騒乱罪とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 騒乱罪の意味・解説 

そうらん‐ざい〔サウラン‐〕【騒乱罪】

多数の者が集まって暴行または脅迫行い、ある地域秩序・平和を乱す罪。刑法106条が禁じ、首謀者1年以上10年以下の懲役または禁錮に、指揮率先した者は6か月以上7年以下の懲役または禁錮に、参加者10万円以下の罰金に処せられる騒擾罪(そうじょうざい)。


騒乱罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/30 00:32 UTC 版)

騒乱罪(そうらんざい)とは、多衆が集合して暴行脅迫を行うことにより公共の平穏を侵害することを内容とする犯罪類型である。刑法106条に規定。






「騒乱罪」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「騒乱罪」の関連用語

騒乱罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



騒乱罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの騒乱罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS