不正指令電磁的記録に関する罪とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 不正指令電磁的記録に関する罪の意味・解説 

ウイルス作成罪

読み方ウィルスさくせいざい
別名:不正指令電磁的記録に関する罪

ウイルス作成罪とは、コンピュータウィルス作成や提供、供用取得保管したりすることで成立する罪のことである。

ウイルス作成罪は、2011年刑法改正により新たに設けられたもので、コンピュータウィルス作成・提供した者には、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処し、取得保管した者には、2年以下の懲役または30万円以下の罰金処する規定している。


参照リンク
不正指令電磁的記録に関する罪 - (警視庁

不正指令電磁的記録に関する罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 05:14 UTC 版)

不正指令電磁的記録に関する罪(ふせいしれいでんじてききろくにかんするつみ)は、コンピュータに不正な指令を与える電磁的記録の作成する行為等を内容とする犯罪(刑法168条の2及び168条の3)。2011年刑法改正で新設された犯罪類型である。




  1. ^ 平成23年5月27日法務委員会における法務大臣江田五月の答弁
  2. ^ ウイルス作成罪の新設を含む刑法改正案が成立”. インターネットセキュリティナレッジ (2011年6月11日). 2011年7月5日閲覧。


「不正指令電磁的記録に関する罪」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不正指令電磁的記録に関する罪」の関連用語

不正指令電磁的記録に関する罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不正指令電磁的記録に関する罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリウイルス作成罪の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不正指令電磁的記録に関する罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS