屋根の上から、石が飛び交う激し市街戦見ている三島身体興奮小刻みに震えているのを、すぐ隣にいた山本1佐は気づいたこの日六本木防衛庁にも新左翼社学同突入しようとし、機動隊猛烈な放水応戦する正門突破されてしまった新左翼暴動鎮圧するための自衛隊治安出動機会を予想した三島は、その時に楯の会斬り込み隊として自衛隊の手及ばないところを加勢し、それに乗じて自衛隊国軍化・憲法9条改正超法規的実現する計画構想し始めたこの日昼過ぎ赤坂設営していた拠点に一旦引き揚げた時、山本1佐が持参ウィスキー三島勧めると、「えっ、なんですか。この事態に酒とは!」と憤然と席を立ち去ったという。 騒乱の続く夜、会員たちを拠点集結させた三島は、この日総括の会をここで持ちたい山本1佐に願い出たまさに今こそ決起行動に出るべきと主張し詰め寄る会員もいたが、まだ治安出動はないと見込んだ山本1佐は演習会の解散進言し、落胆した三島会員たちを国立劇場移動させていった治安出動イコール政治条件私は考へても間違ひないと思ふでありますから、「撤兵しないぞ」と言はれたら、どんな政権もかなふ政権はないんです。だから、「ぢや、おまへ、撤兵するにはどうしたらいいんだ。撤兵してもらふにはどうしたらいいんだ」。「憲法改正し軍隊認めなさい」と言つちやへばそれまでだ。これは何もクーデターしなくてもできちやふ。私は悪いこと唆すんぢやないけれども(笑)、それくらゐの腹がなければ自衛隊ゼネラルといふものはこれからやつていけないと私は思つてる。だから、遠くのはうから遠巻きにして世論動かさう、なんていふことを考へるよりも、本当のチャンス来たときにグッと政治的な手を打てゼネラルがゐないといかんな。 — 三島由紀夫素人防衛論」(防衛大学校での講演11月10日東大全共闘軟禁されている文学部部長林健太郎解放求めて三島阿川弘之と共に東大に赴き、との面会求めるが全共闘拒絶され叶わなかった林健太郎監禁事件)。 12月21日山本1佐によるゲリラ戦講義の時、三島は、「ゲリラとは、(人を欺く弱者戦術ではないですか?」と疑問投げかけた。講義休憩中森田必勝山本1佐に、「日本でいちばん悪い奴は誰でしょう? 誰を殺せば日本のためにもっともいいのでしょうか?」と訊ねたという。山本1佐は、「死ぬ覚悟なければ人は殺せない。私にはまだ真の敵見えていない」と答えた12月末、三島邸に楯の会中核会員山本1佐らが集まり楯の会綜合警備保障株式会社猟友会との連携計画模索された。やがて話題間接侵略などに及び、「あなたは一体いつ起つのか」という主旨三島問われ山本1佐が、暴徒皇居乱入して天皇侮辱された時と、治安出動際だという主旨答えると、「その時は、あなたのもとで、中隊長やらせてもらいます」と三島哄笑し言ったという。 三島は、山本1佐やそれに繋が旧陸軍関係者政府高官との接触を通じ治安出動可能性感触得て、以下のようなクーデター計画構想していた。 治安出動必至となったとき、まず三島と「楯の会会員身を挺してデモ隊排除し、私(山本1佐)の同志率い東部方面の特別班呼応する。ここでついに、自衛隊主力出動し戒厳令状態下で首都の治安回復する万一デモ隊皇居侵入した場合、私が待機させた自衛隊ヘリコプターで「楯の会会員移動させ、機を失せず断固阻止する。このとき三島十名デモ隊殺傷の責を負い、鞘を払って日本刀をかざし、自害切腹に及ぶ。「反革命宣言」に書かれているように、「あとに続く者あるを信じ」て、自らの死を布石とするのである三島楯の会」の決起によって幕が開く革命劇は、後から来る自衛隊によって完成されるクーデター成功させた自衛隊は、憲法改正によって、国軍としての認知獲得して幕を閉じる。 — 山本舜勝自衛隊影の部隊三島由紀夫殺した真実の告白

※この「昭和43年」の解説は、「三島事件」の解説の一部です。
「昭和43年」を含む「三島事件」の記事については、「三島事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「昭和43年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「昭和43年」の関連用語

昭和43年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



昭和43年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
江戸net江戸net
Copyright (C) 2023 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1968年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三島事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS