業務上過失致死傷罪とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 業務上過失致死傷罪の意味・解説 

ぎょうむじょうかしつちししょう‐ざい〔ゲフムジヤウクワシツチシシヤウ‐〕【業務上過失致死傷罪】


業務上過失致死傷罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 04:19 UTC 版)

業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。




  1. ^ (ただし、構成要件上業務上であることが不要となったので、厳密には過失致死傷罪の特別類型ではあっても、業務上過失致死傷罪の特別類型ではない)
  2. ^ 平成25年11月27日法律第86号
  3. ^ 高山俊吉 (2007年3月22日). “道路交通法が生まれた背景について…1960年代の話 (MP3)”. 気分は青信号. 高山法律事務所. 2009年7月19日閲覧。
  4. ^ 法制審議会 (2006年2月8日). “答申(罰金刑の新設等のための刑事法の整備に関する要綱(骨子))”. 法務省. 2009年7月19日閲覧。
  5. ^ 刑法の一部を改正する法律、平成19年5月23日法律第54号
  6. ^ a b c d 尾崎修二、高橋努、松本惇 (2015年8月13日). “クローズアップ2015 日航機墜落30年 空の安全、課題今も”. 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナルの2016年6月4日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/rfZzy 2016年6月5日閲覧。 
  7. ^ a b c 『ドキュメント検察官』 168頁。
  8. ^ 『ドキュメント検察官』 17-20頁。
  9. ^ 『ドキュメント検察官』 169頁。
  10. ^ a b 『ドキュメント検察官』が発行された2006年当時の肩書き。
  11. ^ 『ドキュメント検察官』 166-167頁。
  12. ^ 上岡直見 (2004年8月21日). “原因解明を妨げる警察の「押収主義」…美浜事故に関して”. JANJAN. 2008年9月20日閲覧。
  13. ^ 『ドキュメント検察官』 167-168頁。
  14. ^ 井上清成 『医療現場を萎縮させる医師の刑事処分』週刊医療タイムスNo.1661、2004年3月1日。
  15. ^ “「診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方」に関する見解と要望” (PDF) (プレスリリース), 日本産科婦人科学会, (2008年2月29日), http://www.jsog.or.jp/news/pdf/kenkai-youbou_kourousyou29FEB08.pdf 2009年7月19日閲覧。 
  16. ^ 藤代裕之 (2009年6月5日). “医療専門で存在感示すCBニュース 変化するニュースメディアの生態系”. ガ島流ネット社会学 (日本経済新聞社). http://it.nikkei.co.jp/internet/column/gatoh.aspx?n=MMIT11000004062009 2009年6月16日閲覧。 
  17. ^ 岡田克敏 (2009年4月14日). “高裁判決が暴露した検察の「理系音痴」ぶり”. JANJAN. http://www.news.janjan.jp/living/0904/0904131503/1.php 2009年4月16日閲覧。 
  18. ^ 岡井崇、「医療行為と刑事責任―日本産科婦人科学会の考え」 『日本内科学会雑誌』 2009年 98巻 9号 p.2247-2253, doi:10.2169/naika.98.2247
  19. ^ 『ドキュメント検察官』 164頁。


「業務上過失致死傷罪」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「業務上過失致死傷罪」の関連用語

業務上過失致死傷罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



業務上過失致死傷罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの業務上過失致死傷罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS