杏林大病院割りばし死事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 杏林大病院割りばし死事件の意味・解説 

杏林大病院割りばし死事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 17:58 UTC 版)

杏林大病院割りばし死事件(きょうりんだいびょういんわりばししじけん)とは、1999年7月10日東京都杉並区綿菓子を食べていた男児が転倒して、割り箸で深く突き刺し、その後死亡した事故[1]。単に割り箸事件とも呼ばれる[2]。その後、刑事・民事訴訟で医師の過失の有無が争われたが、いずれも医師に過失はなく男児の救命は不可能であったとの判決が下った[3][4]


  1. ^ a b c d e f 読売新聞社会部『ドキュメント検察官…揺れ動く「正義」』中央公論新社中公新書〉(原著2006年9月25日)、初版、p. 182。ISBN 97841210186562009年7月18日閲覧。
  2. ^ 橋本佳子. “新着レポートインタビューオピニオン地域情報(県別)スペシャル企画医師調査臨床賛否両論 医療維新 “割りばし事件”、無罪に導いた医師証人、経験を語る”. 2018年12月9日閲覧。(要登録)
  3. ^ a b 割りばし死事故、担当医、無罪確定へ/東京高検が上告断念”. 京都府保険医協会 (2008年12月5日). 2020年1月15日閲覧。
  4. ^ a b c 橋本佳子 2009, vol1.
  5. ^ a b c d e f g h i j 平成20年2月12日判決言渡同日原本領収裁判所書記官 平成12年(ワ)第21303号損害賠償請求事件
  6. ^ 「「割りばし事故」で医師無責刑事・民事で過失判断に違い」『日経メディカル』2008年5月。
  7. ^ 亀甲綾乃 (2008年11月20日). “一審では認定された医師の過失も否定“割りばし事故”二審も医師に無罪判決”. 日経メディカルオンライン. https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/200811/508605.html 2009年7月19日閲覧。 (要登録)
  8. ^ a b 橋本佳子 2009, vol2.
  9. ^ “割りばし死亡訴訟、2審も訴え退ける”. TBS. (2009年4月15日). オリジナルの2009年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090419174505/http://news.tbs.co.jp/20090415/newseye/tbs_newseye4108935.html 2009年7月19日閲覧。 
  10. ^ a b “「謝罪して欲しい」両親ら痛切 男児割りばし死亡事件”. 朝日新聞. (2008年11月21日). オリジナルの2008年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081202025444/http://www.asahi.com/national/update/1120/TKY200811200282.html 2009年7月19日閲覧。 
  11. ^ 吉澤信夫「歴史に学ぶ歯科医療の打開(Ⅵ) 医療と法の関係と歯科的課題」『歯科学報』第111巻第7号、2011年、 584頁。
  12. ^ a b c 長谷川誠 (2009年6月18日). “「割りばし事件」に対する報道はペンの暴力”. 日経メディカルオンライン. https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/opinion/orgnl/200906/511235.html 2009年7月9日閲覧。 (要登録)
  13. ^ 吉澤信夫「歴史に学ぶ歯科医療の打開 (PDF) 」 『歯科学報』、東京歯科大学、2011年。
  14. ^ 小松秀樹『医療の限界』新潮社、2007年、33-34頁。ISBN 9784106102189
  15. ^ a b c 橋本佳子 2009, vol4.


「杏林大病院割りばし死事件」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「杏林大病院割りばし死事件」の関連用語

杏林大病院割りばし死事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



杏林大病院割りばし死事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの杏林大病院割りばし死事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS