続柄とは?

続柄

読み方:つづきがら

「続柄」の意味・由来

続柄(つづきがら)とは、家族である二者の関係を意味する語。「続き柄」とも表記する。俗にぞくがら」とも言う。

「柄」は、「間柄」「土地柄」などの「柄」と同じで、そのもの性質や状態を表す接尾語である。したがって「続柄」は、続き方の性質、すなわちどのように血縁続いているかというありさまの意である。

ぞくがら」は、「続柄」という表記読み誤って出た形だと考えられ、俗な言い方として通用している。

「続柄」の表記

つづきがら」は、法令では「続柄」と送り仮名を送らずに表記する。新聞などでは、「続き柄」と「き」を送って表記する場合が多い。

「続柄」の用法

「続柄」は、戸籍法の用語であること、また公的書類血縁関係を問う際に最も普通に用いられることから、正式な感じを伴う和語である。ただし、口頭でも普通に用いられる。

丁寧に言う場合は「お続柄」となる(例、「お二人どういうお続柄ですか」)。

続柄の具体的な例

続柄にあたる具体的な呼び名には、「夫」「妻」「親」「父」「母」「子」「息子」「長男」「次男」「娘」「長女」「次女」「孫」「祖父」「祖母」「兄」「姉」「弟」「妹」「おじ」「おば」「いとこ」「はとこ」などがある。

戸籍・住民票などにおける続柄

現行の戸籍制度では、戸籍夫婦とその未婚の子単位編成され、戸籍内の各人について、実父母および養父母氏名と続柄が記載される。嫡出子場合男女の別と出生順により「長男」「二男」「三男」「長女」「二女」「三女」などと記載される。養子(普通養子)については、実父母との続柄とともに養親との続柄として「養子」が併記されることになる。ただし、特別養子場合は、戸籍には実父母記載されず、養親との続柄も「長男」「長女」のように嫡出子と同じように記載される。非嫡出子場合は、以前男女別により「男」「女」とのみ記載されたが、2004年11月以降は、母が分娩した非嫡出子出生順により、嫡出子同様の記載なされるようになった

住民票は、世帯ごとに編成され、世帯主でない世帯員については世帯主との続柄が記載される。具体的には、「夫」「妻」「父」「子」「子の子」「母の兄」「姉の子」などが用いられ、「息子」「孫」「おじ」などは用いない。子については、以前は「長男」「長女」などが用いられたが、1995年3月以降は、嫡出子非嫡出子養子などの別を問わずすべて「子」と記載される。法律的婚姻関係がない、いわゆる内縁関係ある夫婦については「夫(未届)」「妻(未届)」が用いられているほか、親族でない世帯員には「縁故者」「同居人」「夫の子」「妻の子」などの続柄も用いられる。

公的書類で続柄を記入する場合には、住民票における表記ならって記載するのが一般的である。なお、その人物が世帯主記入当人である場合には、続柄のには「本人」と書くのが通例である。

「続柄」の類語

「続柄」と意味のよく似た言葉に「続き合い」「間柄」などがある。

続き合い」は、「続柄」と同じく特に家族の関係を指すことが多いが、これに限らず広く人と人との関係を指していうこともできる。また、今日では「続き合い」はやや古風で、「続柄」の方が一般的な言い方である。

間柄」は、家族の関係に限らず人と人との関係を広く指していう言葉である。「間柄」は、「すれ違えあいさつをする程度間柄」のように、どのような関係性であるかを説明して修飾することもできるが、「続柄」ではこのような用法一般的でない。

「続柄」の用例




執筆稲川

ぞく‐がら【続柄】

続柄(つづきがら)の俗な言い方


つづき‐がら【続(き)柄】

親族としての関係。「戸籍筆頭者との続き柄」→ぞくがら(続柄)


続柄

一般世帯(110-4)は、世帯員 1呼ばれる若干名人々から構成される。世帯員の中の1人世帯主 2である。国際的にみて、世帯の中で世帯主が誰であるべきかについて一致して承認された定義はない。いくつかの国では、それは世帯の中の主要な稼得者 3であるとしている。ほとんどのセンサス質問票では、世帯員世帯主対する続柄 4尋ねている。これによって、二つ上の生物学的家族または核家族(113-1)の成員から成る合成世帯 5、あるいは複合世帯 5の中のグループ区別できる。合成世帯あるいは複合世帯はいくつかの 6からなる。すなわち第一次核 7第二次核 8である。これらの一般に家族(112-1)と呼ばれる世帯規模 11とは、世帯含まれる世帯員の数を指す。


続柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 14:26 UTC 版)

続柄(つづきがら)とは、血縁関係あるいは婚姻関係を指す語である。俗に「ぞくがら」と読まれることもある[1]


  1. ^ デジタル大辞泉『続柄』 - コトバンク 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ 又、親の弟妹が子供である場合でも叔父と叔母にあたることにしているが、「叔父さん」「叔母さん」という呼び方としては無礼である。稀に二人称としては、おじ・おばと関わらず年齢的に呼ぶ場合もある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「続柄」に関係したコラム

  • ネット証券の口座開設の基準は

    ネット証券に口座を開設するには、一定の基準をクリアしなければなりません。以下は、ネット証券の口座開設の一般的な基準です。ネット証券と証券会社との口座開設の基準の違いは、インターネット利用環境があるかど...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「続柄」の関連用語

続柄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



続柄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの続柄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS